野菜の資格

野菜ソムリエの勉強方法|過去問は?学習におすすめの本とは

おすすめの野菜ソムリエの勉強方法や本を知りたい人向けです。

野菜ソムリエの試験に合格するための勉強方法やテキストを知りたいな。学習に役立つおすすめの本はあるのかな。
ベジタン
ベジタン
公式テキスト以外にも参考になる本をお伝えします。

野菜の専門家として注目されているのが、「野菜ソムリエ」です。

この野菜ソムリエ資格は、野菜ソムリエ協会の認定講座を受講する必要があるので、基本的なテキストは講座で用意されています。

ただ、野菜ソムリエ試験に合格するには、どのような勉強方法をすればいいのかなと疑問に思う人もいるでしょう。

そこで、今回は「野菜ソムリエの勉強方法|過去問は?学習におすすめの本とは」をご紹介します。

勉強方法のポイントを知りたい方は、へ、どうぞ。

野菜ソムリエ試験合格のための勉強方法

講座は以下の7科目あり、1科目2時間で計14時間の学習が必要です。

  • ベジフルコミュニケーション:野菜ソムリエの役割
  • ベジフル入門 ①・②・③:生産から流通まで
  • ベジフルサイエンス Ⅰ・Ⅱ:科学的な野菜の影響
  • ベジフルクッカリー:調理のポイントや調理法など

特に、ベジフルサイエンスやベジフル入門は普段の日常生活では気にしていない分野なので、意外と難しいと思います。

勉強で力を入れるべき科目は、ベジタブルコミュニケーション。とても大切な基本のことが書かれていますが、資格を取得する意味にもかかわることです。

野菜ソムリエ資格取得するための勉強方法のおすすめは、野菜ノートを自分で作成してまとめておくことです。

野菜ごとにまとめたノートにまとめていきます。例えば、下記は「水ナス」についてまとめた内容です。

意外と絵などを入れておくと文字だけよりも見やすくなります。あとは、余白をできるだけとっておき、後で何か追加しやすいようにするのがコツ。

この野菜ノートを作成するのは試験の合格だけのためではなく、資格を取得したあとでも見返すことができるのが大切です。

資格は取得してからどのように活かすかが大切なので、仕事だけでなく、日常生活でも野菜ノートが役立ちます。

↑目次へ戻る

野菜ソムリエ試験に合格するためのポイント

試験に合格するためのポイントは、以下のとおりです。

  • 苦手な分野に時間をかけすぎない
  • 一言一句すべてを覚える必要はない
  • 過去問集はないのでテキスト中心

満点を狙う必要はない

野菜ソムリエ修了試験の500点中350点以上です。7割を獲得していれば合格となります。つまり、満点を狙う必要はないということです。

そのため、科目のなかには得意な科目と苦手な科目に分かれると思うので、無理に苦手な分野に時間をかけすぎないようにすることが大切です。

一言一句すべてを覚える必要はない

試験の形式は記述はなく、すべてマークシート方式です。そのため、一言一句すべてを覚える必要はありません。

特に、漢字などは正しく覚えていなくても選択することができるので、それほど書いて覚えるよりも何度もテキストを読み返しましょう。

過去問集はないのでテキスト中心

特に決まった野菜ソムリエの過去問集などはないので、講座で習った内容でポイントをおさえるしかありません。

ただ、ひっかけ問題などはないので、講師が重要なポイントを指摘してくれるポイントを中心に学習しましょう。

↑目次へ戻る

野菜ソムリエ試験に役立つ本・テキスト

協会が認定する野菜ソムリエ養成講座を受講すると、公式テキスト教材が送られてきます。

それだけの勉強だけでも十分ですが、様々な野菜に関する本を買い集めて、それらをノートにまとめて書いて勉強するのがおすすめです。

野菜ソムリエ公式ガイドブック

created by Rinker
¥1,430
(2021/10/25 03:40:17時点 Amazon調べ-詳細)

野菜ソムリエという、人を育てる仕事

created by Rinker
¥596
(2021/10/24 12:13:02時点 Amazon調べ-詳細)

野菜検定公式ガイドブック

からだにおいしい 野菜の便利帳

created by Rinker
¥1,430
(2021/10/25 03:40:18時点 Amazon調べ-詳細)

上記の野菜に関する本を利用して、オリジナルの野菜ノートに追加していきましょう。

\地名尾が高くアピールできる/

野菜ソムリエ養成講座をみてみる

無料の説明会に参加してみよう!

↑目次へ戻る

資格試験時に提出するベジフルカルテとは

ベジフルカルテについてですが、修了試験受験時に8枚提出し、試験中に添削してもらいます。

例えば、テーマを「冷蔵庫の中にあるものを使ったレシピ」とすると、ナス、じゃがいも、きゅうり、白菜、にんじん、ピーマン、玉ねぎ、ネギを使い8品作ります。

●ナスのあげもの
●じゃがいものチーズあえ
●ちくわときゅうり
●白菜の浅漬け
●にんじんしりしり
●ピーマンのきんぴら
●玉ねぎのおひたし
●ネギのとろとろ焼き

これらの野菜を用いた理由は、レシピ本でもたくさんのレシピが記載されていて日常的に食べている野菜だと判断したためです。

大人が飲むお酒だけでなく、よりご飯に合うようにとアク、苦味、青臭さを除いた味付けをすることで子どもも食べてくれるように工夫します。

このように野菜の特徴を活かしたベジフルカルテを作成することが大切です。あまり目を引くようなレシピは必要ありません。

ただ、採点の点数は公表されないので、結局、良かったのか悪かったのかは分かりません。

↑目次へ戻る

野菜ソムリエの勉強方法と役立つ本まとめ

今回のコラムでは「野菜ソムリエの勉強方法|過去問は?学習におすすめの本とは」をご紹介しました。

勉強方法は公式テキストを中心に、参考書や過去問を繰り返し解くことが重要です。これは他の学習方法とも共通していますね。

さらに、野菜ソムリエ試験はしっかりと学習し、自分なりに「まとめノート」を作るのが勉強方法のコツです。

ノートの作成に時間はかかりますが、資格を取得した後でも振り返ることができます。

資格はあくまでも取得後に活用しないと意味がないので、色々な知識を忘れても思い出せるようにするのがいいでしょう。

\地名尾が高くアピールできる/

野菜ソムリエ養成講座をみてみる

無料の説明会に参加してみよう!

↑目次へ戻る