▶ゼンブヌードルが4食分&送料無料で673円!>>>

【薬膳の資格ならコレ!】どれがいい?おすすめ5選を徹底比較

薬園の資格

薬膳の資格はどれがいいか、おすすめを知りたい人向けです。

薬膳や漢方に関する資格には色々あるな、通信講座なら独学でも取得できるのかな。おすすめの薬膳の資格はどれがいいか教えて欲しい。
みつき
おすすめの薬膳資格5選を紹介します。

近年は自宅で食事を作ることが多くなり、その安心感と楽しさから食への関心が高まっています。

そのなかでも注目を集めているのが「薬膳の資格」。漢方の資格とも言われていますね。

ただ、薬膳の資格といっても種類が多いので、どれがいいか悩んでしまいがち

そのような人のために5つの薬膳資格を下記にまとめてみました。

スクロールできます

薬膳コーディネーター

薬膳マイスター

薬膳アドバイザー

薬膳インストラクター

薬膳料理食育アドバイザー
認定団体
本草薬膳学院和漢薬膳食医学会東京カルチャーセンター日本能力開発推進協会ヒューマンアカデミー
講座費用44,000円38,700円39,800円39,600円38,800円
その他費用9,240円(認定証)5,600円(受験料)
学習期間4ヶ月4ヶ月4ヶ月4ヶ月1ヶ月
試験形式在宅受験在宅受験試験なし在宅受験試験なし
合格率ほぼ100%ほぼ100%ほぼ100%
公式サイト生涯学習のユーキャンがくぶん東京カルチャーセンターキャリカレヒューマンアカデミー

口コミ・評判
みつき

薬膳の資格は、上位資格である中医薬膳師などの資格も狙いやすいかで決めるのも方法のひとつ。

仕事でバリバリ活用するなら、生涯学習のユーキャンの薬膳コーディネーターがおすすめです。

だた、それ以外にも目的によっては薬膳の資格はどれがいいの?と悩んでしまいますよね。

そこで、今回は「【薬膳の資格ならコレ!】どれがいい?おすすめ5選を徹底比較」をご紹介します。

このコラムでは結論を早く知りたい人のために「結局、薬膳の資格はどれがいいの?」もお伝えしています。

目次

どれがいい?薬膳の資格の3つの選び方

薬膳に関する資格の選び方のポイントは、以下の3つ。

  1. 取得に必要な総額の費用で選ぶ
  2. 上位資格を取得するかどうかで選ぶ
  3. 資格の取得する目的で選ぶ

1.取得に必要な総額の費用で選ぶ

実は、どの薬膳の資格を取得する講座費用はほとんど差はありません。

なかには別途、受験料や認定料が必要になることも。資格取得のための総額を比較しましょう。

2.上位資格を取得するかどうかで選ぶ

薬膳の資格は在宅受験が多いので、講座を修了すれば取得しやすいのが魅力。

ただ、上位資格を取得するには特定の講座修了が必要になることも。

3.資格取得の目的に合わせて選ぶ

口コミや評判をみてみると、資格を組み合わせて取得している人が多くなっています。

仕事で活用するのか、家庭だけで十分なのかによっても選び方は違うでしょう。

薬膳資格の人気おすすめ通信講座5選

薬膳資格の人気おすすめ通信講座をご紹介します。

  1. 薬膳コーディネーター
  2. 薬膳マイスター
  3. 薬膳アドバイザー
  4. 薬膳インストラクター
  5. 薬膳料理アドバイザー

1.薬膳コーディネーター

薬膳コーディネーター
講座名薬膳コーディネーター講座
認定団体本草薬膳学院
講座費用44,000円(税込)
受験料無料
認定証等、発行料なし
標準学習期間4ヶ月
試験形式在宅受験
提供機関ユーキャン

薬膳コーディネーターは、乃木坂46の和田まあやさんなど、数多くの有名人や芸能人が取得している資格

薬膳の資格は費用が高いので、取得できないと困るなと思う人もいるでしょう。ただ、試験は自宅受験なので、取得はしやすいのも人気の理由です。

なかでも、北京中医薬大学提携校の本草薬膳学院は上位資格の中位薬膳師と同じ団体なので、上位資格を目指すなら取得しておくべきです。

さらに、資格の勉強を始めて上位資格を取りたくなったときにも安心です。

薬膳コーディネーターの特徴

  • ○自宅受験なので取得しやすい
  • ○薬膳の食材に興味を持ちやすい
  • ○上位資格が取得しやすくなる
  • ×講座の費用が約4万円と高い
  • ×薬膳の食材が手に入りにくい
  • ×仕事に結びつけにくい

\ 薬膳の上位資格も狙いやすい /

本草薬膳学院が認定!

2.薬膳マイスター

講座名薬膳マイスター講座
認定団体一般社団法人 和漢薬膳食医学会
講座費用38,700円(税込)
受験料無料
認定証等、発行料認定料8,800円・事務手数料440円
標準学習期間5ヶ月
試験形式在宅受験
提供機関がくぶん

薬膳マイスターの正式名称は、正式名称は「和漢薬膳師」です。中国の薬膳を日本人向けにアレンジしたレシピなどを学べるのが特徴。

いやいや本格的な本場の薬膳を学びたいという人にはおすすめしませんが、結局、食べるのは日本人です。

それに薬膳って結構難しいんですよね。

なので、中国の薬膳はほどほどでいいので、食べやすい薬膳を学びたい人という人はおすすめの資格です。

薬膳マイスターのポイント

  • ○日本人に合わせたレシピが学べる
  • ○標準の学習期間が4ヶ月と短い
  • ○試験が在宅受験で難易度が低い
  • ×講座料と認定料などの費用が高い
  • ×日本風にアレンジされている
  • ×講座を修了すれば誰でも取りやすい

\ 日本人に合わせた薬膳が学べる/

資料請求は無料です。

3.薬膳アドバイザー

講座名薬膳アドバイザー講座
認定団体東京カルチャーセンター
講座費用38,700円
受験料無料
認定証等、発行料なし
標準学習期間4ヶ月
試験形式なし
提供機関東京カルチャーセンター

薬膳アドバイザーは、無試験で通信講座の修了で取得できる資格です

講座の提供は東京カルチャーセンターなので、趣味の資格でしょ、と思われがち。

実は、講座の監修をしている日本中医食養学会の指定講習を受講すると薬膳アドバイザー認定証書を取得できます。

しかも、上記の受講で上位資格の受験資格を得られるので、確実に資格を取得したいならおすすめです。

薬膳アドバイザーのポイント

  • ○指定の講座修了のみで取得できる
  • ○名称が仕事で活かしやすい
  • ○薬膳の入門として取り組みやすい
  • ×講座の費用が約4万円と高い
  • ×学習期間が4ヶ月と長い
  • ×仕事に結びつけにくい

\ 受講者15,000人突破/

資料請求は無料です。

4.薬膳インストラクター

講座名薬膳インストラクター講座
認定団体一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)
講座費用39,600円(Web申し込み時・税込)
受験料5,600円(税込)
認定証等、発行料なし
標準学習期間4ヶ月
試験形式在宅受験
提供機関キャリカレ

薬膳インストラクターは、薬膳の入門として取り組みやすい資格です

名称が薬膳インストラクターなので、料理教室や薬膳のスクールでも活用しやすいのが特徴。

指定機関のキャリカレではキャンペーンを実施しているので、費用を抑えたい人におすすめです。

薬膳インストラクターのポイント

  • ○在宅受験で取得しやすい
  • ○他の食の資格と組み合わせやすい
  • ○薬膳の入門として取り組みやすい
  • ×講座の費用以外に受験料が必要
  • ×学習期間が4ヶ月と長い
  • ×上位資格への受験資格が得られない

\ WEB申し込みで1万円引き /

最長2年間の無料サポートで安心!

5.薬膳料理アドバイザー

講座名薬膳料理アドバイザー講座
認定団体ヒューマンアカデミー
講座費用38,800円
受験料なし
認定証等、発行料なし
標準学習期間1ヶ月
試験形式試験なし
提供機関ヒューマンアカデミー

薬膳料理アドバイザーは、薬膳の知識と季節に応じた薬膳料理を学べる資格です

標準学習期間が1ヶ月と他の薬膳資格と比べると圧倒的に短いのが特徴。

資格の取得のための試験はありませんが、テーマごとに確認テストがあり、正答率70%以上でかつ修了課題の薬膳レシピの提出が必要になります。

薬膳料理アドバイザーのポイント

  • ○試験がないので取得しやすい
  • ○季節ごとに特化した薬膳料理を学べる
  • ○標準学習期間が1ヶ月と短い
  • ×修了課題の薬膳レシピの提出が必要
  • ×取得しやすいので差別化にならない
  • ×上位資格への受験資格が得られない

\ 薬膳レシピを学ぶなら /

eランニングで学べる!

結局、薬膳の資格はどれがいいの?

薬膳の資格はどれがいいのか?の結論は「薬膳コーディネーターです。

薬膳の資格取得のための費用はそれほど差がないし、在宅受験や試験がない資格も多い。。。

まずは資格を取得しておいて、将来、さらに上位資格を目指したくなったら、中位薬膳師や国際薬膳師の認定講座への編入が割引で可能になるためです。

もちろん、目的によっても選び方は違うので、まずは薬膳コーディネーターを中心に検討するのがおすすめ!

\ 薬膳の上位資格も狙いやすい /

本草薬膳学院が認定!

薬膳の資格に関するよくある質問

薬膳の資格でよく聞く質問について回答してみました。

  • 薬膳の上位資格とは?
  • 飲食店の開業に必要?
  • 薬膳が役立つのは仕事だけ?

薬膳の上位資格とは?

薬膳の資格には上記で紹介した資格以外にも「中医薬膳指導員」「中医薬膳調理師」「国際中医薬膳師」「国際薬膳調理師」などがあります。

それぞれ受験資格があるので、上位資格を視野に入れるなら条件を確認しておくことが大切です。

飲食店の開業に必要?

薬膳の資格は飲食店などでの開業に必要な資格ではありません。

ただし、薬膳の専門家として実績をアピールするなら十分な効果が期待できます。

薬膳が役立つのは仕事だけ?

薬膳は仕事でアピールやメニュー作りだけではなく、家庭でも十分活用できる資格です。資格を取得する目的を決めてから講座を選びましょう。

5つの薬膳の資格おすすめ講座比較まとめ

今回のコラムでは、「【薬膳の資格ならコレ!】どれがいい?おすすめ5選を徹底比較」をご紹介しました。

おすすめの薬膳の資格まとめは、下記のとおりです。

みつき

薬膳の資格は、上位資格である中医薬膳師などの資格も狙いやすいか決めるのも方法のひとつ。

仕事でバリバリ活用するなら、生涯学習のユーキャンの薬膳コーディネーターがおすすめです。

スクロールできます

薬膳コーディネーター

薬膳マイスター

薬膳アドバイザー

薬膳インストラクター

薬膳料理食育アドバイザー
認定団体
本草薬膳学院和漢薬膳食医学会東京カルチャーセンター日本能力開発推進協会ヒューマンアカデミー
講座費用44,000円38,700円39,800円39,600円38,800円
その他費用9,240円(認定証)5,600円(受験料)
学習期間4ヶ月4ヶ月4ヶ月4ヶ月1ヶ月
試験形式在宅受験在宅受験試験なし在宅受験試験なし
合格率ほぼ100%ほぼ100%ほぼ100%
公式サイト生涯学習のユーキャンがくぶん東京カルチャーセンターキャリカレヒューマンアカデミー

口コミ・評判

薬膳の資格はそれぞれに特徴があるので、学習内容と上位資格まで取得するかどうかを検討して選びましょう。

ただ、薬膳資格の取得に必要な費用はほとんど差がないので、上位資格を狙いやすいことを考えると「薬膳コーディネーター」がおすすめです。

\ 薬膳の上位資格も狙いやすい /

本草薬膳学院が認定!

目次
閉じる