▶ゼンブヌードルが4食分&送料無料で673円!>>>

【食生活アドバイザーは独学OK!】難易度・合格率・勉強方法

アドバイザー

食生活アドバイザーの試験を独学で受験しようか悩んでいる人向けです。

独学で資格が取れるなら費用も少なくても済むけど、食生活アドバイザーの試験は自宅で受験できるのかな。難易度や合格率も知りたいな。
みつき
このコラムでは、おすすめのテキストと通信講座を利用するメリットが分かります。

最近、食の知識が体系的にみにつく「食生活アドバイザー資格」が注目されています。

本来なら調理師や管理栄養士などの国家資格を取得できれば仕事につなげやすいと思いますが、時間や費用もかかり試験の難易度も高いのでためらいがち。

その点、食生活アドバイザーなら受験制限がないため、資格を取得して家庭や仕事にからめやすい資格として人気です。

ただ、食生活アドバイザーは独学で取得できるのかな?と思う人もいるでしょう。

食生活アドバイザー試験を下記にまとめてみました。

名称食生活アドバイザー検定
主催一般社団法人 FLAネットワーク協会
検定日年2回(7月・11月)開催
階級【2級】【3級】(※1級はなし)
受験料(税込)【2級】7,500円
【3級】5,000円
【2・3級併願】12,500円
受験資格制限なし(誰でも受験可)
検定会場札幌、仙台、さいたま、千葉、東京、横浜、新潟、金沢、静岡、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡
テスト時間2級・3級共に90分
開始時間【2級】10時30分、【2級】13時30分(2級・3級併願受験可)
出題形式【2級】マークシート形式42問+記述問題13問
【3級】マークシート形式50問
出題内容6科目(2級・3級共通)
合格基準【2級】合格点74点以上(123点中)
【3級】合格点60点以上(100点中)
合格率【2級】約40%
【3級】約65%
合格発表受験日から約1ヶ月後(模範解答発表後に自主採点可)
申込期間願書請求及び受験申込:受験日の約3~4ヶ月前(要確認)
申込方法一般社団法人 FLAネットワーク協会 食生活アドバイザー 検定事務局

これで受験資格がないも分かった!では、食生活アドバイザー資格は独学でも取得できるのでしょうか?

そこで、今回は「【食生活アドバイザーは独学OK!】難易度・合格率・勉強方法」をご紹介します。

なお、食生活アドバイザー資格取得の意味を知りたい人は、下記のコラムをどうぞ。

目次

食生活アドバイザーは独学で取れる!

結論は、食生活アドバイザー資格は独学でも取得することができます

ただ、SNS上の口コミを見てみると「食生活アドバイザー3級を独学で受けたけど落ちた」という意見もよく見かけます。

では、実際にどのような意見があるのでしょうか?次に、SNS上で調べてみました。

食生活アドバイザー3級に落ちた!は本当?

食生活アドバイザー3級の合格率は約65%なので、極端に難易度が高い訳ではありません。

ただ、食生活アドバイザー3級の試験に落ちたという意見も少なからずあります。

次の検定は何にしよう🤔
去年落ちた食生活アドバイザー3級をもう一度受けてみようか

— すーちゃん🌷🦋 (@hndlklm072425) March 18, 2021

食生活アドバイザー3級落ちたっぽいなw全然合ってなくて衝撃を受けている…なんでこんなに取れてないんだ…やっちまいましたね!(´ヮ`;)

— やまちょも☆nm7 (@nm7yama) November 29, 2018

食アド落ちたぁぁああああ!!!!!
食生活アドバイザー3級落ちましたm(_ _)m

— ❥❥Reina (@rena_chimu) July 30, 2013

食生活アドバイザー3級落ちた…(´;ω;`)ははは。頭の悪さに笑うしかない。。神社検定も落ちたし私知識理解に乏しくなってる。。

— 羽純朱夏 (@star_lotus35) July 15, 2016

ただ、2級に落ちたという意見のほうが多く見つかりました。やはり合格率が約40%は簡単ではないということですね。

食生活アドバイザー3級は受かったが、2級は落ちた…( ; ; )7割取れれば合格なんだけど、まさかの6割取得で落ちた(´Д` )あと1問正解してれば受かっただろうに(´・_・`)くやしー!!

— たき (@eritaki) December 22, 2011

今まで唯一落ちた資格が“食生活アドバイザー2級”なの悔しすぎる

— とち (@tochinoi) July 13, 2017

過去に落ちた試験と言えば、漢検準一級と食生活アドバイザー2級か

— うめすけ (@UmeSuke_TriSta) April 20, 2017

独学が向いていないと思う人は、体系的に学習ができる通信講座を利用するのも方法のひとつです。

特に、食生活アドバイザーを仕事で活用したいと思うなら2級が必須。通信講座では2級と3級を同時にダブル合格が目指せる内容となっています。

ただ、講座費用がかかるので、詳細はユーキャンの食生活アドバイザー(R)講座からどうぞ。

\食の基礎をイチから学ぶなら/

資料請求は無料です。

独学と通信講座のメリットとデメリット

メリット・デメリット

食生活アドバイザー資格の取得方法は独学と通信講座の2つ。それぞれメリットとデメリットは以下のとおりです。

独学のメリット・デメリット

自分で学ぶの良い点・悪い点

  • ○自分のペースで勉強ができる
  • ○通信と比べると費用が少ない
  • ×質問や添削が受けられない
  • ×学習の進捗状況が把握しにくい
  • ×怠けてしまいがちになる

ポイントは、教材費はテキスト代だけで済むので費用がかからないが、自分のモチベーションを維持しないと怠けてしまいがちになることです。

通信講座のメリット・デメリット

通信講座の良い点・悪い点

  • ○スケジュールに合せて学習できる
  • ○質問や添削を受けられる
  • ○体系的に2級と3級を同時に学べる
  • ×講座の費用がかかる
  • ×課題の提出が面倒になる

通信講座のポイントは、体系的に学習できる上に疑問があれば質問できるで安心ですが、費用が自分で学ぶ方法と比べるとかかることです。

独学と通信講座の勉強方法の違い

自分で学ぶ方法と通信講座それぞれの勉強方法をご紹介していきましょう。

自分で学ぶ勉強方法

学習する場合に必須なテキストは、認定機関が発行している「食生活アドバイザーの公式テキスト&問題集」です。

さらに試験対策をしたい人には、「認定機関が主催している合格講座を利用する」のも方法のひとつです。

ただ、3級:12,000円(税込)と2級:18,000円(税込)と費用がかかるので、確実に合格を目指したい人向けですね。

では、どのような通信講座なのでしょうか?

通信講座の勉強方法

ユーキャンの通信講座を利用した場合の費用は、39,000円(税込)です。

この講座を申し込みと、以下の講義テキストや副教材が届けられます。

  • メインテキスト:2冊
  • 実践問題集2冊
  • ポイントBOOK(赤シート付き)
  • ガイド実践レシピ集
  • 添削・質問関連書類一式

メインテキスト中心に学習しますが、標準の学習期間は4ヶ月です。

最大の特徴は、2級と3級の併願受験ができるレベルの知識が身につくこと。

2級の合格率が約40%と低めなので、1発合格を目指しているなら通信講座の利用するべきです。

まずは、独学か通信講座を迷っている人は、食生活アドバイザー(R)講座の資料請求して内容を比較してみましょう。

\食の基礎をイチから学ぶなら/

資料請求は無料です。

食生活アドバイザー資格試験の合格率などについては、下記のコラムをご覧ください。

食生活アドバイザー試験の合格率と難易度

食生活アドバイザー試験の合格率は2級は約40%、3級は約65%。つまり、3級10人中6人ほど、2級は10人中4人が合格できるので、食生活アドバイザーの難易度としは難しくはないでしょう。

合格基準は、下記のとおりです。

  • 3級:3級:1問2点(100点中、合格点60点以上)
  • 2級:選択問題1問2点・記述問題1問3点(123点中、合格点74点以上)

つまり、3級・2級共に6割以上の点数を取ることができれば合格となります。

ただ、会場での受験が必要であったり、民間資格の試験としては合格率が低く、難易度は高いといえるかもしれません。

試験の詳細は、下記の「ユーキャンの食生活アドバイザー(R)講座」から資料請求をしてみましょう。

\食の基礎をイチから学ぶなら/

資料請求は無料です。

なお、食生活アドバイザー資格はどの級からどればいいかは、下記のコラムをご覧ください。

食生活アドバイザー試験の勉強方法とコツ

食生活アドバイザー試験の勉強法は、独学にしろ通信講座にしろ基本は同じです。

徹底した勉強⽅法や学習のコツ、以下の3点です。

  • 予想問題・過去問→テキスト
  • スキマ時間をとにかく有効活⽤する
  • 食生活アドバイザーの勉強ノートは作らない

予想問題・過去問→テキスト

問題を解く→テキストを読んで内容を覚える、をひたすら繰り返しました。食生活アドバイザーは、ほぼ暗記です。

ただ、2級を目指すなら記述式もあるので、覚え方は重要なキーワードは書くのがおすすめ。

実際に出る問題を解くことで傾向をつかめるので、無駄なところまで覚える必要がなく、効率的に勉強できます。

スキマ時間をとにかく有効活⽤する

仕事をしながら合格を目指したので、勉強に使える時間はわずかでした。スキマ時間で復習できることが⼤切です。

本はそのままだと厚くて重いので章ごとに切り離して持ち歩いていました。

食生活アドバイザーの勉強ノートは作らない

食生活アドバイザー試験の合格のために勉強ノートはつくらないようにしました。資格の勉強などをしていると、1から全部ノートに書き写す⼈がいます。

理由は、どこに何を書いたかわからなくなるから。その代わりに本にすべて書き込んでいました。1⽇あたり計2時間ほど勉強し、2ヶ⽉は勉強したと思います。

もし、資格取得の学習を効率的にどのように進めていけばいいかを知りたいなら、下記もおすすめです。

食生活アドバイザーのテキストではありませんが、食生活アドバイザー検定試験に最短距離で合格できる方法や科目ごとの勉強方法、スケジュールの調整などを知ることができます。

しかも、こちらはKindle Unlimitedに加入すれば、無料で読める場合があります。

なお、食生活アドバイザーのおすすめのテキストは、下記のコラムをどうぞ。

食生活アドバイザー試験の勉強時間は2ヶ月

例えば、ユーキャンの通信講座で2級と3級の同時学習は標準の学習期間は約4ヶ月となっています。

それを単純に2級だけ、3級だけと考えると1日1時間の学習で約2~3ヶ月とも言えます。もちろん、2級のほうが難易度が高いので、学習期間は余計にかかるでしょう。

ただ、毎年7月11月に試験が年2回実施されるので、いつからで学習を始めやすいといえます。

@yumeado_yuta こんばんわ。メッセージありがとうございます。私が使用した本は、公式の過去問題集と3ステップで最短合格!食生活アドバイザー、最短合格のために出る単!321の3冊です。勉強時間は2ヶ月間で1日1時間程度。ご参考になれば幸いです。合格を祈っています^^

— ひろりん (@ehime_hiroshi) May 2, 2015

2級に関しても3級と内容が重なる部分も多いので、1日1時間で約4ヶ月~6ヶ月が目安とされています。

7月に3級、11月に2級を受験することもできますし、11月に2級と3級の併願受験することも可能です。

但し、併願受験の学習期間としては長くなるので計画的に学習を進めましょう。

ただ、人によって1日に1時間も勉強時間が取れないよ、という人もいるので、すきま時間をどのように活用するかが大切です。

食生活アドバイザー試験は自宅で受験は不可

食生活アドバイザーの試験は自宅で受験はできず、会場での受験が必要です。

食生活アドバイザーの試験会場

  • 札幌:札幌市内
  • 仙台:仙台市内
  • さいたま:さいたま市内
  • 千葉:千葉市内
  • 東京:東京都内
  • 横浜:横浜市内
  • 新潟:新潟市内
  • 金沢:金沢市内
  • 静岡:静岡市内
  • 名古屋:名古屋市内
  • 大阪:大阪市内
  • 神戸:神戸市内
  • 広島:広島市内
  • 福岡:福岡市内

受験会場は追加や変更になる場合があり、その都度、指定されてます。

試験開始時間と試験時間

3級は10時30分から、2級は13時30分からで試験時間は共に90分です。そのため、3級と2級は午前と午後で分かれているので、同時に受験することもできます。

ただ、民間資格の中には自宅で受験が出来る「在宅受験」の資格が多いのも事実。

難易度や合格率を見ると独学で勉強して合格は簡単ではない、と言えるかもしれません。

食生活アドバイザーの合格率と難易度まとめ

今回のコラムでは、「【食生活アドバイザーは独学OK!】難易度・合格率・勉強方法を徹底分析」をご紹介しました。

食生活アドバイザーの難易度や合格率、勉強法のまとめは下記のとおりです。

名称食生活アドバイザー検定
主催一般社団法人 FLAネットワーク協会
検定日年2回(7月・11月)開催
階級【2級】【3級】(※1級はなし)
受験料(税込)【2級】7,500円
【3級】5,000円
【2・3級併願】12,500円
受験資格制限なし(誰でも受験可)
検定会場札幌、仙台、さいたま、千葉、東京、横浜、新潟、金沢、静岡、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡
テスト時間2級・3級共に90分
開始時間【2級】10時30分、【2級】13時30分(2級・3級併願受験可)
出題形式【2級】マークシート形式42問+記述問題13問
【3級】マークシート形式50問
出題内容6科目(2級・3級共通)
合格基準【2級】合格点74点以上(123点中)
【3級】合格点60点以上(100点中)
合格率【2級】約40%
【3級】約65%
合格発表受験日から約1ヶ月後(模範解答発表後に自主採点可)
申込期間願書請求及び受験申込:受験日の約3~4ヶ月前(要確認)
申込方法一般社団法人 FLAネットワーク協会 食生活アドバイザー 検定事務局

結論は食生活アドバイザー資格は独学で取得できますが、2級の合格率が約40%と難易度が高く、体系的に学ぶなら通信講座がおすすめです。

ただ、費用もかかるので、独学と通信講座のどちらを選ぶかはコスパも考えましょう!

\食の基礎をイチから学ぶなら/

資料請求は無料です。

なお、食生活アドバイザー資格取得に必要な費用は、下記のコラムをご覧ください。

目次
閉じる