▶野菜の知識を仕事に活かせる資格はこちら⇒ click!

【食生活アドバイザーは独学で取れる?】試験の合格率と難易度

アドバイザー

食生活アドバイザーの試験を独学で受験しようか悩んでいる人向けです。

食生活アドバイザー試験は難しいのかな。合格率や難易度を知りたいな。そもそも、独学でも取得できるのでしょうか。

最近、食の知識が体系的に学べる食生活アドバイザー資格が注目されています。

ただ、なかに食生活アドバイザー試験は難しいんじゃないの?と思われている方もいらっしゃるでしょう。

まずは、試験の基本情報をまとめてみました。

名称食生活アドバイザー検定
主催一般社団法人 FLAネットワーク協会
検定日年2回(7月・11月)開催
階級【2級】【3級】(※1級はなし)
受験料(税込)【2級】7,500円
【3級】5,000円
【2・3級併願】12,500円
受験資格制限なし(誰でも受験可)
検定会場東京・大阪を含む約14都市
テスト時間2級・3級共に90分
開始時間【2級】10時30分、
【2級】13時30分(2級・3級併願受験可)
出題形式【2級】マークシート形式42問
+記述問題13問
【3級】マークシート形式50問
出題内容6科目(2級・3級共通)
合格基準【2級】合格点74点以上(123点中)
【3級】合格点60点以上(100点中)
合格率【2級】約40%
【3級】約65%
合格発表受験日から約1ヶ月後
(模範解答発表後に自主採点可)
申込期間願書請求及び受験申込
(受験日の約3~4ヶ月前)

上記のように、食生活アドバイザーの合格率は2級で約40%・3級で約65%なので、難易度としては高いといえるでしょう。

では、食生活アドバイザーは独学でも取れるのでしょうか。

そこで、今回は「【食生活アドバイザーは独学で取れる?】試験の合格率と難易度」をご紹介します。

これで試験の合格率は低く、難易度は高いのは分かった。じゃあ、勉強はどうすればいい?と思った方は、ユキャンの食生活アドバイザー(R)講座を参考にしてみましょう。

\ 食の総合資格を取得するなら /

資料請求は無料です。

目次

食生活アドバイザー資格は独学で取れる?

悩む女性

結論としては、食生活アドバイザー資格は、独学でも取得することができます

理由は、食生活アドバイザー試験に受験資格がないので、年齢・性別・国政にかかわらず資格の取得が可能です。

なお、食生活アドバイザー資格の取得を目指される方は、公式テキストを購入して学習するか、協会や通信講座を利用できます。

なかでも、2級と3級の同時合格を効率よく目指すなら、ユーキャンの食生活アドバイザー(R)講座の利用がおすすめです。

では、食生活アドバイザー検定試験の合格率や難易度どのくらいなのでしょうか。

食生活アドバイザー試験の合格率と難易度

勉強

食生活アドバイザーの合格率と試験内容をまとめてみました。

食生活アドバイザー2級の合格率

2級:選択問題1問2点・記述問題1問3点(123点中、合格点74点以上)

  • 食生活アドバイザー2級の合格率:約40%
  • 点数配分:選択問題1問2点・記述問題1問3点
  • 合格基準:123点中、合格点74点以上(約74%以上)

食生活アドバイザー3級の合格率

  • 食生活アドバイザー3級の合格率:約65%
  • 点数配分:選択問題1問2点
  • 合格基準:100点中、合格点60点以上(約60%以上)

上記のように食生活アドバイザーは民間資格としては難易度は高めですが、決して難しいというわけではありません。

これで食生活アドバイザーは独学でも取れるけど、合格率は低く、難易度が高いの分かった。じゃあ、独学は自分には向かないと思った方は、ユキャンの食生活アドバイザー(R)講座を利用してみましょう。

\ 食の総合資格を取得するなら /

資料請求は無料です。

では、食生活アドバイザーの合格のためにはどのようなテキストを利用すればいいのでしょうか。

食生活アドバイザー試験のためのテキスト

食生活アドバイザー試験の合格におすすめなのが、ユーキャンの講座です。

講座を受講すると、食生活アドバイザーのメインテキスト2冊に加えて、実践問題集2級と3級が送られてきます。

食生活アドバイザー3級テキスト P181
食生活アドバイザー3級問題集 P155
食生活アドバイザー2級テキスト P162
食生活アドバイザー2級問題集 P187

もし、独学で勉強する際には、それぞれ2級と3級のテキストと問題集を購入する必要が出てくるので、意外と出費がかかりますね。

さらに、ユーキャンの講座では学習のポイントなどの副教材もついてくるので、ポイントを押さえながら学習することが合格への効率的になるでしょう。

さらに詳しく講座のテキストについて知りたい方は、ユーキャンの食生活アドバイザー(R)講座をご覧ください。

では、食生活アドバイザー試験の合格ににはどのくらいの期間が必要なのでしょうか。

食生活アドバイザー試験のための勉強時間

例えば、ユーキャンの通信講座で食生活アドバイザー2級と3級の同時学習は標準の学習期間は約4ヶ月となっています。

それを単純に2級だけ、3級だけと考えると1日1時間の勉強時間で約2~3ヶ月とも言えます。もちろん、2級のほうが難易度が高いので、学習期間は余計にかかるでしょう。

ただ、毎年7月11月に試験が年2回実施されるので、いつからで学習を始めやすいといえます。

@yumeado_yuta こんばんわ。メッセージありがとうございます。私が使用した本は、公式の過去問題集と3ステップで最短合格!食生活アドバイザー、最短合格のために出る単!321の3冊です。勉強時間は2ヶ月間で1日1時間程度。ご参考になれば幸いです。合格を祈っています^^

— ひろりん (@ehime_hiroshi) May 2, 2015

2級に関しても3級と内容が重なる部分も多いので、1日1時間で約4ヶ月~6ヶ月が目安とされています。

7月に3級、11月に2級を受験することもできますし、11月に2級と3級の併願受験することも可能です。

では、どのように勉強すればいいのでしょうか。

食生活アドバイザー試験の勉強方法とコツ

食生活アドバイザー試験の勉強法は、独学にしろ通信講座にしろ基本は同じです。

徹底した勉強⽅法や学習のコツ、以下の3点です。

  • 予想問題・過去問→テキスト
  • スキマ時間をとにかく有効活⽤する
  • 勉強ノートは作らなくてもOK

予想問題・過去問→テキスト

問題を解く→テキストを読んで内容を覚える、をひたすら繰り返しました。食生活アドバイザーは、ほぼ暗記です。

ただ、2級を目指すなら記述式もあるので、覚え方は重要なキーワードは書くのがおすすめ。

実際に出る問題を解くことで傾向をつかめるので、効率的に勉強できます。

スキマ時間をとにかく有効活⽤する

仕事をしながら合格を目指したので、勉強に使える時間はわずかでした。スキマ時間で復習できることが⼤切です。

本はそのままだと厚くて重いので章ごとに切り離して持ち歩いていました。

勉強ノートは作らなくてOK

食生活アドバイザー試験の合格のために勉強ノートはつくらないようにしました。資格の勉強などをしていると、1から全部ノートに書き写す⼈がいます。

理由は、どこに何を書いたかわからなくなるから。その代わりに本にすべて書き込んでいました。1⽇あたり計2時間ほど勉強し、2ヶ⽉は勉強したと思います。

食生活アドバイザーがおすすめな人

今まで紹介した内容を考慮すると、食生活アドバイザー資格がおすすめな人は下記のとおりです。

  • 一生使える食の資格を身につけたい
  • 資格を組み合わせてアピールに使いたい

特に、食生活アドバイザー試験は受験資格がないので、学生が取得しやすいのも魅力です。

もし「栄養」に興味があっても、国家資格の栄養士や管理栄養士は就学経験が必要なため学生は簡単になることができません。

そのため、誰でも取得できる食生活アドバイザーを高校生や大学生のうちに食の資格を取得しておきたいという方も多いでしょう。

食生活アドバイザーのよくある質問

Q&A
食生活アドバイザーにはどのくらいのコストが必要ですか?

食生活アドバイザーのコストは、独学なら数千円のテキスト代、講座なら5万円ほど。さらに、受験料は2級・7,500円(税込)、3級・5,000円(税込)が必要になります。

詳細は、食生活アドバイザーの取得にどのくらい必要かを知りたい方は、下記のコラムでお伝えしています。

食生活アドバイザーを取得した芸能人はいますか?

食生活アドバイザーを取得した主な芸能人は、下記のような方がいらっしゃいます。

  • 白石麻衣さん
  • ローラさん
  • 仲里依紗さん
  • 佐々木希さん
  • 中島健人さん

詳細は、別コラム食生活アドバイザーを取得した芸能人でお伝えしています。

食生活アドバイザーと栄養の国家資格はどちらいいですか?

厚生労働大臣の免許を受けた国家資格なので、就職や仕事でも食生活アドバイザーよりも優勢性は高いでしょう。

ただ、取得に時間や費用もかかるので、まずは食生活アドバイザーからという方も多くいらっしゃいます。

詳細は、食生活アドバイザーと栄養の国家資格はどちらいいか違いを比較を下記のコラムでお伝えしています。

食生活アドバイザーは取得して意味ありますか?

食生活アドバイザーは就職や仕事で直接活用するのは難しいでしょう。ただし、家庭で食の知識を増やしたい方や、他の資格と組み合わせる方は多いです。

なお、資格の意味については、食生活アドバイザーは役立つ?役立たない?でお伝えしています。

食生活アドバイザーは何級を取ればいい?

食生活アドバイザー資格を取得するなら、いきなり2級を目指すべきです。ただ、合格率も低いわけではないので、2級と3級のダブル合格を目指すのも方法のひとつです。

まとめ

今回のコラムでは「【食生活アドバイザーは独学で取れる?】試験の合格率と難易度」をご紹介しました。

食生活アドバイザーの難易度や合格率、勉強法のまとめは下記のとおりです。

結論は食生活アドバイザー資格は独学で取得できますが、2級の合格率が約40%と難易度が高く、体系的に学ぶなら通信講座がおすすめです。

ただ、費用もかかるので、独学と通信講座のどちらを選ぶかはコスパも考えましょう!

\ 食の総合資格を取得するなら /

資料請求は無料です。

なお、ユーキャン食生活アドバイザーの口コミ・評判を知りたい方は、下記のコラムを参考にしてくださいね。

目次