薬膳の資格

【薬膳マイスター資格の口コミ】悪い評判は?難易度から分かる資格の特徴とは

薬膳カレー

薬膳マイスター資格の口コミや評判を知りたい人向けです。

薬膳の資格を取得したいので、薬膳マイスターが気になっています。口コミや評判はどうなのだろう。費用や合格率、独学でも取得できるか知りたいな。
ベジタン
ベジタン
中国の薬膳を日本風にアレンジした和漢膳が学べる資格です。

薬膳の資格で注目されているのが、「薬膳マイスター」。正式名称は「和漢薬膳師」です。

中国の本格的な薬膳を日本風にアレンジした「和漢膳」を習得でき、日本人の体質や好みにアレンジしたレシピに利用できますね。

ただ、その前にどのように役立つの?結局、使える資格なの?と思っている人もいるでしょう。

そこで、今回は「【薬膳マイスター資格の口コミ】悪い評判は?難易度から分かる資格の特徴とは」をご紹介します。

\すぐに勉強を始めたいなら/

がくぶんの薬膳マイスター

資料請求は無料です。

薬膳マイスターの口コミ・評判|2021年版

受講するかどうかで気になるのが、口コミや評判。そこで、SNS上で調査をしてみました。

良い口コミ・評判(良い点・素晴らしいポイント)

ベジタン
ベジタン
アナウンサーも資格を取得しているね。

ベジタン
ベジタン
本格的な薬膳を学ぶのが必ずしもいいわけではないかも。

ベジタン
ベジタン
薬膳カレーが人気です

ベジタン
ベジタン
家庭の献立・レシピにひと手間加えるのも簡単です。

ベジタン
ベジタン
仕事でも役立ち、薬膳のアピールができるのも魅力です。

悪い口コミ・評判(悪い点・少しコレは..というポイント)

次に、気になる悪い口コミ・評判を調査してみました。

ベジタン
ベジタン
和漢薬膳師は一番下の資格ですね。実は、その上に2級、1級、特級があります。

ベジタン
ベジタン
資格を取得しただけでは仕事に結びつきにくいかも。

ベジタン
ベジタン
以前は国際薬膳食育認定資格でした。講座費用と別に認定料もかかります

ごめんなさい、本当に上記以外の悪い意見は見つかりませんでした。。。

今後も薬膳マイスターの口コミや評判を調査していきます。

\すぐに勉強を始めたいなら/

がくぶんの薬膳マイスター

資料請求は無料です。

↑目次へ戻る

薬膳マイスターのメリット・デメリット

薬膳マイスターの資格を取得するのにあたって気になるのが、メリットとデメリット。

特に、高い費用を払って損をしたくないと思うなら、デメリットをよく確認しておくことが大切です。

メリット(魅力的なポイント)

ここは、コレはいいな、と感じたメリットを紹介します。

日本人に合わせたレシピが学べる

中国の薬膳は風味が独特なので、なかには苦手な人も。飲食関係であればリピートが大事なので、そこは日本人の口に合うほうが良いでしょう。

標準の学習期間が4ヶ月と短い

資格取得までの標準の学習期間が4ヶ月と短く、子どもがいても集中して学びやすいともいえます。最短で2ヶ月で取得することも可能です。

試験が自宅受験で難易度が低い

資格をするには、通信講座の修了と最後に行われる修了試験の合格が必要です。但し、在宅受験でなので難易度は高くはないので費用が無駄になりにくいと言えます。

ただ、メリットばかりではありません。次に、デメリットもご紹介していきましょう。

デメリット(えっ!?と感じるポイント)

次に、ここはイマイチだな、と感じたデメリットを紹介します。

講座料と認定料などの費用が高い

講座料が約4万円に加えて、認定料と事務手数料として9,240円(税込)が別途必要になります。なかには費用が高く感じる人もいるでしょう。

日本風にアレンジされている

中国の薬膳を本格的に学びたい人には日本風にアレンジされているのはデメリットと感じることも。ただ、飲食関係であれば逆に日本人の口に合うレシピも必要になるでしょう。

薬膳マイスター資格を持つ人が多い

講座を修了すれば誰でも取りやすいので、資格を取得している人も多いと言えます。そのため、仕事では資格があるだけでは差別化しにくいでしょう。

\すぐに勉強を始めたいなら/

がくぶんの薬膳マイスター

資料請求は無料です。

↑目次へ戻る

薬膳マイスター養成講座の概要と費用

資格取得のための内容をまとめてみました。

薬膳マイスター(和漢薬膳師)資格
認定団体 一般社団法人 和漢薬膳食医学会
受験資格 特になし
価格 38,700円(税込・送料込)
認定料 8,800円(税込)
事務手数料 440円(税込)
受験料 なし
学習スタイル 通信(独学は不可。通信講座の修了が必要)
標準学習期間 4ヶ月
試験日 通年
試験形式 在宅受験
合格基準 70点以上
提供団体 がくぶん

がくぶんの薬膳マイスター養成講座を受講すると、下記の教材(テキスト)等が届きます。

  • テキスト4冊
  • DVD2巻
  • サブテキスト「薬膳レシピ集」
  • 野菜学習ノート
  • 指導課題集

がくぶんが提供する薬膳マイスター講座の費用は、通常38,700円(税込・送料込)です。更新料は不要。

ただし、認定料として8,800円(税込)に加えて440円の事務手数料が必要になるので、資格取得に合計で47,940円(税込)かかります。

正直、高い?こういう風に思われた人もいるかもしれません。

ただ、他の薬膳の資格でも同じぐらいの費用か、それ以上がかかることもありますね

では、気になる難易度はどのくらいなのでしょうか?

薬膳マイスター資格試験の難易度

薬膳マイスターの資格は在宅受験で70点以上の合格点で取得することが条件

逆に、試験が簡単なら資格を取得する意味がないんじゃないの?と思われる人もいるでしょう。

資格を取得するための標準の学習期間は4ヶ月。

実は、通信講座のすべての修了が必要になっているので意外と続けるのが大変です。

もちろん、短縮して学習することもできるので早ければ約2ヶ月で取得する方もいます。

そういう意味では、他の薬膳資格である薬膳コーディネーターや薬膳アドバイザーと比べると取得しやすいと言えるでしょう。

\すぐに勉強を始めたいなら/

がくぶんの薬膳マイスター

資料請求は無料です。

↑目次へ戻る

薬膳マイスターの口コミ・評判まとめ

今回のコラムでは、「【薬膳マイスター資格の口コミ】悪い評判は?難易度から分かる資格の特徴とは」をご紹介しました。

中国の薬膳がそのまま日本人に受け入れられるとは限りません。そこは、どの国でも同じですが、自国民にあったアレンジが大切です。

薬膳の基本を習得しつつ、日本人の口に合うレシピを学びたいなら薬膳マイスターがおすすめです。

これまでの薬膳マイスター講座の特徴を下記のようにまとめてみました。

薬膳マイスターの特徴まとめ
  • ○日本人に合わせたレシピが学べる
  • ○標準の学習期間が4ヶ月と短い
  • ○試験が在宅受験で難易度が低い
  • ×講座料と認定料などの費用が高い
  • ×日本風にアレンジされている
  • ×講座を修了すれば誰でも取りやすい

\すぐに勉強を始めたいなら/

がくぶんの薬膳マイスター

資料請求は無料です。

↑目次へ戻る