▶ゼンブヌードルが4食分&送料無料で673円!>>>

【野菜の資格一覧ならコレ!】どれがいい?おすすめ5選比較

野菜の資格

野菜の資格おすすめ一覧を知りたい人向けです。

野菜の資格を取得したいけど、どれがいいのかな。どうやって選べばいいんだろう。特徴を一覧で比較したものがないかな。結局、どれが一番おすすめなんだろう。

自分で野菜の栽培をはじめて収穫したなら、野菜の知識を身につけたいと思う人も多いでしょう。

そのような時に役立つのが、野菜の保存や調理法を学べる野菜の資格がおすすめです。

ただ、野菜の資格といっても種類が多いので、人気の野菜資格を一覧にまとめてみました。

スクロールできます

野菜ソムリエ

野菜スペシャリスト

野菜コーディネーター

ベジタブル&フルーツプランナー

ベジタブル&フルーツアドバイザー
特徴
知名度が高く
仕事への貢献大
仕事と家庭との
バランスがよい
BtoBで
活用しやすい
野菜と果物の
レシピ開発
料理教室の開校
やセミナー講師
費用14,800円39,000円38,700円32,000円28,600円(WEB割引)
学習期間2~3ヶ月5ヶ月4ヶ月3ヶ月3ヶ月
試験形式WEB/会場在宅受験なしなし在宅受験
合格率約85%ほぼ100%ほぼ100%
公式サイト日本野菜ソムリエ協会生涯学習のユーキャンがくぶんたのまなキャリカレ

口コミ・評判
みつき

野菜の資格は、仕事で使うのか家庭で活用するのかで決めるのも方法のひとつ。

野菜に関して仕事でバリバリ活用するなら、野菜ソムリエの一択。

仕事でも活用するけど家庭が中心なら、野菜コーディネーターがおすすめです。

だた、野菜の資格についてもっと詳しく比較したい!と思う人もいるでしょう。

そこで、今回は「【野菜の資格一覧ならコレ!】どれがいい?おすすめ5選比較」をご紹介します。

なお、おすすめ5選を早く知りたい方は、どれがいい?野菜の資格おすすめ5選一覧へどうぞ。

目次

どうやって選ぶ?野菜の資格の選び方

野菜の資格を選ぶポイントは、以下の3つです。

  • 資格取得に必要な費用
  • 資格取得のしやすさ
  • 資格取得後の活用法

資格取得に必要な費用

金額だけを比較すると、野菜ソムリエ講座が一番下のレベルでもダントツに高く、野菜コーディネーターの次に野菜スペシャリストが安い

実際に口コミや評判をみてみると、「野菜ソムリエはレベルが高いが、費用も高い」という意見がありました

さらに、野菜コーディネーター資格の認定証の発行が有料になり、他の2つは費用に含まれている点にも注意が必要です。

資格取得のしやすさ

野菜ソムリエは標準の学習期間は短いが、会場での受験が必要。野菜スペシャリストと野菜コーディネーターは期間が約4~5ヶ月と長いが難易度が低い

野菜ソムリエは外部の会場での修了試験が必要ですが、合格率は約85%と言われているで、それほど難しくはありません。ただし、上位レベルになると合格率は低くなります。

その点、野菜スペシャリストと野菜コーディネーターは学習期間や試験の合格率に違いがほぼないことが分かります。

資格取得後の活用法

それぞれの口コミや評判をみてみると「他の食にかかわる資格と複合的に取得している」という意見が多く見つかりました。

そのため、他の資格と組み合わせてより専門性をアピールしやすい資格を選ぶのも方法のひとつです。

次に、それぞれの資格の特徴をご紹介します。

どれがいい?野菜の資格おすすめ5選一覧

おすすめの野菜の資格一覧は、以下のとおりです。

野菜ソムリエ

講座名野菜ソムリエ養成講座
提供機関日本野菜ソムリエ協会
講座費用148,000円(税込)【内訳:入会金 10,800円、受講料 137,200円】
受験料初回のみ無料
認定証等、発行料無料
標準学習期間2~3ヶ月(実質の学習時間:7科目×2時間)
難易度合格率:約85%(会場受験)

野菜ソムリエは、生産者と生活者の架け橋となるための野菜や果物の目利きや調理法、流通ビジネスなど、幅広い知識やスキルを証明する資格です。

費用は他の資格よりも高額ですが、本格的に仕事に役立てる権威性があることで人気です。

受講者も農家やレストランの経営者などが取得していることも多く、交流できる仲間を作ることも費用には代えられない目的になっている方もいます。

\ 今なら、受講料5,000円割引

資料請求・WEB説明会は無料です。

 

野菜スペシャリスト

講座名野菜スペシャリスト資格取得講座
提供機関ユーキャン
講座費用39,000円(税込)
受験料無料
認定証等、発行料無料
標準学習期間5ヶ月
難易度合格率:ほぼ100%(在宅受験)

野菜スペシャリストは、野菜と果物の基礎、調理の仕方、保存方法、選び方、生産・流通などに関する知識やスキルを示す資格です。

特に、名称が誰にでも分かりやすいので、小売店や飲食店でのアピールなどにも役立ちます

\ PRに使いやすい野菜の資格なら

通信大手の教材なので安心!

 

野菜コーディネーター

講座名野菜コーディネーター養成講座
提供機関がくぶん
講座費用38,700円(税込)
受験料無料
認定証等、発行料修了証:3,400円、認定証:6,500円
標準学習期間4ヶ月
難易度試験なし

野菜コーディネーターは、西洋野菜・ハーブ・和野菜・香味野菜・山菜と幅広い知識が学べるのが特徴です。

この講座では、監修者のタカコナカムラ先生の知識や経験をもとにした教材・レシピが使われ、仕事だけでなく、家庭でも役立つ内容となっています。

\ タカコナカムラ先生が監修

教材到着後8日以内ならキャンセルOK!

 

ベジタブル&フルーツプランナー

講座名ベジタブル&フルーツプランナー
提供機関たのまな
講座費用(税込)32,000円
受験料(税込)なし
認定証等、発行料申請料:3,000円
標準学習期間3ヶ月
難易度在宅受験なので易しい

ベジタブル&プランナーは、中医学を通じて食べ物の正しい摂り方をアドバイスができる資格です。

この講座では、食養生の考え方をベースにして、どのような野菜や果物を食べたらいいのかを学ぶことができるのが特徴です。

\ まずは資料請求をしてみよう

資料請求は無料です。

ベジタブル&フルーツアドバイザー

講座名ベジタブル&フルーツアドバイザー
提供機関キャリカレ
講座費用28,600円(税込・ネット割引)
受験料(税込)5,600円
認定証等、発行料なし
標準学習期間3ヶ月
難易度在宅受験なので易しい

野菜の資格で注目されているのが、「ベジタブル&フルーツアドバイザー」。

この資格講座では、野菜の基礎知識から調理法を人気のフードコーディネーター監修のテクニックを学び、アドバイザーに必要なスキルが身につけられるのが特徴です。

\ まずは資料請求から!!

資料請求は無料です。

結局、野菜の資格はどれがいい?

どの「野菜の資格」を取得すればいいかは、目的によって大きく違います。ただ、上記の比較をもとに選び方の例と理由をご紹介しておきます。

それぞれの資格におすすめの人は、以下のとおりです。

野菜の知識を積極的に仕事に結び付けたいなら、野菜ソムリエ一択です。

食品会社のメニュー開発や料理教室、産地直送の農家など、仕事に結び付けた人向きです。

ただ、講座の費用も高いので、仕事でアポールとしても使えるけど、家庭での活用を中心に考えているなら野菜コーディネーターですね。

まずは、がくぶんで無料の資料請求をしてみましょう。

おすすめの野菜資格一覧まとめ

今回のコラムでは「【野菜の資格一覧ならコレ!】どれがいい?おすすめ5選比較」をご紹介しました。

野菜資格おすすめ5選は、下記のとおりです。

スクロールできます

野菜ソムリエ

野菜スペシャリスト

野菜コーディネーター

ベジタブル&フルーツプランナー

ベジタブル&フルーツアドバイザー
特徴
知名度が高く
仕事への貢献大
仕事と家庭との
バランスがよい
BtoBで
活用しやすい
野菜と果物の
レシピ開発
料理教室の開校
やセミナー講師
費用14,800円39,000円38,700円32,000円28,600円(WEB割引)
学習期間2~3ヶ月5ヶ月4ヶ月3ヶ月3ヶ月
試験形式WEB/会場在宅受験なしなし在学受験
合格率約85%ほぼ100%ほぼ100%
公式サイト日本野菜ソムリエ協会生涯学習のユーキャンがくぶんたのまなキャリカレ
みつき

野菜の資格は、仕事で使うのか家庭で活用するのかで決めるのも方法のひとつ。

野菜に関して仕事でバリバリ活用するなら、野菜ソムリエの一択。

仕事でも活用するけど家庭が中心なら、野菜コーディネーターがおすすめです。

野菜の資格の選び方は、取得する目的によっても異なり、コストパフォーマンスを考えて選ぶ必要があります。

特に、費用については野菜ソムリエが極端に高いため、その他との大きな違いになっています。

資格をどのように活用したいかを考えて選びましょう。

目次
閉じる