▶野菜の知識を仕事に活かせる資格はこちら⇒ click!

【食生活アドバイザーは無駄?いらない?】とってよかった点

悩む女性

食生活アドバイザーは無駄や、いらないのは本当か知りたい人向けです。

食生活アドバイザーが気になっていますが、意味あるのかな。その資格はいらない、という意見も見つけました。とってよかったことがあれば知りたいです。

近年、仕事や就職で役立てる食の知識を身につけておきたいと、食の資格を取っておきたいニーズが高まっています。

そのような時に人気の資格が、食生活アドバイザーです。

ただ、ネットでどのように仕事で役立つか調べてみると、食生活アドバイザーの資格を仕事で無駄だし、意味ないという意見が見つかることも。

では、食生活アドバイザーはとってよかった点はあるのでしょうか

そこで、今回は「【食生活アドバイザーは無駄?いらない?】とってよかった点」をご紹介します。

目次

食生活アドバイザーは無駄や意味ないと言われる理由

悩む女性

まずは、食生活アドバイザーを取っても無駄なのか、意味ないのか意見を調査してみました。

食生活アドバイザー資格を取得しても意味ないと言われる理由は、次にお伝えする3つであることが分かりました。

  1. 食全般の資格なので専門性がない
  2. 就職や転職で資格が有利にならない
  3. 食生活アドバイザーに1級がない

1.食全般の資格なので専門性がない

食全般の知識を活用する資格なので、食の範囲が広すぎて専門性がないと言われることもあります。

特に、食生活アドバイザーは国家資格ではなく民間資格なので、独占して何か業務ができるわけではありません。

2.就職や転職で資格が有利にならない

3級は合格率が高く取得しやすい資格なので、就職や転職で意味がないと言われています。

食生活アドバイザーを履歴書に書くのは恥ずかしいなど、認知がそれほど高くないということも。履歴書に食生活アドバイザーを書くのであれば、最低でも2級を取得しましょう。

3.食生活アドバイザーに1級がない

実は食生活アドバイザー資格は、2級と3級はありますが1級がありせん。そうなると、資格としてアピールをするには物足りなさを感じてしまうという意見もあります。

これで食生活アドバイザーを取っても無駄や、いらないという理由は分かった。じゃあ、それでも食生活アドバイザーはとってよかった点はあるのでしょうか。

食生活アドバイザーをとってよかった点

食生活アドバイザーの資格をとってよかった点は、以下のとおりです。

  1. 食の資格と組み合わせしやすい
  2. いつからでも学習を始められる
  3. 二級なら仕事でアピールできる

1.食の資格と組み合わせしやすい

より専門的な食に関する資格との組み合わせがしやすいのが魅力です。実際にSNS上でも食生活アドバイザーと他の食の資格を組み合わせが目立ちました。

まずは、食全般の知識を習得して、それから食育インストラクターなどの食育資格や薬膳コーディネーターなど薬膳発酵の領域などに特化した資格と組み合わせるのがおすすめです。

2.いつからでも学習を始められる

検定試験は7月と11日の年2回もあるので、いつからでも学習を始めやすいのも人気の理由です。しかも、受験資格がないので、食の仕事をしたい高校生や大学生が取得しておくことも。

特に、家庭で使える一生の資格を持つことは自信にもつながるので、主婦の方でも気軽に勉強を始めやすいのも魅力です。

3.二級なら仕事でアピールできる

ただ、3級は家庭向きの資格なので、できれば製造・流通まで学べる2級なら仕事でアピールしやすいでしょう。

2級や3級の試験に合格すると、下記のような合格認定カードが届きます。

こういった証明をもとに資格をアピールするのも方法のひとつでしょう。

これで食生活アドバイザーのとってよかった点も分かった。じゃあ、2級と3級を同時に学んで受験ができるユーキャンの食生活アドバイザー(R)講座から無料の資料請求をしてみましょう。

\ 食の総合資格を取得するなら /

2級と3級のダブル合格が目指せる!

では、食生活アドバイザーのメリットとデメリットを次にお伝えします。

食生活アドバイザーのメリットとデメリット

メリットとデメリット

食生活アドバイザーのメリットとデメリットをまとめてみました。

メリットデメリット
独学でも取得することができる
他の資格と組み合わせしやすい
いつからでも学習を始められる
資格の活かし方が難しい
3級・2級の試験は難しい
資格試験の受験料が高い

食生活アドバイザーのメリット

食生活アドバイザーのメリットは、以下のとおりです。

  • 独学でも取得することができる
  • 他の資格と組み合わせしやすい
  • いつからでも学習を始められる

独学でも取得することができる

食生活アドバイザーは、独学で取得することもできます。ただ、合格は3級で約60%、2級で約40%と低いので、通信講座を利用する人もいます。

他の資格と組み合わせしやすい

色々な意見をみてみると、他の資格と組み合わせて取得していることが多いことが分かりました。

いつからでも学習を始められる

食生活食育アドバイザーテストは7月と11日の年2回開催されています。そのため、いつからでも学習を始めることができます

次に、デメリットをみていきましょう。

食生活アドバイザーのデメリット

逆に食生活アドバイザーのデメリットは、以下のとおりです。

  • 資格の活かし方が分かりにくい
  • 3級・2級ともに合格しにくい
  • 資格テストの受験料が高い

資格の活かし方が分かりにくい

食全般の資格であるため、どのように活かすかが分かりにくいという意見もあります。スーパーや飲食店、メニュー開発、保育所やスポーツジムなどでの活用が期待されています。

3級・2級ともに合格しにくい

食生活アドバイザーの3級で約60%、2級で約40%と民間資格として合格率は低いので、独学で不安な人は通信講座の利用がおすすめです。

資格試験の受験料が高い

食生活アドバイザーテストの受験料として2級:7,500円、3級:5,000円、2級・3級併願:12,500円が必要です。特に併願受験となると、1万円を超えるので高く感じるでしょう。

これでメリットとデメリットも分かった。ただ、さらに食生活アドバイザー資格の活用法を知りたい人は、ユーキャンの食生活アドバイザー(R)講座で無料の資料請求をしてみましょう。

食生活アドバイザーがおすすめな人

今まで紹介した内容を考慮すると、食生活アドバイザー資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 一生使える食の幅広い知識を身につけたい
  • 資格を組み合わせてアピールに使いたい
  • 調理師を目指している

特に、食生活アドバイザー試験は受験資格がないので、学生が取得しやすいのも魅力です。

もし「栄養」に興味があっても、国家資格は就学経験が必要なため学生は簡単になることができません。

そのため、誰でも取得できる食生活アドバイザーが高校生や大学生のうちに食の資格を取得しておきたいという方も多いでしょう。ると人気になっています。

自分メモ✎
高校生になったらしたいこと!

◎英語の勉強
◎韓国語の勉強

◎食生活アドバイザーの資格
◎色彩検定

◎アコースティックギター

— あ の (@__gilrskk) January 29, 2018

無理無理無理無理
食生活アドバイザーとかちょっとしか勉強してないのに8割合格とか無理に決まっとるやん
高校生で初めての再試かな😱

— あんな🍒 (@ann218_ss) September 24, 2018

確かに、食生活アドバイザー資格だけで仕事の求人などに応募することは難しいですが、食育が今の職場に関係しているのであれば取得しておいて損はありません。

しかも、家庭でも活用できる知識やスキルを学ぶことができます。在宅で受験できるでも嬉しいですね。

みつき

食の知識やスキルを体系的に学習するなら食生活アドバイザーで決まりです。

なお、さらに食生活アドバイザーの感想を知りたい方は、下記のコラムを参考にしてくださいね。

食生活アドバイザーのよくある質問

Q&A
食生活アドバイザー資格取得にどのくらい費用が必要ですか?

食生活アドバイザーは独学か通信講座を利用するかで費用が変わってきます。但し、共に受験料は2級・7,500円(税込)、3級・5,000円(税込)です。

詳細は、食生活アドバイザーの費用を下記のコラムでお伝えしています。

食生活アドバイザー試験は難しいですか?

食生活アドバイザー試験の合格率は、2級で約40%、3級で約60%です。民間資格としては合格率は低く、難易度は高めといえるでしょう。

詳細は、食生活アドバイザーの試験を下記のコラムでお伝えしています。

食生活アドバイザーと栄養の国家資格はどちらいいですか?

厚生労働大臣の免許を受けた栄養の国家資格は、就職や仕事でも食生活アドバイザーよりも優勢性は高いでしょう。ただ、取得に時間や費用もかかるので、まずは食生活アドバイザーからという方も多くいらっしゃいます。

詳細は、食生活アドバイザーと栄養の国家資格はどちらいいか違いを比較を下記のコラムでお伝えしています。

まとめ

今回のコラムでは「【食生活アドバイザーは無駄?いらない?】とってよかった点」をご紹介しました。

食生活アドバイザーは無駄や意味ないと言われる理由は、下記のとおりです。

  1. 知識やスキルだけで仕事に活用しにくい
  2. 就職や転職で資格が有利にならない
  3. 資格を取得しても履歴書に書けない

それでも、食生活アドバイザーをとってよかった点もあります。

  1. 食の資格と組み合わせしやすい
  2. いつからでも学習を始められる
  3. 二級なら仕事でアピールできる

ただ、食生活アドバイザー資格を目指すなら、3級合格を担保にして2級の合格を目指すべきです。

2級と3級を同時に学習ができるユーキャンの食生活アドバイザー(R)講座を利用しましょう。

\ 食の総合資格を取得するなら /

2級と3級のダブル合格が目指せる!

目次