食育の資格

食育インストラクターは独学で取れる?合格率や難易度で分かる資格の特徴とは

資格の勉強

食育インストラクター試験の難易度や合格率を知りたい人向けです。

資格の取得には試験を受けないといけないらしいけど、合格率は低いのかな。食育インストラクター試験の難易度を知りたい。
ベジタン
ベジタン
プライマリーなら独学では取得できず、講座修了が必要です。

食育インストラクターは1級から4級とプライマリーの5段階レベルに分かれています。

プライマリーは初級扱いですが、講座の修了が必要なので独学では取得できず、学習後に試験を受ける必要があります。

そのため、試験の難易度や合格率がどのくらいなのかな?と思われる人もいるでしょう。

そこで、今回は「食育インストラクターは独学で取れる?合格率や難易度で分かる資格の特徴とは」をご紹介します。

そもそも食育インストラクターとは?

食育インストラクターとは、NPO日本食育インストラクター協会が認定する民間資格。

食育を基礎から学び、日々の生活に活かし、広く推進・社会で活躍できる指導力がある証明です。

この資格では、食育の理解や実践のレベル等で5段階に分けて認定されています。それぞれの違いは、以下のとおりです。

1級 食育全般に関する幅広い知識と各テーマに対する専門知識を持ち、広く伝え、普及活動ができる
2級 食育に関する幅広い知識を有し、基本的な知識を分かりやすく伝えることが出来る
3級 食育の重要性を理解し、料理技術を向上させ、日々の生活で食育を実践し身の回りの方々に伝えることができる
4級 食育の基本をふまえ、家庭料理の基礎技術を学び、日々の生活に活かすことができる
プライマリー 通信教育にて食育の3本柱や基礎知識を学び、問題意識を持ち日々の生活に活かすことができる

引用:食育インストラクターとは|NPO日本食育インストラクター協会

上記のなかで、プライマリーにあたるのが「がくぶんの食育インストラクター養成講座」になります。

1級~4級とプライマリーの違いは、専門の学校や研修会に参加しなくても自宅で取得ができることです。

プライマリーで食育の基礎を学び、さらに上級レベルを目指すこともできます。

実際に興味を持った段階から実際に資格を取得までの流れを紹介します。

  • STEP1
    資料請求
    コチラから無料で資料請求をすることができます。
  • STEP2
    申し込み
    資料で講座内容を確認したり、取得後の活用法をイメージしてから申し込みます。
  • STEP3
    講座を受講
    テキスト5冊を中心に副教材も活用しながら通信講座を受講します(標準の学習期間3~6ヶ月)。
  • STEP4
    検定試験を受験
    通信講座を修了後に自宅で検定試験を受験します。
  • STEP5
    資格の取得
    検定試験に合格すると資格が取得できます。

つまり、このように資格を取得するためには独学では出来ず、添削課題を提出して最終課題の検定試験に合格して資格を取得することが必要です。

では、検定試験の難易度や合格率はどのくらいかを次にご紹介します。

↑目次へ戻る

食育インストラクター試験の合格率

資格試験の合格率は発表されていませんが、難易度は低いと言われています。

その理由は、下記の試験の概要をご覧ください。

資格名 食育インストラクター養成講座
受験資格 課題を提出し、講座の修了が必要
試験時間 なし
合格点 70点以上
合格率 未発表
試験日 特になし(講座の最終課題として提出)
会場 なし(自宅受験

万が一、検定試験で不合格となってもサポート期間内(12ヶ月)であれば1回まで再受験が認められています。

ただ、自宅受験ができるため制限時間もないので、学習をこなせば難易度は高くないでしょう

まずは、どのような内容を学習するのかを資料請求をして自分で確かめることが大切です。

\服部幸應先生が監修/

食育インストラクター養成講座をみてみる

和田明日香さんも活躍中!

↑目次へ戻る

食育インストラクターのメリット・デメリット

資格を取得するのにあたって気になるのが、メリットとデメリット。

特に、高い受講料を払って損をしたくないと思うなら、デメリットをよく確認しておくことが大切です。

メリット(魅力的なポイント)

ここは、資格があればいいな、と感じたメリットを紹介します。

一生役立つ知識が体系的に身につく

食事は赤ちゃんから年配の人まで関係してくるので、身につけた知識は一生使えるといっても過言ではありません。

仕事で活用できる可能性がある

保育士さんや介護士さんなどのように子どもや年配者に関わる仕事なら、特に資格を活かしやすいでしょう。

自宅で受験できるので難易度が低い

家事や育児の隙間時間に学習ながら修了試験も自宅で受験できるので手間もかからず、難易度としても低いでしょう。

デメリット(えっ!?と感じるポイント)

次に、ここはイマイチだな、と感じたデメリットを紹介します。

受講料の他に申請料がかかる

食育インストラクター養成講座の料金が約4万円に加え、資格を申請すると合計で46,940円がかかります。詳しくは、コチラへ。

取得しやすく資格保持者が多い

自宅受験で合格率も高いので、口コミや評判では、他の資格と組み合わせている人の意見が目立ちました

仕事に直接見つけるのは難しい

取得の難易度が低く、この資格だけで仕事を見つけられるわけではありせん。ただ、食に関わる職場なら活用できる機会は多いでしょう。

↑目次へ戻る

食育インストラクターに向いている人は?ト

結局、食育インストラクター養成講座で高い受講料を支払ってまでも資格を取得する必要はあるの?と思われるかもしれません。

確かに、合格率は未発表ですが、自宅で受験できる試験であるため難易度が低い資格と言えます。

しかし、資格をどのように活すか大切。例えば、食育インストラクターが向いている人は、以下のとおりです。

  • 子どもに食事のマナーを教えたい
  • 食事のレシピを工夫したい
  • 学校の給食でメニュー開発をしたい
  • スポーツジムで内面からサポートしたい
  • 料理教室やセミナーで活用したい

上記はあくまでも一例にすぎませんが、資格を取得することで仕事へ活用できるだけではなく、家庭でも一生利用できるのが魅力です。

↑目次へ戻る

食育インストラクターの取り方や合格率まとめ

今回のコラムでは、「食育インストラクターは独学で取れる?合格率や難易度で分かる資格の特徴とは」をご紹介しました。

話題の食育インストラクターは独学では取得できず、必ず通信講座を受講する必要があります。

ただし、検定試験は自宅で受験できるので、難易度は低いといえるでしょう。

ただ、受講料が安いわけではないので、まずは資料を読んで本当に取得する価値があるのか?を考えることが大切です。

\服部幸應先生が監修/

食育インストラクター養成講座をみてみる

和田明日香さんも活躍中!

↑目次へ戻る