野菜の資格

【野菜の資格はどれがいい?】人気の通信講座おすすめ資格を徹底比較|2021年版

野菜に関する資格がどれがいいか知りたい人向け。

野菜の資格を取得したいけど、どれがいいのかな。どうやって選べばいいんだろう。特徴を比較したものがないかな。結局、どれが一番おすすめなんだろう。
ベジタン
ベジタン
比較表で一覧にしてみたので参考にしてみてね。

自分で野菜の栽培をはじめて収穫したなら、美味しく栄養素を効果的に摂りたいと思う人も多いでしょう。

特に、最近は野菜の宅配が人気になっているので、自分で栽培しなくても無農薬や有機野菜が手に入りやすくなっています。

そういった時に、野菜の知識や調理法が学べる資格があれば色々なことに活用できるでしょう。

まずは、野菜の資格一覧を下記のようにまとめてみました。

野菜の資格 難易度 費用(税込) 学習期間 試験(合格率) 学習スタイル
野菜ソムリエ養成講座 148,000円 2~3ヶ月 修了試験・会場(約85%) 通信・通学・半通学
野菜スペシャリスト講座 39,000円 5ヶ月 修了試験・自宅(ほぼ100%) 通信
野菜コーディネーター養成講座 38,700円 4ヶ月 なし(講座の修了のみ) 通信

だた、どの「野菜の資格」を取得すればいいの?と悩んでしまいますよね。

そこで、今回は「【野菜の資格はどれがいい?】人気の通信講座おすすめ資格を徹底比較|2021年版」をご紹介します。

どれがいい?野菜の資格おすすめ一覧

おすすめの野菜の資格は、以下のとおりです。

  • 野菜ソムリエ
  • 野菜スペシャリスト
  • 野菜コーディネーター

野菜ソムリエ

講座名 野菜ソムリエ養成講座
提供機関 日本野菜ソムリエ協会
学習内容 生産者と生活者の架け橋となるための野菜や果物の目利きや調理法、流通ビジネス
講座費用 148,000円(税込)【内訳:入会金 10,800円、受講料 137,200円】
受験料 初回のみ無料
認定証等、発行料 無料
標準学習期間 2~3ヶ月(実質の学習時間:7科目×2時間)
難易度 合格率:約85%(会場受験)

野菜ソムリエ養成講座とは、一般社団法人日本野菜ソムリエ協会が認定する民間資格

野菜だけなく、果物の目利きや栄養、調理法など野菜・果物の幅広い知識を身につけることができます。

ソムリエとつくだけあってワインのように仕事に役立てる専門的な知識が学べることで人気です。

\食の資格でアピールしたいなら/

野菜ソムリエ養成講座

資料請求や説明会は無料!

野菜スペシャリスト

講座名 野菜スペシャリスト資格取得講座
提供機関 ユーキャン
学習内容 野菜と果物の基礎、調理の仕方、保存方法、選び方、生産・流通などに関する知識
講座費用 39,000円(税込)
受験料 無料
認定証等、発行料 無料
標準学習期間 5ヶ月
難易度 合格率:ほぼ100%(在宅受験)

野菜スペシャリストとは、ユーキャン提供している「野菜スペシャリスト講座」で取得できる資格です。

食品メーカーのメニュー開発・小売店や飲食店でのアピール・料理学校など、食に関わる仕事に就いている方に役立つ資格となっています。

\名称を利用しやすい野菜の資格なら/

野菜スペシャリスト資格取得講座

通信講座の大手なので安心できます。

野菜コーディネーター

講座名 野菜コーディネーター養成講座
提供機関 がくぶん
学習内容 西洋野菜・ハーブ・和野菜・香味野菜・山菜と幅広い知識と豊富なレシピ
講座費用 38,700円(税込)
受験料 無料
認定証等、発行料 修了証:3,400円、認定証:6,500円
標準学習期間 4ヶ月
難易度 試験なし

野菜コーディネーターとは、「がくぶん」が提供している野菜コーディネーター養成講座で取得できる資格です。

監修者のタカコナカムラ先生の知識や経験をもとにした教材・レシピが使われ、食にかかわる仕事で活用できるだけでなく、家庭で役立つ資格となっています。

\ハーブの知識やレシピが学べる/

野菜コーディネーター養成講座

教材到着後8日以内ならキャンセルOK!

↑目次へ戻る

どうやって選ぶ?野菜の資格の選び方

野菜の資格を選ぶポイントは、以下の3つです。

  • 資格取得に必要な費用
  • 資格取得のしやすさ
  • 資格取得後の活用法

資格取得に必要な費用

費用(税込) 主な教材
野菜ソムリエ講座 148,000円
認定証:無料
通信制(テキスト版)教材
テキスト・解説本2冊
野菜と果物の品目ガイド
DVD(クッカリー)
野菜スペシャリスト講座 39,000円
認定証:無料
4冊のテキスト
野菜と果物の図鑑
野菜&ヘルシーレシピ集
野菜生活ダイアリー
DVD(栄養素を逃さない野菜調理の基本)
野菜コーディネーター養成講座 38,700円
認定証:有料(5,600円)
5冊のテキスト
DVD(基礎編・料理編)
サブテキスト「オリジナル野菜レシピ」
野菜学習ノート

金額だけを比較すると、野菜ソムリエ講座が一番下のレベルでもダントツに高く、野菜コーディネーターの次に野菜スペシャリストが安い

実際に口コミや評判をみてみると、「野菜ソムリエはレベルが高いが、費用も高い」という意見がありました

さらに、野菜コーディネーター資格の認定証の発行が有料になり、他の2つは費用に含まれている点にも注意が必要です。

資格取得のしやすさ

学習スタイル 試験(合格率) 学習期間
野菜ソムリエ講座 通信
通学
半通学
修了試験・会場(約85%) 14時間
野菜スペシャリスト講座 通信 修了試験・自宅(ほぼ100%) 5ヶ月
野菜コーディネーター養成講座 通信 なし(講座の修了のみ) 4ヶ月

野菜ソムリエは標準の学習期間は短いが、会場での受験が必要。野菜スペシャリストと野菜コーディネーターは期間が約4~5ヶ月と長いが難易度が低い

野菜ソムリエは外部の会場での修了試験が必要ですが、合格率は約85%と言われているで、それほど難しくはありません。ただし、上位レベルになると合格率は低くなります。

その点、野菜スペシャリストと野菜コーディネーターは学習期間や試験の合格率に違いがほぼないことが分かります。

資格取得後の活用法

資格取得後の特徴
野菜ソムリエ講座 積極的に食にかかわる仕事に利用しやすい、専門性が高く飲食店のメニュー開発につながることも。
野菜スペシャリスト講座 食品メーカーや野菜の直売所、産地直送の農家、カフェなどで専門家としてのアピールがしやすい。
野菜コーディネーター養成講座 料理研究家のレシピが豊富に学べるので、家庭での活用しやすい。

どの資格も野菜の知識や基本的な調理法が学べるので、家庭で利用したいのか仕事につなげたいのかどうかが分かれ目。

それぞれの口コミや評判をみてみると「他の食にかかわる資格と複合的に取得している。」という意見もありました。専門性をアピールしやすいのはどれかを考えるのも方法のひとつです。

↑目次へ戻る

結局、野菜の資格はどれがいいの?

どの「野菜の資格」を取得すればいいかは、目的によって大きく違います。ただ、上記の比較をもとに選び方の例と理由をご紹介しておきます。

それぞれの資格におすすめの人は、以下のとおりです。

  • 野菜にかかわる仕事に結び付けたい⇒野菜ソムリエ
  • 資格をアピールしたい⇒野菜スペシャリスト
  • レシピを増やしたい⇒野菜コーディネーター

野菜にかかわる仕事に結び付けたい⇒野菜ソムリエ

理由:費用が高く野菜の専門的知識を得られるため、家庭だけで活用するのはもったいないからです。食品会社のメニュー開発や料理教室、産地直送の農家など、仕事に結び付けた人向きです。

資格をアピールしたい⇒野菜スペシャリスト

理由:スペシャリストという呼称は、カフェなどの飲食店でも「野菜に詳しい人」というイメージしやすいためです。野菜コーディネーターと取得しやすさ等はほぼ変わりませんが、言葉のニュアンスが異なります。

レシピを増やしたい⇒野菜コーディネーター

理由:料理研究家が監修したレシピが豊富に掲載されているため、レシピ内容が豊富であるためです。家庭で実際に調理をする人向きともいえます。

どの野菜の資格を取得しても知識や調理法などを学ぶことができるので、取得後のコストパフォーマンスがどうなのかをよく考えるも選び方のひとつです。

↑目次へ戻る

野菜の資格おすすめ通信講座まとめ

今回のコラムでは、「【野菜の資格はどれがいい?】人気の通信講座おすすめ資格を徹底比較|2021年版」をご紹介しました。

野菜の資格の選び方は、取得する目的によっても異なり、コストパフォーマンスを考えて選ぶ必要があります。

特に、費用については野菜ソムリエが極端に高いため、その他との大きな違いになっています。

個人的な意見では、資格のアピールや家庭で活用するレベルなら、費用も抑えられ取得しやすい「野菜スペシャリスト」がおすすめです

野菜の資格 難易度 費用(税込) 学習期間 試験(合格率) 学習スタイル
野菜ソムリエ養成講座 148,000円 14時間 修了試験・会場(約85%) 通信・通学・半通学
野菜スペシャリスト講座 39,000円 5ヶ月 修了試験・自宅(ほぼ100%) 通信
野菜コーディネーター養成講座 38,700円 4ヶ月 なし(講座の修了のみ) 通信

↑目次へ戻る