▶野菜の知識を仕事に活かせる資格はこちら⇒ click!

【紅茶の資格一覧ならコレ!】どれがいい?おすすめ5選比較

紅茶の資格

紅茶の資格はどれがいいか知りたい人向けです。

自宅で過ごす時間が増えたので、紅茶の資格を取得したいな。独学で取れるのかな。どれがいいか比較して決めたい。

昨今、自宅で過ごすことが多くなり、せっかくなら「美味しい紅茶の入れ方を勉強してみたい」「紅茶の資格を取っておきたい」と思う人もいるでしょう。

ただ、資格といっても種類が多いので、どれがいいのか悩みがち。

まずは、紅茶の資格一覧を比較してまとめてみました。

スクロールできます

ティーインストラクター

紅茶プロフェッショナル

紅茶アドバイザー
紅茶マイスター

ティースペシャリスト

紅茶コーディネーター
認定団体
日本紅茶協会日本技能開発協会日本安全食料料理協会日本能力開発推進協会日本通信教育振興協会
講座費用(税込)297,000円49,500円69,800円(試験あり)
89,800円(試験なし)
75,900円70,400円
その他費用10,000円(受験料)
10,000円(認定登録料)
10,000円(受験料)
学習期間9ヶ月1ヶ月2~3ヶ月1ヶ月6ヶ月
試験形式学科試験
紅茶判定試験
指導実務試験
在宅受験原則、在宅受験在宅受験在宅受験
公式サイト日本紅茶協会ラーキャリSARAスクールキャリカレハッピーチャレンジゼミ
みつき

紅茶に関して仕事でバリバリ活用するなら、ティーインストラクターの一択。

ただ、費用を抑えつつ紅茶資格を取得して、その後で実務で実力をつけていくなら、まずは紅茶プロフェッショナルを検討してみましょう。

これで一覧は分かった。じゃあ、どのようにして紅茶の資格を選べばいいのかな?と疑問に思いますよね。

そこで、今回は「【紅茶の資格一覧ならコレ!】どれがいい?おすすめ5選比較」をご紹介します。

なお、ティーインストラクターがおすすめな理由は、結局、紅茶の資格はどれがいいの?へどうぞ。

目次

どうやって選ぶ?紅茶の資格の選び方

紅茶の資格を選ぶポイントは、以下の3つです。

  • ティーインストラクターを目指すかどうか
  • 紅茶資格の取得しやすさと学習期間
  • 紅茶資格を取得した後の活用法

ティーインストラクターを目指すかどうか

約30万円以上の費用と通学(東京のみ)の手間がかけても資格を取得するかどうか。仕事でアピールしたいなら、この資格一択。

紅茶資格の取得しやすさと学習期間

資格の中には試験がないものも。試験スタイルと学習期間を参考しましょう。短期で取りたいなら、最短2ヶ月で取得できる資格も。

紅茶資格を取得した後の活用法

紅茶の資格を仕事で活用したいなら、名称も大事。とりあえずSNS上のプロフィールなどでもPRしたいなら、取得しやすい資格を選ぶのも方法のひとつ。

どれがいい?紅茶の資格おすすめ一覧

おすすめの紅茶資格は、以下のとおりです。

それぞれ紅茶の資格の特徴をご紹介していきます。

①ティーインストラクター

引用:日本紅茶協会
ティーインストラクター資格
認定団体日本紅茶協会
講座費用(税込)297,000円(税込・送料込み)
その他の費用(税込)受験料10,000円
認定登録料10,000円
学習スタイル通学
標準学習期間9ヶ月
試験スタイル在宅受験
合格基準不明
合格率90%以上
公式サイト日本紅茶協会

ティーインストラクターは、1985年(昭和60年)から日本紅茶協会が提供する養成研修です。

メリットデメリット
紅茶の実技が学べる
資格を履歴書に書ける
在宅受験で取得しやすい
費用が30万円以上かかる
内容がマニアックな面も

特に、ティーインストラクター資格は、紅茶関連の仕事やカフェなどでアピールするには取得しておくと有利になります。

ただ、費用が総額で約30万円以上かかかり、学習期間も9ヶ月もかかることから、他の資格と一線を画していますね。

では、口コミや評判はどうなのでしょうか。

\ ティーインストラクターの口コミ・評判 /

今まで紹介した内容を考慮すると、ティーインストラクター資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 本格的な紅茶の知識やスキルを学びたい
  • 受講者や修了者たちと交流を持ちたい
  • 紅茶の仕事や就職、カフェで活用したい
みつき

費用はかかるものの、紅茶関連の仕事やカフェなどでのアピールや取得後の交流を期待するならティーインストラクターで決まりです。

これでティーインストラクターに興味を持った方は、ティーインストラクター|日本紅茶協会から無料の資料請求をしてみましょう。

\ 紅茶を仕事にするなら /

資料請求は無料です。

②紅茶プロフェッショナル

引用:ラーキャリ
紅茶プロフェッショナル資格
認定団体日本技能開発協会
講座費用(税込)49,500円
その他の費用(税込)
学習スタイル通信
標準学習期間1ヶ月(最短3週間)
試験スタイル在宅受験
合格基準調査中
合格率調査中
公式サイトラーキャリ

紅茶プロフェッショナルは、最短3週間で紅茶の基礎知識から開業に至るのでの学習を体系的に学んだ証です。

メリットデメリット
最短3週間で資格が取得できる
講座費用が他の資格よりも安い在宅受験で試験の難易度が低い
資格の認知度が高くはない

特に、ラーキャリでは24時間365日公式LINEから質問ができる安心感があります。

さらに、講座費用が約5万円と他の紅茶資格の取得費用と比べても安いのが一番の魅力です。

口コミや評判は調査中です。

今まで紹介した内容を考慮すると、紅茶プロフェッショナル資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 費用を抑えて紅茶の資格と取得したい
  • カフェの開業や運営に資格を活用したい
  • なるべく早く気軽に資格を取得したい
みつき

最短3週間で取得できる紅茶プロフェッショナルで決まりです。

これで紅茶プロフェッショナル資格に興味を持った方は、ラーキャリから内容を確認してみましょう。

\ 費用を抑えて紅茶資格が取りたいなら /

資料請求は無料です。

③紅茶マイスター&紅茶アドバイザー

引用:日本安全食料料理協会
紅茶アドバイザー資格
紅茶マイスター資格
認定団体日本安全食料料理協会
講座費用(税込)69,800円(試験あり)/89,800円(試験なし)
その他の費用(税込)受験料:10,000円(試験ありの場合)
学習スタイル通信
標準学習期間6ヶ月(最短2ヶ月)
試験スタイル在宅受験(試験ありの場合)
合格基準70点以上(試験ありの場合)
合格率70%以上(試験ありの場合)
公式サイト日本安全食料料理協会

紅茶アドバイザーは、茶葉の知識や美味しい紅茶の淹れ方など、紅茶の基礎知識があることを認定する資格です。

メリットデメリット
紅茶の基礎やスキルがある証
紅茶ダブル資格も取得できる
在宅受験で取得しやすい
試験なしでも費用が高い

特に、SARAスクールでは「試験ありの通常講座」と「試験なしの特別講座」を選択することができます。

もし特別講座なら課題を修了すると、試験を受けずに資格を取得できるのが魅力ですね。

\ 紅茶マイスターの口コミ・評判 /

今まで紹介した内容を考慮すると、紅茶マイスターと紅茶アドバイザーのダブル資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 紅茶の基礎知識やスキルがある証が欲しい
  • 紅茶をダブルで取得したい
  • 試験がなく確実に資格を取得したい
みつき

紅茶マイスターと紅茶アドバイザーのダブル資格を取れます。

これで、これらの資格に興味を持った方は、SARAスクールから無料の資料請求をしてみましょう。

\ 紅茶のダブル資格が取れる /

資料請求は無料です。

④ティースペシャリスト

引用:キャリカレ
ティースペシャリスト
認定団体日本能力開発推進協会
講座費用(税込)75,900円(WEB申し込み時)
その他の費用(税込)受験料5,600円
学習スタイル通信
標準学習期間3ヶ月
試験スタイル在宅受験
合格基準不明
合格率不明
公式サイトキャリカレ

ティースペシャリストは、紅茶のいれ方のスキルを備えていることを証明する資格です。

メリットデメリット
コーヒーの資格も取得したい
学習期間が短く早く取りたい
在宅受験で資格が取得しやすい
受験料が別途必要

特に、キャリカレのコーヒー&紅茶カフェマスター講座を受講するとティースペシャリストと同時にコーヒーの資格のカーサバリスタ資格も取得できるのが特徴です。

カフェなどでは紅茶やコーヒーを扱うなら、同時に資格が取得できるのは魅力的ですね。

さらに、名称が消費者にも分かりやすく、紅茶の専門家としてのアピールに活用しやすい資格とも言えます。

\ ティースペシャリストの口コミ・評判 /

今まで紹介した内容を考慮すると、ティースペシャリスト資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • コーヒーのバリスタ資格も同時に取得したい
  • 名称を分かりやすいのでアピールに使いたい
  • 在宅受験で資格が取得しやすいほうがいい
みつき

コーヒーの資格も同時に取得するならティースペシャリストで決まりです。

これでティースペシャリスト資格に興味を持ったという方は、キャリカレ公式サイトから無料の資料請求をしてみましょう。

\ 紅茶&コーヒーのダブル資格 /

資料請求は無料です。

⑤紅茶コーディネーター

引用:ハッピーゼミ
紅茶コーディネーター資格
認定団体日本通信教育振興協会
講座費用(税込)70,400円
その他の費用(税込)なし
学習スタイル通信
標準学習期間9ヶ月
試験スタイル試験なし
合格基準不明
合格率不明
公式サイトハッピーチャレンジゼミ

紅茶コーディネーターは、紅茶の入れ方から茶葉の選定や菓子の作り方まで幅広い知識を学んだという認定の資格です。

メリットデメリット
紅茶の勉強をじっくりしたい
資格取得の費用を抑えたい
試験がなく確実に資格を取りたい
標準学習期間が9ヶ月と長い

特に、ティーインストラクターよりも費用はかかりませんが、学習期間が9ヶ月と同等です。しかも試験がないので、取得しやすい資格ともいえます。

ただ、取得費用が安いものの、紅茶コーディネーター独自の特徴が他の紅茶資格と比べると少ない感じですね。

\ 紅茶コーディネーターの口コミ・評判 /

今まで紹介した内容を考慮すると、紅茶コーディネーター資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 学習標準期間が長く、じっくりと学習したい
  • オーナー向けの紅茶マイスターと組わせたい
  • 試験がなく確実に資格を取得したい
みつき

じっくり紅茶の勉強をしたいなら紅茶コーディネーターで決まりです。

これで紅茶コーディネーター資格に興味を持った方は、ハッピーチャレンジゼミ公式サイトから無料の資料請求をしてみましょう。

\ 学習期間が9ヶ月と豊富 /

資料請求は無料です。

結局、紅茶の資格はどれがいいの?

結論は、紅茶資格のおすすめはティーインストラクターです。

理由は、本格的な紅茶の知識を身につけることでき、仕事にも結びつきやすいからです。

さらに、ティーインストラクター講座を受講した意見には、下記のように内容が充実しているのも魅力。

講座は週に1回、1年間で、休憩時間にはおいしい世界中の紅茶がいただけます。一度泊りがけで茶摘みやお茶工場の見学などをする機会もあり、体験も仕事で役立てました。

ただ、費用が30万円以上、学習期間が9ヶ月もかかるのも事実。実際に、下記のような意見もあります。

費用が高いだけあって、真剣に紅茶を学びたい仲間ができるのが魅力です。それでも、講座料が安くないので悩みました。
かなりマニアックな講座だし、資格認定の試験の準備にも時間がかかるので、紅茶の会社で働きたい、インストラクターになりたい、といった仕事につなげたい人でなければ、他の講座で充分。

なかには「費用や時間がかけられない」「紅茶の資格は趣味レベルでいい」という方もいらっしゃると思います。

費用の高いティーインストラクターが取れないけど、カフェやレストランで紅茶を取り扱いたいなら紅茶アドバイザーの取得しましょう。紅茶マイスター資格も同時に取得できるのも魅力ですね。

さらに、趣味レベルで十分という方は、珈琲のバリスタ資格が取れるティースペシャリストがおすすめです。

どの資格がいいのかなと悩んだら、まずは無料で資料が請求できるので比較してみましょう。

紅茶の資格はユーキャンで取れる?

資格と言えば、人気のユーキャンで紅茶の資格が取れないのかな?と疑問に思う人もいるでしょう。

実は、紅茶の資格はユーキャンでは取れません取得できる資格は、紅茶ではなく、UCC匠の珈琲講座のドリップマスターの珈琲の資格です。

紅茶の資格についてのよくある質問

Q&A
紅茶資格に国家資格はありますか?

ティーインストラクターをはじめとして、紅茶資格に国家資格はありません。全て民間資格となっています。

イギリスでは紅茶資格としてティーソムリエなどがありますが、日本では一般的ではないでしょう。

紅茶の資格を取得すると仕事ができますか?

紅茶資格を取得しただけでは直接仕事へは結びつけにくいといえます。但し、カフェやレストランなどで紅茶を提供する機会があれば資格をアピールすることもできます。

紅茶検定にメリットがありますか?

紅茶検定は、趣味レベルの紅茶の知識が身につく資格です。公式テキストや参考書も市販されていて、合格率も高く難易度も高くはないのがメリットです。但し、検定という資格に懐疑的な人も。

アンガールズ田中さんが持つ紅茶の資格は?

芸能界で紅茶の仕事をしているといえば、アンガールズの田中さん。

「アンガールズ田中のくつろぎ紅茶館」というラジオも不定期で放映しています。

ただ、残念ながらアンガールズ田中さんが取得した紅茶の資格は分かりませんでした

もし、ご存知の方がいればご一報いただければと思います。ヌン活も流行しているので、アンガールズ田中さんの出番も増えそうですね。

なお、ヌン活って何?と思われた方は、下記のコラムも参考にしてくださいね。

どれがいいの?紅茶おすすめ資格5選まとめ

今回のコラムでは「【紅茶の資格一覧ならコレ!】どれがいい?おすすめ5選比較」をご紹介しました。

おすすめの紅茶資格一覧は、以下のとおりです。

みつき

紅茶に関して仕事でバリバリ活用するなら、ティーインストラクターの一択。

ただ、費用を抑えつつ紅茶資格を取得して、その後で実務で実力をつけていくなら、まずは紅茶プロフェッショナルを検討してみましょう。

スクロールできます

ティーインストラクター

紅茶プロフェッショナル

紅茶アドバイザー
紅茶マイスター

ティースペシャリスト

紅茶コーディネーター
認定団体
日本紅茶協会日本技能開発協会日本安全食料料理協会日本能力開発推進協会日本通信教育振興協会
講座費用(税込)297,000円49,500円69,800円(試験あり)
89,800円(試験なし)
75,900円70,400円
その他費用10,000円(受験料)
10,000円(認定登録料)
10,000円(受験料)
学習期間9ヶ月1ヶ月2~3ヶ月1ヶ月6ヶ月
試験形式学科試験
紅茶判定試験
指導実務試験
在宅受験原則、在宅受験在宅受験在宅受験
公式サイト日本紅茶協会ラーキャリSARAスクールキャリカレハッピーチャレンジゼミ

結局、紅茶資格ならどれがいいの?と聞かれたらティーインストラクターです。

ただ、取得費用と学習期間、マニアックな学習内容を考えると、仕事で活用するなら紅茶アドバイザー、趣味で紅茶資格を取得するならティーインストラクターも検討してみましょう。

どの資格がいいのかなと悩んだら、まずは無料で資料が請求できるので比較してみましょう。

目次