▶野菜の知識を仕事に活かせる資格はこちら⇒ click!

【野菜の資格一覧ならコレ!】どれがいい?おすすめ5選比較

野菜の資格

野菜の資格のおすすめを一覧で知りたい人向けです。

野菜の資格を取りたいけど、どれがいいのかな。おすすめの資格を一覧で違いを比較したいです。

最近は、野菜の宅配を利用したり、自分で栽培されている方が増えています。

せっかくなら野菜を美味しく食べたり、レストランやカフェでのレシピ作りに活かしたいと考えてる人も多いでしょう。

そこで、おすすめしたいのが「野菜の資格」です。

ただ、野菜の資格といっても種類が多いので、人気の野菜資格を一覧にして比較表にまとめてみました。

スクロールできます

野菜ソムリエ

野菜スペシャリスト

野菜コーディネーター

ベジタブル&フルーツプランナー

ベジタブル&フルーツアドバイザー
特徴
知名度が高く
仕事への貢献大
仕事と家庭との
バランスがよい
仕事で
活用しやすい
野菜と果物の
レシピ開発
料理教室の開校
やセミナー講師
認定団体日本野菜ソムリエ協会FLAネットワーク協会ホールフード協会インターナショナル
美容鍼灸協会
日本能力開発推進協会
費用(税込)148,000円39,000円38,700円32,000円28,600円(WEB割引)
その他費用(税込)修了証:3,400円
認定証:6,500円
申請料:3,000円受験料5,600円
送料:450円
学習期間2~3ヶ月5ヶ月4ヶ月3ヶ月3ヶ月
試験形式WEB/会場在宅受験講座修了のみ講座修了のみ在宅受験
合格率約85%ほぼ100%ほぼ100%
公式サイト日本野菜ソムリエ協会ユーキャンがくぶんたのまなキャリカレ

口コミ・評判
みつき

野菜の資格は、仕事で使うのか家庭で活用するのかで決めるのも方法のひとつ。

野菜に関して仕事でバリバリ活用するなら、野菜ソムリエの一択。

仕事でも活用するけど家庭が中心なら、野菜コーディネーターがおすすめです。

だた、野菜の資格についてもっと詳しく比較したいと思う人もいるでしょう。

そこで、今回は「【野菜の資格一覧ならコレ!】どれがいい?おすすめ5選比較」をご紹介します。

なお、野菜ソムリエや野菜コーディネーターがおすすめな理由は、結局、野菜の資格はどれがいい?へどうぞ。

目次

どうやって選ぶ?野菜の資格の選び方

野菜の資格を選ぶポイントは、以下の3つです。

  • 資格取得に必要な費用
  • 資格取得のしやすさ
  • 資格取得後の活用法

資格取得に必要な費用

資格取得に必要な費用を比較すると、野菜ソムリエが断トツに高いことが分かりました。

ただ、費用が安いほうがいいと思われがちですが、費用だけでなく資格取得の目的やメリットを考慮して選びましょう。

資格取得のしやすさ

資格取得のしやすさは、資格によって合格率が違います。ただ、基本的にどの資格も合格率は高く、差が少ないのも事実です。

なかには、野菜コーディネーターのように試験がない資格もあります。受験スタイルで資格を選ぶのも方法のひとつです

資格取得後の活用法

それぞれの口コミや評判をみてみると、他の食にかかわる資格と複合的に取得しているという意見が多く見つかりました。

そのため、他の資格と組み合わせてより専門性をアピールしやすい資格を選ぶのも方法のひとつです。

次に、それぞれのおすすめの野菜資格を一覧でご紹介します。

どれがいい?野菜の資格おすすめ5選一覧

おすすめの野菜の資格一覧は、以下のとおりです。

野菜ソムリエ

資格名野菜ソムリエ
講座名野菜ソムリエ養成講座
提供機関日本野菜ソムリエ協会
講座費用148,000円(税込)
※入会金 10,800円含む
その他の費用受験料(初回のみ無料)
標準学習期間2~3ヶ月
受講時間:7科目×2時間
難易度合格率:約85%

野菜ソムリエは、生産者と生活者の架け橋となるための野菜や果物の目利きや調理法、流通ビジネスなど、幅広い知識やスキルを証明する資格です。

その特徴をメリットとデメリットでまとめると、下記のとおりです。

メリットデメリット
高額なので真剣な受験者が多い
合格率が約85%と難易度が低い
資格を持つ人同士の交流が多い
費用が他の資格と比べて高い
学習期間は約2~3ヶ月かかる
オリジナルのレシピ作りが必要

特に、費用が高額が故に本気で野菜の知識や活用法を学びたい人が集まりやすく、仕事でPRしやすく権威性があることです。多くの芸能人や有名人も取得していますね。

また、受講者も農家やレストランの経営者などが取得していることもあり、資格受講後の地域での交流や仲間を作りやすいのも魅力の一つです。

では、口コミや評判はどうなのでしょうか。

\ 野菜ソムリエの口コミ・評判 /

また、実際に届く教材などはコチラ。

教材・テキスト
修了試験の結果

試験結果を見ていただくと、難易度は決して高くはありません。ただ、費用が高額なので、取得後の活用する目的も考慮して受講することをおすすめします。

今まで紹介した内容を考慮すると、野菜ソムリエ資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 野菜や果物の知識を体系的に学びたい
  • カフェやレストランでレシピを作りたい
  • ソムリエの名称を仕事上で活用したい
  • オンライン説明会で直接話を聞きたい
  • 取得後も交流や仲間づくりをしたい
みつき

名ばかりの資格ではなく、本格的に野菜の知識を仕事に活用するなら野菜ソムリエで決まりです。

これで野菜ソムリエに興味を持った方は、無料の資料請求やオンライン説明会に参加してみましょう。

\ 今なら、受講料8,310円割引で受けられる /

無料のオンライン説明会があります。

なお、さらに野菜ソムリエの口コミや評判を知りたい方は、下記のコラムを参考にしてくださいね。

 

野菜スペシャリスト

資格名野菜スペシャリスト
講座名野菜スペシャリスト資格取得講座
提供機関ユーキャン
講座費用39,000円(税込・送料込み)
その他の費用特になし
受講スタイル通信講座
標準学習期間5ヶ月
難易度合格率ほぼ100%(在宅受験)

野菜スペシャリストは、野菜と果物の基礎、調理の仕方、保存方法、選び方、生産・流通などに関する知識やスキルを示す資格です。

その特徴をメリットとデメリットでまとめると、下記のとおりです。

メリットデメリット
野菜の知識を体系的に学べる
名称が明確でPRがしやすい
家庭で使える知識が身につく
取得費用が約4万円と高め
標準学習が5ヶ月と長い
合格率が高く取得者が多い

特に、野菜スペシャリストの名称が誰にでも分かりやすいので、小売店や飲食店でのアピールしやすいという意見もあります。

また、在宅受験で難易度も低いので、まずは家庭で資格を活かした調理法を学びたい人に一生使える資格として気軽に取得できるのも魅力です。

では、口コミや評判はどうなのでしょうか。

\ 野菜スペシャリストの口コミ・評判 /

なお、実際に届く教材と内容などはコチラ。

  • 教材1:野菜の上手な活用法(P189)
  • 教材2:食生活と野菜の栄養学(P90)
  • 教材3:野菜と果物の基礎知識(P79)
  • 教材4:野菜を取り巻く環境(P59)
  • 副教材:野菜と果物の図鑑 (P167)
  • 副教材:野菜ヘルシー レシピ集
  • 副教材:野菜生活ダイアリー
  • 副教材:野菜調理の基本DVD

野菜スペシャリストのメイン教材の総ページ数は、約417ページでした。副教材の図鑑が167ページと、修了後も活用しやすいでしょう。

今まで紹介した内容を考慮すると、野菜スペシャリストがおすすめな人は下記のとおりです。

  • 家庭で活用やすい資格を取得したい
  • 人気のユーキャンで資格を取りたい
  • 在宅受験で取得しやすい資格がいい
  • 分かりやすい名称をすぐに使いたい
みつき

家庭でも活用できる資格を取得するなら、ユーキャンで人気の野菜スペシャリストで決まりです。

これで、野菜スペシャリストに興味を持った方は、無料の資料請求をしてみましょう。

\ PRに使いやすい野菜の資格なら

資料請求は無料です。

 

なお、さらに野菜スペシャリストの口コミや評判を知りたい方は、下記のコラムをご覧ください。

野菜コーディネーター

資格名野菜コーディネーター
提供機関がくぶん
講座名野菜コーディネーター養成講座
認定団体一般社団法人ホールフード協会
講座費用38,700円(税込・送料込)
その他の費用修了証:3,400円(税込)
認定証:6,500円(税込)
学習スタイル通信講座
標準学習期間4ヶ月
難易度試験なし

野菜コーディネーターは、野菜の味と栄養を最大限に引き出すことで、野菜をもっとおいしく食べて健康的な生活ができるようにサポートする資格です。

その特徴をメリットとデメリットでまとめると、下記のとおりです。

メリットデメリット
監修者の実践レシピが学べる
学習期間が標準4ヶ月早くて2ヶ月
資格を取得するための試験がない
講座の受講料が約4万円と高め
監修者の考えが反映されている
修了証や認定証に費用がかかる

特に、野菜コーディネーターは監修者のタカコナカムラ先生がおすすめする調理法や実践レシピを学べるのが魅力です。

先生が提唱するホールフードとは、たべものの栄養素をまるごと取り入れようという考え方。食品ロスを失くそうと叫ばれている中、食品に対する意識を変えてくれます。

また、資格取得には試験がなく、在宅で2ヶ月もあれば十分に取得できるので、名称を仕事に使いたい人にも向いていますね。

\ 野菜コーディネーターの口コミ・評判 /

なお、実際に届く教材と内容などはコチラ。

  1. 野菜・果物に関する基礎知識
  2. 食材の特徴(野菜編)
  3. 食材の特徴(果物、その他の食材編)
  4. 野菜ではじめるエコライフ
  5. 栄養満点健康レシピ
  6. オリジナル野菜レシピ
  7. 野菜学習ノート
  8. DVD2点(基礎編・応用編)

今まで紹介した内容を考慮すると、野菜コーディネーターがおすすめな人は下記のとおりです。

  • 講座修了だけで確実に資格を取りたい
  • タカコナカムラ先生レシピを知りたい
  • ハーブの知識や活用法も身につけたい
  • 仕事で活用しやすい名称を使いたい
みつき

仕事で活用やすい資格を取得するなら、がくぶんで人気の野菜コーディネーター講座で決まりです。

これで野菜コーディネーターに興味を持った方は、無料の資料請求をしてみましょう。

\ 教材が合わないなら到着後8日以内なら返品OK /

資料請求は無料です。

なお、さらに野菜コーディネーターの口コミや評判を知りたい人は、下記のコラムをご覧ください。

ベジタブル&フルーツプランナー

資格名ベジタブル&フルーツプランナー
講座名ベジタブル&フルーツプランナー講座
提供機関ヒューマンアカデミーたのまな
認定団体インターナショナル美容鍼灸協会認定
講座費用32,000円(税込)
その他の費用申請料:3,000円
標準学習期間3ヶ月
難易度試験なし

ベジタブル&フルーツプランナーは、中医学の食養生を通じて食べ物の正しい摂り方をアドバイスができる資格です。

その特徴をメリットとデメリットでまとめると、下記のとおりです。

メリットデメリット
他の野菜資格と比べて費用が安め
中医学の考え方を取り入れている
試験がなく申請のみで取得できる
テキスト2冊と内容が少なめ
認定証の申請料が別途有料

特に、食養生の考え方をベースにして、どのような野菜や果物を食べたらいいのかを学ぶことができるのが特徴です。

食養生とは、 中医学では食べ物それぞれに性質があり、その性質に合わせた食べ方や摂取方法を効果的に活かすという考え方です。

栄養学と中医学の両面から野菜と果物に関する正しい知識を見つけられるのが魅力ですね。

なお、SNS上での口コミや評判は残念ながら見つかりませんでした。

がおすすめな人は下記のとおりです。

  • フルーツの知識をより学びたい
  • 講座費用をできるだけ抑えたい
  • ヒューマンアカデミーで学びたい
  • 野菜・果物ジュースに興味がある
  • 果物を使ったレシピ開発をしたい
みつき

飲食を通して体調を調節する食養生の考え方を活かすなら、たのまなで人気のベジタブル&フルーツプランナー|たのまなで決まりです。

これでベジタブル&フルーツプランナーに興味を持った方は、無料の資料請求をしてみましょう。

\ お得なスロージューサー付き講座も選べる

資料請求は無料です。

なお、ベジタブル&フルーツプランナーの口コミ・評判も参考にしてみましょう。

ベジタブル&フルーツアドバイザー

資格名ベジタブル&フルーツアドバイザー
講座名ベジタブル&フルーツアドバイザー講座
提供機関キャリカレ
認定団体日本能力開発推進協会 (JADP)
講座費用28,600円(税込・ネット割引)
その他の費用受験料5,600円(税込)
送料:450円(税込)
標準学習期間3ヶ月
難易度合格率ほぼ100%(在宅受験)

ベジタブル&フルーツアドバイザーは、人気のフードコーディネーター監修のもと、野菜や果物の知識やスキルをアドバイザーとして活用できる資格です。

その特徴をメリットとデメリットでまとめると、下記のとおりです。

メリットデメリット
野菜だけなくフルーツの内容も豊富
他の野菜資格と比べると一番安い
在宅受験で難易度も高くはない
テキスト2冊と内容が少なめ
受験料5,600円が別途必要

特に、キャリカレには食に関する資格講座が多く、他の講座と組み合わせると講座費用を安く抑えることができることも

野菜やフルーツの知識やスキルだけでなく、食育や薬膳などの資格もあわせて学習したいならおすすめです。

では、口コミや評判はどうなのでしょか。

\ ベジタブル&フルーツアドバイザーの口コミ /

今まで紹介した内容を考慮すると、ベジタブル&フルーツアドバイザーがおすすめな人は下記のとおりです。

  • フルーツの知識をより学びたい
  • 講座費用をできるだけ抑えたい
  • 他の食資格と組み合わせしたい
  • 在宅受験で取得しやすい方がいい
みつき

取得費用を抑えつつ野菜やフルーツの知識やスキルを学ぶなら、キャリカレで人気のベジタブル&フルーツアドバイザーで決まりです。

これで、ベジタブル&フルーツアドバイザーに興味を持った方は、無料の資料請求をしてみましょう。

キャンペーンでお得に受講できる

資料請求は無料です。

なお、さらにベジタブル&フルーツアドバイザーの口コミや評判を知りたい方は、下記のコラムを参考にしてくださいね。

結局、野菜の資格はどれがいい?

結論としては、仕事として野菜や果物の知識を活用したいなら、野菜ソムリエ一択です。

なぜなら、約15万円もの高い費用を払ってでも真剣に取り組む人が多いのは、逆に魅力です。

さらに、受講者、修了者同士の交流やイベントの活用で人脈を広げやすく、有名人や芸能人も取得しているので、知名度が高いのも魅力です。

レシピ作りに活用するだけではなく、資格を仕事でアピールする時にも権威性が高いので、野菜の資格で一番おすすめです。

詳細は、日本野菜ソムリエ協会公式サイトからどうぞ。

\ 今なら、受講料8,310円割引で受けられる /

資料請求は無料です。

ただ、費用が高すぎて手が出ない方もいらっしゃるでしょう。

もし、野菜ソムリエ以外で野菜の資格を選ぶなら、個人的には野菜コーディネーターがおすすめです。

野菜や果物を使った実践的なレシピを学ぶことができる上に、試験がなく、資格をアピールに活用しやすいのが魅力でしょう。

\ 教材が合わないなら到着後8日以内なら返品OK /

資料請求は無料です。

まずは、他にも気になった野菜資格があれば、資料請求をして比較することから始めてみましょう。

野菜の資格についてのよくある質問

Q&A
野菜ソムリエと野菜スペシャリストの違いは?

2つの資格の大きな違いは、費用が前者が約15万円かかるのに対して後者は約4万円で差が大きいことです。さらに、費用以外にも取得者数や試験の内容にも違いがあります。

詳細は、別コラムの野菜ソムリエと野菜スペシャリストの違いを参考してください。

野菜の栄養を学べる資格はどれですか?

今回ご紹介した野菜資格の講座では栄養についても学べる内容が含まれています。

野菜資格でおすすめの国家資格はありますか?

野菜ソムリエをはじめとして、野菜資格に国家資格はありません。全て民間資格となっています。

野菜の資格を取得すると仕事ができますか?

野菜の資格を取得しただけでは直接仕事へは結びつけにくいといえます。野菜ソムリエにしても講師として活躍するには上位資格を取得するべきでしょう。

例えば、野菜ソムリエ資格は意味ないのかな?と疑問にと思っている人は、下記のコラムをどうぞ。

野菜資格は独学で取得できますか?

野菜資格の一覧でご紹介した資格は独学で取得できず、全て講座の修了が必要になります。ただ、野菜検定は独学でも取得することができます。

おすすめの野菜資格一覧まとめ

今回のコラムでは「【野菜の資格一覧ならコレ!】どれがいい?おすすめ5選比較」をご紹介しました。

野菜資格おすすめ5選は、下記のとおりです。

みつき

野菜の資格は、仕事で使うのか家庭で活用するのかで決めるのも方法のひとつ。

野菜に関して仕事でバリバリ活用するなら、野菜ソムリエの一択。

仕事でも活用するけど家庭が中心なら、野菜コーディネーターがおすすめです。

スクロールできます

野菜ソムリエ

野菜スペシャリスト

野菜コーディネーター

ベジタブル&フルーツプランナー

ベジタブル&フルーツアドバイザー
特徴
知名度が高く
仕事への貢献大
仕事と家庭との
バランスがよい
仕事で
活用しやすい
野菜と果物の
レシピ開発
料理教室の開校
やセミナー講師
認定団体日本野菜ソムリエ協会FLAネットワーク協会ホールフード協会インターナショナル
美容鍼灸協会
日本能力開発推進協会
費用(税込)148,000円39,000円38,700円32,000円28,600円(WEB割引)
その他費用(税込)修了証:3,400円
認定証:6,500円
申請料:3,000円受験料5,600円
送料:450円
学習期間2~3ヶ月5ヶ月4ヶ月3ヶ月3ヶ月
試験形式WEB/会場在宅受験講座修了のみ講座修了のみ在宅受験
合格率約85%ほぼ100%ほぼ100%
公式サイト日本野菜ソムリエ協会ユーキャンがくぶんたのまなキャリカレ

口コミ・評判

野菜資格の選び方は、取得する目的によっても異なり、コストパフォーマンスを考えて選ぶ必要があります。

特に、費用については野菜ソムリエが極端に高いため、その他との大きな違いになっていまが、権威性も高く一番のおすすめ資格です。

\ 今なら、受講料8,310円割引で受けられる /

資料請求は無料です。

目次