▶野菜の知識を仕事に活かせる資格はこちら⇒ click!

【薬膳コーディネーターの費用】4万円は高い?安い?徹底調査

薬膳コーディネーター費用

薬膳コーディネーターの費用がいくらか知りたい人向けです。

薬膳の資格に興味があるので、薬膳コーディネーター講座を受講しようと思っています。費用はどのくらいかかるのだろう。高いのかな。

薬膳の資格として注目されているのが、薬膳コーディネーター。

ただ、薬膳コーディネーターの費用が4万円もするの?高いんじゃない?と驚く人もいると思います。決して安いとは言えないですよね。

確かに民間資格にも関わらず、5万円近くもかかるのに取る意味があるのか不安になるでしょう。

では、なぜ薬膳コーディネーター資格の費用は安いとは言えないのに人気なのでしょうか。

そこで、今回は「【薬膳コーディネーターの費用】4万円は高い?安い?徹底調査」をご紹介します。

目次

薬膳コーディネーター資格取得の費用

ユーキャン薬膳コーディネーター講座を受講するには、講座費用として44,000円(税込)が必要です。

詳細は、以下のとおりです。

通信講座の受講料44,000円(税込)
送料無料
検定試験の受験料無料

テキストなどの送料や検定試験の受験料が含まれているので、受講料以外には費用がかからないことになります。資格取得後には、無料で認定証が発行されます。

実は、同じような薬膳の講座によっては、修了証や認定証に別途費用がかかることがあるので安心ですね。

なお、さらに詳しい費用の詳細については、ユーキャン公式サイトからどうぞ。

本草薬膳学院の認定が受けられる

資料請求は無料です。

もし、ここでどうしようかな?と思っている人も多いと思います。では、費用は高いのでしょうか。

薬膳コーディネーターの費用は高い?

正直、薬膳コーディネーター資格の費用は高く感じる人も多いでしょう。

ただ、薬膳コーディネーター(44,000円・税込)以外の薬膳資格でも大きな差はありません

  • 薬膳マイスター:47,940円税込(認定料、手数料込み)
  • 薬膳アドバイザー:49,700円税込(受験料、手数料込み)
  • 薬膳インストラクター:39,800円税込
  • 薬膳料理アドバイザー:39,900円税込


では、費用ではそれほど差がないなら、薬膳コーディネーターを取得するメリットがあるのでしょうか。

在宅受験なので取得しやすい

資格取得に必要な試験がマークシート方式で60点以上、しかも自宅で受験できるので難易度としては低いと言えるでしょう。

本草薬膳学院が監修・認定

資格の認定団体が本草薬膳学院と本格的です。他の薬膳資格には、薬膳以外に全く関係のない資格を取り扱う団体も多いので、やはり薬膳専門の団体が望ましいでしょう。

上位資格が取得しやすくなる

薬膳に興味を持つと上位資格を取得したくなることも。その際に、上位資格の中位薬膳師は薬膳コーディネーターと同じ団体が認定しています。

そのため、さらに薬膳を極めたくなったら、認定団体の北京中医薬大学提携校の「本草薬膳学院」へ編入ができるようになります。

薬膳の知識を豊富なテキストで体系的に学ぶことができ、中位薬膳師や国際薬膳師も目指せる人気の資格です。

さらに詳しい内容ついては、ユーキャン公式サイトから無料の資料請求をしてみましょう。

本草薬膳学院の認定が受けられる

資料請求は無料です。

薬膳コーディネーターがおすすめな人

薬膳コーディネーターおすすめな人

今まで紹介した内容を考慮すると、薬膳コーディネーター資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 薬膳の知識を体系的に学びたい
  • 本草薬膳学院の認定を受けたい
  • 薬膳の上位資格を目指したい

これで薬膳コーディネーターに興味を持った方は、無料の資料請求をしてみましょう。

みつき

テキストのボリュームも多く、本格的に薬膳の知識を仕事に活用するなら薬膳コーディネーターで決まりです。

なお、薬膳コーディネーターの口コミ・評判を知りたい方は、下記のコラムも参考にしてくださいね。

薬膳コーディネーターのよくある質問

Q&A
薬膳の上位資格とは?

薬膳の資格には上記で紹介した資格以外にも「中医薬膳指導員」「中医薬膳調理師」「国際中医薬膳師」「国際薬膳調理師」などがあります。

それぞれ受験資格があるので、上位資格を視野に入れるなら条件を確認しておくことが大切です。

薬膳コーディネーターの資格取得は難しいですか?

薬膳コーディネーターの試験は、在宅受験で合格基準も70%以上と特に取得が難しいわけではありません。

試験の内容については、下記のコラムでお伝えしています。

薬膳資格とよく合わせて取得される食生活アドバイザーとは?

薬膳資格とよく合わせて取得される食生活アドバイザーとは、食全般の知識やスキルをアドバイスできる資格です。食育よりも範囲が広いため、食全般を学んで薬膳に特化して学ぶ方が多いですね。

詳細は、別コラムの食生活アドバイザーが人気の理由を参考してください。

薬膳マイスターと薬膳コーディネーターの違いは?

薬膳資格の中でもよく比較されるのが薬膳マイスターと薬膳コーディネーターです。費用に大きく違いはありませんが、資格の特徴に「日本人向け」か「本場・中国の薬膳」に違いがあります。

なお、薬膳マイスターと薬膳コーディネーターの違いについては、下記のコラムで比較しています。

まとめ

今回のコラムでは「【薬膳コーディネーター費用は5万円】高い?高くても人気な理由」をご紹介しました。

薬膳コーディネーターの費用は44,000円(税込)です。在宅受験ができ、通信講座を修了すると取得しやすい資格といえます。

ただ、資格取得のための費用は高いので、取得後の活用方法をよく検討する必要があります。

まずは、本当に取得する意味があるのかユーキャン公式サイトから無料の資料請求をしてみましょう。

本草薬膳学院の認定が受けられる

資料請求は無料です。

なお、おすすめの薬膳資格一覧について知りたい方は、下記のコラムをご覧ください。

目次