食生活アドバイザー

食生活アドバイザーのおすすめテキストは?参考書や問題集で学習に役立つ教材とは|2021年版

食生活アドバイザー®試験に合格するためのテキストがどれか知りたい人向けです。

食の資格として、食生活アドバイザー®資格を取得したいけど、おすすめのテキストはどれかな。2021年版で過去問がある参考書や問題集もあれば知りたいな。
ベジタン
ベジタン
このコラムでは、独学で試験に合格するためのテキストが分かります。

食生活アドバイザー®は、試験の合格率が3級で約65%、2級で約40%と民間資格としては低く、難易度も高めの資格となっています。

ただ、受験資格に制限がなく、誰でも独学で取得できるので注目されています。

では、食生活アドバイザー®試験に合格するためには、どのようなテキストを利用すればいいのでしょうか?

実は、難易度が高めの試験なので、テキスト以外にも参考書などを上手に活用するのがおすすめです。

そこで、今回は「食生活アドバイザーのおすすめテキストは?参考書や問題集で学習に役立つ教材とは|2021年版」をご紹介します。

食生活アドバイザーのおすすめテキスト

独学で学習する場合に必須なテキストは、認定機関が発行している「食生活アドバイザー®の公式テキスト&問題集」です。

2級と3級それぞれのテキストが存在します。

食生活アドバイザー®3級テキスト&問題集

3級では、生活者・消費者として生きるための「よりよい食生活の実践知識」の習得をめざします。

created by Rinker
¥1,980
(2021/09/23 17:42:33時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは認定団体による唯一の公式テキストであり、検定試験の内容に沿って出題範囲ごとに構成されています。

さらに、問題集も掲載されているので、試験対策としては必須なテキストでしょう。

食生活アドバイザー®2級テキスト&問題集

2級では、企業人として消費者とのパイプ役になるための「食と生活を提案する実務知識」の習得をめざします。

created by Rinker
¥2,310
(2021/09/23 20:04:47時点 Amazon調べ-詳細)

同じくこちらも認定団体による唯一の公式テキストです。過去問も2回分付属しています。

ただ、食生活アドバイザー資格は2級・3級とも取得が難しい検定試験があるので、そこは次にご紹介する通信講座を利用するのも方法のひとつです。

↑目次へ戻る

食生活アドバイザーのおすすめ通信講座

食生活アドバイザー®資格の試験に受験資格はなく、公式テキストも市販されているため、独学でも取得することができます。

2級と3級の併願受験を目指すなら、「ユーキャンの食生活アドバイザー®講座」がおすすめです。

通信講座を利用した人の中には2級を目指しているけど、3級は万が一のことを考えてダブル受験を目指した人もいます。

2級の合格率が約40%と低めなので、1発合格を目指しているなら通信講座の利用するべきです。

\今なら5,000円割引!10/15まで/

食生活アドバイザー(R)講座
資料請求は無料です。

↑目次へ戻る

食生活アドバイザーのおすすめ参考書

資格取得のために役立つのが参考書です。認定団体から発行されている試験に頻出するワード(926 語)をまとめた重要用語集が便利です。

食生活アドバイザー®公式重要用語辞典

created by Rinker
¥1,980
(2021/09/23 08:27:45時点 Amazon調べ-詳細)

食生活アドバイザー®公式重要用語辞典

created by Rinker
日本能率協会マネジメントセンター
¥1,760
(2021/09/23 20:04:48時点 Amazon調べ-詳細)

↑目次へ戻る

食生活アドバイザーのおすすめ問題集

公式テキスト&問題集では不安な人は、さらに別の問題集をするのも重ねて利用するのもおすすめです。

ユーキャンの食生活アドバイザー®検定3級速習テキスト&予想模試

ユーキャンの食生活アドバイザー®検定3級速習テキスト&予想模試

↑目次へ戻る

食生活アドバイザーのおすすめアプリ

試験に合格するには参考書や用語集を活用する方法もありますが、最近はスマートフォンを使って学習したいという人もいるでしょう。

実は、公式ではありませんが食生活アドバイザー®の試験で出題された内容を学習できるアプリがあります。

アプリは学習に必須ではありませんが、すきま時間にゲーム感覚で活用するのも記憶を定着させる方法の一つでしょう。

↑目次へ戻る

食生活アドバイザーの勉強法や学習のコツ

徹底した勉強⽅法は以下の3点です。

予想問題・過去問→テキスト

問題を解く→テキストを読んで内容を覚える、をひたすら繰り返しました。

実際に出る問題を解くことで傾向をつかめるので、無駄なところまで覚える必要がなく、効率的に勉強できたと思います。

スキマ時間をとにかく有効活⽤する

仕事をしながら合格を目指したので、勉強に使える時間はわずかでした。スキマ時間で復習できることが⼤切です。

参考書はそのままだと厚くて重いので章ごとに切り離して参考書を持ち歩いていました。

まとめノートはつくらない

まとめノートはつくらないようにしました。資格の勉強などをしていると、1から全部ノートに書き写す⼈がいます。

理由は、どこに何を書いたかわからなくなるから。その代わりに参考書にすべて書き込んでいました。1⽇あたり計2時間ほど勉強し、2ヶ⽉は勉強したと思います。

もし、資格取得の学習を効率的にどのように進めていけばいいかを知りたいなら、下記もおすすめです。

食生活アドバイザーのテキストではありませんが、食生活アドバイザー検定試験に最短距離で合格できる方法や科目ごとの勉強方法、スケジュールの調整などを知ることができます。

しかも、こちらはKindle Unlimitedに加入すれば、無料で読むことが可能です。

↑目次へ戻る

食生活アドバイザーおすすめテキストまとめ

今回のコラムでは「食生活アドバイザーのおすすめテキストは?参考書や問題集で学習に役立つ教材とは」をご紹介しました。

食生活アドバイザー®の試験は受験制限がないので誰でも受験することができる民間資格です。

ただ、難易度が高いので独学で学習する場合にはテキスト以外にも参考書や追加で問題集をこなすことが大切。

2級と3級を同時に合格を目指すのであれば、通信講座を活用すればテキストの他にも参考書や添削も付随してくるのでおすすめです。

\今なら5,000円割引!10/15まで/

食生活アドバイザー(R)講座
資料請求は無料です。

↑目次へ戻る