薬膳の資格

薬膳マイスターと薬膳コーディネーターの違いは?取得するならどちらがいいか徹底比較

悩む女性

薬膳マイスターと薬膳コーディネーターの違いを知りたい人向けです。

薬膳の資格には色々あるけど、コーディネーターとマイスターはどちらがいいのかな。2つの違いを知りたいな。
ベジタン
ベジタン
薬膳の資格ならどれがいいか、2つの資格を比較してみました。

薬膳の資格には色々とあるのをご存知でしょうか?

なかでも、薬膳マイスターと薬膳コーディネーターはどちらがいいのか悩む人が多いですよね。

例えば、SNS上では以下の意見がありました。

では、薬膳マイスターと薬膳コーディネーターは何が違うのでしょうか?

まずは、簡単に2つの違いを下記のようにまとめてみました。

薬膳コーディネーター 薬膳マイスター
認定団体 本草薬膳学院 一般社団法人 和漢薬膳食医学会
講座費用(税込) 44,000円 38,700円
諸費用(税込) なし 認定料8,800円・事務手数料440円
標準学習期間 4ヶ月 4ヶ月
試験形式 在宅受験 在宅受験
合格基準 60点以上 70点以上
意見・評価 口コミ・評判 口コミ・評判
提供機関 生涯学習ユーキャン がくぶん

上記にようになりました。ただ、詳しく比較しないと後で選んで後悔してしまうかもしれません。

そこで、今回は「薬膳マイスターと薬膳コーディネーターの違いは?取得するならどちらがいいか徹底比較」をご紹介します。

ただ、「結論はどちらがいいの?」と早く知りたい人もいるでしょう。

結論は、中国の本格的な薬膳を学んで上位資格を狙える「薬膳コーディネーター」がおすすめです。

薬膳コーディネーター受講料が5,000円割引キャンペーン中!

\通常44,000円→39,000円(税込)/


10月15日まで!

薬膳資格の認定団体の違い

まず最初に、資格の認定団体の違いについて比較してみます。

薬膳コーディネーター 薬膳マイスター
認定協会 本草薬膳学院 一般社団法人 和漢薬膳食医学会

薬膳コーディネーターの認定団体

薬膳コーディネーターは、本草薬膳学院認定の民間資格。中国薬膳研究会が認める日本の教育機構で、国際中医師を目指すなら本草薬膳学院が近道。

薬膳マイスターの認定団体

薬膳マイスターは、一般社団法人 和漢薬膳食医学会の民間資格。和漢薬膳とは、中国の薬膳を日本風にアレンジした日本のオリジナル資格を認定。

中国の薬膳を学びたい人や国際薬膳師を目指すなら薬膳コーディネーター、日本人向けでほどほどに活用したいなら薬膳マイスターです。

↑目次へ戻る

薬膳資格の取得に必要な費用の違い

薬膳コーディネーター 薬膳マイスター
講座費用(税込) 44,000円 38,700円
認定証の発行(税込) 無料 認定料8,800円・事務手数料440円

薬膳コーディネーターを取得するための費用

受講料は44,000円。受験料や認定証などを発行する費用は不要です。

薬膳マイスターを取得するための費用

受講料は38,700円。但し、認定料と事務手数料が必要になるため、総額で47,940円となります。

どちらも資格の取得だけなら費用に差はありませんが、認定証などの発行するなら薬膳コーディネーターのほうが費用がかかりません。

↑目次へ戻る

薬膳資格取得の難しさの違い

薬膳コーディネーター 薬膳マイスター
試験形式 在宅受験 在宅受験
試験時間 特になし 特になし
合格点 60点以上 70点以上
合格率 約100% 約100%
標準学習期間 4ヶ月 4ヶ月

薬膳コーディネーター取得の難しさ

薬膳コーディネーターは在宅で3回まで受験が出来るので、講座を修了することができれば難易度はそれほど高くありません。

但し、中国の本格的な薬膳知識が必要で合格点も60点と低いので、修了ができるかどうかが重要になります。

薬膳マイスター取得の難しさ

薬膳マイスターも在宅で受験が出来るの、講座を修了することができれば難易度は高くはありません。

薬膳コーディネーター、薬膳マイスター共に在宅受験ですが、試験の内容や合格点を考慮すると前者の方が難易度が高いといえます。

↑目次へ戻る

結局、どちらの資格がいい?

結局、どちらの資格を取得すればいいか?ですが、個人的な意見は以下のとおりです。

  • 薬膳コーディネーター:中国の本格的な薬膳を学びたい
  • 薬膳マイスター:メニュー開発や家庭で活用したい

薬膳コーディネーター:中国の本格的な薬膳を学びたい

中国の薬膳を学べるので、SNS上でのプロフィールや開業、上位資格(国際薬膳師など)の取得を考えている人向けです。

薬膳マイスター:メニュー開発や家庭で活用したい

日本人向けにアレンジされた薬膳なので、バリバリに詳しくなくてもカフェなどのメニュー開発や家庭でレシピに取り入れたい人向けです。

薬膳コーディネーターは取得のための費用が安いですが、講座修了の難易度が高いので仕事でアピールしたいならおすすめです。

↑目次へ戻る

まとめ:薬膳マイスターと薬膳コーディネーターの違い

今回のコラムでは、「薬膳マイスターと薬膳コーディネーターの違いは?取得するならどちらがいいか徹底比較」をご紹介しました。

薬膳コーディネーターと薬膳マイスターには、それぞれの良い特徴があり、どちらを取得しようか悩まれる方も多いと多いと思います。

薬膳コーディネーター 薬膳マイスター
認定団体 本草薬膳学院 一般社団法人 和漢薬膳食医学会
講座費用(税込) 44,000円 38,700円
諸費用(税込) なし 認定料8,800円・事務手数料440円
標準学習期間 4ヶ月 4ヶ月
試験形式 在宅受験 在宅受験
合格基準 60点以上 70点以上
意見・評価 口コミ・評判 口コミ・評判

まずは、比較するためにも無料の資料請求から始めてみましょう。

↑目次へ戻る