▶野菜の知識を仕事に活かせる資格はこちら⇒ click!

【薬膳マイスターと薬膳コーディネーターの違い】徹底比較

薬膳マイスターVS薬膳コーディネーター

薬膳マイスターと薬膳コーディネーターの違いを比較したい人向けです。

薬膳マイスターと薬膳コーディネーターでは何が違うのかな。どちらがおすすめか比較して決めたいです。

家庭でも仕事でも活用できる人気の資格が、薬膳マイスターと薬膳コーディネーターです。

どちらも人気なので、資格を取得するならどちらかいいか疑問に思う人も多いでしょう。

まずは、薬膳マイスターと薬膳コーディネーターの違いを比較表でまとめてみました。


薬膳マイスター

薬膳コーディネーター
認定団体
和漢薬膳食医学会本草薬膳学院
講座費用38,700円44,000円
その他費用認定料:8,800円
手数料:440円
学習期間4ヶ月4ヶ月
試験形式在宅受験在宅受験
合格率ほぼ100%ほぼ100%
公式サイトがくぶんユーキャン

口コミ・評判

では、薬膳の資格を取得するなら、薬膳マイスターと薬膳コーディネーターはどちらがいいのでしょうか

そこで、今回は「【薬膳マイスターと薬膳コーディネーターの違い】徹底比較」をご紹介します。

なお、どちらがいいのかすぐに知りたい人は、へどうぞ。

目次

薬膳マイスターと薬膳コーディネーターの違いを徹底比較

薬膳マイスターと薬膳コーディネーターの違いを色々な視点で比較してみました。

薬膳マイスターと薬膳コーディネーターの違い【認定団体】

まず最初に、資格の認定団体の違いについて比較してみます。

薬膳マイスター薬膳コーディネーター
認定団体和漢薬膳食医学会本草薬膳学院

薬膳マイスターは、一般社団法人 和漢薬膳食医学会の民間資格。和漢薬膳とは、中国の薬膳を日本風にアレンジした日本のオリジナル資格を認定。

一方、薬膳コーディネーターは、本草薬膳学院認定の民間資格。中国薬膳研究会が認める日本の教育機構で、国際中医師を目指すなら本草薬膳学院が近道

中国の薬膳を学びたい人や国際薬膳師を目指すなら薬膳コーディネーター、日本人向けでほどほどに活用したいなら薬膳マイスターです。

薬膳マイスターと薬膳コーディネーターの違い【取得費用】

薬膳マイスター薬膳コーディネーター
講座費用(税込)38,700円44,000円
認定証の発行(税込)認定料8,800円・事務手数料440円無料
合計(税込)47,940円44,000円

薬膳マイスターの受講料は38,700円。但し、認定料と事務手数料が必要になるため、総額で47,940円となります。

一方、薬膳コーディネーターの受講料は44,000円。受験料や認定証などを発行する費用は不要です。

どちらも資格の取得だけなら費用に差はありませんが、認定証などの発行するなら薬膳コーディネーターのほうが費用がかかりません。

薬膳マイスターと薬膳コーディネーターの違い【難しさ】

薬膳マイスター薬膳コーディネーター
試験形式在宅受験在宅受験
試験時間特になし特になし
合格点70点以上60点以上
合格率約100%約100%
標準学習期間4ヶ月4ヶ月

薬膳コーディネーターは在宅で3回まで受験が出来ないので、薬膳マイスターのように何度でも受験できることと比べると難易度は高いかもしれません。

ただ、中国の本格的な薬膳知識が必要で合格点も60点と低いので、講座の内容をしっかり学習していれば特に問題ない人もおいでしょう。

薬膳コーディネーター、薬膳マイスター共に在宅受験で、どちらも難易度はそれほど高くはないといえます。

講座についてさらに詳しく知りたい人は、下記から資料請求をしてみましょう。

薬膳コーディネーターがおすすめな人

今まで紹介した内容を考慮すると、薬膳コーディネーター資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 薬膳の知識を体系的に学びたい
  • 本草薬膳学院の認定を受けたい
  • 薬膳の上位資格を目指したい

これで薬膳コーディネーターに興味を持った方は、無料の資料請求をしてみましょう。

みつき

テキストのボリュームも多く、本格的に薬膳の知識を仕事に活用するなら薬膳コーディネーターで決まりです。

本草薬膳学院の認定が受けられる

資料請求は無料です。

なお、さらに薬膳コーディネーターの口コミ・評判を知りたい方は、下記のコラムも参考にしてくださいね。

薬膳マイスターがおすすめな人

今まで紹介した内容を考慮すると、薬膳マイスター資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 日本人に合わせたレシピを作りたい
  • カフェなどで薬膳料理を提供したい
  • 在宅受験で取得しやすい資格がいい

これで薬膳マイスターに興味を持った方は、無料の資料請求をしてみましょう。

みつき

中国の薬膳より日本人に好まれやすい薬膳を作るなら薬膳マイスターで決まりです。

\ 日本人に合わせた薬膳が学べる/

資料請求は無料です。

なお、薬膳マイスターの口コミ・評判を知りたい人は、下記のコラムを参考にしてくださいね。

薬膳マイスターと薬膳コーディネーターはどっちがいい?

悩む女性

薬膳の資格を比較して取得を検討するなら、薬膳コーディネーターがおすすめです。

薬膳コーディネーターをおすすめする理由は、下記のとおりです。

北京中医薬大学提携校の本草薬膳学院は上位資格の中位薬膳師と同じ団体で、中位薬膳師や国際薬膳師の認定講座への編入が割引で可能になるためです。

いやいや、なかにはもっと気軽に考えている方もいると思いますが、薬膳を知ってくると上をさらに目指したくなる人も。

そのような時に上位資格の受験資格が「ある」か「ない」かは大きな違いです。

他の薬膳資格もそれほど費用が大きく違いがないなら、通信講座大手ユーキャンのネームバリューと本格的な薬膳の知識を学ぶなら、薬膳コーディネーター一択です。

詳しい資格の内容は、ユーキャン公式サイトから無料の資料請求をしてみましょう。

本草薬膳学院の認定が受けられる

資料請求は無料です。

とはいえ、薬膳の食材はクセが強いメニューもあるので、より実用的に日本人の口に合ったレシピのほうがカフェやレストランでは提供しやすいともいます。

もし、薬膳マイスターか薬膳コーディネーターか迷ったら、両方ともに資料を請求して資格の内容が自分にあっているかを比較してみましょう。

\ 日本人に合わせた薬膳が学べる/

資料請求は無料です

薬膳資格についてのよくある質問

Q&A
薬膳資格とよく合わせて取得される食生活アドバイザーとは?

薬膳食格とよく合わせて取得される食生活アドバイザーとは、食全般の知識やスキルをアドバイスできる資格です。薬膳よりも範囲が広いため、食全般を学んで薬膳に特化して学ぶ方が多いですね。

詳細は、別コラムの食生活アドバイザーが人気の理由を参考してください。

薬膳資格でおすすめの国家資格はありますか?

薬膳コーディネーターをはじめとして、薬膳資格に国家資格はありません。全て民間資格となっています。

薬膳の資格を取得すると仕事ができますか?

薬膳の資格を取得しただけでは直接仕事へは結びつけにくいといえます。但し、家庭でも取り入れやすいのも魅力です。実用的な趣味として取得されている方も多いですね。

薬膳の上位資格とは?

薬膳の資格には上記で紹介した資格以外にも「中医薬膳指導員」「中医薬膳調理師」「国際中医薬膳師」「国際薬膳調理師」などがあります。

それぞれ受験資格があるので、上位資格を視野に入れるなら条件を確認しておくことが大切です。

まとめ

今回のコラムでは「【徹底比較】薬膳マイスターと薬膳コーディネーターの違い」をご紹介しました。

薬膳コーディネーターと薬膳マイスターの違いを比較表にまとめました。


薬膳マイスター

薬膳コーディネーター
認定団体
和漢薬膳食医学会本草薬膳学院
講座費用38,700円44,000円
その他費用認定料:8,800円
手数料:440円
学習期間4ヶ月4ヶ月
試験形式在宅受験在宅受験
合格率ほぼ100%ほぼ100%
公式サイトがくぶんユーキャン

口コミ・評判

両社の資格を比較すると、費用はそれほど大きな違いはありませんが、認定団体の違いにより上位資格の取得しやすさを考えれば薬膳コーディネーターがおすすめです。

まずは、薬膳マイスターと薬膳コーディネーターがどちらがいいかは、内容をよく比較することから始めましょう。

なお、おすすめの薬膳資格一覧について知りたい方は、下記のコラムをご覧ください。

目次