貸し農園の基礎知識

畑を借りる料金の相場|貸し農園の費用とレンタル時の注意点

畑を借りるのに料金はいくらかかるのか相場を知りたい人向け。

農園をレンタルすると、費用はどのくらいいくらかかるのかな。料金の相場があれば教えて欲しいな。契約時の注意点があれば知りたいな。

初めて貸し農園をレンタルする際に気になるのが、畑を借りるのにかかる料金

畑といっても土地を借りることになるので、家賃のように毎月払うの?とか疑問になりますよね。

実は、畑を借りる際には毎月支払う料金以外にも別の費用が発生することがあるので注意が必要です。

このコラムでは、畑を借りる時に必要な料金の相場が分かります。

そこで、今回は「畑を借りる料金の相場|貸し農園の費用とレンタル時の注意点」をご紹介します。

畑を借りるのに必要な料金の種類

はじめて畑を借りる時に料金は、以下のとおりです。

  • 畑の毎月の使用料
  • 入会金や運営費
  • サポート代や交通費

畑の使用料

まず、畑をレンタルをするのに基本になるのが、畑の使用料。畑の場所や広さによっても違っていますが、坪の広さで料金が変わってきます。

ここで注意しないといけないのが、1年単位での契約が一般的です。

月額が少なくても年額になると意外と高額になることがあるので、予算に応じて選んだ方がいいですね。

入会金や運営費

貸し農園サービスによっては、畑の毎月の利用料以外にも入会金や運営費などがかかる場合があります。

  • シェア畑:入会金として11,000円(税込)
  • マイファーム:運営費として11,000円(税込/2年目以降は3,780円)

※運営費は農園による。

サポート代や交通費・駐車場代

貸し農園サービスによっては、栽培を手伝ってくれるサポート代や種・苗代が別に必要な場合も。特に市民農園などではサポートが別料金ということが多いので注意が必要です。

その他にも、もし自宅から畑までが遠い場合などは交通費や駐車場がないとコインパーキング代もかかる場合もあります。

↑目次へ戻る

畑を借りる時の料金の相場

貸し農園を利用する料金の基本となるのが賃料です。これは貸し農園サービスの共通点となってくるので一番気になる料金と言えますね。

畑の立地によって料金が変わってきますが、借り農園のシェア畑で東京・神奈川・大阪を例に取り上げて比較してみました。

【東京】

地域 広さと料金
世田谷駅前 3㎡:8,000円/4.8㎡:11,000円
光が丘 3㎡:6,400円/8㎡:9,800円
葛飾柴又 3㎡:6,400円/4.8㎡:9,900円

【神奈川】

地域 広さと料金
武蔵中原 3㎡:7,400円/6㎡:11,000円
新百合ヶ丘 3㎡:6,400円/6㎡:9,200円/8㎡:9,900円
美しが丘 3㎡:6,400円/8㎡:8,400円〜

【大阪】

地域 広さと料金
放出 3㎡:6,400円/4.8㎡:8,800円
門真 3㎡:6,400円/6㎡:8,700円
八尾久宝寺 3㎡:6,400円/6㎡:8,900円〜/8㎡:9,900円〜

シェア畑では1ヶ月6,400円(3㎡)が多く、年間にすると76,800円。初年度のみ入会金11,000円がかかるので、約77,000円がかかることになりますね。

さらに、駅前など立地が良くなると料金が高くなることが多く、3㎡以上の広さになると料金に差が出てきていますね。

もし、通える農園の候補が複数あれば、交通費と月額区画料を比較して申し込みを検討することをおすすめします。

\まずは無料の説明会から/シェア畑をみてみる

↑目次へ戻る

畑・農園をレンタルする時の注意点

貸し農園をレンタルするときには年間での支払いが一般的なので、引越しや家庭の事情で中途解約しなければいけないときはどうなるのでしょうか?

貸し農園サービスによっても異なりますが、中途解約ができない場合がほとんどです。

  • シェア畑:原則として年間契約。途中解約の場合は3ヶ月前までに申し出が必要
  • マイファーム:原則として年間契約。やむを得ない事情により途中解約の場合は3ヶ月前までに申し出が必要
  • 市民農園:原則として年間契約。中途解約は農園による

やはり、基本はどの貸し農園サービスは年間の契約になっていますね。

もし途中解約してしまった場合、未使用分の利用料や入会金・運営費などの返金はない場合が多いので注意しましょう。

入会時には必ず、契約更新日・解約申し出期限日(3か月前の日付)を確認することも大切です。

↑目次へ戻る

畑を借りる時の料金の相場まとめ

今回のコラムでは「畑を借りる料金の相場|貸し農園の費用とレンタル時の注意点」をご紹介しました。

貸し農園は土地を借りることになるので、賃貸と一緒で立地や広さで料金が違ってきます。

賃料以外にも入会金や運営費などがかかることがあるので、よく確認しておくことが大切ですね。

色々と料金がかかる貸し農園ですが、逆に野菜や果物を収穫することができれば、その購入代を節約することもできるメリットもあります。

↑目次へ戻る

\ おすすめの野菜宅配サービス /
坂ノ途中は京都が本社。西日本を中心に新鮮な野菜が届く。初回から3回分の送料無料が魅力。

公式サイト口コミ評判

食べチョクは農家とやり取りができる珍しいサービス。お試しは、どのサイズも初回1,000円引きでお得。回数縛りなし。

公式サイト
口コミ評判

ビオ・マルシェは全てJAS有機野菜が売り。お試しは送料込みで1,500円と試さない理由がない。

公式サイト口コミ評判