▶野菜の知識を仕事に活かせる資格はこちら⇒ click!

【市民農園の始め方はコレ!】何から始める?利用する時の手順

貸し農園始め方

市民農園(貸し農園)で野菜栽培の始め方を知りたい人向けです。

市民農園で野菜作りをするのに何から始めればいいかな。畑の借りる方法や準備するものとかあるのかな。

農作業をした経験がない人が野菜作りをしようと思ったら、色々と調べないといけないことがありますよね。

肥料や苗、野菜の育て方など知っておくべきことがたくさんあります。

では、市民農園を借りて野菜作りをするには何から始めればいいのでしょうか?

そこで、今回は「【市民農園の始め方はコレ!】何から始める?利用する時の手順」をご紹介します。

市民農園の開設手順については記載していません。ご注意ください。

目次

市民農園の始め方①畑を借りる

輪作・間作・混作

農作業に始めるのにあたって一番必要なのが畑を借りること。

畑を借りる方法は主に2つ。「企業が運営する貸し農園サービスを利用する」と「市町村が運営する市民農園を利用する」です。

どちらにもメリットとデメリットがあるので、どちらがいいかは野菜を栽培したい家族構成や訪れず頻度などによっても違ってきます。

例えば、企業が運営する貸し農園サービスであれば、基本的に農道具や肥料などは準備されているので購入や準備する必要はありません。さらに、アドバイザーがいるので、野菜の育て方などを相談することができます。企業によっては、種や苗までも準備されていることも。

一方、市町村が運営する市民農園は基本的に農道具や準備は自分で準備する必要があり、アドバイザーも不在で全て自分でやらないといけない農園も多いです。場合によってはアドバイザーが有料オプションでつけられる場合も。

では、企業が運営する貸し農園サービスでは準備がほとんど不要なので、市町村が運営する市民農園を利用する場合はどのような準備が必要なのでしょうか?

市民農園の始め方②土や肥料づくり

土壌

畑を借りることができたら、次は自分で土や肥料づくり、野菜の育て方などを勉強する必要があります。

企業が運営する貸し農園では、アドバイザー(指導員)が常勤している場合もあるので、土や肥料が最初から準備され、野菜の栽培方法も相談することが可能です。

アドバイザーといっても例えば大手の貸し農園サービスでは下記の名称になっています。

  • シェア畑:菜園アドバイザー
  • マイファーム:自産自消アドバイザー

基本的にアドバイザーの役割は、土や肥料の準備、農道具の貸し出し、野菜の栽培方法の相談など多岐にわたります。ただ、野菜代行サービスではないので、自分で野菜作りをすることになります。

ただ、どうしても旅行や出産などの諸事情で農園に通うことができなくなったりした時には、草刈りなどの作業をお願いできる場合もあるのできるのも大きな魅力です。

一方、市民農園の場合は、アドバイザー(指導員)がいないことが多いので、何かがあっても自分で管理する必要があります。

雑草などを生えたままにしていると、隣の区画からのクレームなったり、最悪の場合は解約になるということも。

そうならないためにも、土や肥料づくり、野菜の栽培方法を自分で勉強する必要があります。

最近は、野菜作りなどの書籍や動画などが多く見つかるので、まずは簡単な内容から勉強を始めましょう。

経験者に教わることも大事ですが、自分でまずはやってみるということも楽しみのひとつになりますよ。

市民農園の始め方③農道具や種・苗の購入

雑草対策

レンタルする畑が決まって、土や肥料、野菜作りの勉強が終わったら、農作業をするための農道具や種・苗を準備しましょう。

農作業に必要な農道具としては、クワ、スコップ、鎌、移植ゴテ、一輪車、ジョウロなど。

次に、種や苗をどこで買うのが良いのか?ですが、園芸店、ホームセンター、スーパー、農協など様々なところで販売しています。

最近は、通販サイトでも購入することができるので便利です。

ただ、初めて農作業をする人は、園芸店などで相談しながら購入するのがおすすめです。

市民農園・貸し農園の始め方まとめ

今回のコラムでは「【市民農園の始め方はコレ!】何から始める?利用する時の手順」をご紹介しました。

企業の運営する貸し農園を利用する場合や市民農園を利用する場合で揃えるべきものや、やることが違ってってくるので、借りたい畑によって準備をしましょう。

最初から何でもやろうとすると長続きがしないので、最低限のものや準備をしてから野菜作りを始めましょう!

目次