▶野菜の知識を仕事に活かせる資格はこちら⇒ click!

【野菜ソムリエと野菜コーディネーターの違い】資格を徹底比較

野菜ソムリエと野菜コーディネーターの違い比較

同じ野菜資格の野菜ソムリエと野菜コーディネーターの違いを比較したい

野菜資格のなかでも、人気なのが野菜ソムリエと野菜コーディネーター

ただ、どちらがいいのか迷ってしまいがち。

まずは、野菜ソムリエと野菜コーディネーターの違いを比較して表にまとめてみました。

資格名野菜ソムリエ野菜コーディネーター
特徴
知名度が高い
仕事の活用大
費用が高い
知名度は低い
安い費用
試験なし
費用(税込)148,000円38,700円
学習期間2~3ヶ月4ヶ月
試験形式WEB/会場なし
合格率約85%
公式サイト日本野菜ソムリエ協会がくぶん

もし、どちらがいいか悩んだら、まずは、野菜ソムリエがおすすめです。理由を知りたい方はコチラへ読み飛ばしてくださいね。

ただ、資格を取る目的によって自分に合うかどうかは違いますよね。

そこで、今回のコラムでは野菜ソムリエと野菜コーディネーターの違いを比較して、どちらがいいかを紹介します。

なお、すぐに野菜ソムリエ資格や、野菜コーディネーター資格を詳しく知りたい方は、こちらから読み飛ばしてくださいね。

このコラムの著者
みつき

フード事務局

プロフィール

当サイトでは、貸し農園の基礎情報、食に関する資格食に関する本体にいい食品を紹介してます。詳細はコチラへ。

目次

野菜ソムリエと野菜コーディネーターの違い

野菜ソムリエと野菜コーディネーターの違いを基本情報から比較してみました。

知名度|野菜ソムリエVS野菜コーディネーター

野菜ソムリエと野菜コーディネーターの違いを知名度で比較してみました。

スクロールできます
資格名野菜ソムリエ野菜コーディネーター
認定協会日本野菜ソムリエ協会ホールフード協会
取得した有名人磯山さやか
里田まい
ギャル曽根
田村淳
(敬省略)
見つかりませんでした
公式サイト日本野菜ソムリエ協会がくぶん

野菜ソムリエの資格は、一般社団法人日本野菜ソムリエ協会認定の民間資格。数多くの野菜ソムリエが協会と協力して活動されています。

一方、野菜コーディネーターの認定団体は一般社団法人ホールフード協会の民間資格。安全な食べ物や自然の暮らしを大切にした考え方をタカコナカムラ先生が監修しています。

また、野菜ソムリエは多くの芸能人が取得していることが分かりました。

そのため、知名度の違いを比較すると、野菜ソムリエのほうが野菜コーディネーターよりも世間に知られている資格とも言えます。

費用|野菜ソムリエVS野菜コーディネーター

野菜ソムリエと野菜コーディネーターの違いを費用で比較してみました。

スクロールできます
資格名野菜ソムリエ野菜コーディネーター
受講料(税込)148,000円38,700円
修了証料金(税込)3,400円
認定証料金(税込)6,800円
公式サイト日本野菜ソムリエ協会がくぶん

野菜ソムリエの費用は、入会金込みで148,000円と他の野菜に関する資格と比べると圧倒的に高くなっています。

一方、野菜コーディネーターの費用は、受講料が38,700円。修了証料も含めても42,100円です。

費用の違いを比較すると、野菜ソムリエは野菜コーディネーターよりも費用がかなりかかることがわかりました。

難しさ|野菜ソムリエVS野菜コーディネーター

野菜ソムリエと野菜コーディネーターの違いを試験の有無で比較してみました。

スクロールできます
資格名野菜ソムリエ野菜コーディネーター
試験形式マークシート
試験会場WEB/会場
合格率約85%
公式サイト日本野菜ソムリエ協会がくぶん

野菜ソムリエ資格の取得には講座の修了と修了試験の合格が必要です。合格率は85%と高いですが、試験日までにレポートの提出も必要です。

一方、野菜コーディネーター資格の取得には試験がなく、講座を修了すればいいので難易度は低いといえます。

試験の有無や内容の違いを比較すると、野菜ソムリエのほうが野菜コーディネーターよりも取得が難しいと言えます。ただ、それだけ資格を持つ人が少ないとも。

教材|野菜ソムリエVS野菜コーディネーター

野菜ソムリエと野菜コーディネーターの違いを教材や学習内容で比較してみました。

資格名野菜ソムリエ野菜コーディネーター
主なテキスト7冊5冊
学習時間7科目×2時間
学習期間2~3ヶ月4ヶ月(最短2ヶ月)
公式サイト日本野菜ソムリエ協会がくぶん

野菜ソムリエの教材は、テキスト(7科目分)に加えて、副読本「野菜と果物の品目ガイド」、食品成分表、DVDなどがあります。

また、学習期間はほぼ変わりませんが、野菜ソムリエはレシピのレポートの提出が必要です。

一方、野菜コーディネーターの教材は、テキスト(5冊)に加えて、野菜学習ノート、DVDなどがあります。

野菜ソムリエと野菜コーディネーターの違いを教材で比べると前者のほうが教材のボリュームが多いことが分かりました。

これで野菜ソムリエと野菜コーディネーターの違いは分かった。じゃあ、さらに資格の違いを比較するなら下記の公式サイトから資料を請求してみましょう。どちらも無料です。

野菜ソムリエがおすすめな人

悩む女性

結論は、野菜ソムリエを仕事で活用するなら野菜ソムリエ資格を取得するべきです。

何よりも知名度が違う上に、野菜ソムリエの名称が分かりやすいのもポイント。アピールに使いやすいですね。

さらに、野菜ソムリエは費用が高く試験もあるので、所有している人も少なく、何となく取れる資格ではありません。有名人も多く取得しています。

野菜ソムリエが気になった方は、下記の公式サイトから資料を請求してみましょう。

\今なら受講料5,000円割引(~6/30)/

オンライン説明会は無料です!

ただ、そうはいっても費用が高いので、そこは野菜の知識を体系的に学ぶなら野菜コーディネーターでも十分という方も。

今まで紹介した内容を考慮すると、野菜ソムリエ資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 野菜や果物の知識を体系的に学びたい
  • カフェやレストランでレシピを作りたい
  • ソムリエの名称を仕事上で活用したい
  • オンライン説明会で直接話を聞きたい
  • 取得後も交流や仲間づくりをしたい
みつき

名ばかりの資格ではなく、本格的に野菜の知識を仕事に活用するなら野菜ソムリエで決まり!

なお、野菜ソムリエの口コミ・評判は、下記のコラムを参考にしてくださいね。

野菜コーディネーターがおすすめな人

今まで紹介した内容を考慮すると、野菜コーディネーターがおすすめな人は下記のとおりです。

  • 講座修了だけで確実に資格を取りたい
  • タカコナカムラ先生レシピを知りたい
  • ハーブの知識や活用法も身につけたい
  • 仕事で活用しやすい名称を使いたい
みつき

費用を抑えて野菜の知識を体系的に学ぶなら、がくぶんの野菜コーディネーターで決まり!

なお、野菜コーディネーターの口コミ・評判は、下記のコラムを参考にしてくださいね。

まとめ:野菜ソムリエとコーディネーターの違い

今回のコラムでは「【野菜ソムリエと野菜コーディネーターの違い】どちらがいい?資格の特徴を徹底比較」を紹介しました。

野菜ソムリエと野菜コーディネーターの違いは、費用、学習期間、試験形式&合格率などです。

どちらがいいかは目的によって違うので、自分にあった野菜資格を取得しましょう。

まずは、どちらの資格も無料で資料請求ができるので、ご自身で気になる点を比較して違いを検討してみましょう。

目次