▶野菜の知識を仕事に活かせる資格はこちら⇒ click!

【薬膳コーディネーターの口コミはコレ!】悪い評判も徹底調査

薬膳コーディネーター口コミ

薬膳コーディネーターの口コミや評判を知りたい人向けです。

薬膳を学ぶには ユーキャンが人気があるらしいけど、薬膳コーディネーターの口コミや評判はどうなんだろう。仕事で給料がもらいやすくなるのかな。

薬膳の資格を取得したいと思ったら、まずは思い浮かぶのが「薬膳コーディネーター」。

薬膳コーディネーターとは、「薬膳」に対する知識を活かして、職場や家庭で身体に優しい食事作りができる資格です。

乃木坂46の和田まあやさんがテレビで取得した資格として知られていますね。

ただ、薬膳コーディネーター資格の口コミや評判はどうなのでしょうか。

そこで、今回は「【薬膳コーディネーターの口コミはコレ!】悪い評判も徹底調査」をご紹介します。

目次

薬膳コーディネーターの口コミ・評判

資格を取得するかどうかで気になるのが、薬膳コーディネーターの口コミや評判。そこで、SNS上で調査をしてみました。

薬膳コーディネーターの良い口コミ

上記以外にも色々な意見がありましたが、薬膳コーディネーターの良い口コミをまとめてみました。

  • 活用しやすいので生活が豊かになる
  • 他の資格と組み合わせしやすい
  • すぐに利用できる土鍋がついている
  • 食生活アドバイザーと同様に人気

では、薬膳コーディネーターの悪い口コミはあるのでしょうか。

薬膳コーディネーターの悪い口コミ

次に、気になる悪い口コミ・評判を調査してみました。

薬膳コーディネーターの悪い口コミもまとめてみました。

  • 講座の受講料が高い
  • 仕事に結びつきにくい

ごめんなさい、上記の口コミ以外に悪い意見は見つかりませんでした。。。

やはり「受講料が高い」、「資格の活用法が分かりにくい」などの意見が目立ちました。

ただ、他の薬膳講座も同等の受講料が必要になるので、極端に薬膳コーディネーターの受講料が高いわけではありませんでした。

受講料が気になる方は、ユーキャン公式サイトから無料の資料請求をしておきましょう。

本草薬膳学院の認定が受けられる

資料請求は無料です。

薬膳コーディネーターのメリットとデメリット

ユーキャン薬膳コーディネーターのメリットとデメリットをまとめてみました。

メリットデメリット
在宅受験なので取得しやすい
本草薬膳学院が監修・認定
上位資格が取得しやすくなる
講座費用が約4万円と高い
学習期間が4ヶ月と長い
仕事に結びつけにくい

薬膳コーディネーターのメリット

ここでは、この資格ばいいな、と感じたメリットを紹介します。

  • 在宅受験なので取得しやすい
  • 本草薬膳学院が監修・認定
  • 上位資格が取得しやすくなる

在宅受験なので取得しやすい

資格取得に必要な試験がマークシート方式で60点以上、しかも自宅で受験できるので難易度としては低いと言えるでしょう。

本草薬膳学院が監修・認定

資格の認定団体が本草薬膳学院と本格的です。他の薬膳資格には、薬膳以外に全く関係のない資格を取り扱う団体も多いので、やはり薬膳専門の団体が望ましいでしょう。

上位資格が取得しやすくなる

薬膳に興味を持つと上位資格を取得したくなることも。その際に、上位資格の中位薬膳師は薬膳コーディネーターと同じ団体が認定しています。

そのため、さらに薬膳を極めたくなったら、認定団体の北京中医薬大学提携校の「本草薬膳学院」へ編入ができるようになります。

まずは、薬膳コーディネーターを取得してから中位薬膳師や国際薬膳師を目指すかどうかを決めるのがおすすめです。

ただ、良い点ばかりではありません。次に、悪い点もご紹介していきましょう。

薬膳コーディネーターのデメリット

次に、ここはイマイチだな、と感じたデメリットを紹介します。

  • 講座費用が44,000円と高い
  • 学習期間が4ヶ月と長い
  • 仕事に直接結びつけにくい

講座費が約4万円と高い

薬膳コーディネーターの講座費44,000円(税込)を高く感じる人も多いでしょう。

ただ、薬膳資格のほとんどが高く、ほとんどの資格の費用が5万円を超えるのも普通にあるので、極端に高いというわけではありません。

学習期間が4ヶ月と長い

標準学習期間の4ヶ月が長いか短いかは人によりもますが、勉強に時間が取れるのか悩まれる人も多いでしょう。

但し、サポート期間が長いので、仕事や家庭で忙しい方でもスケジュールが組みやすいといえます。

仕事に結びつけにくい

初級者向けの資格なので、薬膳コーディネーターの直接的な求人や仕事が見つかるわけではありません。

口コミや評判を調査してみると、他の資格と組わせることでより専門性を高める努力をされていることが分かりました。

これで薬膳コーディネーターの口コミや評判、メリットとデメリットが分かった。じゃあ、詳しく資格の魅力について知りたいと思った人は、ユーキャン公式サイトから無料の資料請求をしてみましょう。

本草薬膳学院の認定が受けられる

資料請求は無料です。

薬膳コーディネーターがおすすめな人

薬膳コーディネーターおすすめな人

今まで紹介した内容を考慮すると、薬膳コーディネーター資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 薬膳の知識を体系的に学びたい
  • 本草薬膳学院の認定を受けたい
  • 薬膳の上位資格を目指したい

これで薬膳コーディネーターに興味を持った方は、無料の資料請求をしてみましょう。

みつき

テキストのボリュームも多く、本格的に薬膳の知識を仕事に活用するなら薬膳コーディネーターで決まりです。

薬膳コーディネーターのよくある質問

薬膳コーディネーターのテキスト
薬膳の上位資格とは?

薬膳の資格には上記で紹介した資格以外にも「中医薬膳指導員」「中医薬膳調理師」「国際中医薬膳師」「国際薬膳調理師」などがあります。

それぞれ受験資格があるので、上位資格を視野に入れるなら条件を確認しておくことが大切です。

薬膳コーディネーターの資格取得は難しいですか?

薬膳コーディネーターの試験は在宅受験で合格基準も60点以上と特に取得が難しいわけではありません。

試験の内容については、下記のコラムでお伝えしています。

薬膳資格とよく合わせて取得される食生活アドバイザーとは?

薬膳資格とよく合わせて取得される食生活アドバイザーとは、食全般の知識やスキルをアドバイスできる資格です。

食育よりも範囲が広いため、食全般を学んで薬膳に特化して学ぶ方が多いですね。詳細は、別コラムの食生活アドバイザーが人気の理由を参考してください。

薬膳コーディネーターの費用はどのくらいですか?

薬膳コーディネーターの費用は、講座料として44,000円(税込)です。他の薬膳資格とそれほど大きな違いはありません。

薬膳コーディネーターの費用については、下記のコラムでもお伝えしています。

薬膳マイスターと薬膳コーディネーターの違いは?

薬膳資格の中でもよく比較されるのが薬膳マイスターと薬膳コーディネーターです。

費用に大きく違いはありませんが、資格の特徴に「日本人向け」か「本場・中国の薬膳」に違いがあります。

なお、薬膳マイスターと薬膳コーディネーターの違いについては、下記のコラムで比較しています。

薬膳コーディネーターは取っても意味ない?

薬膳コーディネーターが意味ないとされる理由には、資格は取得しただけでは仕事などに直接結びつけにくいからです。これは薬膳コーディネーターに限りません。

実務経験を積むことや、他の資格との組み合わせ、さらに上位資格の取得をするか取得後の次のステップを考えておきましょう。

ただし、薬膳のスキルを客観的に証明する資格としては薬膳コーディネーターが一番おすすめなのはまちがいありません。

まとめ

今回のコラムでは「【薬膳コーディネーターの口コミはコレ!】悪い評判も徹底調査」をご紹介しました。

薬膳コーディネーターの口コミや評判をまとめると、下記のとおりでした。

  • 活用しやすいので生活が豊かになる
  • 他の資格と組み合わせしやすい
  • すぐに利用できる土鍋がついている
  • 食生活アドバイザーと同様に人気
  • 講座の受講料が高い
  • 仕事に結びつきにくい

薬膳コーディネーターでは、薬膳の知識を体系的に学ぶことができる資格な上、上位資格を取得しやすい受験資格が得られるため人気があるが分かりました。

まずは、ユーキャン公式サイトで無料の資料請求をして講座の内容を確認してみましょう。

本草薬膳学院の認定が受けられる

資料請求は無料です。

なお、おすすめの薬膳資格一覧について知りたい方は、下記のコラムをご覧ください。

目次