▶人気のおすすめ発酵資格はコチラ>>>

【ベジタブル&フルーツアドバイザーの口コミ】噂を徹底調査

ベジタブルフルーツアドバイザーの口コミや評判を知りたい人向けです。

野菜の資格を取得したいので、ベジタブルフルーツアドバイザーが気になっています。口コミや評判はどうなのだろう。費用や合格率、独学でも取得できるか知りたいな。
みつき
正式にはベジタブル&フルーツアドバイザーだけど、一部、略しています。

野菜の資格で注目されているのが「ベジタブル&フルーツアドバイザー」です。

この資格を取得するには、通信講座大手キャリカレの通信講座の修了が必須です。独学では取得できません

資格講座や試験の概要を下記のようにまとめてみました。

ベジタブル&フルーツアドバイザー資格取得講座
認定団体日本能力開発推進協会 (JADP)
受験資格特になし
価格28,600円(税込・送料込)
受験料5,600円(税込)
学習スタイル通信(独学は不可。通信講座の修了が必要)
標準学習期間3ヶ月
試験日通年
試験形式在宅受験(何度でも受験可)
合格基準70%以上
提供講座キャリカレ

ただ、ベジタブル&フルーツアドバイザーの口コミや評判はどうなの?と思っている人もいるでしょう。

そこで、今回は「【ベジタブル&フルーツアドバイザーの口コミ】噂を徹底調査」をご紹介します。

目次

ベジタブルフルーツアドバイザーの口コミ・評判

受講するかどうかで気になるのが、口コミや評判。そこで、SNS上で調査をしてみました。

ベジタブルフルーツアドバイザーの良い口コミ

みつき
認定証がもらえるから飲食店なら額に入れてもいいよね。
みつき
野菜ソムリエ資格は費用が高いから3万円少しでも安く感じるね。

ベジタブルフルーツアドバイザーの悪い口コミ

次に、気になるベジタブルフルーツアドバイザーの悪い口コミ・評判を調査してみました。

ごめんなさい、本当に悪い意見は見つかりませんでした。。。

今後もベジタブルフルーツアドバイザーの口コミや評判を調査していきます。

\ 野菜と果物を知識を学ぶなら

資料請求は無料です。

ベジタブルフルーツアドバイザーのメリット・デメリット

メリット・デメリット

ベジタブルフルーツアドバイザーの口コミや評判から、資格のメリットとデメリットをまとめてみました。

ベジタブルフルーツアドバイザーのメリット

ここは、コレはいいな、と感じたメリットを紹介します。

メリットまとめ

  • 野菜や果物の知識を体系的に学べる
  • 標準期間が3ヶ月と短い
  • 取得後のキャリアサポートがある

野菜や果物の知識を体系的に学べる

野菜や果物を断片的に学ぶのではなく、体系的に学べるのが魅力です。

レシピも学べるので、家庭でも活かしやすいのもポイントです。

標準期間が3ヶ月と短い

資格取得までの標準の学習期間が3ヶ月と短く、子どもがいても集中して学びやすいともいえます。

期間が短ければいいというわけでありませんが、修了を目指すのであれば最短で取得できるのは魅力です。

取得後のキャリアサポートがある

資格の取得後に専属のスタッフが就職や転職のサポートや活動の幅を広げるための団体の紹介してもらうことができます

開業をしたい人のためにホームページの作成支援もあります。

ただ、メリットばかりではありません。次に、デメリットもご紹介していきましょう。

ベジタブルフルーツアドバイザーのデメリット

次に、ここはイマイチだな、と感じたデメリットを紹介します。

デメリットまとめ

  • 講座料と受験料を合わせると高い
  • 難易度は低いので有資格者が多い

講座料と受験料を合わせると高い

講座料が約3万円に加えて、受験料として5,600円(税込)が別途必要なので、合計で34,200円(税込)の費用がかかります。なかには費用が高く感じる人もいるでしょう。

難易度は低いので資格者が多い

在宅受験で何度でも受講できるので、誰でも取得しやすいでしょう。そのため、有資格者も多いのでアピールはしにくいとも言えます。

\ 野菜と果物を知識を学ぶなら

資料請求は無料です。

ベジタブルフルーツアドバイザーの費用

ベジタブルフルーツアドバイザー講座の費用は、通常38,600円(税込・送料込)。通常はWEB申し込みで1万円割引の28,600円(税込・送料込)で受講できます。

ただし、受験料として5,600円(税込)が別途必要なので、資格取得に合計で34,200円(WEB申し込み時)かかることになります。

正直、高い?こういう風に思われた人もいるかもしれません。

ただ、カフェなどの飲食店で「ベジタブルフルーツアドバイザー」の認定証があれば箔がつく、家庭で活用できる知識を身につけたい、こういった目的でも十分役立ちます。

他にも野菜の資格がありますが、約15万円かかる野菜ソムリエに比べると費用を抑えられるのが魅力です。

では、気になる検定試験の合格率はどのくらいなのでしょうか?

ベジタブルフルーツアドバイザーの合格率

調理師

ベジタブルフルーツアドバイザーの資格は、修了試験で70%以上の合格点が必要です。

ただ、在宅受験ができ、サポート期間であれば何度でも受験できるので難易度は低いといえるでしょう。

資格を取得するための標準の学習期間は、3ヶ月

もちろん、短縮して学習することもできるので早ければ約2ヶ月で取得する方もいます。

そのため、学習期間が短くなれば途中で挫折する人が少ないのもメリットです。

ベジタブルフルーツアドバイザーと野菜ソムリエの違い

悩む女性

ベジタブル&フルーツアドバイザーと野菜ソムリエの違いは、主に費用と試験の難易度です。

野菜ソムリエは、日本野菜ソムリエ協会が認定する民間資格で、講座費用が約15万円もかかります。

一番下クラスの野菜ソムリエ資格の合格率は約85%と高いですが、ベジタブルアドバイザーと比べると取得しにくいでしょう。

結局、どちらの資格を取得すればいいの?となると、野菜に関する仕事で活用したいなら「野菜ソムリエ」です。知名度やアピール力が違うためです。

ただ、費用をかけられない人や家庭で活用するレベルでいいという人は、「ベジタブル&フルーツアドバイザー」を選択するのも方法のひとつでしょう。

野菜ソムリエの意見については、下記のコラムをご覧ください。

ベジタブルフルーツアドバイザーの評判まとめ

今回のコラムでは「【ベジタブル&フルーツアドバイザーの口コミ】噂を徹底調査」をご紹介しました。

野菜のことを漠然と学ぶより、体系的に野菜の知識を深めたいなら「ベジタブルフルーツアドバイザー」を目指してみるのも方法のひとつ。

これまでのベジタブルフルーツアドバイザー講座の特徴を下記のようにまとめてみました。

ベジタブルフルーツアドバイザーの特徴まとめ

  • ○野菜や果物の知識を体系的に学べる
  • ○標準期間が3ヶ月と短い
  • ○取得後のキャリアサポートがある
  • ×講座料と受験料を合わせると高い
  • ×難易度は低いので有資格者が多い

家庭で野菜の知識を知ってければ、野菜の旬や調理法に役立てることができるので、日常的にメリットを受けることができます。

もちろん、食品関係の記事を書くライターや食べ物を扱う料理YouTuberなど、資格を活用できる幅が広いので、まずは資料請求から始めてみましょう。

\ 野菜と果物を知識を学ぶなら

資料請求は無料です。

ベジタブルフルーツアドバイザー以外の野菜資格については、下記のコラムでお伝えしています。

目次
閉じる