貸し農園の基礎知識

畑の服装はTシャツに短パンでOK?レンタル畑や貸し農園で野菜を栽培する時の準備

服装

農園で畑仕事をする際に適した服装を知りたいと人向けです。

畑で作業をするときには、どんな服装がいいのかな。暑くなりそうだからTシャツに短パンでも大丈夫かな。
ベジタン
ベジタン
必需品も紹介するよ。

はじめての貸し農園.comでは、はじめて野菜や果物を栽培したい人に貸し農園の選び方や利用するコツをお伝えしています。

はじめて畑で農作業をするときは、暑くなるし汚れるからTシャツとか短パンで行こうかな、と思っている人もいるでしょう。

意外とどのような服装で畑に行けばいいのか悩んでしまいますよね。

夏なら暑いからTシャツに短パンでも大丈夫なのでしょうか?

そこで、今回は「畑の服装はTシャツに短パンでOK?レンタル畑や貸し農園で野菜を栽培する時の準備」をご紹介します。

貸し農園で畑仕事するときの服装

暑くても長袖・長ズボンがおすすめです。

貸し農園で畑仕事するときの服装

長袖があるもの

まずは、農作業で必ず身に着けるべきものは、長袖のある服です。

夏場は暑いからTシャツでもいいんじゃないかと思われがちですが、日差しが強烈なので腕が日焼けしてしまいがち。

暑い日は水分をよく取り、制汗剤を活用するなどをして暑さ対策をしましょう。

長ズボン

長袖の服と同様に短パンで作業すると足の部分が日焼けしてしまうことがあります。曇っていても紫外線が強く、油断していると日焼けしているということも。

生地はゆったりしたもので、空気を通しやすい綿などで出来た長ズボンがおすすめ。

さらに足首が出ないように安くてもいいので水に強い長靴がおすすめです。底が浅い靴だと水や泥が入ってしまいがちなので、ゴム長靴を用意しましょう。

もちろん汚れるので、普段はいているおしゃれなレインブーツはやめておいたほうがいいですね。

↑目次へ戻る

手袋や帽子

農作業には手袋も重要です。軍手でもいいんじゃないかと思われがちですが、水がついたり泥を巻き込むことがあるので、園芸用の手袋がおすすめです。

水を通さないばかりか、滑り止めがついていたり、厚さがあるので破れにくいメリットがあります。生地が薄い手袋だと破けてしまうことがあるので注意しましょう。

帽子も首が出ないように首がカバーされた帽子がおすすめ。特に、子どもの首は保護できるようにしてあげましょう。

麦わら帽子やキャップ帽でも大丈夫ですが、首にタオルなどを巻いたりして日に当たりすぎないようにするのがコツですね。

↑目次へ戻る

農作業をする前に対策するべきこと

農作業をするときに対策を考えないといけないのが、下記の2点。

  • 暑さ対策
  • 虫よけ対策

最近では熱中症や感染症なども心配になるので、対策を事前にしておく必要があります。

暑さ対策としては、水分を十分にとることと休憩をはさむこと。作業に夢中になりすぎて、ついつい長時間の作業をしてしまうことも。

長袖・長ズボンというスタイルなので、汗を抑える制汗剤や保冷剤を準備しておいてもいいですね。

虫よけ対策としては、やはり虫よけスプレーなどを活用するのがおすすめです。首にかけておくタイプやスプレータイプなどがあるので、上手に活用しましょう。

農作業をする前に持って来ておくと良いもの

  • 吸収性のいいタオル
  • 水筒や保冷剤
  • 虫よけスプレー
  • 制汗剤
  • 日焼け止めクリームやスプレー
  • 着替え用の服やズボン
  • ウエストポーチ

これ以外にも便利なグッズなどを農作業の経験者に聞いてみるのもいいですね。

↑目次へ戻る

まとめ:農作業の服装は長袖・長ズボンが基本

今回のコラムでは、「畑の服装はTシャツに短パンでOK?レンタル畑や貸し農園で野菜を栽培する時の準備」をご紹介しました。

農作業のときには日焼けや虫などの気を付けないといけないことがあるので、長袖・長ズボンが基本です。

長袖や長ズボンの服装だと、夏場などは暑さ対策も必要になりますね。

↑目次へ戻る

\ おすすめの野菜宅配サービス /
坂ノ途中は京都が本社。西日本を中心に新鮮な野菜が届く。初回から3回分の送料無料が魅力。

公式サイト口コミ評判

食べチョクは農家とやり取りができる珍しいサービス。お試しは、どのサイズも初回1,000円引きでお得。回数縛りなし。

公式サイト
口コミ評判

ビオ・マルシェは全てJAS有機野菜が売り。お試しは送料込みで1,500円と試さない理由がない。

公式サイト口コミ評判