食全般の資格

紅茶の資格はどれがいい?5つのティーおすすめ資格を徹底比較|2021年版

紅茶

紅茶の資格はどれがいいのか知りたい人向けです。

自宅にいることが多くなったので、独学で紅茶の資格を取得したいけど、どれがいいのかな。どんな種類があるのかな。
ベジタン
ベジタン
比較表で一覧にしてみたので参考にしてみてくださいね。

昨今、自宅で過ごすことが多くなっているので、家で何か楽しみをみつけたいなと考える人が増えています。

どうせ勉強をするなら紅茶の資格を取りたいと思う人もいるでしょう。

ただ、紅茶の資格といっても種類が多いので、どれがいいか迷いがち

まずは、紅茶の資格一覧を下記のようにまとめてみました。

紅茶の資格 認定団体 講座費用(税込) その他の費用(税込) 学習期間 試験(合格率) 学習スタイル
ティーインストラクター 日本紅茶協会 297,000円 受験料10,000円
認定登録料10,000円
9ヶ月 90%以上 通学
紅茶マイスター 日本安全食料料理協会 なし(試験のみ) 受験料10,000円 2~6ヶ月(通信講座利用時) 在学受験・70%以上 通信
紅茶アドバイザー 日本安全食料料理協会 なし(試験のみ) 受験料10,000円 2~6ヶ月(通信講座利用時) 在宅試験・70%以上 通信
ティースペシャリスト 日本能力開発推進協会 75,900円(通信講座利用時) 受験料5,600円 3ヶ月 在宅受験 通信

ただ、資格の特徴を知っておかないと選んでから後悔したくないですよねと悩んでしまいますよね。

そこで、今回は「紅茶の資格はどれがいい?5つのティーおすすめ資格を徹底比較|2021年版」をご紹介します。

ここで、「とりあえず、おすすめの紅茶の資格を早く知りたい!」と思う人もいると思います。

約30万円以上の費用と通学の手間をかけられず、カフェの開業で資格が欲しいなら「コーヒー&紅茶カフェマスター」。

紅茶と珈琲のアピールできる資格を取得できます!まずは、下記から資料を取り寄せてみましょう。

\ティースペシャリストの資格/

コーヒー&紅茶カフェマスター

資料請求は無料です。

どうやって選ぶ?紅茶の資格の選び方

紅茶の資格を選ぶポイントは、以下の3つです。

  • ティーインストラクターを目指すかどうか
  • 紅茶資格の取得しやすさと学習期間
  • 紅茶資格を取得した後の活用法

ティーインストラクターを目指すかどうか

約30万円以上の費用と通学(東京のみ)の手間がかけても資格を取得するかどうか。仕事でアピールしたいなら、この資格一択。

紅茶資格の取得しやすさと学習期間

資格の中には試験がないものも。試験スタイルと学習期間を参考しましょう。短期で取りたいなら、最短2ヶ月で取得できる資格も。

紅茶資格を取得した後の活用法

紅茶の資格を仕事で活用したいなら、名称も大事。とりあえずSNS上のプロフィールなどでもPRしたいなら、取得しやすい資格を選ぶのも方法のひとつ。

↑目次へ戻る

どれがいい?紅茶の資格おすすめ一覧

紅茶の資格は、以下のとおりです。

  • ティーインストラクター
  • 紅茶マイスター
  • 紅茶アドバイザー
  • 紅茶コーディネーター
  • ティースペシャリスト

それぞれ紅茶の資格の特徴をご紹介していきます。

ティーインストラクター

ティーインストラクター資格
認定団体 日本紅茶協会
講座費用(税込) 297,000円(税込・送料込み)
その他の費用(税込) 受験料10,000円
認定登録料10,000円
学習スタイル 通学
標準学習期間 9ヶ月
試験スタイル 在宅受験
合格基準 不明
合格率 90%以上
公式サイト 日本紅茶協会

ティーインストラクターは、1985年(昭和60年)から日本紅茶協会が提供する養成研修。紅茶の資格としては王道といってもいいでしょう。

ただ、費用が総額で約30万円以上かかかり、通学に9ヶ月もかかることから、他の資格と一線を画しているのも事実です。

資格取得後は家庭で利用できるだけでなく、仕事にも十分活用できるので、紅茶を本格的に学びたいならティーインストラクターです。

↑目次へ戻る

紅茶マイスター

紅茶マイスター資格
認定団体 日本安全食料料理協会
講座費用(税込) 10,000円
その他の費用(税込) なし
学習スタイル 通信
標準学習期間 2~6ヶ月(通信講座利用時
試験スタイル 在宅受験
合格基準 70点以上
合格率 不明
公式サイト 日本安全食料料理協会

紅茶マイスターは、紅茶のオーナーになる上で知識とスキルをみつけたとされた認定された資格です。

独学でも受験ができますが、何を勉強すればいいの?と疑問に思われる人もいるでしょう。

そのような場合は、諒設計アーキテクトラーニングスクール「紅茶W資格取得スペシャル講座」の通信講座が受講できます。

しかも、上記の講座を受講すると卒業時に試験免除で紅茶マイスターと、次に紹介する紅茶アドバイザーの両方の資格も取得できるコースがあります。

↑目次へ戻る

紅茶アドバイザー

紅茶アドバイザー資格
認定団体 日本安全食料料理協会
講座費用(税込) なし
その他の費用(税込) 受講料10,000円
学習スタイル 通信
標準学習期間 2~6ヶ月(通信講座利用時)
試験スタイル 在宅受験
合格基準 70点以上
合格率 不明
公式サイト 日本安全食料料理協会

紅茶アドバイザーは茶葉の知識や美味しい紅茶の淹れ方など、紅茶の基礎知識があることを認定する資格です。

一方、紅茶マイスターはオーナーとして経営面からマーケティングや運営を学ぶ違いがあります。

紅茶マイスターでも紹介しましたが、諒設計アーキテクトラーニングスクール「紅茶W資格取得スペシャル講座」の通信講座を利用すると無試験でダブル取得ができるコースもあります。

↑目次へ戻る

ティーコーディネーター

ティーコーディネーター資格
認定団体 日本通信教育振興協会
講座費用(税込) 70,400円
その他の費用(税込) なし
学習スタイル 通信
標準学習期間 9ヶ月
試験スタイル 試験なし
合格基準 不明
合格率 不明
公式サイト ハッピーチャレンジゼミ(日本創芸教育、日本創芸学院、日本園芸協会)

紅茶コーディネーターは、紅茶の入れ方から茶葉の選定や菓子の作り方まで幅広い知識を学んだという認定の資格です。

費用はティーインストラクターよりもかかりませんが、学習期間が9ヶ月と同等。

ただ、試験がないので、講座の修了時に資格が取得できるのも魅力です。

↑目次へ戻る

ティースペシャリスト

ティースペシャリスト
認定団体 日本能力開発推進協会
講座費用(税込) 75,900円(WEB申し込み時)
その他の費用(税込) 受験料5,600円
学習スタイル 通信
標準学習期間 3ヶ月
試験スタイル 在宅受験
合格基準 不明
合格率 不明
公式サイト キャリカレ

ティースペシャリストの受験資格には、協会が認定する通信講座の修了が必要になります。

その認定する通信講座は、キャリカレ「コーヒー&紅茶カフェマスターW資格取得講座」です。

実は、この講座を受講するとティースペシャリストと同時にコーヒーの資格のカーサバリスタ資格も取得できます。

なので、紅茶だけでなくコーヒーの資格を同時に取得したい人におすすめです。

↑目次へ戻る

紅茶の資格を取得した後はどうする?

どの資格も講座を修了すると、ティーインストラクターや紅茶アドバイザーなどの資格が取得できます。

ただ、取得後にどのように活用すればいいのでしょうか?

  • 紅茶の販売業に携わる
  • 紅茶の先生として教室で教える
  • カフェやレストランの開業
  • 将来のために資格を持っておく

意外とすぐに活用法を思いつかない人でも資格をとりあえず取得しておこうという人もいます。

資格を取得していて、あとで何に役立つか分からないものです。

ただ、「紅茶が好きで知識を学びたい」「紅茶を美味しくいれられるようになりたい」という基本があれば検討してみましょう。

↑目次へ戻る

アンガールズ田中さんが持つ紅茶の資格は?

芸能界で紅茶の仕事をしているといえば、アンガールズの田中さん。

「アンガールズ田中のくつろぎ紅茶館」というラジオも不定期で放映しています。

ただ、残念ながらアンガールズ田中さんが取得した紅茶の資格は分かりませんでした

もし、ご存知の方がいればご一報いただければと思います。

↑目次へ戻る

どれがいいの?紅茶おすすめ資格5選まとめ

今回のコラムでは「紅茶の資格はどれがいい?5つのティーおすすめ資格を徹底比較|2021年版」をご紹介しました。

紅茶の資格一覧は、以下のとおりです。

上記で紹介した以外も紅茶の資格は数多くあるので、目的と自分にあった資格を選ぶ必要があります。

特に、紅茶の講師や販売を手掛けるのであればティーインストラクターをまずは検討しましょう。

ただ、どの紅茶の資格も費用が高いことには変わりがないので、紅茶以外の資格を検討してみましょう。

自宅で学ぶなら、下記のような資格もあります。

↑目次へ戻る