貸し農園の基礎知識

【摘葉・摘芯・わき芽かき】3つの違いは?知っておきたい野菜栽培の管理方法とは

摘み取る

野菜栽培の管理方法「摘葉・摘芯・わき芽かき」について知りたい人向け。

植物の葉が増えてきたのけど、このままでいいのかな。摘葉、摘芯、わき芽かきがするほうがいいと聞いたけど、何かな。やる理由も知りたいな。
ベジタン
ベジタン
野菜を強くして太らせる効果があります。

種や苗を植えたあとは単に野菜が育っていくのを待っている、というわけにはいかず、野菜が成長していく上で栽培管理が欠かせません。

栽培の管理で重要なのが、実を大きく太らせ、病虫害を防ぐ「摘葉・摘芯・わき芽かき」です。

これをやるのとやらないのでは大きな違いが出てくるので、それらが何かや、どのような効果があるのかを知っておくことはとても大切です。

そこで、今回は「【摘葉・摘芯・わき芽かき】3つの違いは?知っておきたい野菜栽培の管理方法とは」をご紹介します。

「摘葉・摘芯・わき芽かき」の3つの違い

知っておきたい野菜栽培の管理方法とは、摘葉・摘芯・わき芽かきの3つです。それぞれの意味や効果を紹介していきましょう。

摘葉とは不要な葉を摘み取る作業

不要な葉を摘み取る作業が、「摘葉」です。葉が茂ってきて重なり合ってしまうと、日当たりも風通しも悪くなってしまいます。

あまり葉同士が重なり合わないように葉を摘み取ることで、病虫害の発生を防ぎ、生育をよくする効果があります

特に下葉が大きく育って地表に接するようになったら、風通しをよくするためにすべて摘み取りましょう。

摘葉の方法やタイミングは野菜の種類によっても違うので、「摘葉+オクラ」などのように検索してみましょう。

摘芯とは枝の先端を摘み取る作業

枝の先端を摘み取る作業が、「摘芯」です。摘芯をする大きな2つの理由は「実を太らせる」や「脇芽が育ちやすくなる」です

摘芯をすることによって実に栄養を行き渡らせ、収穫する際に1つ1つの実が太くなります。

特に、キュウリなどは枝にいくつも実のもととなる花が咲きますが、多く収穫するために摘芯をしないでおくと実が小さくなってしまいます。

さらに、生育期になると植物は生育のスピードが上がりますが、摘心をすることで脇芽が優先的に成長していきます。

わき芽が育つと枝が増えるので、結果的に花や実を増やすことになります。

ただ、わき芽も多くなると逆に生育が悪くなるので、適切に脇芽を摘み取る「わき芽かき」という作業も大切になります。

わき芽かきとは芽を摘み取る作業

基本となる枝についた葉のつけ根から出る芽を「わき芽」と言い、これを摘み取る作業が「わき芽かき」です。

トマトやナスなどの果菜類の場合、わき芽を放っておくと葉が茂りすぎて日当たりや風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなります。最後には、収穫できる実が小さくなってしまうことも。

わき芽がすぐにおおきくなるので、これを小まめに確認して、野菜の種類後に適切に摘み取ることが大切です。

わき芽をハサミで切るときは、長さを1cmほど残して切ります。

↑目次へ戻る

「摘葉・摘芯・わき芽かき」の方法やタイミング

摘葉・摘芯・わき芽かきをする方法は、野菜の種類によっても違ってくるので、ここでは詳しくご紹介できません。

それぞれ、「野菜の種類と摘葉」というように検索することで、管理の方法が見つかるので、そちらをご確認ください。

どの方法でも同じですが、ハサミなどを使って摘み取る作業をする際は、アルコールなどで消毒して使いましょう。

ただ、摘葉や摘芯、わき芽かきといった野菜栽培の管理方法は、はじめて野菜づくりをする人にとってはよく分からないものですよね。

特に市民農園では、指導員やアドバザーが不在な農園も多いので、相談できる相手がいないと先回りして自分で調べてやるしか方法がありません

ただ、シェア畑やマイファームなどの貸し農園には、アドバイザーが常駐しているので、こういった野菜の管理方法については事前に教えてもらえるメリットがあります。

貸し農園は市民農園と比べて料金が高いというイメージがありますが、こういった先に知っておかなければいけない知識を教えてもらうので、どちらを利用するかをよく検討しましょう。

↑目次へ戻る

「摘葉・摘芯・わき芽かき」の3つの違いまとめ

今回のコラムでは、「【摘葉・摘芯・わき芽かき】3つの違いは?知っておきたい野菜栽培の管理方法とは」をご紹介しました。

摘葉・摘芯・わき芽かきの3つは、野菜の実を大きく育てるためには必要な作業です。

野菜ごとに方法やタイミングが違っているので、育てている野菜ごとにどのように管理が良いかを調べましょう。

↑目次へ戻る

\ おすすめの野菜宅配サービス /
坂ノ途中は京都が本社。西日本を中心に新鮮な野菜が届く。初回から3回分の送料無料が魅力。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る

食べチョクは農家とやり取りができる珍しいサービス。お試しは、どのサイズも初回1,000円引きでお得。回数縛りなし。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る

ビオ・マルシェは全てJAS有機野菜が売り。お試しは送料込みで1,500円と試さない理由がない。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る