貸し農園の基礎知識

【輪作・間作・混作】3つの違いは?知っておきたい野菜栽培の管理方法とは

輪作・間作・混作

野菜栽培の管理方法「輪作・間作・混作」について知りたい人向け。

野菜栽培には連作障害というものがあるらしいけど、どうやって防げばいいのかな。輪作と間作・混作とかがいいと聞くけど、初心者でも出来るのかな。
ベジタン
ベジタン
野菜が上手く育たたない原因になるから注意しよう。

栽培は育てたい野菜なら何でも同じ畑で毎年つくることができるとは限りません。

栽培の管理で重要なのが、野菜の種類や順番。

特に、連作障害を防ぐ「輪作・間作・混作」が重要です。

これをやるのとやらないのでは大きな違いが出てくるので、それらが何かや、どのような効果があるのかを知っておくことはとても大切です。

そこで、今回は「【【輪作・間作・混作】3つの違いは?知っておきたい野菜栽培の管理方法とは」をご紹介します。

輪作・間作・混作の3つの違いとは

知っておきたい野菜栽培の管理方法とは、輪作・間作・混作の3つです。それぞれの意味や効果を紹介していきましょう。

輪作とは異なる野菜を順番に栽培していこと

実は、同じ野菜を毎年同じ場所で栽培すると、生育が悪くなる「連作障害」が知られています。

畑の配置と数種類の野菜の作付けパターンを合理的に組み合わせて循環させることで、連作障害を防ぐ方法です。

組み合わせのパターンは、マメ科などの「科」が同じ野菜を続けて育てない、育てる場合は決まった年数をあけるなどをします。

輪作をすることで病害虫の発生を少なくし、雑草を適度に減らす効果も期待でき、土壌中の微生物が多様化して土が豊かになります

間作とは2種類の作物の畝を交互に作ること

間作は、ナスを育てている畝と畝の間にスカイの畝を作り、ナスの収穫が終わった後はスイカの畑にするなどです。こちらも連作障害を防ぐ役割があります。

交互に作物を植えていくことで土壌の成分が平均化していくメリットがありますが、作物の時期や収穫時期を考えないといけないので、初心者には難しい方法です。

混作とは畝それぞれ異なる作物を育てること

混作とは、1つの畝に複数の作物を並べて育てたり、畝の1つごとに別の作物を育てていくことです。

例えば、ナス科の果菜類の株もとにニラを混作して病気を防ぐなどがありますが、これらは知識や経験が必要になってきますね。

こちらも間作と同様に広い畑が必要で、知識や経験が必要なので初心者には不向きな方法となります。

↑目次へ戻る

輪作パターンを利用するのが簡単

間作と混作をするのには、広い畑と知識や経験が必要になるので初心者には不向きです。

なので、連作障害などを防ぎたい場合は「輪作」をするのがおすすめです。輪作パターンは、書籍やネット上でも色々と記載されているので参考にすることができます。

パターンと言っても、種類は決まっているので、どちらかというと栽培したい野菜の種類が入ったパターンを選ぶことに近いかもしれません。

↑目次へ戻る

輪作・間作・混作をするのが難しいなら?

シェア畑やマイファームなどの貸し農園では、野菜栽培の相談ができる指導員やアドバイザーが常駐してるので、作りたい野菜にあった方法を選ぶことができます。

特に、シェア畑では栽培できる野菜の種類が決まっているので、作りたい野菜を選ぶだけでパターンがほぼ決まってくるので初心者も安心して野菜作りができます。

一方、市民農園では、自分で好きな野菜の種類を選ぶことができ、栽培方法も輪作・間作・混作を選ぶ自由があります。

ただ、指導員やアドバイザーが不在の場合は自分でそれらを考えてやらないといけないこと、さらに畑が2年目も継続して利用できないこともあります。

そのため、市民農園では過去に畑に何科の植物が植えられていたかなどを確認する必要があります。

↑目次へ戻る

はじめて畑をレンタルするなら?

結論としては、はじめて野菜の栽培を始めるなら貸し農園サービスです。

なぜなら、市民農園は利用料金は安いものの、基本的に農具や種などを必要な道具などを準備する必要があります。

さらに、指導員がいない場合が多いので、栽培方法の知識を勉強する時間や手間がかかります

料金だけで市民農園を選択しないように、代表的なシェア畑と市民農園の違いをまとめました。

市民農園
  • 利用料金が安い
  • 入会金や運営費が不要
  • 面積は広いが手間になるかも
  • アドバイザーがいない場合も
  • 募集が年1回が多い
  • 人との交流が少ない
シェア畑
  • 利用料金が高い
  • 入会金も初期費用として必要
  • 畑の広さを選びやすい
  • 菜園アドバイザーが駐在
  • 募集は空きがでれば随時OK
  • 人と交流しやすい

特に、市民農園は募集時期があるので、すぐに始められないことも。その点、シェア畑は空きがあればすぐに借りられます。

1年目はシェア畑、2年目は市民農園にチャレンジするのも方法の一つです。

\WEBで説明会に参加OK/

シェア畑をみてみる

指導員に相談可・手ぶらでレンタル!

口コミ・評判
【シェア畑の評判】悪い口コミは?料金以外の5つの良くないポイントを徹底検証|2022年版【シェア畑の評判や口コミを知りたい人向け】畑をレンタルできるシェア畑が気になるな。良い感想が多いと聞くけど、なぜ人気なのかな。やってみた評判はどうなんだろう。悪い口コミも知りたいな。こういった疑問に野菜大好きのベジタンが回答します。...
シェア畑の料金
【シェア畑の料金が高い理由はコレ!】市民農園と費用を徹底比較シェア畑の料金が高いといわれる理由を知りたい人向けです。シェア畑を借りるのに料金が高いと聞くな。入会金も必要だと聞くし、本当はどうなのかな。利用する時の費用や注意点があれば知りたいな。こういった疑問に野菜大好きのベジタンが回答します。...

↑目次へ戻る

輪作・間作・混作の3つの違いまとめ

今回のコラムでは、「【輪作・間作・混作】3つの違いは?知っておきたい野菜栽培の管理方法とは」をご紹介しました。

輪作・間作・混作は3つは、野菜の連作障害などを防ぎ、野菜の成長を促進させる効果があるので、どれかの方法を選ぶがおすすめです。

特に、輪作はパターン化されているので、初心者でも決めやすく、栽培する野菜の目安にもなるので上手に利用しましょう。

\ おすすめの野菜宅配サービス /
坂ノ途中は京都が本社。西日本を中心に新鮮な野菜が届く。初回から3回分の送料無料が魅力。

公式サイト口コミ評判

食べチョクは農家とやり取りができる珍しいサービス。お試しは、どのサイズも初回1,000円引きでお得。回数縛りなし。

公式サイト
口コミ評判

ビオ・マルシェは全てJAS有機野菜が売り。お試しは送料込みで1,500円と試さない理由がない。

公式サイト口コミ評判