食育の資格

食育の資格はどれがいい?人気の通信講座おすすめ資格を徹底比較|2021年版

食育に関する資格がどれがいいか知りたい人向け。

食育の資格を取得したいけど、どれがいいのかな。どうやって選べばいいんだろう。特徴を比較したものがないかな。結局、どれが一番おすすめなんだろう。
ベジタン
ベジタン
比較表で一覧にしてみたので参考にしてみてね。

食育の資格は、子どもから大人まで幅広く食の見直しができると人気になっています。

ただ、食育の冠とする資格が数多くあり、いったいどれがいいの?と疑問に思う人もいると思います。

そこで、代表的な3つの食育を下記にまとめてみました。

資格名 提供機関 講座費用(税込) 受験料(税込) 認定証等、発行料(税込) 標準学習期間 難易度
食育インストラクター
養成講座
がくぶん 38,700円 無料 修了証:3,300円・認定証:6,600円+事務手数料440円 3~6ヵ月 合格率:ほぼ100%(在宅受験)
食育実践プランナー講座 ユーキャン 39,000円 無料 無料 6ヶ月 合格率:ほぼ100%(在宅受験)
食育アドバイザー
資格取得講座
キャリカレ 28,600円(WEB割引)
※別途、送料450円
無料 無料 3ヶ月 合格率:ほぼ100%(在宅受験)

だた、どの「食育の資格」を取得すればいいの?と悩んでしまいますよね。

そこで、今回は「食育の資格はどれがいい?人気の通信講座おすすめ資格を徹底比較|2021年版」をご紹介します。

どれがいい?食育の資格おすすめ一覧

おすすめの食育の資格は、以下のとおりです。

  • 食育インストラクター
  • 食育実践プランナー
  • 食育アドバイザー

食育インストラクター養成講座


公式サイト:https://www.gakubun.net/

講座名 食育インストラクター養成講座
提供機関 がくぶん
学習内容 服部幸應先生が監修。5段階のレベルのうち、プライマリー資格取得が目的
講座費用 38,700円
受験料 無料
認定証等、発行料 修了証:3,300円・認定証:6,600円+事務手数料440円
標準学習期間 3~6ヵ月
難易度 合格率:ほぼ100%(在宅受験)

食育インストラクターは、がくぶんが提供する通信講座で取得できる資格です。料理評論家の服部 幸應ゆきお先生が監修している講座。

養成講座では、「食品を見分ける選食力」「食のマナー」「地球の食を考える」という食育の3つの柱を中心に学習できます。

資格は講座の修了時に行われる自宅での試験で合格できれば取得できるので、難易度も低く取得しやすいでしょう。

食育インストラクター養成講座のポイント
  • ○服部先生が監修しているので馴染みやすい
  • ○試験が在宅でできるので資格が取得しやすい
  • ×認定証などの発行料や手数料が別途かかる
  • ×監修者の影響が大きいので、好みが分かれる

\服部 幸應ゆきお先生が監修/

食育インストラクター養成講座

資料請求は無料です。

【食育インストラクターの評判】悪い口コミは?メリット・デメリットから分かる講座の特徴【食育インストラクターの口コミ・評判を知りたい人向け】食育の資格を取りたいけど、がくぶんの食育インストラクター資格はどうかな。良い口コミや悪い評判を知りたいな。こういった疑問に回答します。...

関連記事:【食育インストラクターの評判】悪い口コミは?メリット・デメリットから分かる講座の特徴

↑目次へ戻る

食育実践プランナー講座


公式サイト:https://www.u-can.co.jp/

講座名 食育実践プランナー講座
提供機関 ユーキャン
学習内容 講座は「おいしい」という味覚をキーワードに食育を学習
講座費用 39,000円(税込)
受験料 無料
認定証等、発行料 無料
標準学習期間 6ヶ月
難易度 合格率:ほぼ100%(在宅受験)

食育実践プランナーは、ユーキャンが提供する通信講座で取得できる資格です。大手の通信講座なので、安心して受講できるでしょう。

この資格では、食に関する正しい知識だけでなく、特に子どもが3歳までに出来上がる味覚に対しての認識を高める方法を学ぶことができます。

資格取得のための試験は、講座の修了時におこなわれる自宅での試験で取得できます。そのため、難易度も低く取得しやすいのが魅力です。

食育実践プランナー講座のポイント
  • ○味覚がキーワードなので学習しやすい
  • ○家庭での実践を目指した学習ができる
  • ○在宅試験で資格が取得しやすい
  • ×講座の受講料が約4万円がかかる
  • ×難易度が低いので仕事で活用しにくい

\味覚を子どもに伝えたい/

食育実践プランナー講座

資料請求は無料です。

食育実践プランナー
【食育実践プランナーとは】悪い口コミや評判は?メリット・デメリットから分かる講座の特徴とは食育実践プランナー資格の口コミ・評判を知りたい人向けです。保育士の妻が食育の資格を取りたがっています。ユーキャンの食育実践プランナーとは、どのような資格で何に役立つのかな。口コミや評判も知りたいな。こういった疑問に回答します。...

関連記事:【食育実践プランナーとは】悪い評判や口コミは?メリット・デメリットから分かる講座の特徴

↑目次へ戻る

食育アドバイザー資格取得講座


公式サイト:https://www.c-c-j.com/course/food/syokuiku/

講座名 食育アドバイザー資格取得講座
提供機関 キャリカレ
学習内容 子どもの成長を考えた実践的な知識やスキルと指導力
講座費用 28,600円(税込・WEB割引後、通常価格38,600円)※別途、送料450円
受験料 5,600円(税込)
認定証等、発行料 無料
標準学習期間 3ヶ月
難易度 合格率:ほぼ100%(在宅受験)

食育アドバイザーは、キャリカレが提供する通信講座で取得できる資格です。はんにゃの川島さんも取得されていることでも知られています。

口コミや評判では、食育アドバイザーの上位レベルである上級食育アドバイザーを目指している人も多いのが特徴

費用もWEB割引なら割引価格で受講することができ、資格取得のための試験は在宅で受験できるので、取得しやすいのが魅力です。

食育アドバイザー資格取得講座のポイント
  • ○食育アドバイザーの名称がアピールしやすい
  • ○講座費用がWEB割引なら約3万円以下と安い
  • ○試験が在宅でできるので資格が取得しやすい
  • ×講座費用以外に送料や受験料がかかる
  • ×上級資格も取得するなら約5万円以上かかる

\まずは、資料請求から/

食育アドバイザー講座

資料請求は無料!

【食育アドバイザーの評判】悪い口コミはあるの?メリット・デメリットから分かる講座の特徴食育アドバイザーの口コミ・評判を知りたい人向けです。保育士の妻が仕事で活用したいから、食育アドバイザーの資格を取りたいらしい。口コミや評判はどうなのか。ユーキャンとかの通信講座とかあるのかな。こういった疑問に回答します。...

関連記事:【食育アドバイザーの評判】悪い口コミはあるの?メリット・デメリットから分かる講座の特徴

↑目次へ戻る

結局、食育の資格はどれがいいの?

どの「食育の資格」を取得すればいいかは、目的によって大きく違います。ただ、上記の比較をもとに選び方の例と理由をご紹介しておきます。

それぞれの資格におすすめの人は、以下のとおりです。

  • 専門機関から認定が欲しい⇒食育インストラクター
  • 家庭で活用したい⇒食育実践アドバイザー
  • 費用を出来るだけ抑えたい⇒食育アドバイザー

どの食育資格も基本的に学ぶ内容は同じですが、資格を仕事上で使うなら知名度も重要。

費用だけでなく、有名人が取得しているか、食育専門の認定機関なども考慮して総合的に決めましょう。

↑目次へ戻る

食育の資格おすすめ通信講座まとめ

今回のコラムでは「食育の資格はどれがいい?人気の通信講座おすすめ資格を徹底比較|2021年版」をご紹介しました。

食育の資格の選び方は、取得する目的によっても異なり、コストパフォーマンスを考えて選ぶ必要があります。

特に、どの資格も費用については大きな差がないため、「資格の認知度」「取得の難易度」をあわせて検討しましょう。

個人的な意見では、資格のアピールや家庭でも活用できる食育インストラクターがおすすめです

\一生、使える資格を取ろう/

食育インストラクター養成講座

資料請求は無料です。

↑目次へ戻る

\ おすすめの野菜宅配サービス /
坂ノ途中は京都が本社。西日本を中心に新鮮な野菜が届く。初回から3回分の送料無料が魅力。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る

食べチョクは農家とやり取りができる珍しいサービス。お試しは、どのサイズも初回1,000円引きでお得。回数縛りなし。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る

ビオ・マルシェは全てJAS有機野菜が売り。お試しは送料込みで1,500円と試さない理由がない。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る