▶ゼンブヌードルが4食分&送料無料で673円!>>>

【野菜コーディネーターは独学OK?】試験の難易度を徹底調査

野菜コーディネーター試験

野菜コーディネーター資格を取得する難易度を知りたい人向けです。

資格を取得するためには試験があるのかな。野菜コーディネーター養成講座を受講するなら無駄にならないように難易度や試験内容を知りたいな。
みつき
資格取得には講座の修了が必要だよ。

野菜コーディネーター資格は、野菜や果物の知識だけなく調理法などを体系的に身につけることができる資格です。

特に、資格の取得がしやすく、名称を利用した仕事だけなく家庭でも活用できること人気になっています。

ただ、資格を取得するにはどうればいいんだろう?独学で取れるのかな?と疑問に思う人もいるでしょう。

そこで、今回は「【野菜コーディネーターは独学OK?】試験の難易度を徹底調査」をご紹介します。

目次

野菜コーディネーター資格は独学NGの理由

野菜コーディネーター資格を取得するには独学ではできず、通信講座の受講および修了が必要ですが資格試験はありません

まずは、野菜コーディネーターに興味を持った段階から実際に資格を取得までの流れを紹介します。

[ptimeline color=”yellow”]
[ti label=”STEP1″ title=”資料請求”] コチラから無料で資料請求をすることができます。[/ti]
[ti label=”STEP2″ title=”申し込み”]資料で講座内容を確認したり、取得後の活用法をイメージしてから申し込みます。[/ti]
[ti label=”STEP3″ title=”講座を受講”]テキスト5冊を中心に副教材も活用しながら通信講座を受講します(標準の学習期間4ヶ月)。[/ti]
[ti label=”STEP4″ title=”検定試験を受験”]通信講座を修了後に資格を協会に申請します。[/ti]
[ti label=”STEP5″ title=”資格の取得”]修了試験や検定試験はなく、課題を修了すれば資格を取得します。[/ti]
[/ptimeline]

つまり、資格取得のための試験はなく、講座を修了すればいいことになります。標準の学習期間で4ヶ月ですが、早い人で2ヶ月で資格を取得できるでしょう。

\ まずは、無料の資料請求から /

教材到着後8日以内ならキャンセルOK!

野菜コーディネーター試験の難易度と合格率

資格試験の難易度としては高くはありません。理由は、資格試験はなく通信講座を修了すれば取得できるためです。

つまり、通信講座を修了さえすれば資格が取得ができるため、資格を取得する難易度は低いといえます。

それなら、野菜コーディネーター資格を安くはない講座費用を支払ってまで取得する必要はあるの?思われるかもしれません。

確かに、資格試験もなく、取得するための難易度は低いとは言えます。

では、野菜コーディネーター資格を取得するメリットとしては、以下のとおりです。

  • 飲食店では資格をアピールできる
  • 農家は知識と共に調理法が学べる
  • 野菜をより効果的に摂取できる

上記はあくまでも一例にすぎませんが、資格を取得することで仕事の幅が広がるだけではなく、家庭でも活用できるのが魅力です。

野菜コーディネーターになるための費用

野菜コーディネーター養成講座の費用は、38,700円(税込・送料込)

さらに、希望者のみですが、修了証なら別途3,400円・認定証なら別途6,400円が必要になります。

もし、カフェやレストランなどで認定証を掲示したいなら、下記の費用がかかります。

資格を取得するための費用総額

  • 受講料:38,700円(税込)
  • 認定証:6,500円(税込)
  • 合計:45,100円(税込)

あわせて読みたい
【野菜コーディネーターの費用】高い?安い?料金を徹底調査 野菜コーディネーターになるための費用を知りたい人向けです。 おそらく色々と調べている人は、野菜コーディネーターは民間資格にもかかわらず、ほぼ4万円もするの?と...

野菜コーディネーター試験の難易度まとめ

今回のコラムでは「【野菜コーディネーターは独学OK?】試験の難易度を徹底調査」をご紹介しました。

話題の野菜コーディネーターは資格試験がなく、通信講座を修了することで得られる難易度が低いといえます。

ただ、費用が安いわけではないので、本当に取得する価値があるのか?意味があるのか?を考えることが大切です。

\ まずは、無料の資料請求から /

教材到着後8日以内ならキャンセルOK!

なお、野菜コーディネーター以外の野菜資格については、下記のコラムでお伝えしています。

目次
閉じる