▶野菜の知識を仕事に活かせる資格はこちら⇒ click!

【夏野菜ならコレ!】6・7・8月に植える野菜おすすめ一覧

6・7・8月頃に植えると良い夏野菜が何かいいかを知りたい人向けです。

夏野菜を作りたいので、6・7・8月頃に種や苗を植えておくといい野菜は何かな

野菜の栽培で一番楽しい時期が、夏。野菜の育成が促進されるので、成長が早いですよね。

ただ、夏野菜を作ろうと思ったら、何を植えればいいのか悩んでしまいがち。。。

そこで、6・7・8月に種や苗を植えると良いおすすめの夏野菜を紹介します。

なお、すぐに種や苗を植える夏野菜の種類を知りたい方は、コチラへ読み飛ばしてくださいね。

このコラムの著者
みつき

フード事務局

プロフィール

当サイトでは、貸し農園の基礎情報、食に関する資格食に関する本体にいい食品を紹介してます。詳細はコチラへ。

目次

6月・7月・8月に植える野菜の特徴

6月、7月、8月に種や苗を植えることができる野菜には、以下のような特徴があります。

高温に耐性がある

これらの野菜は、高温に比較的耐性があります。夏の暑い気候にも耐えられるため、この時期に植えることができます。

日照量が必要

これらの野菜は、日照量が比較的多い場所で育てることが適しています。特に、トマトやキュウリなどは、日照量が十分に確保された場所で育てるとよいでしょう。

水やりが必要

これらの野菜は、水やりをこまめに行う必要があります。夏の暑い気候では、土が乾燥しやすくなるため、水やりを怠ると育ちが悪くなる可能性があります。

肥料が必要

これらの野菜は、肥料を与えることでよりよく育ちます。特に、トマトやナスなどは、栄養分を多く必要とするため、肥料の管理に注意が必要です。

収穫までの期間が短い

これらの野菜は、種から収穫までの期間が比較的短いため、比較的早く収穫することができます。特に、キュウリやゴーヤなどは、比較的短い期間で収穫できるため、収穫量を多くすることができます。

これらの特徴を踏まえて、適切な土壌、肥料、水やりを行いながら、野菜を育てていくことが大切です。

6月・7月・8月に植える夏野菜一覧

6月、7月、8月に種や苗を植えると良い夏野菜は、以下の通りです。

トマト

夏野菜として有名なトマトは、6月から7月にかけて植えるとよいでしょう。露地栽培の場合は、比較的暖かくなってから植えると良いです。

キュウリ

キュウリは暑さに強く、6月から8月にかけて植えることができます。日当たりが良く、風通しの良い場所が適しています。

ナス

ナスもトマト同様、夏野菜の代表格です。6月から7月にかけて植えるとよく育ちます。

ピーマン

ピーマンも夏野菜として知られており、6月から7月にかけて植えることができます。日当たりがよく、水はけの良い場所が適しています。

オクラ

オクラは暑さに強く、6月から8月にかけて植えることができます。水やりをこまめに行い、日当たりのよい場所で育てるとよいでしょう。

ゴーヤ

ゴーヤは夏によく食べられる野菜で、6月から7月にかけて植えることができます。日当たりが良く、風通しの良い場所で育てるとよいでしょう。

ただし、野菜の品種や地域によっても異なるため、植える前に育て方や収穫時期などを調べておくことをおすすめします。

栽培方法や栽培の悩みを相談するには?

悩む女性

野菜の育て方について、ちょっと質問をしたいけど、誰に相談したらいいか分からない!こういったことはありませんか。

そのような時には、個人や企業の知識やスキルを共有できるココナラが便利です。

ココナラでは、野菜栽培の経験者やプロが出品しているので、野菜の栽培に関することなら何でも相談ができます。

まずは登録して、どのような相談ができるかをチェックしてみましょう。

\ 栽培の経験者に何でも相談できる /

無料登録&初回300ポイントGET

野菜の栽培方法を知りたい本が便利

野菜の栽培方法を知るなら書籍を参考にしてみましょう。

家の光協会
¥4,180 (2023/02/22 00:27時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
著:藤田智
¥1,371 (2023/02/22 00:28時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

6月・7月・8月に植える夏野菜まとめ

今回のコラムでは「【夏野菜ならコレ!】6・7・8月に植える野菜おすすめ一覧」を紹介しました。

6・7・8月に植える野菜のおすすめは、下記のとおりです。

  • トマト
  • キュウリ
  • ナス
  • ピーマン
  • オクラ
  • ゴーヤ
目次