食全般の資格

発酵の資格はどれがいい?ソムリエとスペシャリストの違いとは

悩む女性

発酵の資格はどれがいいか知りたい人向けです。

発酵の資格には色々あるけど、発酵食品ソムリエと発酵食スペシャリストはどちらがいいのかな。2つの違いを知りたいな。
ベジタン
ベジタン
発酵の資格ならどれがいいか、2つの資格を比較してみました。

発酵の資格には色々とあるのをご存知でしょうか?

  • 発酵食品ソムリエ
  • 発酵食スペシャリスト
  • 発酵検定
  • 発酵食品マイスター
  • 発酵食アドバイザー

実は上記以外にもまだまだ発酵の資格は数多くあります。

なかでも、発酵食品ソムリエと発酵食スペシャリストのどちらがいいのか悩む人が多いですね。

では、同じ発酵の資格でも何が違うのでしょうか?

まずは、簡単に2つの違いを下記のようにまとめてみました。

発酵食品ソムリエ 発酵食スペシャリスト
認定団体 NPO法人 発酵文化推進機構 社団法人ホールフード協会
講座費用(税込) 32,000円 39,900円
諸費用(税込) なし 認定料8,800円・事務手数料440円
標準学習期間 4ヶ月 3ヶ月
試験形式 在宅受験 試験なし
合格基準 70点以上 なし
意見・評価 口コミ・評判 口コミ・評判
提供機関 ユーキャン がくぶん

上記にようになりました。ただ、詳しく比較しないと後で選んで後悔してしまうかもしれません。

そこで、今回は「発酵の資格はどれがいい?ソムリエとスペシャリストの違いとは」をご紹介します。

ただ、「とにかく、発酵の資格はどれがいいの?」と早く知りたい人もいるでしょう。

結論としては「発酵食品ソムリエ」です。発酵分野の権威である先生の監修という安心感があります。詳細は、下記からどうぞ。

>>>ユーキャンの発酵食品ソムリエ講座

薬膳資格の認定団体の違い

まず最初に、資格の認定団体の違いについて比較してみます。

発酵食品ソムリエ 発酵食スペシャリスト
認定協会 NPO法人 発酵文化推進機構 社団法人ホールフード協会

発酵食品ソムリエの認定団体

発酵食品ソムリエは、NPO法人 発酵文化推進機構の民間資格。発酵分野で権威のある小泉武夫(こいずみ たけお)先生が推薦する資格です。

小泉武夫先生はテレビでもよく出演されているので、ご存知の方も多いでしょう。

発酵食スペシャリストの認定団体

発酵食スペシャリストは、社団法人ホールフード協会の民間資格。安全な食べ物や自然の暮らしを大切にした考え方を提唱する料理研究家のタカコナカムラ先生が監修しています。

中国の薬膳を学びたい人や国際薬膳師を目指すなら薬膳コーディネーター、日本人向けでほどほどに活用したいなら薬膳マイスターです。

↑目次へ戻る

発酵資格の取得に必要な費用の違い

発酵食品ソムリエ 発酵食スペシャリスト
講座費用(税込) 32,000円 39,900円
諸費用(税込) なし 認定料8,800円・事務手数料440円

発酵食品ソムリエを取得するための費用

受講料は32,000円。受験料や認定証などを発行する費用は不要です。

発酵食スペシャリストを取得するための費用

受講料は39,900円円。但し、認定料と事務手数料が必要になるため、総額で49,140円となります。

諸費用などを考慮しても、発酵食品ソムリエのほうが費用を抑えることができます。

↑目次へ戻る

発酵資格取得の難しさの違い

発酵食品ソムリエ 発酵食スペシャリスト
試験形式 在宅受験 なし
試験時間 なし なし
合格点 70点以上 なし
標準学習期間 4ヶ月 3ヶ月

発酵食品ソムリエ資格取得の難しさ

発酵食品ソムリエは通信講座の終了後に試験がありますが、在宅で受験が出来るため難易度はそれほど高くありません。

発酵食スペシャリスト資格取得の難しさ

発酵食スペシャリストは試験がないため、通信講座を修了するだけで取得できます。

発酵食スペシャリストには試験がないので、比較すると難易度は低いと言えるでしょう。

↑目次へ戻る

結局、どちらの資格がいい?

結局、どちらの資格を取得すればいいか?ですが、個人的な意見は以下のとおりです。

  • 発酵食品ソムリエ:小泉武夫先生が監修
  • 発酵食スペシャリスト:名称を使いたい人向け

発酵食品ソムリエ:小泉武夫先生が監修

なんといっても小泉武夫先生が監修しているので、知識を体系的に楽しく学習することができます。費用も3万円台で済むのが魅力。

発酵食スペシャリスト:名称を使いたい人向け

資格取得に試験がないので、とりあえず発酵食スペシャリストという名称を使いたい人におすすめです。

発酵食品ソムリエは取得の費用も安いので、まずは講座内容を確認しましょう。

↑目次へ戻る

まとめ:発酵の資格はどれがいいの?

今回のコラムでは、「発酵の資格はどれがいい?ソムリエとスペシャリストの違いとは」をご紹介しました。

発酵食品ソムリエと発酵食スペシャリストには、それぞれの良い特徴があり、どちらを取得しようか悩まれる方も多いと多いと思います。

2つの大きな違いは、将来どのように資格を活用していきたいかです。

まずは、取得後の活用法を比較するためにも無料の資料請求から始めてみましょう

↑目次へ戻る