▶野菜の知識を仕事に活かせる資格はこちら⇒ click!

【食生活アドバイザーと食育アドバイザーの違い】徹底比較

悩む女性

食生活アドバイザーと食育アドバイザーの違いを知りたい人向けです。

食生活アドバイザーと食育アドバイザーでは、費用や資格取得の難易度に違いはあるのかな。結局、どちらを取得するほうがいいのか知りたいな。

食の資格で人気なのが、食生活アドバイザーと食育アドバイザー

「食育」と「食生活」なので同じ食ですが、違うジャンルの資格と言えます。ただ、実は両方を資格を取得している人が多いのが特徴です。

まずは、食生活アドバイザーと食育アドバイザーの違いを比較してまとめてみました。

食生活アドバイザー食育アドバイザー
認定機関 FLAネットワーク協会日本能力開発推進協会
受験資格特になし特になし
受験形式年2回(7月・11月)開催在宅受験
合格レベル【2級】約40%
【3級】約65%
ほぼ100%
受験料【2級】7,500円
【3級】5,000円
【2・3級併願】12,500円
無料
講座提供ユーキャンキャリカレ

では、食生活アドバイザーと食育アドバイザーとでは、どちらがいいのでしょうか。

そこで、今回は「【食生活アドバイザーと食育アドバイザーの違い】徹底比較」をご紹介します。

なお、どちらいいか結論を知りたい方は、どちらがいい?食生活アドバイザーと食育アドバイザーへどうぞ。

目次

食生活アドバイザーと食育アドバイザーの違いを徹底比較

悩む女性

食生活アドバイザーと食育アドバイザーの違いを色々な視点で比較してみました。

【食生活アドバイザーVS食育アドバイザー】認定団体

食生活アドバイザー食育アドバイザー
認定機関 FLAネットワーク協会日本能力開発推進協会
講座提供ユーキャンキャリカレ

食生活アドバイザーの資格内容と認定機関

保育所や介護施設、家庭などで活用できる食全般に関わる知識が学べる資格。独学で取得も可能で、一般社団法人 FLAネットワーク協会が認定しています。

食育アドバイザーの資格内容と認定機関

食育に特化した資格で子どもから大人まで幅広い年代に食の知識やマナーなどがアドバイスができる資格。通信講座が必要で、一般財団法人日本能力開発推進協会が認定しています。

どちらの資格も子どもから大人まで活用できる資格ですが、食生活アドバイザーのほうが学べる範囲が広いでしょう。

【食生活アドバイザーVS食育アドバイザー】費用

食生活アドバイザー食育アドバイザー
講座費用(税込)39,000円38,600円(WEB割引:28,600円)
受験料【2級】7,500円
【3級】5,000円
【2・3級併願】12,500円
無料

食生活アドバイザー資格取得の費用

テキストなどを購入して独学でも取得することができますが、検定には級に応じて受験料が必要になります。

もしユーキャンの食生活アドバイザー(R)講座を利用するなら2級と3級とダブル合格を目指せ、講座費用は39,000円(税込)です。

食育アドバイザー資格取得の費用

資格取得のための講座は、キャリカレが提供しています。講座費用は38,600円(WEB割引:28,600円)で、受験料は無料です。

食生活アドバイザーの場合には受験する級に応じて受験料が必要になります。

【食生活アドバイザーVS食育アドバイザー】難しさ

調理師
食生活アドバイザー食育アドバイザー
受験形式会場受験(年2回開催)自宅受験
合格レベル【2級】約40%
【3級】約65%
ほぼ100%

食生活アドバイザー検定の難易度

検定は会場となり、合格レベルは2級で約40%・3級で約65%と民間資格としては難易度が高いといえます。

食育アドバイザー資格の難易度

受験はテキストを見ながら自宅で受験ができるので、合格レベルはほぼ100%といえます。

食生活アドバイザー検定は会場受験で合格レベルが低く難易度は高いでしょう。

どちらがいい?食生活アドバイザーと食育アドバイザー

結論としては、食生活アドバイザーです。

理由は、下記の3つです。

  • 資格活用の範囲
  • 試験のスタイル
  • 資格試験の実施回数

資格活用の範囲

食生活アドバイザーは食全般の知識が学べ、食育アドバイザーはその名のとおり食育中心です。そのため、まずは食全般の資格を取得してから食育を学びましょう

実際にSNS上では、どちらの資格も取得している方も多く、両方とも取得するなら食生活アドバイザーからでしょう。

試験のスタイル

食生活アドバイザーは外部の試験ですが、食育アドバイザーは修了試験です。資格のハクとしても外部の試験のほうがスキルを証明しやすいでしょう。

協会が指定する試験の合格しているほうが仕事に活用する上では有利になることが多いですね。

資格試験の実施回数

食生活アドバイザーの資格試験は年2回。これをはずしてしまうと、試験まで待たないといけないことも。食育アドバイザーはいつでも取れます。

そのため、試験日に合わせてまずは食生活アドバイザーの日程を確保するほうがいいでしょう。

どちらがいいか悩んだら、どちらも資料請求して比較することから始めてみましょう! >>>ユーキャンの食生活アドバイザー(R)講座 キャリカレの食育アドバイザー講座

\ 食の総合資格を取得するなら /

資料請求は無料です。

\ 在宅受験で難易度が低いので取りやすい /

割引キャンペーンをチェック!

まとめ

今回のコラムでは「【食生活アドバイザーと食育アドバイザーの違い】徹底比較」をご紹介しました。

食生活アドバイザーと食育アドバイザーの比較表は、下記のとおりです。

食生活アドバイザー食育アドバイザー
認定機関 FLAネットワーク協会日本能力開発推進協会
受験資格特になし特になし
受験形式年2回(7月・11月)開催自宅受験
合格レベル【2級】約40%
【3級】約65%
ほぼ100%
受験料【2級】7,500円
【3級】5,000円
【2・3級併願】12,500円
無料
講座提供ユーキャンキャリカレ

資格内容が子どもから大人まで活用できるという点では同じですが、検定の合格レベルや難易度をみてみると食生活アドバイザーのほうが取得しにくいといえます。

その分、資格としてのアピール力が高いですが、検定の合格が必須になります。一方、食育アドバイザーは自宅受験なので、講座さえ修了すればほぼ取得できる資格です。

まずは、ユーキャンの食生活アドバイザー(R)講座だけでなく、食育アドバイザー講座の両方を資料請求して内容を比較してみましょう!

\ 食の総合資格を取得するなら /

資料請求は無料です。

\ 在宅受験で難易度が低いので取りやすい /

割引キャンペーンをチェック!

目次