▶ゼンブヌードルが4食分&送料無料で673円!>>>

【無農薬栽培と有機栽培の違い】どちらがいいのか?徹底調査

無農薬栽培と有機栽培

無農薬栽培と有機栽培,違いを知りたい人向けです。

市民農園で農薬を使わずに野菜作りをしたいけど、無農薬栽培や有機栽培に何か違いがあるのかな。どちらがいいんだろうか。
みつき
初心者なら有機栽培を目指す理由を紹介します。

野菜を自分で栽培するのであれば「無農薬栽培が何か良さそう」と思う方も多いでしょう。

ただ、有機栽培という言葉もあるので、何が違うんだろう?と疑問に思うでしょう。

結局、無農薬栽培と有機栽培のどちらがいいのでしょうか。

そこで、今回は「【無農薬栽培と有機栽培の違い】どちらがいいのか?徹底調査」をご紹介します。

目次

無農薬栽培と有機栽培の違いは?

悩む女性

結論は、無農薬栽培と有機野菜の違いは主に化学的な農薬を使っているかどうかです。

なぜなら、栽培方法を知る時に2つの栽培方法が違ってくるからです。2つの栽培方法について理解して、自分が目指したい栽培方法を決めましょう。

無農薬栽培とは

無農薬栽培はその名の通り、全ての農薬を使わない栽培方法です。農薬じたいは一切使用せず、自然のままで栽培します。

有機栽培とは

一方、有機栽培はオーガニック栽培とも呼ばれ、化学肥料や殺虫剤などの農薬を使わない栽培方法です。

有機栽培では栽培方法で農薬の使用自体は認められていることになります。

ここで問題になるのが、全く農薬を使用しない無農薬栽培と化学的に合成された肥料や農薬を使わない有機栽培はどちらがいいのか?ということ。

はじめて野菜を栽培するなら有機栽培

もちろん、無農薬栽培が望ましいと言いたいですが、プロの農家でも難しい無農薬栽培をプロでない人が栽培を目指すのはかなり大変です。

そのため、初めて野菜栽培をする初心者が目指すのは無農薬栽培ではなく、有機栽培です

もし、無農薬栽培を目指そうとすると、どちらかというと「自然農法」と呼ばれる独自の理論にもとづいた栽培方法を目指さなければならなくなります。

そうなると、一般的な野菜栽培の知識だけではなく、除草や病害虫対策など様々な工夫が必要になります。なので、初心者は有機栽培の方法を勉強して実践しましょう。

では、有機栽培とはどのような方法を意味しているのでしょうか?

有機栽培の定義は栽培目的ではない

有機栽培は、農家が農作物を「有機農産物」として販売する場合には通称「JAS法」と呼ばれる法律で限定されています。

JAS法で主に規定されているのは以下のとおりです。

  • 種まきや植えつけ前に2年以上、科学的に合成された肥料や農薬を使用しない(※)
  • 有機栽培で育てられた種や苗を使用する
  • 遺伝子組換え技術を利用しない
  • 使用が禁止されてる資材が入り込まないようにする。

※多年生作物の場合は最初の収穫前3年以上

これ以外にも様々な規定がありますが、これらの基準を満たす必要があります。

ただ、これは農作物を主に業として販売する場合の定義です

なので、家族で消費する野菜についてには、無理にJAS法にそった栽培方法をしなくてもいいことになります。

有機栽培をするための3つのポイント

有機栽培の方法について色々とありますが、大きく分けて3つのポイントがあります。

  • 作型を知って品種を選ぶ
  • 雑草の処理は人力で行う
  • 病害虫は植える時期と安全な資材で防ぐ

作型を知って品種と肥料を選ぶ

作型というのは、植物を植える時期や順番などのパターン。パターンにそって野菜の品種を選び、種まきや苗植えをすることで病気などに強い野菜が育ちやすくなります。

さらに、輪作や間作、混作などを野菜の組み合わせによって、競合が起きにくくなります。

雑草の処理は人力で行う

農薬としての除草剤は使うことができないため、雑草の処理は主に人力で行うことになります。雑草処理の基本は、早期発見・早期除草が基本です。

特に夏場は数日放っておくだけでも雑草が生えて処理じたいが大変なって面倒になってきます。

病虫害は植える時期と安全な資材で防ぐ

野菜にとって病害虫は避けられないものなので、できるだけ害虫がつかいにようにすることが重要です。

病害虫には種類があるので、つきやすい野菜などがあります。そのため、虫がつきつくい時期を見計らって種まきや苗植えをすることも防虫の方法の一つです。

さらに、マルチや藁などで根元をカバーすることによっても病害虫の予防になります。

天然や自然のものを使った防虫剤の作り方

病害虫を防ぐための天然の防虫剤を家にある安心・安全な材料を使って作ることができます。

ここでは日常的に手に入るものを使った防虫剤の作り方を見ていくことにしましょう。

  • お酢と石鹸水
  • 木酢液とニンニク
  • 牛乳と石鹸水

お酢と石鹸水

害虫を寄せつけにくくする効果に加えて、カビなどの細菌などの増殖を抑えるのにも使えるのが、お酢。

お酢を500~1000倍程度に薄めたものを散布するだけでも十分に効果があります。その際に石鹸水と一緒に混ぜると、効果をより持続させることができるのでおすすめです。

木酢液とニンニク

木材を乾留した際に生じる液の上澄み分が木酢液(もくさくえき)です。市販もされているので簡単に手に入れることできます。

木酢液とニンニクをすりつぶしたものを水に溶かして葉の裏に散布すれば、害虫の撃退に効果的です。色々な害虫に効果があるので、葉が多く茂る野菜には使用したい天然の防虫剤です。

牛乳と石鹸水

害虫のなかでもアブラムシに効果があるので、牛乳を散布すること。ただ、原液のままではスプレーが詰まってしまうので、石鹸水などで薄めて使用するのがおすすめです。

牛乳なら簡単に手入れることができ、薄めて使うことができるので、費用も抑えることができます。

有機栽培を目指している人が参考になる書籍

created by Rinker
¥2,740 (2022/07/04 00:05:09時点 Amazon調べ-詳細)

難しいと思われがちな肥料作りや病害虫対策などを、豊富な写真でわかりやすく紹介されています。代表的で人気の野菜についても畑の準備から収穫まで解説されているので参考になります。

野菜栽培の勉強をするならAmazonのKindle Unlimitedが便利です。

月額料がかかりますが、野菜に関する書籍を無料で読むことができるKindle Unlimitedへの入会がおすすめです。

野菜を販売する際には注意すべきポイント

家族で食べる分の有機栽培をする場合には、特にJAS法の影響を受けませんが、もし余った野菜を販売しようとする際にはJAS法が関係してきます。

なので、直売所や畑のそばで余った野菜を販売する際には、安易に「無農薬栽培」や「有機栽培」として販売しないのがおすすめです。

特に市民農園は1年間の契約が多いので、過去どのような方法で野菜の栽培をしていたかは分からない上、証明するのは難しくなっています。

野菜の栽培方法や悩みを相談するなら?

悩む女性

野菜の育て方について、ちょっと質問をしたいけど、誰に相談したらいいか分からない!こういったことはありませんか。

特に、はじめて野菜の栽培を考えている人にとって、家事や仕事、子育てがあるなかで、なかなか解決法を本やネットで探す大変ですよね。

そのような時には「ココナラ」が便利!ココナラは個人や企業の知識やスキルを共有できるサービスです。

ココナラでは、野菜栽培の経験者やプロが出品しているので、野菜の栽培に関することなら何でも相談ができます。

数百円から数千円で、ちょっとした質問や本格的なアドバイスを受けることができます。

まずは、登録して、どのような相談ができるかをチェックしてみましょう。

\ 栽培の経験者に何でも相談できる /

無料登録&初回300ポイントGET

無農薬栽培と有機栽培の違いまとめ

今回のコラムでは「【無農薬栽培と有機栽培の違い】どちらがいいの?市民農園で育てる野菜作りの選び方」をご紹介しました。

無農薬栽培と有機栽培の違いは、農薬や化学肥料を全く使わないかどうかです。ただ、せっかく野菜を育てるのであれば、無農薬で育てたいと思う人も多いでしょう。

でも、実際には無農薬で野菜を育てるのは害虫や野菜枯れなどのトラブルがつきものなので、はじめて農園で野菜づくりをする人にはおすすめできません。

シェア畑やマイファームなどの企業が運営する貸し農園のほとんどは、有機栽培がおこなわれているので、安心・安全な野菜作りをすることができます。

野菜の栽培や畑の管理に不安があるなら、1年目はシェア畑のような貸し農園、2年目は市民農園に挑戦するのも方法のひとつです。

\ まずは無料の説明会から /

オンラインで自宅から参加!

評判を知りたい人は、下記のコラムを参考にしてみてくださいね!

料金については、下記からどうぞ。

目次
閉じる