野菜の資格

野菜スペシャリストが独学で取れるか難易度や合格率を徹底調査

野菜スペシャリストの難易度や合格率を知りたい人向けです。

資格は独学でも取れるのかな。野菜スペシャリストになるための難易度や試験の合格率、学習期間を知りたいな。
ベジタン
ベジタン
残念ながら独学では取得できません。その理由も紹介します。

野菜スペシャリスト資格は、野菜や果物の知識だけなく、調理法から生産・流通ビジネスまで体系的に学べると人気です。

特に、仕事だけなく家庭でも活用できる一生の資格として知られていますね。

ただ、できるだけ費用を抑えるために野菜スペシャリストの資格を独学で取れないのかな。、と疑問に思う人もいるでしょう。

そこで、今回は「野菜スペシャリストが独学で取れるか難易度や合格率を徹底調査」をご紹介します。

野菜スペシャリストは独学では取れない理由


野菜スペシャリスト資格を取得するには独学ではできず、通信講座の受講および修了、検定試験の合格が必要になります。

まずは、野菜スペシャリストに興味を持った段階から実際に資格を取得までの流れを紹介します。

  • STEP1
    資料請求
    コチラから無料で資料請求をすることができます。
  • STEP2
    申し込み
    資料で講座内容を確認したり、取得後の活用法をイメージしてから申し込みます。
  • STEP3
    講座を受講
    テキスト4冊を中心に副教材も活用しながら通信講座を受講します(標準の学習期間5ヶ月)。
  • STEP4
    検定試験を受験
    通信講座を勉強し修了すると自宅で検定試験を受験します。
  • STEP5
    資格の取得
    検定試験に合格すると資格が取得でき、認定証をもらうことができます。

このように通信講座を修了後に行われる検定試験に合格することが必要になるため、完全な独学で取得はできないということになります。

但し、標準学習期間の5ヶ月を経過しても、受講開始から1年間は質問や添削指導のサポートが受けられるので安心です。

\まずは、資料請求から/


資料請求は無料です。

↑目次へ戻る

野菜スペシャリスト資格の難易度と合格率


資格試験の難易度としては高くはありません。理由は、合格率はほぼ100%と高いためです。

試験の概要は、以下のとおりです。

資格名 野菜スペシャリスト
受験資格 課題を提出し、講座の修了が必要
受験方法 マークシート方式
試験時間 なし
合格率 70点以上
試験日 特になし(講座の修了後に実施)
会場 自宅(何度でもチャレンジできる)

試験内容は講座で学んだテキスト4冊から出題されますが、市販されている過去問の問題集はありません。

ただ、マークシート方式で問題なく学習が修了すれば解答ができるレベルです。

さらに、検定試験は自宅で受験ができ、サポート期間内であれば何度でもチャレンジすることができるので、資格を取得しやすいといえます。

\まずは、資料請求から/


資料請求は無料です。

↑目次へ戻る

使える?野菜スペシャリストの活用法とは


結局、野菜スペシャリスト資格を安くはない講座費用を支払ってまで取得する必要はあるの?思われるかもしれません。

確かに、合格率がほぼ100%と高く、取得している人も多いのは事実。

しかし、取得後の活用法は人によってそれぞれです。

野菜スペシャリスト資格を取得するメリットとしては、以下のとおりです。

  • カフェなどの飲食店では資格をアピールできる
  • 食品スーパーの店員や農家は知識と共に調理法が学べる
  • 野菜や果物を効果的に摂取できるようになる
  • 食品メーカーなどメニュー開発に専門性を持たせられる
  • スポーツジムやエステなどで内面からサポートできる
  • 料理系Toutuberとして活動しやすくなる

上記はあくまでも一例にすぎませんが、資格を取得することで仕事の幅が広がるだけではなく、家庭でも一生活用できるのも魅力です。

↑目次へ戻る

独学は?野菜スペシャリストの難易度まとめ

今回のコラムでは、「野菜スペシャリストが独学で取れるか難易度や合格率を徹底調査」をご紹介しました。

話題の野菜スペシャリストは資格試験を受ける必要がありますが、自宅で何度でも受験することができるので、難易度は低いといえます。

そのため、資格をアピールとして仕事で利用したり、家庭で安心して野菜を調理して美味しく食べたい人に人気の資格になっています。

\まずは、資料請求から/


資料請求は無料です。

↑目次へ戻る