▶野菜の知識を仕事に活かせる資格はこちら⇒ click!

【薬膳コーディネーター資格は独学で取れる?】難易度と合格率

薬膳コーディネーター合格率

薬膳コーディネーターが独学で取れるかや、難易度や合格率を知りたい人向けです。

薬膳インストラクターは独学で市販テキストを使って取れるのかな。難易度や合格率はどうなのでしょうか。


食育の資格として、調理専門学校の服部先生が監修する食育インストラクターが気になっている人もいらっしゃるでしょう。

ただ、薬膳コーディネーター試験は難易度が高くて合格率が低いのなら、取るのをあきらめようと思ってしまいますよね。

まずは、試験の概要をまとめてみました。

資格名薬膳コーディネーター
受験方法マークシート方式
試験時間なし
合格率60点以上
受験スタイル在宅受験
再々受験、3回まで受験可
標準学習期間4ヶ月
講座提供ユーキャン

上記のように合格点が60点以上なのに加えて在宅受験(3回までOK)なので、薬膳コーディネーターの合格率は高く難易度は低いといえますね。

ただ、そもそも薬膳コーディネーター資格は独学で取れるのでしょうか。

そこで、今回は「【薬膳コーディネーター資格は独学と取れる?】合格率と難易度」をご紹介します。

ただ、薬膳コーディネーター試験は難しくないのはもう分かった。じゃあ、講座でどのような内容を学べるかを知りたい人は、ユーキャン公式サイト無料の資料請求をしてみましょう。

本草薬膳学院の認定が受けられる

資料請求は無料です。

目次

薬膳コーディネーターは独学で取れない理由

結論は、薬膳コーディネーター資格は独学では取ることは出来ません

資格の取得には独学ではなく、通信講座の受講および修了、検定試験の合格が必要になります。

なお、試験の内容は、ユーキャン公式サイトから確認してみましょう。無料の資料請求をしておきましょう。

では、薬膳コーディネーター試験は難しいのでしょうか。

薬膳コーディネーター試験の難易度と合格率

薬膳コーディネーター試験の合格率は高く、難易度は高くはありません

市販されている過去問の問題集はなく、試験内容は講座で学んだテキストから出題されます。

ただ、マークシート方式で問題なく学習が修了すれば解答ができるレベル。

さらに、試験は自宅で受験ができ、再々受験、つまり3回まで受験できることを考慮すれば、薬膳コーディネーター資格を取得は難しいわけではないことがわかりますね。

ユーキャン薬膳コーディネーター講座では、下記の教材(テキスト)等が届きます。

  • 1.テキスト「中医学編」1冊
  • 2.テキスト「食薬編」1冊
  • 100種類のレシピ
  • 行平鍋(土鍋)
  • 薬膳用語集

薬膳コーディネーターのメインテキストが2冊というのも途中で断念しにくいのも意外と魅力です。

さらに、薬膳レシピを活用するための行平鍋(土鍋)がセットついてきます。

なお、さらに詳しい試験の詳細はユーキャン公式サイトから確認してみましょう。

薬膳コーディネーターの勉強方法とポイント

色々と薬膳の資格があるなかで、辰巳先生と本草学院が監修しているのが「薬膳コーディネーター」です。

もともと薬膳の本に初めて触れたのが辰巳洋先生のものだったので、いろいろと薬膳の資格はあるなかで、辰巳先生と本草学院が監修している講座を選びました。

薬膳コーディネーターのテキスト
  • 薬膳コーディネーター講座:中学編
  • 薬膳コーディネーター講座」食薬編
  • 薬膳コーディネーター講座:用語集

基礎理論(陰陽五行・五味・四性・帰経)は丸暗記して、添削課題に取り組み、添削結果が戻ってきたらどこが間違っていたかしっかりと復習します。

後は、色々な食材を見るたびに教科書で見た食材が何類に該当するか、どの帰経や五味・四性に該当するか思い浮かべることが大切。テキストも2冊なので、飽きずに続けやすいですね。

さらに、ユーキャンの教材は教科書と映像(DVD)でできていますが、映像の教材がある点も魅力です。

忙しい時でも時間がある時に流し見を繰り返しできるので、時間を効率的に使うことができます。

薬膳は一見覚えることが多く大変そうに見えますが、食に強く結びついた考え方なので、食べることが好きな人ならきっと面白く楽しく学べるでしょう。

薬膳コーディネーターがおすすめな人

薬膳コーディネーターおすすめな人

今まで紹介した内容を考慮すると、薬膳コーディネーター資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 薬膳の知識を体系的に学びたい
  • 本草薬膳学院の認定を受けたい
  • 薬膳の上位資格を目指したい

これで薬膳コーディネーターに興味を持った方は、無料の資料請求をしてみましょう。

みつき

テキストのボリュームも多く、本格的に薬膳の知識を仕事に活用するなら薬膳コーディネーターで決まりです。

なお、さらに薬膳コーディネーターの口コミ・評判を知りたい方は、下記のコラムも参考にしてくださいね。

薬膳コーディネーターのよくある質問

Q&A
薬膳の上位資格とは?

薬膳の資格には上記で紹介した資格以外にも「中医薬膳指導員」「中医薬膳調理師」「国際中医薬膳師」「国際薬膳調理師」などがあります。

それぞれ受験資格があるので、上位資格を視野に入れるなら条件を確認しておくことが大切です。

薬膳コーディネーターの費用はどのくらいですか?

薬膳コーディネーターの費用は、講座料として44,000円(税込)です。他の薬膳資格とそれほど大きな違いはありません。

薬膳コーディネーターの費用については、下記のコラムでもお伝えしています。

薬膳資格とよく合わせて取得される食生活アドバイザーとは?

薬膳資格とよく合わせて取得される食生活アドバイザーとは、食全般の知識やスキルをアドバイスできる資格です。食育よりも範囲が広いため、食全般を学んで薬膳に特化して学ぶ方が多いですね。

詳細は、別コラムの食生活アドバイザーが人気の理由を参考してください。

薬膳マイスターと薬膳コーディネーターの違いは?

薬膳資格の中でもよく比較されるのが薬膳マイスターと薬膳コーディネーターです。費用に大きく違いはありませんが、資格の特徴に「日本人向け」か「本場・中国の薬膳」に違いがあります。

なお、薬膳マイスターと薬膳コーディネーターの違いについては、下記のコラムで比較しています。

まとめ

今回のコラムでは「【薬膳コーディネーター資格は独学で取れる?】難易度と合格率」をご紹介しました。

話題の薬膳コーディネーターはユーキャンが提供する講座を修了して、資格試験を受ける必要があるため、完全な独学では取得できません。

ただ、講座を修了できるレベルであれば、マークシート方式の試験が自宅で3回まで受験ができるので、難易度は低いので取得しやすいでしょう。

これで薬膳コーディネーター試験は難しくないのはもう分かった。じゃあ、講座でどのような内容を学べるかを知りたい人は、ユーキャン公式サイト無料の資料請求をしてみましょう。

本草薬膳学院の認定が受けられる

資料請求は無料です。

なお、おすすめの薬膳資格一覧については、下記のコラムをご覧ください。

目次