▶ゼンブヌードルが4食分&送料無料で673円!>>>

【食育実践プランナーは履歴書に書ける理由】仕事で意味ない?

食育実践プランナー仕事

食育実践プランナー資格を取得したら履歴書に書けるか知りたい人向けです。

食育の資格を取ろうと思っているけど、食育実践プランナーを取っても就職のときに履歴書に書けないから意味ない、とネットで見つけたけどどうなのだろう。
みつき
どの資格でも言われがちですが、食育ならではの問題もあります。

食育実践プランナーは、食育の資格の中でも人気が高い資格です。

ただ、食育実践プランナーは役立つのかな?履歴書に書けるのかな?と疑問に思う人もいるでしょう。

そこで、今回は「【食育実践プランナーは履歴書に書ける理由】仕事で意味ない?」をご紹介します。

目次

食育実践プランナーは履歴書に書ける?

食育実践プランナー資格を取得しても履歴書に書けます。さらに、書くべきです。

食育実践プランナーは履歴書に書くべき理由

食育実践プランナーを履歴書に書くべき理由は、食育の資格がない人と比べると断然有利になるからです。

ただ、取っても意味ない!という意見もあります。その理由は、食育だけで仕事をするのは難しいからです。

資格だけを単独で取得しても 仕事や求人は見つかりません。

では、食育実践プランナーは本当に仕事で活かせないのでしょうか?次に、活用できる仕事例をご紹介します。

資格が一番活きるのは、学校や保育所、介護施設での食に関わる仕事です。

特に、食育というイメージは小さな子どもだけと思われがちですが、介護施設での食生活を見直し、食育指導などを行うことが注目されています。

保育士や介護職員の方が食育の資格を取得することで、子どもの親御さんや介護をお願いした方に安心感を与えることが期待されています。

食育実践プランナーは一生の資格

食育実践プランナーは仕事以外にも、子供のいる家庭で活用できる一生の資格です。

厚生労働省においても食育推進施策の具体的取組として「家庭における食育の推進」が挙げられています。

ただ、食育と言っても、実際にどのように取り組めばいいのか?ということが分かりにくい側面もあります。

その点、食育の知識を学ぶことで、家庭内で活かせる資格としても注目されています。

食育実践プランナーの魅力は、ユーキャンの食育実践プランナー講座から無料の資料請求をして確認してみましょう。

\ 一生、使える資格を取ろう/

資料請求は無料です。

食育実践プランナーの資格の取り方

それでは、資格を取得するための受講料や合格率などを詳しくみていきましょう。

講座の受講料

講座を受講するための受講料は、39,000円(税込・送料込)

正直、高い?こういう風に思われた人もいるかもしれません。

ただ、他にも食育の資格がありますが、約4万円前後なので、それほど差はありません。

では、気になる修了試験の合格率はどのくらいなのでしょうか?

試験の難易度と合格率

資格を取得するための修了試験の合格率はほぼ100%で難易度が低いといえます。

試験はマークシート方式で自宅で期間内なら何度も受験できます。

逆に、試験が簡単なら資格を取得する意味がないんじゃないの?と思われる人もいるでしょう。

では、標準の学習期間はどのくらいなのでしょうか?

講座の学習期間

資格を取得するための標準学習期間は6ヶ月

半年は長い?と思われたかもしれませんが、もちろん短縮して学習することもできます。

将来的に資格を役立てるために継続できる人には取得しやすい資格とも言えます。

以上の特徴を下記にまとめてみました。

食育実践プランナー講座
認定団体一般社団法人日本味育協会
受験資格特になし
価格39,000円(税込・送料込み)
学習スタイル通信(独学は不可。通信講座の修了が必要)
標準学習期間6ヶ月(12ヶ月指導サポートあり)
試験日通年(自宅受験)
試験形式マークシート方式(100点中70点以上で合格)
試験内容テキスト内
合格率ほぼ100%
難易度低い(期間内なら何度でも受験可)

講座の詳細ついては、ユーキャンの食育実践プランナー講座から無料の資料請求をしてみましょう。

食育実践プランナー試験の概要については、下記のコラムでもまとめています。

食育実践プランナーと比較される食育の資格

食育実践プランナーと同じ食育として人気があるのが「食育インストラクター」です。

食育インストラクターは食育の専門機関が認定し、服部幸應先生が監修している資格。

1級~4級とプライマリーの5段階に分かれ、講座ではプライマリーが習得できます。

さらに、もっと食育を学びたくなったら上級資格へ挑戦しやすいのが魅力です。

\ 服部幸應先生が監修 /

和田明日香さんも取得!

食育インストラクターのメリットについて知りたい方は、下記のコラムを参考にしてくださいね。

食育実践プランナーと組み合わせやすい資格

食育実践プランナーと組み合わせしやすいのが「食生活アドバイザー」です。

食生活アドバイザーは、企業内での食の知識から流通までをアドバイスをする資格。

実際に、SNS上でも資格の組み合わせをしやすい資格として人気です。

\食の基礎をイチから学ぶなら/

資料請求は無料です。

食生活アドバイザーの特徴を知りたい方は、下記のコラムを参考にしてくださいね。

食育実践プランナー資格の活用法まとめ

今回のコラムでは「【食育実践プランナーは履歴書に書ける理由】仕事で意味ない?」をご紹介しました。

子どもの健やかな成長のために「食育実践プランナー資格」を取得して、家庭や仕事に役立てるのも目標になりますよね。

これまでの食育実践プランナーの特徴を下記にまとめてみました。

食育実践プランナーの特徴まとめ

  • ○一生役立つ知識が体系的に身につく
  • ○仕事で活用できる可能性がある
  • ○在宅受験なので取得しやすい
  • ×受講料が高いので活用できるか心配
  • ×取得しやすいので資格を持つ人が多い
  • ×将来、仕事に結び付くか分からない

食育実践プランナーは、子どもに食事の大切さを教えることができる正しい知識とスキルが身につく一生の資格です。

\ 一生、使える資格を取ろう/

資料請求は無料です。

食育実践プランナー以外の食育資格を知りたい方は、下記のコラムをご覧ください。

目次
閉じる