▶ゼンブヌードルが4食分&送料無料で673円!>>>

【シェア畑の評判はコレ!】悪い口コミは?5つの困ること

シェア畑の評判

シェア畑の評判や口コミを知りたい人向けです。

畑をレンタルできるシェア畑が気になるな。評判はどうなんだろう。悪い口コミやシェア畑のデメリットも知りたいな。
みつき
実際にシェア畑の評判や口コミを調査してみました。

畑をレンタルしようと思ったら、まず「シェア畑」かなと思う人も多いでしょう。

実は、料金が高いけどシェア畑が人気なので利用しようかどうか迷っているという意見をよく聞きます。

確かにテレビで取り上げられるほど人気になっていますよね。

では、なぜ高い料金を払ってでもシェア畑を利用しているのでしょうか?

そこで、今回は「【シェア畑の評判はコレ!】悪い口コミは?5つの困ること」をご紹介します。

目次

シェア畑の評判・口コミ|2022年版

はじめて利用したいと思っている人には、特に気になるポイントが口コミ・評判。

まずは、シェア畑の良い評判を調査してみました。

シェア畑の良い評判・良い口コミ

まずは、良い評判・口コミです。

みつき
あおむしが付くということは無農薬栽培ならではだね。
みつき
初心者がアドバイザーに相談できるのは強い味方。
みつき
現地で芋煮会やBBQができる農園もあるよ。

このほかにも数多くの良い評判・口コミがありましたが、以下のようにまとめてみました。

良い評判・良い口コミ

  • 家から近いところにある
  • 肥料とか準備されている
  • トイレも完備されている
  • 指導員がいるので相談できる
  • 無農薬の野菜なので子どもにも安心
  • イベントや講習会がある
  • 友達も一緒に参加できる
  • 運動になると考えれば最高

シェア畑の良い評判や口コミをみると、はじめての人でも安心して野菜の栽培や収穫ができるという意見が目立ちました。確かに初心者では栽培は難しく、失敗するとガッカリしますよね。

では、逆に悪い評判や悪い口コミはあるのでしょうか?次にお伝えします。

シェア畑の悪い評判・悪い口コミ

次に、シェア畑の悪い評判・口コミを調査してみました。

みつき
3㎡というとクイーンサイズのマットレスぐらいなので色々な種類を作ろうとすると狭いかもしれないね。
みつき
市民農園と比較すると料金が高く感じるね。
みつき
空いた畑を利用しているので、交通の便が悪い農園も多いよ。

こちらも悪い評判・口コミを以下のようにまとめてみました。

悪い評判・悪い口コミ

  • 入会金や月額の利用料金が高い
  • 栽培できる野菜の種類が決まっている
  • 週末は混みやすいので道具が借りられない
  • 畑の広さが意外と狭い
  • 引っ越しでも急な解約ができない
  • 近くにシェア畑がない

シェア畑の料金についての口コミをみると、高いという意見もありますが、意外と利用しようか悩んでいる人もいます。

説明会に参加したり見学してから決める、という意見も多かったですね。

\ まずは無料の説明会から /

オンラインで参加OK!

ただ、自宅や職場から通えるシェア畑の農園がないと意味ないですよね。近くに農園があるかどうかを確認しましょう!

東京都世田谷区葛飾区江戸川区板橋区杉並区練馬区足立区調布市・狛江市その他の東京市部
神奈川県横浜市川崎市藤沢市茅ヶ崎市 県央・県西地域
千葉県千葉市千葉市以外
埼玉県さいたま市さいたま市外
大阪府大阪府内
京都府京都府内
兵庫県兵庫県内

でも、なぜ料金が高い評判や口コミがあるのに利用しているのでしょうか?次にシェア畑のメリットとデメリットをお伝えします。

シェア畑のメリット・デメリット

シェア畑の評判・口コミからメリットとデメリットをまとてみました。

シェア畑のメリット|コレは嬉しい!

シェア畑のメリットは、下記のとおりです。

  • 手ぶらで通うことができる
  • 手洗い場やトイレが設置されている
  • 相談ができるアドバイザーがいる
  • 講習会やイベントが多い
  • 使用期限が決められていない

手ぶらで通うことができる

シェア畑では、種や苗はもちろん農道具も用意されているので、まさしく手ぶらで通うことができます。

道具を買ったとしても保管場所や結局、年に数回しか使わなかったということも。それなら、レンタルするのが一番です。

手洗い場やトイレが設置されている

基本的に、手洗い場やトイレなどの設備が充実しているので、作業が終わった後でも困ることはありません。

市民農園のなかにはトイレがない畑もあるので、そこは必要な設備でしょう。

相談ができるアドバイザーがいる

シェア畑には、菜園アドバイザーと呼ばれる指導員が駐在しています。

野菜の栽培方法はもちろん、何かトラブルがあった時にも対応してくれるので、野菜づくりで失敗しにくいので安心です。

講習会やイベントが多い

シェア畑では、定期的に講習会やイベントを開催しています

講習会やイベントに参加することで、野菜作りの楽しみは収穫して食べるだけではなく、人とのコミュニケーションも楽しみのひとつです。

使用期限が決められていない

シェア畑では、一度借りた畑は契約が続く限り使用できるので、使用期限が決められていません

市民農園のなかは、1年だけ、2年だけといった使用期限が決められている農園もあります。

そうなると、せっかく育てた土壌が無駄になってしまうことになりかねません。

シェア畑のデメリット|コレは困る!

シェア畑のデメリットは、下記のとおりです。

  • 無農薬栽培で手間がかかる
  • 月額の利用料金が高い
  • 初期費用がかかる
  • 急に解約ができない
  • 栽培できる野菜の種類が決まっている

無農薬栽培で手間がかかる

シェア畑では無農薬栽培をしているので、葉や茎に虫がつくことあります。そうなると、害虫が付きやすくなるので、それを嫌う人もいます

虫がつかないような方法や虫がついた時の対処法を教えてくれますが、それは農薬を使わない栽培と比べると手間がかかります。

月額の利用料金が高い

シェア畑では、月額6,800円ぐらいからレンタルすることができますが、それでも年間にすると結構な費用がかかります

いくら野菜を収穫できるといっても決してコスパがいいわけではないので、そこは勉強代と思う価値があるかどうかでしょう。

初期費用がかかる

シェア畑では、会金として11,000円(税込)がかかります。但し、その後の運営費はかかりません。

それでも、年間の支払いと合わせると初期費用がかかるので、まずは総額でいくらかかるのかを知っておくことが大切です。

急に解約ができない

急な転勤などで引っ越しをしようと思っても、すぐに解約ができるわけでありません。解約の基本は3ヶ月まででに通知が必要です。

畑という特性上、土壌の改良や連作の防止などで次の人にすぐに貸せるとは限らないためです。

栽培できる野菜の種類が決まっている

貸し農園だからといっても勝手に何でも野菜を植えていいというわけではありません

シェア畑では、作付プランがあり、その中から育てたい野菜を選択します。そのプランに挑戦してみたい野菜がなかったということも。

以上が、シェア畑のデメリットです。気になったポイントがあれば、無料の説明会に参加して質問してみましょう。

これでデメリットは分かった。その代わりにメリットもあるはずと思いますよね。

では、次にシェア畑の良い点もお伝えします。

\ まずは無料の説明会から /

オンラインで参加OK!

シェア畑の基本情報

テレビ番組でも取り上げられたことがある、シェア畑が人気です。

その特徴は、指導員付きで初めてでも無農薬野菜の栽培ができることです。

都会の空いた畑を利用しているので、意外と駅前で借りることができることも。自分で収穫した無農薬野菜を食べるのに憧れますよね。

では、まずは簡単にシェア畑の気になる【費用・サービス・解約】情報からご紹介していきます。

シェア畑の費用

シェア畑の料金は、立地や畑の広さによっても違い、3㎡で月額6,400円(税込)~が基本です。都会になるほど、料金が高くなる傾向があります。さらに、入会金も必要になります。

シェア畑のサービス内容

シェア畑のサービスには肥料や種・苗など畑に必要な資材、トイレの設備や農道具も全て含まれています

さらに、アドバイザーに栽培方法を相談することができるので野菜栽培がはじめてな人でも失敗が少ないといえます。

シェア畑の解約方法

シェア畑のレンタルを解約するには、利用終了日の3か月前に解約申請書を事務局に届け出ます。レンタルなので急な解約はできないので気を付けましょう。

どちらがいい?シェア畑と市民農園の違い

結論としては、はじめて貸し農園で野菜の栽培を始めるなら貸し農園です。

なぜなら、市民農園では料金は安いものの、基本的に農具や種などを準備する必要があります。

さらに、日常生活の中で栽培に関する勉強ができる時間がある人や、失敗も楽しめる人でないと続かないからです。

料金だけで市民農園を選ばないように、下記にシェア畑と市民農園の違いをまとめました。

シェア畑市民農園
利用料金が高め利用料金が安い
入会金も初期費用として必要入会金や運営費が不要
畑の広さがコンパクト面積は広いが手間になるかも
菜園アドバイザーに相談できるアドバイザーがいない場合も
募集は空きがでれば利用できる募集が年1回や抽選が多い
人との交流しやすい(講習会など)人との交流が少ない

特に、市民農園を借りようと思っても、募集時期が1月~2月や抽選で当たるか分からないということが多いです。

その点、シェア畑は空きがあればすぐに借りられます。あとは、市民農園によってサービス内容が違うので、よく確認する必要があります。

利用料金が安いからといって借りたけど、農道具や肥料、種などを準備や、そもそも野菜栽培に失敗した!と言う意見も。

はじめて野菜の栽培を始める方は、1年目はシェア畑、知識や経験を積んでから市民農園に挑戦するのも選択肢ですね。

まずは、無料の説明会に参加して疑問を解消しましょう!

\ まずは無料の説明会から /

オンラインで参加OK!

シェア畑のよくある質問

評判や口コミを調査しているとよく見かける質問があったので、以下のようにまとめてみました。

  • Q1.どのくらい野菜が収穫できるの?
  • Q2.無農薬栽培で本当にできるの?
  • Q3.週に何回通えばいいの?

Q1.どのくらい野菜が収穫できるの?

まずは、普段から使わない単位だとどのぐらいの広さかよくわからないという方のために目安を書いてみました。

約3坪約10㎡約6畳
約4坪約13㎡約8畳
約5坪約16㎡約10畳
約6坪約20㎡約12畳
約9坪約30㎡約18畳

シェア畑では、約4.8㎡の広さで以下が目安になっています。

春、夏ではミニトマト、きゅうり、なす、ピーマン、オクラ、枝豆、カブ、とうもろこし、秋、冬では白菜、キャベツ、ブロッコリー、大根、玉ねぎ、ルッコラ、さつまいも等、年間を通して15品目以上の野菜の収穫が楽しめます。天候にもよりますが、例えばミニトマト200個、きゅうり、なす、ピーマンはおおよそ各50個程度が収穫できます。病害虫に強く、収穫量も多い高品質な品種を選んでいるのも大きなポイントです。

10㎡の区画の場合、おおよそミニトマト160個、きゅうり100本、なす100個、ピーマン60個、枝豆600さや、人参50本など、
15品目程度の野菜がたくさん収穫できます。出典:シェア畑

Q2.無農薬栽培で本当にできるの?

シェア畑では、子どもたちにも安心して食べてもらえるように安全な野菜づくりのために無農薬栽培をこころがけています。

そのために、菜園アドバイザーが土壌の管理や害虫駆除の方法も相談に乗ってもらえるので安心です。

Q3.週に何回通えばいいの?

シェア畑では、週に1回以上の来園を推奨しています。ただ、長期の旅行などで不在の場合は、菜園アドバイザーに相談することもできます。

シェア畑の評判や口コミ・デメリットまとめ

今回のコラムでは「【シェア畑の評判はコレ!】悪い口コミは?5つの困ること」をご紹介しました。

シェア畑では料金が高いというのが多くの意見ですが、一方で手ぶらで通えて相談員がいるので野菜栽培に失敗できないという安心感があります。

実際に評判や口コミをまとめると、以下のようなことが分かりました。

シェア畑の評判・口コミ

  • ○家から近いところにある
  • ○肥料とか準備されている
  • ○トイレも完備されている
  • ○指導員がいるので相談できる
  • ○無農薬の野菜なので子どもにも安心
  • ○イベントや講習会がある
  • ○友達も一緒に参加できる
  • ○運動になると考えれば最高
  • ×入会金や月額の利用料金が高い
  • ×栽培できる野菜の種類が決まっている
  • ×畑の広さが意外と狭い
  • ×週末は混みやすいので道具が借りられない
  • ×引っ越しでも急な解約ができない
  • ×近くにシェア畑がない

さらに、シェア畑はコミュニティーとして機能もあるので、友達ができやすくなったり、講習会やイベントも豊富なので子ども達にも人気です。

なので、料金だけにとらわれずに、シェア畑を利用するデメリットを比較した上で目的にあった農園を選ぶのが大切です。

ただ、シェア畑では無料のオンライン説明会を開催していて、その後に見学もできるので試してみてもいいかもしれません。

不安になる人は自宅で見れるWeb説明会に参加してみることをおすすめします。

\ まずは無料の説明会から /

オンラインで参加OK!

目次
閉じる