野菜の基礎知識

【連作障害とは?】市民農園で知っておくべき問題点と対策法

連作障害

連作障害の原因や対策法を知りたい人向け。

毎年、ナスを植えているけれど、今年は上手く育たないな。連作障害が問題だと調べたら分かったけど、何かな。対策法も教えて欲しい。
ベジタン
ベジタン
野菜が上手に育たないのは育て方が悪いだけじゃないかもしれません。

連作障害とは、同じ科の植物を毎年植えていくと上手に育たないなどの問題が起こることです。

毎年、同じ野菜を植え続けると何故か上手に育たなかったり、病気になって一気に枯れてしまうということがあります。

これは、どの野菜でも連作障害が起こるわけではなく、特定の野菜が起こりやすいとされています。

では、どうして連作障害が起こるのでしょうか、そして、どうやって対策をすればいいのでしょうか?

そこで、今回は「【連作障害とは?】市民農園で知っておくべき問題点と対策法」をご紹介します。

連作障害は市民農園では特に注意が必要

連作障害とは、その名のとおり連続して作ると野菜が上手に育たなかったり枯れてしまう現象のことです。

特に、はじめて畑を借りて野菜の栽培をしようと考えている人は、管理者に前の人がどのような野菜を栽培していたかを確認しておく必要があります。

しかも、すべての野菜に起こる現象ではないので、連作障害が起こりやすい野菜の種類も知っておく必要があります。

主にソラマメなどのマメ科の野菜や、ナス、トマト、ピーマン、サツマイモ、セロリ、など、家庭でよく食べられる野菜が数多いのが分かると思います。

これらのことを指導員やアドバイザーが不在の市民農園では知らないままやってしまうことになるので、事前に原因や対策方法を知っておくことが大切です。

↑目次へ戻る

連作障害が起こる原因

連作障害が起こる原因は、主に2つ。です。

連作障害が起こってしまうと、植物が上手く育たず、場合によっては枯れてしまう原因になってしまいます。そのことを知らずに、毎年同じ野菜を作り続けると時間が無駄になっていまいます。

  • 1.特定の微生物が増えすぎる
  • 2.栄養素のバランスが崩れる

1.特定の微生物が増えすぎる

例えばナス科であればナス科が好きな微生物が集まります。これが何が問題になるかというと、土壌に特定の微生物が集まりすぎてバランスが崩れるからです。

色々な野菜を育てている土壌であれば、特定の微生物が悪さをしても抑えることができますが、偏ってしまうと同じ微生物が一気に増えてしまうことが起こります。

そのため、トマトであれば「青枯れ病」のように一気に枯れてしまう原因になりやすくなります。

2.栄養素のバランスが崩れる

毎年、同じ植物を植え続けると、偏った栄養素ばかりが吸い上げられることになります。

そのため、栄養成分のバラスが崩れていまい、こちらも植物が枯れやすくなったりすることになります。

植物にとって栄養素はとても重要な成長要素になっているので、好まれる栄養素と好まれない栄養素によって成長具合が変わってくるためです。

そのため、栄養素のバランスをと整えることがとても大切になってきます。

↑目次へ戻る

連作障害の対策方法

連作障害を防ぐ方法は主に2つ。1つは「同じ植物を植える期間を空ける」、2つ目は「堆肥を入れて土をつくりなおす」です。

  • 1.同じ科の植物を植える期間を空ける
  • 2.堆肥を入れて土をつくりなおす

1.同じ科の植物を植える期間を空ける

例えば、ナスを植えたら3~4年ぐらいあけるのが一般的です。そのため、科の異なる植物を毎年違うものを植えることをします。

これによって土壌内の微生物や栄養素の偏りをなくす対策法があります。これを「輪作」と呼ばれています。

畑であれば、畝ごとに植える植物を回して植えていくことで、土壌のバランスを調整します。

1年空ける野菜 チンゲンサイ、クーシンサイ、ミズナなどの葉もの系
2年空ける野菜 ソラマメ、インゲン、サツマイモなど
3~4年空ける野菜 トマト、ナス、ピーマン、キャベツなど
4~5年空ける野菜 ゴボウ、サトイモ、スイカなど

ここで問題になるのが、家庭菜園や貸し農園でよく育てる野菜のトマト、ナス、ピーマン、キャベツなどが3~4年空けないといけないということです。

なので、連作にならないように栽培計画を立てて育てる野菜を調整しなければいけないということになります。

そういう意味でも指導員やアドバイザーがいない市民農園では、連作障害になりやすい野菜の種類を知るだけではなく、栽培計画が必要になります。

↑目次へ戻る

2.堆肥を入れて土をつくりなおす

多くの農家は輪作をするのが一番の対策になりますが、畑が小さいとなかなか輪作ができないという問題があります。

そのため、その他の方法として、堆肥を入れて土づくりをすることも検討してみましょう。

堆肥には多くの微生物が入っているので、土のバランスを整えて一旦リセットする方法です。

↑目次へ戻る

連作障害が起こりにくい野菜の種類

野菜によって植える間隔をあける期間が違ってきます。野菜によってどのくらい期間をあける必要があるかを知っておきましょう

例えば、大根は1年、キュウリやハクサイは2年、トマトやナスやピーマンは3~4年といったように知っていないと続けて野菜を植えてしまいがちです。

畑が小さい場合は、植える間隔の期間が長い野菜を育てるのはやめて、連作しなくてもいい野菜や期間が短い野菜を育てるのもおすすめです。

ただ、全ての野菜で連作障害が起こるわけではないので、障害が起こりにくい野菜を植えるのも方法のひとつです。

連作が可能な野菜としては、下記の野菜などがあります。

  • 枝豆
  • キャベツ
  • サツマイモ
  • ネギ
  • ニンジン
  • 小松菜

以上に挙げた以外も連作ができる野菜はあるので、育てる野菜の種類を選びましょう。

↑目次へ戻る

連作障害の問題点と対策法まとめ

今回のコラムでは、「【連作障害とは?】市民農園で気を付けたい問題と対策法」をご紹介しました。

毎年、同じ植物を植えていると何故か上手く育たなかったり、枯れてしまったりしても何が原因か分からなかったということが起こります。

連作障害の原因は、土壌内の微生物や栄養成分のバランスが崩れるのが大きな原因です。

対策方法としては、同じ植物を毎年植えない工夫をするか、堆肥を入れて土を作り直す方法が一般的です。

シェア畑やマイファームなどの貸し農園サービスでは指導員やアドバイザーが事前に対策をしてくれたり相談に乗ってもらえます。

ただ、市民農園では知識や経験がある人のアドバイスがないと気づかないまま失敗につながるので注意しましょう。

↑目次へ戻る

\ おすすめの野菜宅配サービス /
坂ノ途中は京都が本社。西日本を中心に新鮮な野菜が届く。初回から3回分の送料無料が魅力。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る

食べチョクは農家とやり取りができる珍しいサービス。お試しは、どのサイズも初回1,000円引きでお得。回数縛りなし。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る

ビオ・マルシェは全てJAS有機野菜が売り。お試しは送料込みで1,500円と試さない理由がない。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る