▶ゼンブヌードルが4食分&送料無料で673円!>>>

【発酵の資格ならコレ!】どれがいい?おすすめ5選を徹底比較

発酵の資格

発酵の資格はどれがいいか、おすすめを知りたい人向けです。

発酵の資格には色々あるけど、どれがいいか知りたいな。比較したい。
みつき
まずは、発酵の資格には国家資格はなく、すべて民間資格であることを知っておきましょう。

昨今、発酵食品が注目されるようになり、せっかくなら「発酵のことをもっと勉強してみたい」というニーズが高まっています。

そのなかでも注目を集めているのが「薬膳の資格」。漢方の資格とも言われていますね。

ただ、薬膳の資格といっても種類が多いので、どれがいいか悩んでしまいがち

そのような人のために5つの薬膳資格を下記にまとめてみました。

スクロールできます

発酵食品ソムリエ

発酵食スペシャリスト

発酵食品マイスター

発酵食健康アドバイザー

腸活アドバイザー
認定団体
発酵文化推進機構ホールフード協会日本安全食料料理協会日本インストラクター技術協会日本能力開発推進協会 
講座費用32,000円39,900円59,800円(試験あり)
79,800円(試験なし)
59,800円(試験あり)
79,800円(試験なし)
42,900円(WEB割引後)
その他費用8,800円(認定証)
440円(事務手数料)
10,000円(受験料)10,000円(受験料)450円(送料)
5,600円(受験料)
学習期間4ヶ月3ヶ月2ヶ月2ヶ月4ヶ月
試験形式在宅受験試験なし在宅受験試験なし在宅受験
公式サイト生涯学習のユーキャンがくぶんSARAスクールジャパンSARAスクールジャパンキャリカレ

口コミ・評判
みつき

発酵の資格は、監修者で決めるのも方法のひとつ。

発酵の専門家「小泉武夫先生」が監修している生涯学習のユーキャンの発酵ソムリエがおすすめです。

だた、それ以外にも目的によっては発酵の資格はどれがいいの?と悩んでしまいますよね。

そこで、今回は「【発酵の資格ならコレ!】どれがいい?おすすめ5選を徹底比較」をご紹介します。

目次

どうやって選ぶ?発酵の資格の選び方

発酵の資格を選ぶポイントは、以下の3つです。

  • 資格講座の認定団体や監修者
  • 受験スタイル
  • 資格取得後のコスパ

資格講座の監修者

基本的に資格の取得には講座を受講するのが基本です。講座は認定団体や監修者によっても権威性が違います。

講座を比較する時は、認定団体や監修者をよく確認して選びましょう

受験スタイル

発酵の資格には、取得のために「受験があるもの」と「受験がないもの」があります。講座の修了さえすれば資格の取得が可能な資格も。

ただ、取得試験があるどうかで資格を選ぶのも方法のひとつです。

資格取得後の活用法

発酵の資格取得のための講座は、費用が基本的に高いものが多いのが一般的です。なかには5万円以上もする講座も。

そのため、資格取得後に「仕事に使いたい」や「家庭で活用したい」など、活用法を考えて選びましょう

どれがいい?発酵の資格おすすめ一覧

おすすめの発酵資格は、以下のとおりです。

  1. 発酵食品ソムリエ
  2. 発酵食スペシャリスト
  3. 発酵食品マイスター
  4. 発酵食健康アドバイザー
  5. 発酵マイスター

それぞれ発酵の資格の特徴をご紹介していきます。

1.発酵食品ソムリエ

引用:ユーキャン

発酵食品ソムリエの概要は、下記のとおりです。

発酵食品ソムリエ
認定団体NPO法人 発酵文化推進機構
講座費用(税込)32,000円(送料込み)
その他の費用(税込)なし
学習スタイル通信
標準学習期間4ヶ月
試験スタイル在宅受験
合格基準70点以上

発酵食品ソムリエは、NPO法人 発酵文化推進機構の民間資格。発酵分野で権威のある小泉武夫(こいずみ たけお)先生が監修している資格です。

小泉武夫先生はテレビでもよく出演されているので、ご存知の方も多いでしょう。

そのような発酵食品ソムリエの口コミ・評判もチェック!

発酵食品ソムリエの養成講座の修了後に試験がありますが、在宅で受験が出来るため難易度は高くありません。

基本的な知識から活用法を学ぶなら発酵食品ソムリエです。

講座の詳細は、生涯学習のユーキャンから無料の資料請求をして内容を確認してみましょう。

\ 発酵の専門家小泉武夫先生が監修  /

資料請求は無料です。

発酵食品ソムリエの評判を知りたい方は、下記のコラムをどうぞ。

2.発酵食スペシャリスト

引用:がくぶん

発酵食スペシャリストの概要は、下記のとおりです。

発酵食スペシャリスト
認定団体社団法人ホールフード協会
講座費用(税込)39,900円
その他の費用(税込)認定料8,800円・事務手数料440円
学習スタイル通信
標準学習期間3ヶ月
試験スタイル試験なし
合格基準なし

発酵食スペシャリストは、社団法人ホールフード協会の民間資格。安全な食べ物や自然の暮らしを大切にした考え方を提唱する料理研究家のタカコナカムラ先生が監修しています。

そのような発酵食スペシャリトの口コミ・評判もチェック!

いいですねー🤗✨✨
発酵あんこですか!😳
とってもおいしそうですね☺️🌸
そうですよね、発酵って本当に奥が深くて面白いですよね🥰
わたしは発酵食スペシャリストのテキストで勉強させてもらいました📕

— 結城志歩 (@jV17XeDOCPPdsDr) August 4, 2021

色々な発酵食品を学べる資格ですが、取得に試験がなく、確実に資格と取得したい人におすすめです。

但し、認定料と事務手数料が必要になるため、総額で49,140円がかかります。

講座の詳細は、がくぶんから無料の資料請求をして内容を確認してみましょう。

確実に発酵資格を取得したいなら

資料請求は無料です。

3.発酵食品マイスター

引用:https://www.asc-jp.com

発酵食品マイスターの概要は、下記のとおりです。

発酵食品マイスター
認定団体日本安全食料料理協会
講座費用(税込)59,800円(試験あり)/79,800円(試験なし)
その他の費用(税込)受験料:10,000円(試験ありの場合)
学習スタイル通信
標準学習期間6ヶ月(最短2ヶ月)
試験スタイル在宅受験(試験ありの場合)
合格基準70%以上

発酵食品マイスターは、発酵を美容に活かす方法を学ぶことができる資格です。

発酵の知識やスキルを使って人に教えたり、食品工場や食品メーカー、料理教室などで働く方が活用しやすい資格となっています。

スクールでは「試験ありの通常講座」と「試験なしの特別講座」があります。

特別講座なら課題を修了すると「発酵食品マイスター」と次で紹介する「発酵食健康アドバイザー」の2資格が試験なしで取得できます。

講座の詳細は、SARAスクールジャパンから無料の資料請求をしてみましょう。

発酵食健康アドバイザーとダブル資格が取れる

資料請求は無料です。

4.発酵食健康アドバイザー

引用:https://www.jpinstructor.org/

発酵食健康アドバイザーの概要は、下記のとおりです。

発酵食健康アドバイザー
認定団体日本インストラクター技術協会(JIA)
講座費用(税込)59,800円(試験あり)/79,800円(試験なし)
その他の費用(税込)受験料:10,000円(試験ありの場合)
学習スタイル通信
標準学習期間6ヶ月(最短2ヶ月)
試験スタイル在宅受験(試験ありの場合)
合格基準70%以上

発酵食健康アドバイザーは、日本インストラクター技術協会が認定する資格です。

発酵食品マイスターとの違いは、発酵食健康アドバイザーが発酵食品を使った身体の管理をアドバイスをアピールできること。

スクールでは「試験ありの通常講座」と「試験なしの特別講座」が選択できます。

しかも、特別講座なら課題を修了すると「発酵健康アドバイザー」と先に紹介した「発酵食品マイスター」の2資格が試験なしで取得できます。

講座の詳細は、SARAスクールジャパンから無料の資料請求をしてみましょう。

発酵食品マスターとダブル取得できる

資料請求は無料です。

5.腸活アドバイザー

引用:キャリカレ

腸活アドバイザーの概要は、下記のとおりです。

腸活アドバイザー
認定団体日本能力開発推進協会 (JADP)
講座費用(税込)42,900円(WEB割引後)
その他の費用送料:450円
学習スタイル通信(独学は不可。通信講座の修了が必要)
標準学習期間3ヶ月
試験スタイル在宅受験
受験料5,600円
合格基準70%以上
提供団体キャリカレ

腸活アドバイザーは、食事や運動を通して、体内から美しく健康になるための技術を習得できる資格です。

その特徴は、発酵以外にも腸活にかかわるすべての勉強ができること。

それだけに費用が高くなりますが、より実践に近い学習を望んでいる方向きです。仲間もつくりやすいのも魅力。

講座の詳細は、キャリカレの腸活アドバイザーから無料の資料請求をしてみましょう。

\ 腸活の勉強を始めるなら /

資料請求は無料です。

腸活アドバイザーの評判を知りたい方は、下記のコラムをどうぞ。

結局、発酵の資格はどれがいい?

結論は、発酵食品ソムリエ資格です。

発酵の資格は数多くありますが、なかでも発酵の第一人者と言われる小泉武夫先生の講座がおすすめです。

費用も他の講座よりも安く、通信講座大手のユーキャンが提供しているのも安心できる理由のひとつ。

まずは、資料請求をして内容を確認してみましょう。

\ 発酵専門家の小泉武夫先生が監修  /

資料請求は無料です。

発酵食品ソムリエはユーキャンで取れる?

悩む女性

発酵の資格と言えば、人気があってて安心と信頼があるユーキャンで資格が取れないのかな?と疑問に思う人もいるでしょう。

発酵食品ソムリエ資格は、生涯学習のユーキャンで取得することができます

確かに発酵の資格を取得する際に、どの企業や協会が提供している講座なのかは気になるところ。

その点では、ユーキャンは通信教育大手なので安心できるのも魅力ですね。

どれがいい?発酵の資格一覧まとめ

今回のコラムでは「【発酵の資格ならコレ!】どれがいい?おすすめ5選を徹底比較」をご紹介しました。

発酵の資格一覧は、以下のとおりです。

みつき

発酵の資格は、監修者で決めるのも方法のひとつ。

発酵の専門家「小泉武夫先生」が監修している生涯学習のユーキャンの発酵ソムリエがおすすめです。

スクロールできます

発酵食品ソムリエ

発酵食スペシャリスト

発酵食品マイスター

発酵食健康アドバイザー

腸活アドバイザー
認定団体
発酵文化推進機構ホールフード協会日本安全食料料理協会日本インストラクター技術協会日本能力開発推進協会 
講座費用32,000円39,900円59,800円(試験あり)
79,800円(試験なし)
59,800円(試験あり)
79,800円(試験なし)
42,900円(WEB割引後)
その他費用8,800円(認定証)
440円(事務手数料)
10,000円(受験料)10,000円(受験料)450円(送料)
5,600円(受験料)
学習期間4ヶ月3ヶ月2ヶ月2ヶ月4ヶ月
試験形式在宅受験試験なし在宅受験試験なし在宅受験
公式サイト生涯学習のユーキャンがくぶんSARAスクールジャパンSARAスクールジャパンキャリカレ

口コミ・評判

発酵の資格は数多くありますが、なかでも発酵の第一人者と言われる小泉武夫先生の講座がおすすめです。

費用も他の講座よりも安く、通信講座大手のユーキャンが提供しているのも安心できる理由のひとつ。

まずは、生涯学習のユーキャンから無料の資料請求をして内容を確認してみましょう。

\ 発酵の専門家小泉武夫先生が監修  /

資料請求は無料です。

なお、発酵の本について知りたい方は、下記のコラムをどうぞ。

目次
閉じる