野菜の資格

【野菜コーディネーターの口コミ】悪い評判は?メリット・デメリットから分かる資格の特徴

野菜コーディネーターの口コミや評判を知りたい人向けです。

野菜コーディネーター資格が気になっています。人気があるらしいけど、口コミや評判はどうなんだろう。メリットとデメリットも知りたいな。
ベジタン
ベジタン
このコラムでは、良い口コミ・悪い評判が分かります。

野菜の資格として、「野菜コーディネーター」が人気になっています。

野菜コーディネーターとは、140種類以上の野菜や果物の効果的な組み合わせや栄養素の組み合わせなどが得られる資格です。

ただ、野菜コーディネーター資格がどのように役立つの?結局、使える資格なの?と思っている人もいるでしょう。

そこで、今回は「【野菜コーディネーターの口コミ】悪い評判は?メリット・デメリットから分かる資格の特徴」をご紹介します。

野菜コーディネーターの口コミ・評判


受講するかどうかで気になるのが、野菜コーディネーターの口コミや評判。そこで、SNS上で調査をしてみました。

良い口コミ・評判(良い点・素晴らしいポイント)

ベジタン
ベジタン
畑で育てた野菜を美味しく効果的に食べたいよね。

ベジタン
ベジタン
自分で野菜作りをしている人にもおすすめ!

ベジタン
ベジタン
野菜の宅配も人気なので、栄養素を効果的に摂れる調理法が学べるよ。

ベジタン
ベジタン
野菜ソムリエは約14万円するから比較すると安く思えるよね。

ベジタン
ベジタン
DVDの動画もついているので学びやすい。

悪い口コミ・評判(悪い点・少しコレは..というポイント)

次に、気になる野菜コーディネーターの悪い口コミ・評判を調査してみました。

ベジタン
ベジタン
野菜コーディネーターが悪いわけではないけど、他の資格と間違えやすいよね。

ごめんなさい、本当に悪い意見は見つかりませんでした。。。

今後も野菜コーディネーターの口コミや評判を調査していきます。

\まずは、無料の資料請求から/

野菜コーディネーター資格をみてみる

教材到着後8日以内ならキャンセルOK!

↑目次へ戻る

野菜コーディネーターの良い点・悪い点


野菜コーディネーターの資格を取得するのにあたって気になるのが、メリットとデメリット。

特に、高い費用を払って損をしたくないなら、デメリットを確認しておくことが大切です。

野菜コーディネーターのメリット(魅力的なポイント)

ここは、野菜コーディネーターはいいな、と感じたメリットを紹介します。

野菜以外にもハーブの知識も学べる

野菜や果物だけではなく、ハーブの知識を学べます。最近はハーブを上手に使うことで、見た目も味も変わるので興味があっても学ぶ機会としておすすめです。

標準期間が約4ヶ月、早くて2ヶ月

資格取得までの標準の学習期間が約4ヶ月ですが、早い人だと約2ヶ月で取得できます。修了を目指すのであれば、最短で取得できるのは魅力です。

資格を取得するための試験がない

講座によって修了試験や検定試験ありますが、試験がありません。課題のみ提出すれば取得できるので難易度が低いといえます。

ただ、メリットばかりではありません。次に、デメリットもご紹介していきましょう。

デメリット(えっ!?と感じるポイント)

次に、ここはイマイチだな、と感じたデメリットを紹介します。

講座の費用が約4万円と高い

講座費用が約4万円もするので、本当に役立てられるの?と考えてしまう人が多いでしょう。取得する目的をよく考えることも大切です。

監修者の考えが反映されている

料理研究家のタカコナカムラ先生の個人の考え方や調理法がテキストに反映されているので、誰だろう?という人もいるでしょう。

気になる方はようこそ!タカコ ナカムラのホールフード ワールドへを参考にしてください。

別途、終了証や認定証に費用がかかる

資格をを取得するだけなら講座費だけですが、お店などに修了証や認定証を飾るなら別途費用が必要になります。詳しくは、後述しています。

\まずは、無料の資料請求から/

野菜コーディネーター資格をみてみる

教材到着後8日以内ならキャンセルOK!

もし、野菜コーディネーターに興味を持ったなら、次に講座に必要な費用や試験の難易度をご紹介していきましょう。

↑目次へ戻る

野菜コーディネーターの費用や難易度


野菜コーディネーターとは、「がくぶん」が提供している野菜コーディネーター養成講座で取得できる資格です。

この資格は、料理研究家のタカコナカムラ先生が理事長をしている一般社団法人 ホールフード協会が認定しています。

ホールフード(Whole Food)とは、安全な食べ物や自然の暮らしを大切にした考え方のライフスタイル。

そのため、タカコナカムラ先生の知識や経験をもとにした教材・レシピが使われ、食にかかわる仕事や家庭で役立つ資格です。

では、講座の費用や合格率、難易度などを詳しくみていきましょう。

講座の費用

野菜コーディネーター養成講座の費用は、38,700円(税込・送料込)

さらに、修了証が必要なら別途3,400円・認定証は別途6,400円が必要になります。

もし、カフェやレストランなどで認定証を掲示したい場合なら、下記の費用がかかります。

正直、高い?こういう風に思われた人もいるかもしれません。

では、他の野菜にかかわる資格はというと、例えば野菜ソムリエ資格の講座費用は10万円以上で、さらに検定試験を会場で受験が必要です。

その点、野菜コーディネーター養成講座の検定試験なく、規定の成績以上の修了で資格を取得できます。

そのため、カフェなどの飲食店で「野菜コーディネーター」の認定証を飾りたい、こういった目的なら十分役立ちます。

では、気になる検定試験の合格率はどのくらいなのでしょうか?

試験の難易度・合格率

野菜コーディネーターは試験がないので合格率はありません。修了するだけで取得できるので難易度は低いと言えるでしょう。

逆に、取得が簡単なら資格を取得する意味がないんじゃないの?と思われる人もいるでしょう。

実は、検定試験がなく簡単だとしても、通信講座のすべての修了が必要になっているので意外と続けるのが大変です。

それでは、標準の学習期間はどのくらいなのでしょうか?

野菜コーディネーター養成講座の学習期間

野菜コーディネーターの資格を取得するための標準の学習期間は4ヶ月

もちろん、短縮して学習することもできるので早ければ約2ヶ月で取得する人もいます。そのため、学習期間が短くなれば途中で挫折する人が少ないのもメリットです。

以上の特徴をまとめたものが、以下になります。

野菜コーディネーター養成講座
認定団体 一般社団法人 ホールフード協会
受験資格 特になし
価格 38,700円(税込・送料込)
修了証・認定証 修了証:3,400円(税込)、認定証:6,500円(税込)
学習スタイル 通信(独学は不可。通信講座の修了が必要)
標準学習期間 4ヶ月
試験日 なし
試験形式 なし
試験内容 なし
合格基準 なし

\まずは、無料の資料請求から/

野菜コーディネーター資格をみてみる

教材到着後8日以内ならキャンセルOK!

↑目次へ戻る

野菜コーディネーターにおすすめな人


資格がおすすめな人は、以下のとおりです。

  • 野菜コーディネーターの名称を活用したい
  • 講座の修了で確実に資格を取りたい
  • 家庭で野菜のレシピを増やしたい
  • ハーブの知識も身につけたい
  • タカコナカムラ先生のレシピを知りたい

特に、評判や口コミをみてみると、野菜や果物を使った調理法やレシピも学べるので、家庭で活用しやすいことが分かりました。

この資格だけで仕事を見つけるよりも「複合的に資格を取得する」「ネームバリューを利用する」「家庭で野菜を美味しく食べる」など多くのシーンで活用できます。

↑目次へ戻る

野菜コーディネーターの口コミ・評判まとめ

今回のコラムでは、「【野菜コーディネーターの口コミ】悪い評判は?メリット・デメリットから分かる資格の特徴」をご紹介しました。

野菜のことを漠然と学ぶより、体系的に野菜の知識を深めたいなら「野菜コーディネーター資格」を目指してみるのも方法のひとつ。

これまでの野菜コーディネーター養成講座の特徴を下記のようにまとめてみました。

野菜コーディネーターの特徴まとめ
  • ○野菜の知識を体系的に学べる
  • ○標準の学習期間が4ヶ月と短い
  • ○資格の取得するための試験がない
  • ×講座の費用が約4万円と高い
  • ×修了証や認定証に別途費用が必要
  • ×監修者の考えが反映されている

家庭で野菜の知識を知ってければ、野菜の旬や調理法に役立てることができるので、日常的にメリットを受けることができます。

まずは、資料を取り寄せて講座の内容や取得後の活用法をイメージしてみましょう

\まずは、無料の資料請求から/

野菜コーディネーター資格をみてみる

教材到着後8日以内ならキャンセルOK!

↑目次へ戻る