食育の資格

食育アドバイザーは独学で取れる?合格率や難易度で分かる資格の特徴とは

食育アドバイザーは独学で取れるかや難易度と合格率を知りたい人向けです。

資格を取得するにはテキストや本を買って独学でできるのかな。食育アドバイザーになるための試験の難易度や合格率を知りたいな。
ベジタン
ベジタン
本を購入することできず、キャリカレの講座修了が必要です。

食育アドバイザー資格は、学んだ知識と実践スキルを家庭だけでなく、保育所や介護施設など仕事場で食の大切さを伝えることができるスペシャリスト。

特に、仕事だけなく家庭でも活用できる一生の資格として人気になっています。

ただ、資格を取得するためには難易度の高い試験を受けなくては取得できないのかな?と思われている人もいると思います。

そこで、今回は「食育アドバイザーは独学で取れる?合格率や難易度で分かる資格の特徴とは」をご紹介します。

食育アドバイザーは独学NGの理由

食育アドバイザー資格を取得するには独学ではできず、通信講座の受講および修了が必要になります。

そのため、食育アドバイザー資格のための市販されているテキストや本はありません。

ただし、資格試験はなく、通信講座の修了条件を満たすことで資格が取得できます

まずは、食育アドバイザーに興味を持った段階から実際に資格を取得までの流れを紹介します。

  • STEP1
    資料請求
    コチラから無料で資料請求をすることができます。
  • STEP2
    申し込み
    資料で講座内容を確認したり、取得後の活用法をイメージしてから申し込みます。
  • STEP3
    講座を受講
    テキストを中心に副教材も活用しながら通信講座を受講します(標準の学習期間3ヶ月)。
  • STEP4
    検定試験を受験
    通信講座を終了後に自宅で課題を提出します。
  • STEP5
    資格の取得
    検定試験はなく、修了条件を満たすと資格を取得することができます。

資格の取得には講座を修了すればいいので、標準の学習期間(3ヶ月)よりも早く資格を取得することもできます。

ただし、食育アドバイザーの資格を取得するためには独学ではできません。理由は、添削課題を提出し講座を修了することが必要であるためです。

\試験なしで資格取得OK/

食育アドバイザー講座をみてみる

割引キャンペーンをチェック!

↑目次へ戻る

食育アドバイザーの試験【難易度・合格率】

資格試験はないため、講座修了の条件を満たすことで資格と取得することができます。

そのため、試験は不要で合格率もないので、資格取得の難易度も低いといえるでしょう。

↑目次へ戻る

食育アドバイザーになるための費用

講座を受講するための費用は、38,600円(税込・送料込)

※通常価格は38,600円(税込)ですが、Webから申し込みをすると受講料が1万円割引の28,600円(税込)となります。

ただし、講座の受講料に加えて修了試験の受験料(5,600円)と送料(450円)が別途必要になります。

↑目次へ戻る

使える?食育アドバイザーの活用法

結局、食育アドバイザー資格を安くはない講座費用を支払ってまで取得する必要はあるの?思われるかもしれません。

確かに、合格率がほぼ100%と高く、取得するための難易度は低いとは言えます。

しかし、有名人も取得している資格なので、取得後にどのように活用するかが重要です。

  • 名称を活用したい
  • 確実に資格を取りたい
  • レシピを増やしたい
  • 宅配の食材を美味しく食べたい
  • 料理教室を開催したい
  • 料理系YouTuberになりたい

特に、評判や口コミをみてみると、食育インストラクターや食生活アドバイザー®などの食にかかわる資格の組み合わせをさせていることが分かりました。

この資格だけで仕事を見つけるよりも「複合的に資格を取得する」「ネームバリューを利用する」「家庭で野菜を美味しく食べる」など多くのシーンで活用できることが分かりました。

↑目次へ戻る

独学は?食育アドバイザーの難易度まとめ

今回のコラムでは、「食育アドバイザーは独学で取れる?合格率や難易度で分かる資格の特徴とは」をご紹介しました。

話題の食育アドバイザーは資格試験がなく、独学ではなく講座の修了条件を満たすことで資格が取得ができる難易度が低い資格です。

ただ、費用が安いわけではないので、本当に取得する価値があるのか?意味があるのか?を考えることが大切です。

\試験なしで資格取得OK/

食育アドバイザー講座をみてみる

割引キャンペーンをチェック!

↑目次へ戻る