▶ゼンブヌードルが4食分&送料無料で673円!>>>

【食育アドバイザーは独学OK?】合格率や難易度を徹底調査

食育アドバイザー独学

食育アドバイザーは独学で取れるかや、難易度と合格率を知りたい人向けです。

資格を取得するにはテキストや本を買って独学でできるのかな。食育アドバイザーになるための試験の難易度や合格率を知りたいな。
みつき
本を購入することできず、キャリカレの講座修了が必要です。

食育アドバイザーは、学んだ知識と実践スキルを家庭だけでなく、保育所や介護施設など色々な職場で活用できる資格です。

ただ、食育アドバイザー試験は難易度が高くて合格率が低いと思われている人もいるのではないでしょうか。

まずは、試験の概要をまとめてみました。

資格名食育アドバイザー
受験資格課題を提出し、講座の修了が必要
試験時間なし
合格点70点以上
合格率未発表
試験日特になし(講座の最終課題として提出)
会場なし(在宅受験)
公式サイトキャリカレ

ただ、そもそも食育アドバイザー資格は独学で取れるのでしょうか。

そこで、今回は「【食育アドバイザーは独学OK?】合格率や難易度を徹底調査」をご紹介します。

このコラムでは「食育アドバイザーの試験【難易度・合格率】」もお伝えしています。

目次

食育アドバイザーは独学で取れない理由

食育アドバイザー資格を取得するには、独学では取得できず、通信講座の受講および修了が必要になります。

そのため、食育アドバイザー資格のための市販されているテキストや本はありません。

資格の取得には講座を修了し在宅で受験をすればいいので、標準の学習期間(3ヶ月)よりも早く資格を取得することもできます。

講座の詳細を知りたい方は、食育アドバイザー講座で無料の資料請求をしてみましょう。

\ 試験なしで資格取得OK /

割引キャンペーンをチェック!

食育アドバイザーの意見を知りたい方は、下記のコラムを参考にしてくださいね。

食育アドバイザーの試験【難易度・合格率】

食育アドバイザーの資格試験は、在宅受験なので合格率はほぼ100%。難易度も低いといえるでしょう。

しっかりと通信講座で学習することができれば、資格は容易に取得することができるでしょう。

なお、費用が学習期間などの講座内容はこちらへ>>>食育アドバイザー講座をみてみる

使える?食育アドバイザーの活用法

結局、食育アドバイザー資格を安くはない講座費用を支払ってまで取得する必要はあるの?思われるかもしれません。

確かに、合格率がほぼ100%と高く、取得するための難易度は低いとは言えます。

しかし、有名人も取得している資格なので、取得後にどのように活用するかが重要です。

  • 名称を活用したい
  • 確実に資格を取りたい
  • レシピを増やしたい
  • 宅配の食材を美味しく食べたい
  • 料理教室を開催したい
  • 料理系YouTuberになりたい

この資格だけで仕事を見つけるよりも「複合的に資格を取得する」「ネームバリューを利用する」「家庭で野菜を美味しく食べる」など多くのシーンで活用できることが分かりました。

食育アドバイザーと比較される食育の資格

食育アドバイザーと同じ食育として人気があるのが「食育インストラクター」です。

食育インストラクターは食育の専門機関が認定し、服部幸應先生が監修している資格。

1級~4級とプライマリーの5段階に分かれ、講座ではプライマリーが習得できます。

さらに、もっと食育を学びたくなったら上級資格へ挑戦しやすいのが魅力です。

\ 服部幸應先生が監修 /

和田明日香さんも取得!

食育インストラクターのメリットについて知りたい方は、下記のコラムを参考にしてくださいね。

食育アドバイザーと相性の良い資格

食育アドバイザーと組み合わせしやすいのが「食生活アドバイザー」です。

食生活アドバイザーは、企業内での食の知識から流通までをアドバイスをする資格。

実際に、SNS上でも資格の組み合わせをしやすい資格として人気です。

食育アドバイザーと並んで人気の食生活アドバイザーもチェックしてみましょう。

\食の基礎をイチから学ぶなら/

資料請求は無料です。

食生活アドバイザーの特徴を知りたい方は、下記のコラムを参考にしてくださいね。

独学は?食育アドバイザーの難易度まとめ

今回のコラムでは「【食育アドバイザーは独学OK?】合格率や難易度を徹底調査」をご紹介しました。

話題の食育アドバイザー独学では取得できず、講座の修了後に行われる資格試験での合格が必要になります。

試験の概要は、下記のとおりです。

資格名食育アドバイザー
受験資格課題を提出し、講座の修了が必要
試験時間なし
合格点70点以上
合格率未発表
試験日特になし(講座の最終課題として提出)
会場なし(在宅受験)

食育アドバイザーの試験は在宅受験なので、合格率は高く、難易度は低いといえるでしょう。

さらに講座の詳細を食育アドバイザー講座で無料の資料請求をしてみましょう。

\ 試験なしで資格取得OK /

割引キャンペーンをチェック!

食育アドバイザー以外の食育資格は、下記のコラムでお伝えしています。

目次
閉じる