▶野菜の知識を仕事に活かせる資格はこちら⇒ click!

【食育実践プランナーと食育アドバイザーの違い】どちらがいい?人気資格を徹底比較

悩む女性

食育実践プランナーと食育アドバイザーの違いは何かな

食育資格の中でも違いが気になるのが、食育実践プランナーと食育アドバイザーです。

どちらも人気なので、どちらかいいか迷ってしまいがち。

まずは、食育実践プランナーと食育アドバイザーの違いを比較してまとめてみました。

スクロールできます
食育実践プランナー食育アドバイザー
認定団体日本味育協会日本能力開発推進協会
受講費用(税込)39,000円56,800円(WEB申込時)
その他の費用(税込)なし受験料:5,600円
送料:450円
学習期間3ヶ月4ヶ月
試験形式在宅受験在宅受験
合格率ほぼ100%ほぼ100%
公式サイトユーキャンキャリカレ
口コミ・評判

もし、どちらがいいか悩んだら、ユーキャンの食育実践プランナーがおすすめです。理由を知りたい方はコチラへ読み飛ばしてくださいね。

ただ、資格を取る目的によって自分に合うかどうかは違いますよね。

そこで、今回のコラムでは食育実践プランナーと食育アドバイザーの違いを比較してみました。

なお、すぐに食育実践プランナー資格や、食育アドバイザー資格を詳しく知りたい方は、公式サイトをご覧ください。

\ 一生、使える食育資格を取るなら/

資料請求は無料です。

\お得なキャンペーン実施中/

資料請求は無料です。

目次

食育実践プランナーと食育実践アドバイザーの違いを徹底比較

食育実践プランナーと食育アドバイザーの違いを色々な視点で比較してみました。

学習内容の違い

食育実践プランナーと食育アドバイザーの学習内容の違いは、下記のとおりです。

食育実践プランナーとは

食育実践プランナーは、食材の選びから仕事でも活用できる知識やスキルを身につけられることができる資格。特に、食育の「味覚」に注目しているのが特徴です。

食育アドバイザーとは

食育アドバイザーは、正しい食生活や食のマナーなど、幅広い基礎知識をもとにアドバイスを行う資格。特に、上級食育アドバイザーになると、食育イベントの企画などビジネスに結び付けやすくなります。

認定団体の違い

食育実践プランナーと食育アドバイザーの認定団体の違いは、下記のとおりです。

スクロールできます
食育実践プランナー食育アドバイザー
認定団体日本味育協会日本能力開発推進協会
公式サイトユーキャンキャリカレ

日本味育協会

一方、日本味育協会は、「味覚」を知る独自の教育プログラムを通して「自らおいしさを手に入れる力」を育む指導者を育成することを目指しています。

日本能力開発推進協会(JADP)

日本能力開発推進協会(JADP)は、職業実務能力の向上を目的とする様々な資格取得を一般社団法人として支援しています。

日本能力開発推進協会は一般社団法人で食育以外の資格の数多く認定しており、日本味育協会は代表理事の考えが反映された認定です。

級・レベルの違い

資格の勉強

食育実践プランナーと食育アドバイザーの級・レベルの違いは、下記のとおりです。

  • 食育アドバイザー:通常と上級食育アドバイザー資格の2つ
  • 食育実践プランナー:上級資格なし

食育アドバイザー

食育アドバイザーには、通常の資格と上級食育アドバイザーの資格があり、どちらも通信講座で取得することができます。

内容は、子どもの成長を考えた実践的な知識やスキル、特に指導力が身につきます。

食育実践プランナー

食育実践プランナーは、上級資格などはなく、単体で実力を示せる資格となっています。

内容は、主に家庭での実践を目指した学習内容となっています。

取得費用の違い

食育実践プランナーと食育アドバイザーの費用の違いは、下記のとおりです。

スクロールできます
食育実践プランナー食育アドバイザー
受講費用(税込)39,000円56,800円(WEB申込時)
その他の費用(税込)なし受験料:5,600円
送料:450円
公式サイトユーキャンキャリカレ

食育実践プランナー講座

食育実践プランナー講座は、認定教育機関「ユーキャン」で取得することができます。

受講料は39,000円のみで、受験料や認定証の発行に費用がかからず料金体系がシンプルです。

食育アドバイザーはWEB割引なら受講料が安いですが、受験料や送料などの費用が別途必要です。

食育アドバイザー講座

食育アドバイザー資格は、認定教育機関「キャリカレ」で取得することができます。

受講料が56,800円(WEB申込時)と受験料5,600円、送料450円が必要となります。

難易度の違い

食育実践プランナーと食育アドバイザーの難易度の違いは、下記のとおりです。

スクロールできます
食育実践プランナー食育アドバイザー
学習期間3ヶ月4ヶ月
試験形式在宅受験在宅受験
合格率ほぼ100%ほぼ100%
公式サイトユーキャンキャリカレ

食育アドバイザーも食育実践プランナーも講座の修了時に行われる自宅受験で難易度は高くはなく、学習期間もほぼ違いはありません。

どちらの資格も難易度は差がありませんが、食育実践プランナーのほうが6ヶ月と学習期間が長く取られています。

結局、食育資格ならどちらがいい?

悩む女性

個人的な意見では、仕事で活用するなら食育アドバイザー、家庭なら食育実践プランナーがおすすめです。

資格を取得する目的によってもどちらがおすすめかは異なりますが、理由は仕事ではなく、家庭で実践しやすいからです。

実際に、資格の取得に必要な費用は受験料などを考慮すると差はほとんどありません。

ただ、、食育アドバイザーは口コミや評判をみてみると、より専門性が高い上級レベルを同時に学習する人もいるので、仕事で使える資格を目指すなら同時受講も方法ひとつです。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、資格を取得する目的に応じて選びましょう。

食育実践プランナーがおすすめな人

今まで紹介した内容を考慮すると、食育実践プランナー資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • ユーキャンで安心して受講したい
  • 味覚の力を身につけさせたい
  • より実践的なスキルを学習したい

これで食育実践プランナーに興味を持った方は、無料の資料請求をしてみましょう。

\ 一生、使える食育資格を取るなら/

資料請求は無料です。

なお、さらに食育実践プランナーの口コミ・評判を知りたい方は、下記のコラムも参考にしてみてくださいね。

食育アドバイザーがおすすめな人

今まで紹介した内容を考慮すると、食育アドバイザー資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 取得費用を出来るだけ抑えたい
  • 食育の上位資格も併せて取得したい

これで食育アドバイザーに興味を持った方は、無料の資料請求をしてみましょう。

\お得なキャンペーン実施中/

資料請求は無料です。

なお、食育アドバイザーの口コミ・評判を知りたい方は、下記のコラムも参考にしてみてくださいね。

食育資格のよくある質問

Q&A

食育資格のよくある質問をまとめてみました。

食育アドバイザーは意味ない?

食育アドバイザーも資格だけで仕事ができるわけではないので、意味ないと言われています。そのため、上位資格を取得することも検討しましょう。

まとめ:食育実践プランナーと食育アドバイザーの違い

今回のコラムでは「【食育実践プランナーと食育アドバイザーの違い】どちらがいい?人気資格を徹底比較」を紹介しました。

食育アドバイザーと食育実践プランナーの違いを比較表に参考にして、目的にあった食育資格を取りましょう!

スクロールできます
食育実践プランナー食育アドバイザー
認定団体日本味育協会日本能力開発推進協会
受講費用(税込)39,000円56,800円(WEB申込時)
その他の費用(税込)なし受験料:5,600円
送料:450円
学習期間3ヶ月4ヶ月
試験形式在宅受験在宅受験
合格率ほぼ100%ほぼ100%
公式サイトユーキャンキャリカレ
口コミ・評判
目次