食生活アドバイザー

【食生活アドバイザーは無駄?いらない?】とってよかったポイントとは

悩む女性

食生活アドバイザー®は無駄なのか知りたい人向けです。

食生活アドバイザー®は仕事のために取っても無駄とか、いらない、意味ない、とか言われているけど、取って良かったと思えるメリットはあるのかな。
ベジタン
ベジタン
いらないと言われる理由や取得するメリットを紹介します。

食生活アドバイザー®について調べていると、「資格をとっても無駄だよ」という意見があります。

実際に、下記のような意見がありました。

このように資格を取得しても、無駄とか、いらないとか言われると、食生活アドバイザー資格を取得する意味があるのかな?と思いますよね。

このコラムでは、食生活アドバイザーをとってよかったポイントも紹介しています。

そこで、今回は「【食生活アドバイザーは無駄?いらない?】とってよかったポイントとは」をご紹介します。

今なら、期間限定で5,000円割引!
2級と3級のダブル合格が目指せる「食生活アドバイザー(R)講座」はこちら!

食生活アドバイザー®が無駄と言われる理由

勉強

資格を取得しても「無駄」「いらない」「役に立たない」などと言われる理由は、以下の3つです。

  • 食全般の資格なので専門性がない
  • 就職や転職で資格が有利にならない
  • 3級を取得しても履歴書に書けない

食全般の資格なので専門性がない

食全般の知識を活用する資格なので、食の範囲が広すぎて専門性がないと言われることもあります。

就職や転職で資格が有利にならない

3級は合格率が高く取得しやすい資格なので、就職や転職で有利にならないと言われています。

3級を取得しても履歴書に書けない

資格には2級と3級があり、仕事でいずれアピールするなら2級以上が必要

これで、資格に専門性が少なく、3級を取得しても就職で有利にならないことは分かった。

ただ、それでもなぜ食生活アドバイザーはとってよかったと言われているのでしょうか?

とってよかったと思えるポイント

とってよかった

食生活アドバイザーの資格をとってよかったポイントは、以下のとおりです。

  • 他の資格と組み合わせしやすい
  • 検定が年2回なので挑戦しやすい
  • 2級ならアピールしやすい

他の資格と組み合わせしやすい

より専門的な食に関する資格との組み合わせがしやすいのが魅力です。

食全般の知識を学ぶことで幅広い知識を習得したのち、専門的な資格を取得している人が多いのが特徴。

実際にSNS上でも食生活アドバイザーと他の食の資格を組み合わせが目立ちます。

検定が年2回なので挑戦しやすい

検定は7月と11日の年2回と、いつからでも学習を始めやすいのも人気の理由です。

しかも、受験資格がないので、卒業前の大学生が取得することも多く、本格的な栄養資格を取得する前に挑戦する人もいます。

特に家庭で使える一生の資格を持つことは自信にもつながるので、主婦の方でも受験しやすいのが魅力でしょう。

2級ならアピールしやすい

ただ、3級は家庭向きの資格なので、できれば製造・流通まで学べる2級なら仕事でアピールしやすいでしょう。

どうしても3級なら英検などと同様に誰でも取得できると思われがち。

特に、2級の合格率は約40%と誰でも簡単に取得できないという優位性があります。

結局、無駄!意味ない!と言われるのは「食生活アドバイザー3級は履歴書に書けない」「家庭で使える知識を学ぶだけ」という意見が大半を占めます。

そのため、食生活アドバイザー資格を取得するなら2級を目指すべきです。

食生活アドバイザー資格は2級と3級のダブル受験で目標は2級、最低でも3級を目指せる通信講座の利用をおすすめします。

\今なら5,000円割引!10/15まで/

食生活アドバイザー(R)講座
次の試験日は2021/11/28 (日)

↑目次へ戻る

通信講座で学習するメリットとデメリット

メリットとデメリット

食生活アドバイザーは市販のテキストを使って学習後に受験をすることができます。ただ、通信講座を利用するメリットがあります。

食生活アドバイザーの通信講座を利用するメリットは、下記のとおりです。

  • 3級と2級のダブル合格を目指したい
  • スケジュール管理をするのが苦手
  • 質問できる方法があると安心
  • 2級の難問記述対策を学びたい

3級と2級は試験時間がそれぞれ90分で、検定3級が午前10:30から。検定2級は午後1:30からなので同日に試験が受験できます。

ただ、2級合格の難易度は高いので、下記の意見などが多く見られました。

2級の合格率が約40%と低めなので、2級の合格を目指すなら通信講座の利用するべきです。

もちろんデメリットは費用がかかるので、そこは自分の性格とコストパフォーマンスとを考えて選択しましょう。

\今なら5,000円割引!10/15まで/

食生活アドバイザー(R)講座
次の試験日は2021/11/28 (日)!

↑目次へ戻る

食生活アドバイザー®の仕事での活かし方

資格を取得している人の多くは、食に関わる職種で活用したり、他の食に関する資格と組み合わせて食の専門家としてのアピールに活用できます。

例えば、

  • スポーツジムで食事制限アドバイス
  • 学校の給食など食事のメニュー作り
  • 保育所での食育アドバイス
  • 介護施設での食事バランスの提案
  • 料理系YouTubeチャンネルの運営

など。

食に関わる職種は多いので、専業で活用するのは正直、難しいでしょう。

ただ、応用範囲が広いので、基礎として食全般の知識を学び、その後、専門的な分野の資格を取得するというのも考え方のひとつです。

実際に、食生活アドバイザーと活躍している人のなかには、昔は仕事と関係なかったけど、いずれ役立つ可能性があるという理由で取得されていた人もいます。

では、資格はどのように取得できるのでしょうか?

↑目次へ戻る

食生活アドバイザー®の取得方法と学習方法

概要を下記にまとめてみました。

名称 食生活アドバイザー®検定
主催 一般社団法人 FLAネットワーク協会
検定日 年2回(7月・11月)開催
階級 【2級】【3級】(※1級はなし)
受験料(税込) 【2級】7,500円
【3級】5,000円
【2・3級併願】12,500円
受験資格 制限なし(誰でも受験可)
検定会場 札幌、仙台、さいたま、千葉、東京、横浜、新潟、金沢、静岡、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡
テスト時間 2級・3級共に90分
開始時間 【2級】10時30分、【2級】13時30分(2級・3級併願受験可)
出題形式 【2級】マークシート形式42問+記述問題13問
【3級】マークシート形式50問
出題内容 6科目(2級・3級共通)
合格基準 【2級】合格点74点以上(123点中)
【3級】合格点60点以上(100点中)
合格率 【2級】約40%
【3級】約65%
合格発表 受験日から約1ヶ月後(模範解答発表後に自主採点可)
申込期間 願書請求及び受験申込:受験日の約3~4ヶ月前(要確認)
申込方法 一般社団法人 FLAネットワーク協会 食生活アドバイザー® 検定事務局

合格率が2級で約40%、3級で約65%と民間資格としては難易度が高い資格になると思います。

ただ、通信講座を修了したら取得できる資格と異なり、会場での受験が必要で、難易度も高いという資格を取得する価値があります。

では、どのように資格を取得すればよいのでしょうか?

独学でも取得できますが、2級と3級のダブル合格を目指すなら「ユーキャンの食生活アドバイザー®講座」がおすすめです。

講座費用は、39,000円(税込)です。

さらに、検定の受験料として2級:7,500円、3級:5,000円、2級・3級併願:12,500円が必要になります。

そのため、合格を目指すなら体系的に学習ができる通信講座の活用が安心です。

\今なら5,000円割引!10/15まで/

食生活アドバイザー(R)講座
次の試験日は2021/11/28 (日)!

この講座を申し込みと、以下の講義テキストや副教材が届けられます。

  • メインテキスト:2冊
  • 実践問題集2冊
  • ポイントBOOK(赤シート付き)
  • ガイド実践レシピ集
  • 添削・質問関連書類一式

メインテキスト中心に学習しますが、2級と3級の標準学習期間は4ヶ月です。

↑目次へ戻る

無駄じゃない!食生活アドバイザーまとめ

今回のコラムでは、「【食生活アドバイザーは無駄?いらない?】とってよかったポイントとは」をご紹介しました。

どの資格でも同じですが、仕事に活用できる資格というのは限定されています。特に、民間資格で士業でもありません。

そのため、資格を取得しても無駄や要らない、使えない、という意見がありますが、実際に資格を取得している方が数多くいます。

食生活アドバイザー資格を取ってよかった言われるポイントは、以下の3つです。

  • 他の資格と組み合わせしやすい
  • 検定が年2回なので挑戦しやすい
  • 難易度が高いので取得しにくい

食生活アドバイザー資格を目指すなら最低3級、できれば2級の合格を目指しましょう!

\今なら5,000円割引!10/15まで/

食生活アドバイザー(R)講座
次の試験日は2021/11/28 (日)!

↑目次へ戻る