▶野菜の知識を仕事に活かせる資格はこちら⇒ click!

【薬膳資格一覧はコレ!】どれがいい?おすすめ5選徹底比較|2024年版

薬膳 資格 おすすめ どれがいい?

薬膳資格を独学で取りたいけど、どれがいいかな。おすすめの資格を一覧で違いを比較したい

近年、健康志向の高まりにつれて注目されているのが、薬膳の資格。漢方の資格とも言われていますね。

ただ、薬膳資格といっても種類が多いので、どれがいいか悩んでしまいがち。

まずは、おすすめの薬膳資格を一覧で違いを比較してみました。

スクロールできます
薬膳コーディネーター薬膳マイスター薬膳インストラクター薬膳アドバイザー薬膳料理アドバイザー
認定団体
本草薬膳学院和漢薬膳食医学会日本能力開発推進協会東京カルチャーセンターヒューマンアカデミー
講座費用44,000円38,700円56,800円(WEB申込時)39,800円38,800円
その他費用認定料:8,800円
手数料:440円
受験料:5,600円
送料:450円
学習期間4ヶ月4ヶ月4ヶ月4ヶ月1ヶ月
試験形式在宅受験在宅受験在宅受験試験なし試験なし
合格率ほぼ100%ほぼ100%ほぼ100%
公式サイトユーキャンがくぶんキャリカレ東京カルチャーセンターヒューマンアカデミー
口コミ・評判

もし、薬膳資格はどれがいいか悩んだら、薬膳コーディネーターがおすすめです

だた、どの薬膳資格が自分の目的に合うかどうかは人によって違いますよね。

そこで、このコラムでは薬膳資格はどれがいいか、おすすめを一覧で比較してみました。

薬膳の知識があれば家庭でも日常的に活用できるので、一生使える資格になります

なお、すぐに薬膳資格はどれがいいかや、薬膳コーディネーターがおすすめな理由を知りたい方は、こちらから読み飛ばしてくださいね。

このコラムの著者
みつき

フード事務局

プロフィール

当サイトでは、貸し農園の基礎情報、食に関する資格食に関する本体にいい食品を紹介してます。詳細はコチラへ。

目次

どう選ぶ?薬膳資格の選び方【3選】

薬膳資格の選び方のポイントは、以下の3つです。

  1. 薬膳資格の費用を総額で選ぶ
  2. 上位資格を取得するかどうかで選ぶ
  3. 資格を取得する目的で選ぶ

薬膳資格の費用を総額で選ぶ

実は、どの薬膳の資格を取得する講座費用はほとんど差はありません。

なかには別途、受験料や認定料が必要になることも。資格取得のための総額を比較しましょう。

上位資格を取得するかどうかで選ぶ

薬膳の資格は在宅受験が多いので、講座を修了すれば取得しやすいのが魅力。

ただ、上位資格を取得するには特定の講座修了が必要になるのが一般的です。

資格を取得する目的で選ぶ

口コミや評判をみてみると、資格を組み合わせて取得している人が多くなっています。

仕事で活用するのか、家庭だけで十分なのかによっても選び方は違うでしょう。

どれがいい?おすすめ薬膳資格一覧

どれがいい?おすすめ薬膳資格一覧マトリックス表

薬膳資格はどれがいいか、おすすめ資格を特徴やメリット・デメリットを紹介します。

薬膳コーディネーター

薬膳コーディネーター
薬膳コーディネーター
認定団体本草薬膳学院
講座費用44,000円(税込)
受験料無料
認定証等、発行料なし
標準学習期間4ヶ月
試験形式在宅受験
提供機関ユーキャン

薬膳コーディネーターは、乃木坂46の和田まあやさんなど、数多くの有名人や芸能人が取得している資格です。

その特徴をメリットとデメリットでまとめると、下記のとおりです。

メリットデメリット
在宅受験なので取得しやすい
本草薬膳学院が監修・認定
上位資格が取得しやすくなる
講座費用が約4万円と高い
学習期間が4ヶ月と長い
仕事に結びつけにくい

特に、北京中医薬大学提携校の本草薬膳学院は上位資格の中位薬膳師と同じ団体なので、勉強を始めて上位資格を取りたくなったときにも安心です。

では、口コミや評判はどうなのでしょうか。

\薬膳コーディネーターの口コミ/

さらに薬膳コーディネーターの口コミをみてみる

さらに、薬膳コーディネーターのテキストと内容はコチラ。

  • テキスト1:中医学編
  • テキスト2:食薬編
  • 副教材:用語集・レシピ集
  • 受講特典:行平鍋

受講特典としてもらえる行平鍋がもらえるのが結構うれしいという意見も多くありました。

今まで紹介した内容を考慮すると、薬膳コーディネーター資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 薬膳の知識を体系的に学びたい
  • 本草薬膳学院の認定を受けたい
  • 薬膳の上位資格を目指したい
みつき

テキストのボリュームも多く、本格的に薬膳の知識を仕事に活用するなら薬膳コーディネーターで決まり!

薬膳コーディネーターに興味を持った方は、無料の資料請求をしてみましょう。

本草薬膳学院の認定が受けられる

資料請求は無料です。

なお、薬膳コーディネーターの口コミ・評判は、下記のコラムを参考にしてくださいね。

薬膳マイスター

薬膳マイスター
認定団体一般社団法人 和漢薬膳食医学会
講座費用38,700円(税込)
受験料無料
認定証等、発行料認定料8,800円・事務手数料440円
標準学習期間5ヶ月
試験形式在宅受験
提供機関がくぶん

薬膳マイスターは、正式名称「和漢薬膳師」の名前のとおり、中国の薬膳を日本人向けにアレンジしたレシピなどを学べる資格です。

その特徴をメリットとデメリットでまとめると、下記のとおりです。

メリットデメリット
日本人に合ったレシピを学べる
標準の学習期間が4ヶ月と短い
試験が在宅受験で難易度が低い
受講料以外に認定料がかかる
日本風にアレンジされている
資格を取得している人が多い

特に、中国式の薬膳はちょっと口に合わないという方も結構いらっしゃいます。そのような時に日本人の口に合わせたレシピを開発するポイントを学べるのが魅力です。

そのため、本場の薬膳を学びたいという人にはおすすめしませんが、お店で食べるのは日本人です。なので、中国式はほどほどで、実用的な薬膳を学びたい人に向いている資格でしょう。

では、口コミや評判はどうなのでしょうか。

\薬膳マイスターの口コミ・評判/

さらに、薬膳マイスター養成講座のテキストは、コチラ。薬膳マイスター養成講座のメイン教材の総ページ数は、約157ページでした。

  • テキスト1.薬膳とは(P30)
  • テキスト2.食材と生薬について(P34)
  • テキスト3.体質の味方と季節の薬膳(P35)
  • テキスト4.目的別薬膳(P48)
  • DVD1.基礎編
  • DVD2.料理編
  • 薬膳レシピ集
  • 薬膳カレー

なお、今まで紹介した内容を考慮すると、薬膳マイスター資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 日本人に合わせたレシピを作りたい
  • カフェなどで薬膳料理を提供したい
  • 在宅受験で取得しやすい資格がいい
みつき

中国の薬膳より日本人に好まれやすい薬膳を作るなら薬膳マイスターで決まり!

これで薬膳マイスターに興味を持った方は、無料の資料請求をしてみましょう。

\ 日本人に合わせた薬膳が学べる/

資料請求は無料です。

なお、薬膳マイスターの口コミ・評判は、下記のコラムを参考にしてくださいね。

薬膳インストラクター

薬膳資格名薬膳インストラクター講座
認定団体日本能力開発推進協会(JADP)
講座費用56,800円(WEB申込時)
その他の費用受験料:5,,600円(税込)
送料:450円(税込)
標準学習期間4ヶ月
試験形式在宅受験
提供機関キャリカレ

薬膳インストラクターは、薬膳の入門として取り組みやすい資格です。

メリットデメリット
他の資格と比べて費用が安い
何度でもスマホから質問OK
700日間の長期学習サポート
受講料以外に受験料がかかる
上位資格の受験条件が取れない

特に、提供機関のキャリカレでは同時取得キャンペーンを実施していることが多いので、資格を組み合わせることで費用を抑えることができます。

関連資格のマクロビオティックセラピストⓇと合わせて取得を目指すのも方法の一つです。

では、口コミや評判はどうなのでしょうか。

\薬膳インストラクターの口コミ・評判/

今まで紹介した内容を考慮すると、薬膳インストラクター資格がおすすめな人は下記のとおりです。

みつき

資格を組み合わせることで費用を抑えて薬膳資格を取得できる薬膳インストラクターで決まり!

これで薬膳インストラクターに興味を持った方は、無料の資料請求をしてみましょう。

\ お得なキャンペーン実施中/

最長700日間の無料サポート

なお、薬膳インストラクターの口コミ・評判は、コラムを参考にしてくださいね。

薬膳アドバイザー

薬膳資格名薬膳アドバイザー
認定団体東京カルチャーセンター
講座費用38,700円
その他の費用修了証
標準学習期間4ヶ月
試験形式なし
提供機関東京カルチャーセンター

薬膳アドバイザーは、監修が中国の国立北京中医薬大学提携の日本中医学院と本格的な薬膳を学べて活用できる資格です。

メリットデメリット
試験を受けずに資格取得OK
監修が日本中医学院と本格的
上位の薬膳資格が取得しやすい
講座費用に約4万円が必要
修了証は別途費用がかかる

特に、講座の監修をしている日本中医食養学会の指定講習を受講し条件を満たすと薬膳アドバイザー認定証書を取得できます。

さらに、上位資格の受験資格も得られるので、薬膳を極めたい人にもおすすめです。

今まで紹介した内容を考慮すると、薬膳アドバイザー資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 無試験で確実に資格を取得したい
  • 上位資格の受験条件を取りたい
みつき

資格の組み合わせることで費用を抑えて薬膳資格を取得したいなら薬膳アドバイザーで決まり!

これで薬膳アドバイザーに興味を持った方は、無料の資料請求をしてみましょう。

\上位資格の受験資格も取れる/

資料請求は無料です。

なお、薬膳アドバイザーの口コミ・評判は、下記のコラムを参考にしてくださいね。

薬膳料理アドバイザー

薬膳資格名薬膳料理アドバイザー
認定団体ヒューマンアカデミー
講座費用38,800円
受験料なし
認定証等、発行料なし
標準学習期間1ヶ月
試験形式試験なし
提供機関ヒューマンアカデミー

薬膳料理アドバイザーは、薬膳の知識と季節に応じた薬膳料理を学べる資格です。

メリットデメリット
オンラインで学習ができる
無試験で資格が取得しやすい
標準学習期間が1ヶ月と短い
サポート期間が3ヶ月と短い

特に、標準学習期間が1ヶ月と、早く薬膳の資格を取得して活用したいと考えている人におすすめの資格です。

さらに、eラーニングコースに同じ内容が収録されたDVDが付いているので、調理の仕方やコツをネット環境がない場所でも学習しやすいのが魅力です。

今まで紹介した内容を考慮すると、薬膳料理アドバイザー資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 無試験で確実に資格を取得したい
  • 薬膳レシピを豊富に学びたい
  • 動画で気軽に学習したい
みつき

できるだけ早く薬膳資格を取得したいなら薬膳料理アドバイザーで決まり!

これで薬膳料理アドバイザーに興味を持った方は、無料の資料請求をしてみましょう。

\ 学習期間が1ヶ月で早く取れる /

eランニングで学べる!

なお、薬膳料理アドバイザーの口コミ・評判は、下記のコラムを参考にしてくださいね。

結局、薬膳資格はどれがいい?

結論として、薬膳資格はどれがいいのかは薬膳コーディネーターがおすすめです。

その理由は、下記のとおりです。

北京中医薬大学提携校の本草薬膳学院は上位資格の中位薬膳師と同じ団体で、中位薬膳師や国際薬膳師の認定講座への編入が割引で可能になるためです。

いやいや、なかにはもっと気軽に考えている方もいると思いますが、薬膳を知ってくると上をさらに目指したくなる人も。

そのような時に上位資格の受験資格が「ある」か「ない」かは大きな違いです。

他の薬膳資格もそれほど費用が大きく違いがないなら、通信講座大手ユーキャンのネームバリューと本格的な薬膳の知識を学ぶなら、薬膳コーディネーター一択です。

詳しい資格の内容は、ユーキャン公式サイトから無料の資料請求をしてみましょう。

本草薬膳学院の認定が受けられる

資料請求は無料です。

とはいえ、薬膳資格をもっと比較して決めたい!という方は、気になる資格の資料を取り寄せてみましょう。

薬膳資格のよくある質問

Q&A

薬膳資格のよくある質問をまとめてみました。

薬膳資格で国家資格はある?

薬膳コーディネーターをはじめとして、薬膳資格に国家資格はありません。全て民間資格となっています。

薬膳資格は仕事で意味ない?

薬膳資格は仕事で意味ないことはありませんが、専門的に取り扱うなら国際資格が必要になることが一般的です。

薬膳の勉強でおすすめの本は?

薬膳を基礎から体系的に学ぶなら「薬膳・漢方検定公式テキスト」がおすすめ。その他の薬膳の本は下記のコラムでお伝えしています。

どれがいい?薬膳資格おすすめ一覧まとめ

今回のコラムでは「【薬膳資格一覧はコレ!】どれがいい?おすすめ5選徹底比較」を紹介しました。

結論として、おすすめの薬膳資格は「薬膳コーディネーター」「薬膳マイスター」「薬膳インストラクター」「薬膳アドバイザー」「薬膳料理アドバイザー」の5つです。

薬膳資格でどれがいいか悩んだら、薬膳の専門機関が認定するユーキャンの薬膳コーディネーターがおすすめです。

目次