食育の資格

【食育実践プランナーとは】悪い口コミや評判は?メリット・デメリットから分かる講座の特徴とは

食育実践プランナー

食育実践プランナー資格の口コミ・評判を知りたい人向けです。

保育士の妻が食育の資格を取りたがっています。ユーキャンの食育実践プランナーとは、どのような資格で何に役立つのかな。口コミや評判も知りたいな。
ベジタン
ベジタン
良い口コミ・悪い評判を調べてみたよ。

食育の資格には様々ありますが、「ユーキャンの食育実践プランナー」が注目されています。

食育実践プランナーとは、子どもから年配者に食べやすい調理の工夫や食事のマナーなどを学べる資格です。

食育を日常の食生活に活用し、さらに指導(アドバイス)ができるようになることが目標となります。

ただ、食育実践プランナーは役立つのかな?など口コミや評判が気になる人もいるでしょう。

そこで、今回は「【食育実践プランナーとは】悪い口コミや評判は?メリット・デメリットから分かる講座の特徴とは」をご紹介します。

食育実践プランナーの口コミ・評判2021年

口コミ・評判

資格を取得するかどうかで気になるのが、食育実践プランナーの口コミや評判。そこで、SNS上で調査をしてみました。

良い口コミ・評判(良い点・素晴らしいポイント)

ベジタン
ベジタン
一度学習するとずっと使える知識が身につくのが魅力だね。

ベジタン
ベジタン
家族のために役立つ資格なので興味を持っているよ。

ベジタン
ベジタン
保育士さんが取得していることもあると聞くよ。

ベジタン
ベジタン
他の食の資格と一緒に取得している意見が多いよ。

悪い口コミ・評判(悪い点・少しコレは..というポイント)

次に、気になる食育実践プランナーの悪い口コミ・評判を調査してみました。

ベジタン
ベジタン
内容に不満を持っている人もいるね。

ごめんなさい、本当にこれ以上の悪い意見は見つかりませんでした。。。

今後も食育実践プランナーの口コミ・評判を調査していきます。

\まずは、無料の資料請求から/


食育のプロになろう!

↑目次へ戻る

食育実践プランナーのメリット・デメリット

食育実践プランナーを取得するのにあたって気になるのが、メリットとデメリット。

特に、高い料金を払って損をしたくないと思うなら、デメリットをよく確認しておくことが大切です。

食育実践プランナーメリット(魅力的なポイント)

ここは、資格があればいいな、と感じたメリットを紹介します。

一生役立つ知識が体系的に身につく

食事は赤ちゃんから年配の人まで関係してくるので、身につけた知識は一生使えるといっても過言ではありません。ちょっとした知識やコツが食生活を変えるきっかけになります。

仕事で活用できる可能性がある

自分の子どもに食育を教えることもできますが、保育士さんなどのように子どもにかかわる仕事をされているなら、職場でも利用できる場合もあります。

在宅受験なので取得しやすい

資格を取得するための修了試験は自宅でサポート期間内なら何度も受験することができ、合格率もほぼ100%。家事や育児の隙間時間に学習して取得できるのが魅力です。

デメリット(えっ!?と感じるポイント)

次に、ここはイマイチだな、と感じたデメリットを紹介します。

受講費が高いから活用できるか心配

食育実践プランナー講座は約4万円もする受講費が気になっている人多いでしょう。この金額では、とりあえず受講しておく、というわけにもいかないので、取得する目的を明確するほうがいいでしょう。

取得しやすいので逆に資格を持つ人が多い

資格を取得しやすいなら意味がないんじゃなの?と思われがち。確かに資格を持っているだけで仕事ができるわけではありません。

ただ、口コミや評判をみてみると、他の資格と組み合わせている人が目立ちました。

将来、仕事に結び付くか分からない

資格を取得しても仕事の内容と結び付けられるかどうかはわかりません。取得後にどのように活用するかを考えた上で受講するかを決めましょう。

ただ、将来、保育士さんを目指している学生などが取得したりすることもあります。

\まずは、無料の資料請求から/


食育のプロになろう!

↑目次へ戻る

食育実践プランナーとは?受講料・難易度

それでは、資格を取得するための受講料や合格率などを詳しくみていきましょう。

講座の受講料

講座を受講するための受講料は、39,000円(税込・送料込)

正直、高い?こういう風に思われた人もいるかもしれません。

ただ、他にも食育の資格がありますが、約4万円前後なので、それほど差はありません。

その割に資格の修了試験は自宅で出来るマークシート受験なので、時間も効率的に活用できます。

そのため、子どもを持つ主婦さんや保育士さんでも空いた時間に学習を進めていくことができるが魅力。

【食育実践プランナー資格の費用】4万円は高い?安い?料金が高くても人気の理由とは【食育実践プランナーになるための費用がどのくらい必要か知りたい人向け】食育の資格に興味があるけど、食育実践プランナーの資格を取りたいけど、取得するための費用はどのくらいかかるのかな。通信講座は高い、という話も聞くし、どうなんだろう。こういった疑問に回答します。...

では、気になる修了試験の合格率はどのくらいなのでしょうか?

修了試験の難易度と合格率

資格を取得するための修了試験の合格率はほぼ100%で難易度が低いといえます。

試験はマークシート方式で自宅で期間内なら何度も受験できます。

逆に、試験が簡単なら資格を取得する意味がないんじゃないの?と思われる人もいるでしょう。

実は、修了試験がもし簡単だとしても、通信講座のすべての修了が必要になっているので意外と続けるのが大変です。

では、標準の学習期間はどのくらいなのでしょうか?

講座の学習期間

資格を取得するための標準学習期間は6ヶ月

半年は長い?と思われたかもしれませんが、もちろん短縮して学習することもできます。

ただ、標準の学習期間が6ヶ月と民間資格としては長く、大切な子どもにも関係しているので、正しい知識やスキルが身につく証です。

将来的に資格を役立てるために継続できる人には取得しやすい資格とも言えます。

以上の特徴を下記にまとめてみました。

食育実践プランナー講座
認定団体 一般社団法人日本味育協会
受験資格 特になし
価格 39,000円(税込・送料込み)
学習スタイル 通信(独学は不可。通信講座の修了が必要)
標準学習期間 6ヶ月(12ヶ月指導サポートあり)
試験日 通年(自宅受験)
試験形式 マークシート方式(100点中70点以上で合格)
試験内容 テキスト内
合格率 ほぼ100%
難易度 低い(期間内なら何度でも受験可)

↑目次へ戻る

結局、食育実践プランナーは役立つ?

食育実践プランナーとは、一般社団法人日本味育協会が認定する民間資格です。

食材の選び方や食のマナーの知識だけでなく、指導力がある証明となります。

ただ、資格は通信講座を修了すれば取得できるレベルなので、直接、食育の仕事に結びつけるのは難しいでしょう。

そのため、保育士などの資格と組み合わせたり、子どもや年配の人に食事を提供する機会がある人、自分の子どもに食のマナーを教えたい人には十分役立ちます。

↑目次へ戻る

食育実践プランナーの口コミや評判まとめ

今回のコラムでは、「【食育実践プランナーとは】悪い口コミや評判は?メリット・デメリットから分かる講座の特徴とは」をご紹介しました。

子どもの健やかな成長のために「食育実践プランナー資格」を取得して、家庭や仕事に役立てるのも目標になりますよね。

これまでの食育実践プランナーの特徴を下記にまとめてみました。

食育実践プランナーの特徴まとめ
  • ○一生役立つ知識が体系的に身につく
  • ○仕事で活用できる可能性がある
  • ○在宅受験なので取得しやすい
  • ×受講料が高いので活用できるか心配
  • ×取得しやすいので資格を持つ人が多い
  • ×将来、仕事に結び付くか分からない

食育実践プランナーは、子どもに食事の大切さを教えることができる正しい知識とスキルが身につく一生の資格です。

\まずは、無料の資料請求から/


食育のプロになろう!

↑目次へ戻る