食育の資格

食育実践プランナーは独学で取れる?合格率や難易度で分かる資格の特徴とは

食育実践プランナーが独学で取れるかや難易度・合格率を知りたい人向けです

資格を取得するためには試験を受けないといけないらしい。独学では無理かな。食育実践プランナーになるための難易度や合格率を知りたい。
ベジタン
ベジタン
独学では取得できず、講座修了が必要だよ。

ユーキャンの食育実践プランナー資格は、生活の基本となる「食の知識」が身につく民間資格です。

特に、資格の取得がしやすく、子どもにかかわる仕事に活用するだけでなく、家庭でも幅広く活用できることで人気になっています。

ただ、通信や通学講座を修了するだけではなく、検定試験を受けなくては取得できないため、試験の難易度や合格率が気になる人もいるでしょう。

このコラムでは、食育実践プランナーになるための方法や試験の難易度や合格率が分かります。

そこで、今回は「食育実践プランナーは独学で取れる?合格率や難易度で分かる資格の特徴とは」をご紹介します。

食育実践プランナーは独学ではNGな理由


食育実践プランナー資格は独学では取得できず、通信講座の修了と検定試験の合格が必要になります。

まずは、食育実践プランナーに興味を持った段階から実際に資格を取得までの流れを紹介します。

  • STEP1
    資料請求
    コチラから無料で資料請求をすることができます。
  • STEP2
    申し込み
    資料で講座内容を確認したり、取得後の活用法をイメージしてから申し込みます。
  • STEP3
    講座を受講
    テキスト5冊を中心に副教材も活用しながら通信講座を受講します(標準の学習期間6ヶ月)。
  • STEP4
    検定試験を受験
    通信講座を勉強し修了すると自宅で検定試験を受験します。
  • STEP5
    資格の取得
    検定試験に合格すると資格が取得でき、認定証をもらうことができます。

このように一般社団法人日本味育協会が認定する民間資格である食育実践プランナーには講座の修了が必要です。

\まずは、無料の資料請求から/


食育のプロになろう!

では、修了後に行われる検定試験は難しいのでしょうか?

↑目次へ戻る

食育実践プランナー試験の難易度と合格率


資格試験の難易度としては高くはありません。理由は、合格率はほぼ100%と高いためです。

試験の概要は、以下のとおりです。

資格名 食育実践プランナー
受験資格 課題を提出し、講座の修了が必要
受験方法 マークシート方式
試験時間 なし
合格率 70点以上
試験日 特になし(講座の修了後に実施)
会場 自宅(何度でもチャレンジできる)

検定試験は自宅で受験ができ、サポート期間内であれば何度でもチャレンジすることができるので、難易度としてはやさしいといえます。

試験は、マークシート方式で講座で学んだテキスト5冊から出題されます。

試験内容の問題は講座で使用するテキストから出題されるため、きちんと勉強していれば合格にいたることは難しくはありません。

そのため、食育実践プランナー資格の過去問などは市販されていないため、テキストを中心に読み込むことが大切になります。

\まずは、無料の資料請求から/


食育のプロになろう!

↑目次へ戻る

食育実践プランナー資格取得講座の費用

ユーキャンの食育実践プランナー講座を受講するための費用は、39,000円(税込)です。

詳細は、以下のとおりです。

通信講座の受講料 39,000円(税込)、分割払い:39,600円(税込)
送料 無料
検定試験の受験料 無料

↑目次へ戻る

使えない?食育実践プランナーのメリット


正直、食育実践プランナーになれるのに安い!と思わず、高い!となるでしょう。

実は、口コミや評判をみてみると、他の食育資格も並行して取得していたり、食にかかわる知識周辺を学ぶ方が多いことが分かります。

つまり、上手に資格の名称を利用することもできるということです。

その他にも食育実践プランナー資格を取得するメリットとしては、以下のとおりです。

  • 子どもに食のマナーを教えてあげられる
  • 正しい食材選び方ができるようになる
  • 自宅で受講&受験できるので取得しやすい

保育園や学校の食堂など、子どもの食事にかかわる仕事に活用するだけではなく、家庭でも役立つ一生の資格になるでしょう。

↑目次へ戻る

独学は?食育実践プランナーの難易度まとめ

今回のコラムでは、「食育実践プランナーは独学で取れる?合格率や難易度で分かる資格の特徴とは」をご紹介しました。

話題の食育実践プランナーは検定試験を受ける必要がありますが、自宅で何度でも受験することができるので、難易度は低いといえます。

ただ、費用が安いわけではないので、本当に取得する価値があるのか?意味があるのか?を考えることが大切です。

\まずは、無料の資料請求から/


食育のプロになろう!

↑目次へ戻る