食全般の資格

【発酵食スペシャリスト資格の口コミ】悪い評判は?難易度から分かる資格の特徴とは

発酵食スペシャリスト

発酵食スペシャリスト資格の口コミや評判を知りたい人向けです。

腸活に関する資格を取得したいので、発酵食スペシャリストが気になっています。口コミや評判はどうなのだろう。費用や合格率、独学でも取得できるか知りたいな。
ベジタン
ベジタン
対象の講座を修了すると「醸しにすと」の資格が認定されます。

日本には発酵食品が豊富に揃っているため、強みを活かした発酵の知識を学びたいという人が増えています

ただ、発酵の勉強をしようと思うと自分で本を読むのは飽きてしまう。。。そのような場合には「発酵に関する資格」で体系的に学ぶのがおすすめ。

そのような場合には、一般社団法人ホールフード協会が認定する発酵食スペシャリストを検討してみはいかがでしょうか。

ホールフードとは、安全な食べ物や自然の暮らしを大切にした考え方のライフスタイル。料理研究家のタカコナカムラ先生が監修しています。

ただ、どのように役立つの?結局、使える資格なの?と疑問に思いますよね。

そこで、今回は「【発酵食スペシャリスト資格の口コミ】悪い評判は?難易度から分かる資格の特徴とは」をご紹介します。

発酵食スペシャリストの口コミ・評判

受講するかどうかで気になるのが、口コミや評判。そこで、SNS上で調査をしてみました。

良い口コミ・評判(良い点・素晴らしいポイント)

ベジタン
ベジタン
腸活を始める人も多いですね。
ベジタン
ベジタン
色々な食材に使えるのが魅力です。

ベジタン
ベジタン
発酵の知識を体系的に学ぶなら通信講座が便利です。

ベジタン
ベジタン
「醸しにすと」と名称がかっこいいですよね。

悪い口コミ・評判(悪い点・少しコレは..というポイント)

次に、気になる悪い口コミ・評判を調査してみました。

ごめんなさい、本当に上記以外の悪い意見は見つかりませんでした。。。

今後も発酵食スペシャリストの口コミや評判を調査していきます。

\まずは、無料の資料請求から/

発酵食スペシャリスト講座

腸活を始めよう!

↑目次へ戻る

発酵食スペシャリストの良い点・悪い点

発酵食スペシャリストの資格を取得するのにあたって気になるのが、メリットとデメリット。

特に、高い費用を払って損をしたくないと思うなら、デメリットをよく確認しておくことが大切です。

メリット(魅力的なポイント)

ここは、コレはいいな、と感じたメリットを紹介します。

ぬか床などの作り方が分かる

通信講座には発酵食品の手作りBOOKという本がついていて、家庭で手軽にできる発酵食品の手作り方が書かれています

他の資格と組み合わせがしやすい

発酵食品の種類は多いので、他の食に関する資格と組み合わせて取得している人も多く、薬膳や食育関係の資格と組み合わせやすいのが特徴です。

上記のように他の資格との組み合わせが多いですね。

試験がなく通信講座の修了で取得OK

資格をするには、通信講座の修了のみで試験はありません。そのため、普通に講座を受講して課題を提出するだけで資格が取得できるのが魅力です。

ただ、メリットばかりではありません。次に、デメリットもご紹介していきましょう。

デメリット(えっ!?と感じるポイント)

次に、ここはイマイチだな、と感じたデメリットを紹介します。

発酵食スペシャリストが役立つか分からない

発酵食スペシャリストといっても何に役立つか分かりにくいですよね。発酵の知識を学ぶことで、食材の組み合わせやカフェなどで発酵レシピを提供しやすくなります。

資格の取得に費用は約5万円もかかる

資格取得にはがくぶんの講座で39,900円の費用がかかるのも事実。さらに、認定料と事務手数料が約1万円かかります。

発酵食スペシャリスト資格を持つ人が多い

講座を修了すれば誰でも取りやすいので、資格を取得している人も多いと言えます。そのため、仕事では資格があるだけでは差別化しにくいでしょう。

\まずは、無料の資料請求から/

発酵食スペシャリスト講座

腸活を始めよう!

↑目次へ戻る

発酵食スペシャリスト講座の概要

資格取得のための内容をまとめてみました。

発酵食スペシャリスト資格
認定団体 一般社団法人ホールフード協会
受験資格 特になし
価格 39,900円(税込・送料込み)
認定料 8,800円(税込)
事務手数料 440円(税込)
受験料 なし
学習スタイル 通信(独学は不可。通信講座の修了が必要)
標準学習期間 4ヶ月
試験日 なし
試験形式 なし
合格基準 なし
提供団体 がくぶん

↑目次へ戻る

発酵食スペシャリスト講座の費用

がくぶんが提供する発酵食スペシャリスト講座の費用は、通常39,900円(税込・送料込)です。

ただし、認定料として8,800円(税込)に加えて440円の事務手数料が必要になります。

正直、高い?こういう風に思われた人もいるかもしれません。

ただ、他の発酵に関する鵜資格でも同じぐらいの費用か、それ以上がかかることもありますね

では、気になる難易度はどのくらいなのでしょうか?

発酵食スペシャリスト資格の難易度

発酵食スペシャリストの資格は試験がなく講座修了で取得することができます。そのため、取得の難易度は低いと言えます。

逆に、取得が簡単なら意味がないんじゃないの?と思われる人もいるでしょう。

資格を取得するための標準の学習期間は4ヶ月。

実は、通信講座のすべての修了が必要になっているので意外と続けるのが大変です。

まずは、資格の詳細を下記から確認してみましょう!

>>>発酵食スペシャリスト講座

↑目次へ戻る

発酵食スペシャリスト講座の教材・テキスト

がくぶんの発酵食スペシャリスト講座を受講すると、下記の教材(テキスト)等が届きます。

  • テキスト4冊
  • サブテキスト
  • DVD2巻
  • 発酵食品手作りBOOK
  • タカコ・ナカムラ発酵食レシピ集(レシピカード)

受講中の課題指導回数は4回で、最後は修了試験があります。マークシート方式で70点以上の取得で合格ができ、自宅で受験が可能です。

↑目次へ戻る

発酵食スペシャリストの口コミ・評判まとめ

今回のコラムでは、「【発酵食スペシャリスト資格の口コミ】悪い評判は?難易度から分かる資格の特徴とは」をご紹介しました。

発酵食品といっても関連する食品の幅が広いので、体系的に学ぶなら通信講座が簡単で便利。

特に、腸活がブームになりつつある中、資格を持って家庭でも活用しましょう。

これまでの発酵食スペシャリスト講座の特徴を下記のようにまとめてみました。

発酵食スペシャリストの特徴まとめ
  • ○ぬか床などの作り方が分かる
  • ○他の資格と組み合わせがしやすい
  • ○試験がなく通信講座の修了で取得OK
  • ×発酵食スペシャリストが役立つか分からない
  • ×資格の取得に費用は約5万円もかかる
  • ×発酵食スペシャリスト資格を持つ人が多い

\まずは、無料の資料請求から/

発酵食スペシャリスト講座

腸活を始めよう!

↑目次へ戻る