▶野菜の知識を仕事に活かせる資格はこちら⇒ click!

【野菜ソムリエと野菜スペシャリストの違い】どっちがいい?

野菜ソムリエと野菜スペシャリストの違い

野菜ソムリエと野菜スペシャリストの違いを比較したい人向けです。

野菜ソムリエと野菜スぺシャリストでは、費用や試験内容、難易度に違いはあるのかな。結局、どちらがいいか比較したい。

野菜の資格として有名なのが、野菜ソムリエと野菜スペシャリスト

どちらも人気なので、資格を取得するならどちらかいいか疑問に思う人も多いでしょう。

まずは、野菜ソムリエと野菜スペシャリトの違いを比較表にまとめてみました。


野菜ソムリエ

野菜スペシャリスト
特徴
知名度が高い家庭で活用しやすい
費用148,000円39,000円
学習期間2~3ヶ月5ヶ月
試験形式WEB/会場在宅受験
合格率約85%ほぼ100%
公式サイト日本野菜ソムリエ協会ユーキャン

口コミ・評判

両者を比較してみると、両者の費用の違いが目立って違うことが分かりました。ただ、費用だけで本当に選んでいいのか心配になりますよね。

では、野菜の資格を取得するなら、野菜ソムリエと野菜スペシャリストはどちらがいいのでしょうか。

そこで、今回は「【野菜ソムリエと野菜スペシャリストの違い】どっちがいい?」をご紹介します。

なお、どちらの野菜資格がいいか早く結論を知りたい人は、結局、どちらの野菜の資格がいいの?をどうぞ。

目次

野菜ソムリエと野菜スペシャリストの違いを徹底比較

まず最初に、野菜ソムリエと野菜スペシャリストの違いを色々な視点で比較してみました。

野菜ソムリエと野菜スペシャリストの違い【知名度】

野菜ソムリエ養成講座野菜スペシャリスト講座
認定協会一般社団法人日本野菜ソムリエ協会一般社団法人FLAネットワーク協会
取得した有名人磯山さやか
里田まい
ギャル曽根
ロンドンブーツ1号2号の田村淳、他
吉瀬美智子

野菜ソムリエの認定団体と知名度

野菜ソムリエの資格は、一般社団法人日本野菜ソムリエ協会認定の民間資格。

協会では、資格取得後も野菜ソムリエの活動をサポートしているのが特徴です。

資格を取得した芸能人は上記にあげたほかにも多くいるので人気の高さがうかがえます。

野菜スペシャリストの認定団体と知名度

野菜スペシャリストの資格は、一般社団法人FLAネットワーク協会認定の民間資格です。

協会は、食生活アドバイザー 検定など「食と生活」にかかわる資格を支援しているのが特徴です。

資格を取得した芸能人は調べた限りでは吉瀬美智子さんです。CMもされているので、その関係で取得されたのでしょう。

日本野菜ソムリエ協会では全国イベント・講座など多くの取り組みをし、芸能人も多く取得しているので知名度は高いということが分かりました。

野菜ソムリエと野菜スペシャリストの違い【費用】

野菜ソムリエ養成講座野菜スペシャリスト
講座の価格(税込)148,000円(入会金:10,800円、講座:137,200円)39,000円
受験費用初回のみ無料何度でも無料

野菜ソムリエ資格の取得費用

費用が入会金込みで148,000円と他の野菜に関する資格と比べると圧倒的に高いのが分かるでしょう。

野菜スペシャリストの取得費用

講座の価格は39,000円と高額には違いありませんが、野菜ソムリエ養成講座と比べると安く感じる人も多いでしょう。

野菜ソムリエは約14万円と野菜スペシャリストと比べてかなり高額です。

野菜ソムリエと野菜スペシャリストの違い【難しさ】

次に、資格試験の概要は以下のとおりです。

野菜ソムリエ養成講座野菜スペシャリスト講座
試験方式マークシート方式マークシート方式
試験時間2時間特になし
合格点500点満点中350点以上70点以上
合格率約85%約100%
会場試験日や試験会場が決まっている自宅受験(何度でもチャレンジ可)
学習期間標準2~3ヶ月(実際の講義:14時間)標準5ヶ月
学習スタイル通信(WEB版・テキスト版)・通学・半通学通信

野菜ソムリエの難しさ

講座では、野菜や果物の生産から流通、栄養素、調理法までつなげる生産者と消費者をつなげる役割が学べます。

使用する主な教材は、以下のとおりです。

  • テキスト(7科目分)
  • 解説本
  • 副読本「野菜と果物の品目ガイド」
  • 食品成分表
  • DVD

標準の学習期間は、全7科目(1科目2時間)の合計14時間。ただし、実際に試験を受験するまでに2~3ヶ月を学習に充てる人が多いようです。

野菜ソムリエの試験は会場での受験が必要で試験時間が2時間と長時間なので手間がかかります。

ただし、合格率が高いので難易度は低いといえるでしょう。

野菜スぺシャリストの難しさ

講座では、野菜と果物の栄養成分、調理の仕方、保存方法、種類に選び方、生産・流通に関する知識などが学べます。

使用する主な教材は、以下のとおりです。

  • テキスト(4冊分)
  • 副教材「野菜と果物の図鑑」
  • 副教材「112点の野菜&ヘルシーレシピ集」
  • 副教材「野菜生活ダイアリー」
  • 副教材「DVD栄養素を逃さない野菜調理の基本」

標準の学習期間は、5ヶ月(受講開始から12ヵ月まで指導フォロー)。ただし、短期での取得が十分可能です。

野菜スペシャリストの試験は自宅で何度でもチャレンジできます。

そのため、資格取得が目的とすれば難易度は低いといえます。

野菜ソムリエと野菜スペシャリストの取得の難しさはほぼ変わりません。

野菜ソムリエと野菜スペシャリストの違い【学習内容】

野菜ソムリエ野菜スペシャリスト
学習期間2~3ヶ月(実際の講義:14時間)標準5ヶ月
講座スタイル通信(WEB版・テキスト版)・通学・半通学通信

野菜ソムリエの学習内容

講座では、野菜や果物の生産から流通、栄養素、調理法までつなげる生産者と消費者をつなげる役割が学べます。

使用する主な教材と修了試験の結果は、以下のとおりです。

教材・テキスト
修了試験の結果
  • テキスト(7科目分)
  • 解説本
  • 副読本「野菜と果物の品目ガイド」
  • 食品成分表
  • DVD

標準の学習期間は、全7科目(1科目2時間)の合計14時間。ただし、実際に試験を受験するまでに2~3ヶ月を学習に充てる人が多いようです。

野菜スペシャリストの学習内容

野菜と果物の知識、調理の仕方、保存方法、種類に選び方、生産・流通に関する知識などが万べる4冊のテキストになります。

  • 教材1:野菜の上手な活用法P189
  • 教材2:食生活と野菜の栄養学P90
  • 教材3:野菜と果物の基礎知識P79
  • 教材4:野菜を取り巻く環境59P
  • 副教材:野菜と果物の図鑑 P167
  • 副教材:野菜ヘルシー レシピ集
  • 副教材:野菜生活ダイアリー
  • 副教材:野菜調理の基本DVD

標準の学習期間は約5ヶ月です。

野菜ソムリエと野菜スペシャリストはどっちがいいの?

結論は、野菜の知識を活用するなら野菜ソムリエ資格を取得するべきです。

何よりも知名度が違う上に、一般消費者からみてコーディネーターよりも野菜ソムリエという名称が分かりやすいというのも魅力ですね。

一番の理由は、資格取得のフォーアップや仲間同士の交流が持ちやすいため、情報交換の機会としても資格を取得しておいて間違いはありません。

講座の詳しい内容は、下記の公式サイトからどうぞ。

>>>野菜ソムリエ公式サイト

まずは、資料請求や説明会から始めてみましょう。

\ 今なら、受講料8,310円割引で受けられる /

クーポン入力「thanks2022」

ただ、野菜スペシャリストも取得するメリットもあるので、最後にそれぞれにおすすめな人を紹介しておきます。

野菜ソムリエがおすすめな人

野菜ソムリエ資格の取得には、お金と手間がかかるので家庭やネームバリューだけのためではもったいないでしょう。

取得には費用が15万円以上も必要なので「資格を今の業務に活かしたい」「料理教室を開設したい」などの人におすすめです。

特に、取得後のフォローアップが充実しているので、野菜ソムリエの地域コニュニティもあるので、同じ意識を持った人との関わりを深められるメリットが大きいでしょう。

>>>日本野菜ソムリエ協会

野菜スペシャリストがおすすめな人

野菜スペシャリストは、どちらかというとカフェや野菜の直売所、食品スーパーなどの飲食店や小売店で資格をアピールすることができます。

特に、合格率が高く在宅受験ができるので、とりえあず家庭ですぐに資格を活用したい人にはおすすめです。

>>>ユーキャン

どちらの講座も無料で資料請求ができるので、両方とも取り寄せて比較検討してみるのがポイントです。

まとめ

今回のコラムでは「【野菜ソムリエと野菜スペシャリストの違い】どっちがいい?」をご紹介しました。

野菜ソムリエと野菜スペシャリストの違いは、下記のとおりです。


野菜ソムリエ

野菜スペシャリスト
特徴
知名度が高い家庭で活用しやすい
費用148,000円39,000円
学習期間2~3ヶ月5ヶ月
試験形式WEB/会場在宅受験
合格率約85%ほぼ100%
公式サイト日本野菜ソムリエ協会ユーキャン

口コミ・評判

まずは、取得後の活用法を比較するためにも、どちらも無料の資料請求ができるので比較してみましょう。

なお、おすすめの野菜資格一覧を知りたい人は、下記のコラムも参考してくださいね。

目次