▶野菜の知識を仕事に活かせる資格はこちら⇒ click!

【食育アドバイザーは意味ない?】役に立たないと言われる理由

食育アドバイザー意味ない

食育アドバイザーは取っても意味ないのか知りたい人向けです。

ネットで調べると、食育に資格はいらないや無駄とか見つかりました。本当に、食育アドバイザーは取っても意味ないのでしょうか。

食育の資格として注目されているのが、食育アドバイザー。食の大切さ伝える食育スペシャリストとして人気の資格です。

ただ、ネットで検索してみると、いらないや無駄という意見を目にすることがあります。

せっかく食育資格と取ろうと思っているのに意味ないとか言われるとどうしようか悩んでしまいますよね。

では、食育アドバイザーは意味ないのでしょうか。

そこで、今回は「【食育アドバイザーは意味ない?】役に立たないと言われる理由」をご紹介します。

目次

食育アドバイザーは取っても意味ない?

悩む女性

食育アドバイザーが意味ないかをSNS上で調査してみると下記のような意見が見つかりました。

SNS上を調査してみると、食育アドバイザー資格を取得しても意味がないと言われる理由は、次にお伝えする3つであることが分かりました。

ただ、どの資格でも取るだけでは意味ないのは共通した認識でしょう。

では、なぜ意味ないと言われるのでしょうか。

食育アドバイザーを取っても意味がないと言われる理由は、下記のとおりです。

  1. 食育の専門だけで仕事は難しい
  2. 就職や転職で資格が有利にならない
  3. 資格を取得しても履歴書に書けない

食育の専門だけで仕事は難しい

食育は保育所や介護施設などで働いている人が持っていればいいよね、という感覚なので、食育だけの仕事には結び付きにくい

2.就職や転職で資格が有利にならない

資格の取得はそれほど難しいわけではないので、誰でも取ろうと思えばとれるんじゃないの?という偏見も。

3.資格を取得しても履歴書に書けない

上記と同様に、食育アドバイザーは国家資格でもなく、在宅受験で資格を取るのが簡単という意見も多く見つかりました。

ただ、一方で、食育アドバイザーはあくまでも資格なので、どのように活用できるかを考えることが大切という意見もあります。では、どのように役立つのでしょうか。

食育アドバイザーを仕事のために取得する意義

実は、食育アドバイザーの有資格者として安心感をあたえる効果は絶大です。

子どもを持つ親御さんや介護をする人にとって「安心感を持ってもらえる」「任せられる」と思ってもらえる証としても活用できます。

もちろん、保育所や幼稚園の保育員、介護施設の職員として活用するだけでなく、料理教室や食育セミナーを開催することもできます。

ただ、家庭で「食の偏りをなくしたい」「小さいうちから食のマナーを身につけさせてあげたい」こういったニーズに答えることができるのも大きな魅力です。

これで食育アドバイザーは意味ないと言われる理由は理解できた。ただ、それでも資格を取ることで子どもへの接し方が変わるし、自分に対しても自信もつく

それなら取得してみようと思った方は、キャリカレ公式サイトで無料の資料請求をしてよく検討してみましょう。

\ 人気の食育資格を取るなら  /

割引キャンペーンをチェック!

食育アドバイザーのメリットとデメリット

メリットとデメリット

食育アドバイザーのメリットとデメリットでまとめると、下記のとおりです。

メリットデメリット
費用が他の資格と比べて安い
上位資格が同時に取りやすい
在宅受験なので取得しやすい
講座の受講料が高い
受講料以外に受験料が必要

特に、食育アドバイザーの上位レベルである上級食育アドバイザーを目指している人が多いのが特徴です。

費用もWEB割引なら割引価格で受講することができ、資格取得のための試験は在宅で受験できるので、併せて取得しやすいのが魅力ですね。

食育アドバイザーがおすすめな人

今まで紹介した内容を考慮すると、食育アドバイザー資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 取得費用を出来るだけ抑えたい
  • 食育の上位資格も併せて取得したい

これで食育アドバイザーに興味を持った方は、無料の資料請求をしてみましょう。

みつき

仕事で活用できる食育の上位資格まで狙うなら食育アドバイザーで決まりです。

なお、食育アドバイザーの口コミ・評判を知りたい方は、下記のコラムも参考にしてみてくださいね。

食育アドバイザーのよくある質問

Q&A
食育アドバイザーの費用はどのくらいかかりますか?

食育アドバイザー講座を受講するための費用は、WEB申込みで28,600円(税込・送料込)です。

ただし、受験料として5,600円(税込)と送料450円(税込)が別途必要になります。

なお、食育アドバイザーの費用については、下記のコラムでもお伝えしています。

食育アドバイザーの資格取得は難しいですか?

食育アドバイザーの試験は、在宅受験で合格基準も70%以上と特に取得が難しいわけではありません。

試験の内容については、下記のコラムでお伝えしています。

食育資格とよく合わせて取得される食生活アドバイザーとは?

食育資格とよく合わせて取得される食生活アドバイザーとは、食全般の知識やスキルをアドバイスできる資格です。食育よりも範囲が広いため、食全般を学んで食育に特化して学ぶ方が多いですね。

詳細は、別コラムの食生活アドバイザーが人気の理由を参考してください。

まとめ

今回のコラムでは「【食育アドバイザーは意味ない?】役に立たないと言われる理由」をご紹介しました。

結論としては、食育アドバイザーに限らず資格は取るだけではダメで、何に役立てるか考えることが大切です。

意外と取得していて後から役立つこともあるので、今、必要がないと思っていても何かに将来、何かに役立つこともあります。

まずは、食育アドバイザーに興味を持ったということは何かしら心を動かされたことがあるはずです。

ただ、費用もかかるので、食育アドバイザー資格を取得するとどのように変わるのか?を資料などを取り寄せてイメージできるようにしましょう。

なお、食育アドバイザーに興味を持っている方は、まずはキャリカレ公式サイトで無料の資料請求をしてよく内容を確認しましょう。

\ 人気の食育資格を取るなら  /

割引キャンペーンをチェック!

なお、おすすめの食育資格一覧は、下記のコラムを参考にしてくださいね。

目次