▶野菜の知識を仕事に活かせる資格はこちら⇒ click!

【発酵・腸活の資格はコレ!】どれがいい?おすすめ5選比較

発酵の資格

発酵や腸活の資格はどれがいいか、おすすめ一覧を知りたい人向けです。

発酵とか腸活の資格を取りたいけど、どれがいいのかな。おすすめの資格を一覧で違いを比較したいです。

昨今、発酵食品が注目されるようになり、せっかくなら「発酵や腸活のことをもっと勉強してみたい」というニーズが高まっています。

そこで注目を集めているのが「発酵・腸活の資格」。

ただ、発酵・腸活の資格といっても種類が多いので、どれがいいか悩んでしまいがち。

まずは、おすすめの発酵資格・腸活資格を一覧で比較してまとめてみました。

スクロールできます

発酵食品ソムリエ

発酵食スペシャリスト

腸活アドバイザー

発酵食品マイスター

発酵マイスター
認定団体
発酵文化推進機構ホールフード協会日本能力開発推進協会 日本安全食料料理協会日本発酵文化協会
講座費用(税込)32,000円39,900円42,900円(WEB割引後)59,800円(試験あり)
79,800円(試験なし)
176,000円+
26,400円(ベーシック)
その他費用(税込)8,800円(認定証)
440円(事務手数料)
450円(送料)
5,600円(受験料)
10,000円(受験料)年会費:10,000円
標準学習期間4ヶ月3ヶ月4ヶ月2ヶ月4日間(マイスター講座)
試験スタイル在宅受験試験なし在宅受験在宅受験オンライン試験
公式サイトユーキャンがくぶんキャリカレSARAスクールジャパン日本発酵文化協会

口コミ・評判
みつき

発酵や腸活の資格は、監修者で決めるのも方法のひとつ。

特に、発酵の専門家「小泉武夫先生」が監修しているユーキャンの発酵食品ソムリエがおすすめです。

だた、目的によって資格を取得する理由は違いますよね。

そこで、今回は「【発酵・腸活の資格はコレ!】どれがいい?おすすめ5選比較」をご紹介します。

なお、早く発酵ソムリエがおすすめな理由を知りたい方は、発酵・腸活資格はどれがいい?へどうぞ。

目次

どうやって選ぶ?発酵・腸活資格の選び方

発酵資格の選び方のポイントは、以下の3つです。

  1. 発酵資格費用の総額で選ぶ
  2. 資格講座の監修者で選ぶ
  3. 資格を取得する目的で選ぶ

1.発酵資格費用の総額で選ぶ

実は、どの発酵の資格を取得する講座費用はほとんど差はありません。

なかには別途、受験料や認定料が必要になることも。資格取得のための総額を比較しましょう。

2.資格講座の監修者で選ぶ

基本的に資格の取得には講座を受講するのが基本です。講座は認定団体や監修者によっても権威性が違います。

講座を比較する時は、認定団体や監修者をよく確認して選びましょう

3.資格を取得する目的で選ぶ

口コミや評判をみてみると、資格を組み合わせて取得している人が多くなっています。

仕事で活用するのか、家庭だけで十分なのかによっても選び方は違うでしょう。

どれがいい?発酵・腸活資格おすすめ一覧

発酵資格・腸活資格の人気おすすめ通信講座をご紹介します。

1.発酵食品ソムリエ

引用:ユーキャン
資格名発酵食品ソムリエ
認定団体NPO法人 発酵文化推進機構
講座費用(税込)32,000円(送料込み)
その他の費用(税込)なし
学習スタイル通信
標準学習期間4ヶ月
試験スタイル在宅受験
合格基準70点以上

発酵食品ソムリエは、ユーキャンが提供する満足度85.6%を誇る人気の発酵資格。単に発酵の知識を学ぶだけではなく、発酵食品を活かすレシピなどを学ぶことができます。

その資格の特徴をメリットとデメリットでまとめると、下記のとおりです。

メリットデメリット
発酵学の小泉武夫先生が監修
費用が他の発酵資格よりも安い
在宅受験で難易度は高くはない
監修者への好みが分かれる
取得費用が約3万円かかる
難易度が低く取得者が多い

特に、発酵の第一人者である小泉武夫たけお先生が監修していることでも知られています。小泉先生の豊富な発酵知識を体系的に学ぶことができますね。

では、口コミや評判はどうなのでしょうか。

\ 発酵食品ソムリエの口コミ・評判 /

今まで紹介した内容を考慮すると、発酵食品ソムリエ資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 人気のユーキャンで資格を取りたい
  • 発酵学で有名な監修者の知識を学びたい
  • 自宅で勉強&受験で取りやすいほうがいい

これで発酵食品ソムリエに興味を持った方は、無料の資料請求をしてみましょう。

みつき

発酵学の第一人者の小泉武夫たけお先生の講座を選ぶなら発酵食品ソムリエで決まりです。

\ 発酵学の専門家、小泉武夫先生が監修  /

資料請求は無料です。

なお、さらに発酵食品ソムリエの口コミ・評判を知りたい方は、下記のコラムをどうぞ。

2.発酵食スペシャリスト

引用:がくぶん
発酵食スペシャリスト
認定団体社団法人ホールフード協会
講座費用(税込)39,900円
その他の費用(税込)認定料8,800円
事務手数料440円
学習スタイル通信
標準学習期間3ヶ月
試験スタイル試験なし
合格基準なし

発酵食スペシャリストは、社団法人ホールフード協会の民間資格です。安全な食べ物や自然の暮らしを大切にした考え方を提唱する料理研究家のタカコナカムラ先生が監修しています。

その特徴をメリットとデメリットでまとめると、下記のとおりです。

メリットデメリット
「醸(かも)しにすと」と名乗れる
タカコナカムラ先生が監修
試験がなく講座修了で取得できる
取得費用が約5万円かかる
監修者の影響が大きい

特に、ホールフード(食材を無駄なく使うなど)の考え方を提唱するタカコナカムラ先生が監修しています。

ただ、試験がなく課題の提出で取得できるものの、認定料や手数料などを含めると費用が総額で49,140円(税込)がかかるのが気になるところ。

では、口コミや評判はどうなのでしょうか。

\ 発酵食スペシャリストの口コミ・評判 /

今まで紹介した内容を考慮すると、発酵食スペシャリスト資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 「醸しにすと」の名称を利用したい
  • ホールフードの考え方を学びたい
  • 試験がなく講座修了で資格を取りたい

これで発酵食スペシャリストに興味を持った方は、無料の資料請求をしてみましょう。

みつき

試験がないので取得しやすく、「醸(かも)しにすと」の名称を活用したいなら発酵食スペシャリストで決まりです。

教材が合わないなら到着後8日以内で返品OK

資料請求は無料です。

なお、さらに発酵食スペシャリストの口コミや評判を知りたい人は、下記のコラムで紹介しています。

3.腸活アドバイザー

引用:キャリカレ
資格名腸活アドバイザー
認定団体日本能力開発推進協会 (JADP)
講座費用(税込)42,900円(WEB割引後)
その他の費用受験料:5,600円
送料:450円
学習スタイル通信
標準学習期間3ヶ月
試験スタイル在宅受験
合格基準70%以上

腸活アドバイザーは、食事や運動を通して体内から美しく健康になるための技術を習得できる民間資格です。温活を学びたいという方にも人気ですね。

その特徴をメリットとデメリットでまとめると、下記のとおりです。

メリットデメリット
腸活資格の名称が利用しやすい
他の資格と組み合わせしやすい
在宅受験で資格を取得しやすい
腸活資格の認知度が低い
取得費用が約5万円かかる
人気資格なので取得者が多い

特に、「発酵食品×腸活」の組み合わせを考えると、腸活アドバイザーの名称は新しい&分かりやすい資格として知られるようになりました。

ただ、在宅受験ができるので取得しやすいものの、受験料や手数料などを含めると費用が総額で48,950円(税込)がかかるのが気になりますね。

では、口コミや評判はどうなのでしょうか。

\ 腸活アドバイザーの口コミ・評判 /

さらに、講座で届くメインのテキストはコチラ。

  • テキスト1:基本編・目的と基本的な考え方
  • テキスト2:実践編・効果的な食事・睡眠・運動
  • テキスト3:活躍編・クライアントを輝かせるアドバイザーに

今まで紹介した内容を考慮すると、腸活アドバイザー資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 腸活資格の名称が活用しやすい
  • 他の資格と組み合わせたい
  • 腸活専門のWEBライターになりたい
みつき

「腸活」という新しい資格分野を先行して活用したいなら腸活アドバイザーで決まりです。

これで腸活アドバイザーに興味を持った方は、無料の資料請求をしてみましょう。

\ 腸活ブームを先行して活用したいなら /

資料請求は無料です。

なお、さらに腸活アドバイザーの口コミ・評判を知りたい方は、下記のコラムをどうぞ。

4.発酵食品マイスター

引用:https://www.asc-jp.com
資格名発酵食品マイスター
認定団体日本安全食料料理協会
講座費用(税込)59,800円(試験あり)
79,800円(試験なし)
その他の費用(税込)受験料:10,000円(試験ありの場合)
学習スタイル通信
標準学習期間6ヶ月(最短2ヶ月)
試験スタイル在宅受験(試験ありの場合)
合格基準70%以上

発酵食品マイスターは、発酵を美容に活かす方法などを学ぶことができる民間資格です。食品工場や食品メーカー、料理教室などで働く方が活用しやすい資格となっています。

その特徴をメリットとデメリットでまとめてみました。

メリットデメリット
発酵食健康アドバイザーも同時に取れる
他の資格と組み合わせしやすい
資格試験の「あり」「なし」を選べる
取得費用が約6~8万円かかる
似た名称があり、混同されやすい

特に、講座を提供しているSARAスクールジャパンでは「試験ありの通常講座」と「試験なしの特別講座」を選ぶことができます

さらに、取得費用が高いものの、発酵食品マイスターと同時に発酵食健康アドバイザーの資格もダブルで取得できるのも魅力です。

\ 発酵食品マイスターの口コミ・評判 /

今まで紹介した内容を考慮すると、発酵食品マイスター資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 発酵食健康アドバイザーも取得したい
  • 試験なしで講座修了だけで取りたい

これで腸活アドバイザーに興味を持った方は、無料の資料請求をしてみましょう。

みつき

発酵食健康アドバイザーも同時に取得できる講座ならSARAスクールジャパンの発酵食品マイスターで決まりです。

発酵食健康アドバイザーとダブル資格が取れる

資料請求は無料です。

なお、発酵食品マイスターの試験について、下記のコラムでも紹介しています。

5.発酵マイスター

引用:日本発酵文化協会
資格名発酵マイスター
認定団体日本発酵文化協会
講座費用(税込)176,000円
※ベーシック講座(26,400円)
学習スタイルオンライン受講
標準学習期間4日間(10:30~15:30)
試験スタイル在宅受験:オンライン試験
試験時間:2時間
合格基準不明

発酵マイスターは、ベーシック講座(麹・甘酒・味噌・醤油の4科目)を受講した後に発酵マイスター養成講座を修了する必要があります。

その特徴をメリットとデメリットでまとめてみました。

メリットデメリット
高額なので真剣な受講者が多い
発酵資格をアピールしやすい
取得後の人脈を築きやすくなる
取得費用が約20万円もかかる
年会費として金1万円が必要
オンライン受講で日時が固定

特に、発酵マイスター資格を取得するためには、ペーシック講座(1科目6,600円×4=26,400円)の受講が必要なので、手間と時間、そして取得費用&年会費がかかります。総額で料金が20万円を超えますね。

ただ、上位資格の発酵プロフェッショナル資格の受講資格も得られ、高額がゆえに発酵を極めたい人に取得者が限定され、他の発酵資格と一線を画しているともいえます。

では、口コミや評判はどうなのでしょうか。

\ 発酵マイスターの口コミ・評判 /

今まで紹介した内容を考慮すると、発酵マイスター資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 多少お金がかかっても発酵を極めたい
  • 料理教室や発酵講座を開講したい
  • 発酵資格をSNS上でアピールしたい

これで腸活アドバイザーに興味を持った方は、無料の資料請求をしてみましょう。

みつき

資格取得後の交流や人脈づくりに活かすなら発酵マイスターで決まりです。

\ 資格取得後の交流や人脈を活用したいなら  /

費用が高額がゆえに逆に有利に。

結局、発酵・腸活資格はどれがいい?

発酵・腸活資格の違いや比較して検討した結果、取得するなら発酵食品ソムリエがおすすめです。

発酵食品ソムリエをおすすめする理由は、下記のとおりです。

他の発酵・腸活資格と比べて取得費用が安い上、発酵学で有名な小泉武夫先生監修のテキストを利用できるからです。

さらに、、通信講座大手のユーキャンが提供しているのも安心できる理由のひとつですね。

講座の詳しい内容は、ユーキャン公式サイトから無料の資料請求をしてみましょう。

\ 発酵専門家の小泉武夫先生が監修  /

資料請求は無料です。

とはいえ、発酵・腸活の資格をもっと比較して決めたいという方は、下記から資料を取り寄せてみましょう。

発酵食品ソムリエと発酵マイスターの違い

結論から言うと、日常的に家庭で活用するレベルなら発酵食品ソムリエ仕事なら発酵マイスターがおすすめです。

理由は、発酵食品ソムリエは通信でも取れる独学中心の学習に対して、発酵マイスターは受講を中心として学習になるので、学べる内容に差が出てきます。

しかも、受講料も高いので、発酵を仕事にしたい人が集まりやすく、人脈を築きやすいのも仕事に結び付けやすいと言えるでしょう。

とはいえ、発酵を本業として仕事で活用するのは簡単ではないので、どちらがいいかは資格取得の目的によって検討するべきでしょう。

発酵・腸活資格のよくある質問

Q&A
発酵・腸活資格とよく合わせて取得される食生活アドバイザーとは?

発酵・腸活膳格とよく合わせて取得される食生活アドバイザーとは、食全般の知識やスキルをアドバイスできる資格です。発酵や腸活よりも範囲が広いため、食全般を学んで薬膳に特化して学ぶ方が多いですね。

詳細は、別コラムの食生活アドバイザーが人気の理由を参考してください。

発酵・腸活資格でおすすめの国家資格はありますか?

発酵食品ソムリエをはじめとして、発酵資格・腸活資格に国家資格はありません。全て民間資格となっています。

発酵・腸活の資格を取得すると仕事ができますか?

発酵・腸活の資格を取得しただけでは直接仕事へは結びつけにくいといえます。但し、家庭でも取り入れやすいのも魅力です。実用的な趣味として取得されている方も多いですね。

おすすめの発酵・腸活の本はありますか?

多くの発酵・腸活に関する書籍が発売されています。おすすめの書籍は、下記のコラムでご紹介しています。

どれがいい?発酵・腸活資格一覧まとめ

今回のコラムでは「【発酵・腸活の資格はコレ!】どれがいい?おすすめ5選比較」をご紹介しました。

おすすめの発酵・腸活の資格一覧は、以下のとおりです。

スクロールできます

発酵食品ソムリエ

発酵食スペシャリスト

腸活アドバイザー

発酵食品マイスター

発酵マイスター
認定団体
発酵文化推進機構ホールフード協会日本能力開発推進協会 日本安全食料料理協会日本発酵文化協会
講座費用(税込)32,000円39,900円42,900円(WEB割引後)59,800円(試験あり)
79,800円(試験なし)
176,000円+
26,400円(ベーシック)
その他費用(税込)8,800円(認定証)
440円(事務手数料)
450円(送料)
5,600円(受験料)
10,000円(受験料)年会費:10,000円
標準学習期間4ヶ月3ヶ月4ヶ月2ヶ月4日間(マイスター講座)
試験スタイル在宅受験試験なし在宅受験在宅受験オンライン試験
公式サイトユーキャンがくぶんキャリカレSARAスクールジャパン日本発酵文化協会

口コミ・評判

どの資格がいいか悩んだから、発酵食品ソムリエがおすすめです。発酵の第一人者と言われる小泉武夫先生の監修で知名度が高く、費用が安いのも魅力です。

まずは、ユーキャン公式サイトから無料の資料請求をしてみましょう。

\ 発酵の専門家小泉武夫先生が監修  /

資料請求は無料です。

なお、おすすめの薬膳資格一覧に興味がある方は、下記のコラムをどうぞ。

目次