貸し農園の基礎知識

【無農薬栽培と有機栽培の違い】どちらがいいの?市民農園で育てる野菜作りの選び方

無農薬栽培と有機栽培

無農薬栽培と有機栽培,違いを知りたい人向けです。

市民農園で農薬を使わずに野菜作りをしたいけど、無農薬栽培や有機栽培に何か違いがあるのかな。どちらがいいんだろうか。
ベジタン
ベジタン
初心者なら有機栽培を目指す理由を紹介します。

野菜を自分で栽培するのであれば、「無農薬栽培」をしたい人が多いと思います。

ただ、「有機栽培」と混同されていることもあり、同じじゃないの?となんとなく考えがち。

でも、2つは栽培方法が違ってくるので、はじめて野菜作りをする前にこららの違いを知っておくことは大切です。

本当に無農薬栽培は初心者におすすめなのでしょうか?

そこで、今回は「」をご紹介します。

無農薬栽培と有機栽培の違い

無農薬栽培と有機野菜の違いについて知っておきましょう。

なぜなら、栽培方法を知る時に2つの栽培方法が違ってくるからです。2つの栽培方法について理解して、自分が目指したい栽培方法を決めましょう。

無農薬と有機の違いは化学的な農薬を使うかどうか

無農薬栽培はその名の通り、全ての農薬を使わない栽培方法。一方、有機栽培はオーガニック栽培とも呼ばれ、化学肥料や殺虫剤などの農薬を使わない栽培方法です。

無農薬栽培と有機栽培の大きな違いは、化学的に合成された肥料および農薬を使うかどうか。つまり、有機栽培では栽培方法で農薬の使用自体は認められていることになります。

化学的に合成された肥料や農薬を使うかどうかがポイントですね。

ここで問題になるのが、全く農薬を使用しない無農薬栽培と化学的に合成された肥料や農薬を使わない有機栽培はどちらがいいのか?ということ。

プロ農家でなければ有機栽培を目指すべき

もちろん、無農薬栽培が望ましいと言いたいですが、プロの農家でも難しい無農薬栽培をプロでない人が栽培を目指すのはかなり大変です。

そのため、初めて野菜栽培をする初心者が目指すのは無農薬栽培ではなく、有機栽培です

もし、無農薬栽培を目指そうとすると、どちらかというと「自然農法」と呼ばれる独自の理論にもとづいた栽培方法を目指さなければならなくなります。

そうなると、一般的な野菜栽培の知識だけではなく、除草や病害虫対策など様々な工夫が必要になります。なので、初心者は有機栽培の方法を勉強して実践しましょう。

では、有機栽培とはどのような方法を意味しているのでしょうか?

有機栽培の定義は栽培目的ではない

有機栽培は、農家が農作物を「有機農産物」として販売する場合には通称「JAS法」と呼ばれる法律で限定されています。

JAS法で主に規定されているのは以下のとおりです。

  • 種まきや植えつけ前に2年以上、科学的に合成された肥料や農薬を使用しない(※)
  • 有機栽培で育てられた種や苗を使用する
  • 遺伝子組換え技術を利用しない
  • 使用が禁止されてる資材が入り込まないようにする。

※多年生作物の場合は最初の収穫前3年以上

これ以外にも様々な規定がありますが、これらの基準を満たす必要があります。

ただ、これは農作物を主に業として販売する場合の定義です

なので、家族で消費する野菜についてには、無理にJAS法にそった栽培方法をしなくてもいいことになります。

↑目次へ戻る

有機栽培をするための3つのポイント

有機栽培の方法について色々とありますが、大きく分けて3つのポイントがあります。

  • 作型を知って品種を選ぶ
  • 雑草の処理は人力で行う
  • 病害虫は植える時期と安全な資材で防ぐ

作型を知って品種と肥料を選ぶ

作型というのは、植物を植える時期や順番などのパターン。パターンにそって野菜の品種を選び、種まきや苗植えをすることで病気などに強い野菜が育ちやすくなります。

さらに、輪作や間作、混作などを野菜の組み合わせによって、競合が起きにくくなります。

雑草の処理は人力で行う

農薬としての除草剤は使うことができないため、雑草の処理は主に人力で行うことになります。雑草処理の基本は、早期発見・早期除草が基本です。

特に夏場は数日放っておくだけでも雑草が生えて処理じたいが大変なって面倒になってきます。

病虫害は植える時期と安全な資材で防ぐ

野菜にとって病害虫は避けられないものなので、できるだけ害虫がつかいにようにすることが重要です。

病害虫には種類があるので、つきやすい野菜などがあります。そのため、虫がつきつくい時期を見計らって種まきや苗植えをすることも防虫の方法の一つです。

さらに、マルチや藁などで根元をカバーすることによっても病害虫の予防になります。

↑目次へ戻る

有機栽培を目指している人が参考になる書籍

created by Rinker
¥2,246
(2021/09/28 00:59:10時点 Amazon調べ-詳細)

難しいと思われがちな肥料作りや病害虫対策などを、豊富な写真でわかりやすく紹介されています。代表的で人気の野菜についても畑の準備から収穫まで解説されているので参考になります。

野菜栽培の勉強をするならAmazonのKindle Unlimitedが便利です。月額料がかかりますが、野菜に関する書籍を無料で読むことができるKindle Unlimitedへの入会がおすすめです。

野菜を販売する際には注意すべきポイント

家族で食べる分の有機栽培をする場合には、特にJAS法の影響を受けませんが、もし余った野菜を販売しようとする際にはJAS法が関係してきます。

なので、直売所や畑のそばで余った野菜を販売する際には、安易に「無農薬栽培」や「有機栽培」として販売しないのがおすすめです。

特に市民農園は1年間の契約が多いので、過去どのような方法で野菜の栽培をしていたかは分からない上、証明するのは難しくなっています。

↑目次へ戻る

無農薬栽培と有機栽培の違いまとめ

今回のコラムでは、「【無農薬栽培と有機栽培の違い】どちらがいいの?市民農園で育てる野菜作りの選び方」をご紹介しました。

無農薬栽培と有機栽培の違いは、農薬や化学肥料を全く使わないかどうかです。ただ、せっかく野菜を育てるのであれば、無農薬で育てたいと思う人も多いでしょう。

でも、実際には無農薬で野菜を育てるのは害虫や野菜枯れなどのトラブルがつきものなので、はじめて農園で野菜づくりをする人にはおすすめできません。

シェア畑やマイファームなどの企業が運営する貸し農園のほとんどは、有機栽培がおこなわれているので、安心・安全な野菜作りをすることができます。

指導員やアドバイザーが常駐しているので、有機栽培のコツや資材が準備されていて、毎年同じ農法で野菜の栽培がされています。

一方、市民農園は農園によっては農薬の使用が禁止されている場合もありますが、あくまでも借主の自由というところもあります。

せっかく自分が無農薬や有機で野菜を栽培していても、隣の区画では農薬が使われていたなんてことも。

貸し農園を借りるか市民農園を借りるかは、野菜の栽培方法も考慮して決めましょう。

↑目次へ戻る

\ おすすめの野菜宅配サービス /
坂ノ途中は京都が本社。西日本を中心に新鮮な野菜が届く。初回から3回分の送料無料が魅力。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る

食べチョクは農家とやり取りができる珍しいサービス。お試しは、どのサイズも初回1,000円引きでお得。回数縛りなし。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る

ビオ・マルシェは全てJAS有機野菜が売り。お試しは送料込みで1,500円と試さない理由がない。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る