▶人気のおすすめ発酵資格はコチラ>>>

【発酵食品マイスターは独学OK!】難しい?難易度を徹底調査

発酵食品マイスターの難易度

発酵食品マイスターを独学で取得できる難易度か知りたい人向けです。

発酵の資格で注目されている発酵食品マイスターは独学で取れるのかな。難しいという話も聞くけど、難易度はどのくらいか知りたい。
みつき
発酵食品マイスターの口コミや評判も調査してみました。

近年、発酵食品ブームとともに、発酵について詳しく学んで仕事に活かしたいと考えている人が増えています。

特に、幅広い知識を学ぶことができるという口コミや評判で人気の「発酵食品マイスター」が注目されています。

発酵食品マイスターとは、日本安全食料料理協会が認定試験を行っている資格です。

では、発酵食品マイスターは独学でも取得できるのでしょうか?

発酵マイスター資格認定試験の概要を下記にまとめてみました。

名称発酵食品マイスター資格認定試験
主催日本発酵文化協会
検定日年6回(偶数月)
受験料(税込)10,000円
受験資格制限なし(誰でも受験可)
合格基準70%以上
申込方法インターネット

2つの資格が取れる

資料請求は無料です。

そこで、今回は「【発酵食品マイスターは独学OK!】難しい?難易度を徹底調査」をご紹介します。

目次

発酵食品マイスター資格認定試験の難易度

発酵食品マイスター資格認定試験の難易度は低いと考えられます。

発酵食品マイスター資格認定試験の合格基準は70%以上ですが、在宅受験であるためです。

しっかり学習して臨めば、それほど難しくないといえますが、独学でも資格を取得ができるのでしょうか。

発酵食品マイスター資格は独学で取れる!

結論は、発酵食品マイスター資格は独学でも取得することができます

理由は、試験だけを受けることができるためです。とはいえ、勉強はどうするの?と疑問に思いますよね。

ただ、SNS上の口コミを見てみると「発酵食品マイスターを取るなら講座で学ぶしかない」という意見もよく見かけます。

発酵食品マイスター資格認定試験の勉強法

発酵食品マイスター資格認定試験の勉強は、通信講座を活用することで体系的に学ぶことができます

この講座では、発酵の知識やスキルを使って人に教えたり、食品工場や食品メーカー、料理教室などで働く方が活用しやすい内容となっています。

実は、スクールでは「試験ありの通常講座」と「試験なしの特別講座」があります。

さらに、特別講座なら課題を修了すると「発酵食品マイスター」と次で紹介する「発酵食健康アドバイザー」の2資格が試験なしで取得できます。

発酵資格に興味がある方は、下記から内容を確認してみましょう。

2つの資格が取れる

資料請求は無料です。

発酵食品マイスター試験の合格率まとめ

今回のコラムでは、「【発酵食品マイスターは独学OK!】難しい?難易度を徹底調査」をご紹介しました。

結論は資格を独学で取得できますが、体系的に知識を学ぶなら通信講座を利用するのが一般的でしょう。

ただ、費用もかかるので、独学と通信講座のどちらを選ぶかはコスパも考えましょう!

発酵の知識やスキルを使って人に教えたり、食品工場や食品メーカー、料理教室などで働く方が活用しやすい資格となっています。

目次
閉じる