食育の資格

【食育アドバイザーと食育インストラクターの違い】おすすめは?2つの資格を比較検証

悩む女性

食育アドバイザーと食育インストラクターの違いを知りたい人向けです。

食育の資格には色々とあるけど、アドバイザーとインストラクターは何が違うのかな。どちらがおすすめなんだろう。
ベジタン
ベジタン
2つの資格を色々な項目で詳細に比較してみたよ。

家庭でも仕事でも活用できる人気の資格が、「食育の資格」。

その中でも食育アドバイザーと食育インストラクターは何が違うんだろう?と疑問に思う人もいるでしょう。

まずは、2つの資格を一覧にしてまとめてみました。

食育アドバイザー 食育インストラクター
認定団体 日本能力開発推進協会(JADP) NPO日本食育インストラクター協会
学習内容 子どもの成長を考えた実践的な知識やスキルと指導力 服部幸應先生が監修。5段階のレベルで通信講座で取得できるのはプライマリー
講座費用 28,600円(税込・WEB割引後、通常価格38,600円)※別途、送料450円 38,700円(プライマリー)
受験料 5,600円(税込) 無料(プライマリー)
認定証等、発行料 無料 修了証:3,300円・認定証:6,600円+事務手数料440円
標準学習期間 3ヶ月 3~6ヵ月
合格割合 ほぼ100%(在宅受験) ほぼ100%(在宅受験)
講座提供 キャリカレ がくぶん

ただ、アドバイザーとインストラクターという同じような名前なので、結局、どちらがいいのか分かりにくいですよね。

そこで、今回は「【食育アドバイザーと食育インストラクターの違い】おすすめは?2つの資格を比較検証」をご紹介します。

食育アドバイザーと食育インストラクターとは

まずは、2つの資格の特徴をご紹介しましょう。

食育アドバイザー

食育アドバイザーは、正しい食生活や食のマナーなど、幅広い基礎知識をもとにアドバイスを行う資格。特に、上級食育アドバイザーになると、食育イベントの企画などビジネスに結び付けやすくなります。

食育インストラクター

食育インストラクターは、食育の専門機関が認定し、食材の選びから指導に至るまでの実践力を身につけることができる資格。特に、レベルが5段階に分かれ、より専門的な知識と実践力が試されます。

では、それぞれの違いについて、次に個別にみていきましょう。

↑目次へ戻る

食育アドバイザーと食育インストラクターの違い

では、個別に2つの資格の違いをご紹介していきます。

認定している機関の違い

まずは、認定している機関の違いを知っておきましょう。

  • 食育アドバイザー:日本能力開発推進協会(JADP)
  • 食育インストラクター:NPO日本食育インストラクター協会

日本能力開発推進協会(JADP)

日本能力開発推進協会(JADP)は、職業実務能力の向上を目的とする様々な資格取得を一般社団法人として支援しています。

NPO日本食育インストラクター協会

一方、NPO日本食育インストラクター協会は2006年に設立され、料理研究家で有名な服部幸應先生が理事長となっています。

日本能力開発推進協会は一般社団法人で食育以外の資格の数多く認定しており、NPO食育インストラクター協会は食育専門の認定という違いがあります。

↑目次へ戻る

資格のレベルと内容の違い

食育アドバイザーに加えて上級食育アドバイザー資格もあり、食育インストラクターは1級~4級とプライマリー(初心者向け)の5段階に分かれています。

  • 食育アドバイザー:通常と上級食育アドバイザー資格の2つ
  • 食育インストラクター:5段階(1級~4級、プライマリー)

食育アドバイザー資格

食育アドバイザーには、通常の資格と上級食育アドバイザーの資格があり、どちらも通信講座で取得することができます。

内容は、子どもの成長を考えた実践的な知識やスキル、特に指導力が身につきます。

食育インストラクター資格

食育インストラクターには、1級~4級とプライマリーの5段階に分かれています。プライマーは通信講座で資格が取得できますが、1級~4級は通学で実地の研修が必要になります。

内容は服部幸應先生が監修しているので、より専門的な食のマナーだけなく料理の知識が身につきます。

実地で実践力を身につけたいなら、食育インストラクターの1級~4級が適しています。

↑目次へ戻る

資格取得に必要な費用の違い

今回は、食育インストラクターは級によって費用が大きく異なるため、どちらも通信講座で取得できるレベルで比較してみました。

  • 食育アドバイザー講座:総額34,650円(WEB割引時の受講料+受験料+送料)
  • 食育インストラクター養成講座:総額46,940円(受講料+認定証+事務手数料)

食育アドバイザー講座

食育アドバイザー資格は、認定教育機関「キャリカレ」で取得することができます。

受講料が28,600円(WEB割引)と受験料5,600円、送料450円が必要になり、総額で34,650円となります(全て税込)。

食育インストラクター養成講座

食育インストラクター資格(プライマリー)は、認定教育機関「がくぶん」で取得することができます。

受講料は39,900円ですが、修了証発行なら3,300円、認定証で6,600円(共に事務手数料440円が必要)で総額で46,940円となります(認定証発行・全て税込)。

通信講座の受講料以外にも、必要に応じて費用がかかる場合があるのでよく確認しましょう。

↑目次へ戻る

標準学習時間と難易度の違い

資格取得で気になるのが、試験の難易度や学習期間でしょう。

  • 食育アドバイザー講座:自宅受験・3ヶ月
  • 食育インストラクター養成講座:自宅受験・3ヶ月~6ヶ月

食育アドバイザーも食育インストラクターも講座の修了時に行われる自宅受験で難易度は高くはなく、学習期間もほぼ違いはありません。

どちらの資格も難易度や学習期間には差がなく、取得しやすいといえるでしょう。

↑目次へ戻る

結局、2つの食育資格はどちらがおすすめ?

個人的な意見では「食育インストラクター(プライマリー)」がおすすめです。

但し、食育アドバイザーと比べて総額の費用が食育インストラクターのほうが高くなるデメリットも。

ただ、食育アドバイザーは「日本能力開発推進協会」が認定、食育インストラクターは「NPO日本食育インストラクター協会」が認定。

やはり食育の専門機関が認定してくれるという強みが食育インストラクターにはあります。

\食育の専門機関が認定/

食育インストラクター養成講座

資料請求は無料です。

↑目次へ戻る

まとめ:2つの食育資格の違い

今回のコラムでは、「【食育アドバイザーと食育インストラクターの違い】おすすめは?2つの資格を比較検証」をご紹介しました。

食育の資格を取得する目的は、仕事に活用したい人から子どもに食のマナーを身につけさせたいなど様々です。

ただ、食育の資格と言っても種類が多くてどれを選んだらいいか悩んでしまいますよね。それぞれの特徴を比較して自分にあった資格を選びましょう。

そのためには講座の特徴や資格の活用法をイメージすることが大切です。

どちらの資格も資料請求は無料なので、まずは取り寄せて内容を確認しましょう

↑目次へ戻る