野菜の基礎知識

春野菜は何がおすすめ?12・1・2月頃に植え始める野菜とは

春

12・1・2月頃に植え始める野菜が何かいいかを知りたい人向け。

春野菜を作りたいので、冬先に種や苗を植えておくといい野菜は何かな。春野菜の特徴や植え付け時期も知りたいな。
ベジタン
ベジタン
冬は作業もつらいから、水やりが少ない野菜がおすすめだよ。

野菜には旬があるので、その時期にたくさん食べることで栄養を得られます。

野菜を栽培する旬を考えた種まきや苗植えをするのがおすすめです。

でも、はじめて野菜作りを始めるときには野菜の何が旬で、いつ植えればいいのかなどを調べないといけません。

特に、春野菜は冬野菜や夏野菜のスキマに育てる野菜の時期でもあるので、短期間で育てて収穫できる楽しみがあります。

では、春に収穫する前に冬に植え付けを始める野菜には何があるのでしょうか?

そこで、今回は「春野菜は何がおすすめ?12・1・2月頃に植え始める野菜とは」をご紹介します。

12月・1月・2月に植える春野菜の特徴

春野菜は秋と比べると冬の時期に育てられる野菜は限られていますが、収穫が早いという特徴があります。

逆に、冬の間に育てられる野菜は寒い期間に育つため、生育期間が長い野菜でゆとりをもって育てることができます。

↑目次へ戻る

12月・1月・2月に植える春野菜の種類

代表的な春野菜には、タマネギ・ソラマネ・サヤエンドウ・キャベツ・コマツナなどがあります。

1月や2月になると寒さが増して野菜の成長も早くはないので、12月頃までには植えておくのがおすすめです。

特に、3~5月は夏野菜の栽培を始める時期なので、収穫が2月頃までに終わらせて、残りの期間は土壌改良などにあてましょう。

↑目次へ戻る

12月・1月・2月に植える春野菜の育て方

代表的な春野菜の育て方をご紹介します。

  • タマネギ(植え付け時期:10~12月)
  • ソラマメ(植え付け時期:12月初旬~1月)
  • コマツナ(植え付け時期:12月初旬~1月)

タマネギ

タマネギ
タマネギは、球根の状態から育てることができるので初心者にも簡単に栽培できるのが特徴です。

植え付け時期は11月頃で、定植から収穫まで4~5ヶ月ぐらいかかるので、4月~5月頃が収穫時期となります。

そのため、夏野菜の種植えや苗植えと重なってしまう可能性があります。広い畑であれば時期をずらせますが、狭い畑では育てる野菜の種類が限られているので栽培はしないほうがいいでしょう。

ソラマメ

ソラマメ
ソラマメは、 生育適温は15~20℃で冷涼な気候を好みます。なので、冬の間に育てるのに適した野菜と言えます。

植え付け時期は10月頃からで、収穫は4月~5月頃です。

開花してから約35~40日後が収穫時期となり、収穫適期を過ぎると味が落ちるので、収穫時期を見極めましょう。

コマツナ

コマツナ
コマツナは栽培期間が短く、連作障害も出にくい野菜なので簡単に栽培できる野菜です。

植え付け時期は9月~11月頃で、秋まきであれば10月~3月ぐらいまで収穫ができます。

草丈が20〜25cmになれば収穫時期となり、定植から1ヶ月ほどで収穫できるので、冬に植える野菜としては最適。

ただ、春先まで収穫したい場合は、温度の低下に伴って葉が枯れやすくなるのでトンネルを掛けておくのがおすすめです。

↑目次へ戻る

12月・1月・2月に植え始める春野菜まとめ

今回のコラムでは、「春野菜は何がおすすめ?12・1・2月頃に植え始める野菜とは」をご紹介しました。

野菜は旬の時期に一番栄養価が高く、特に冬に植えた野菜には根の下で栄養分を蓄えるとものが多いのが特徴です。

ただ、冬の初頭に植える種類の野菜は限られているので、12月は土壌改良に注力し、1月の年明けから春野菜に向けた種や苗植えをするのがおすすめです。

野菜栽培が初めての方は、「食べたい野菜」よりも「育てやすい野菜」を選ぶのも方法のひとつです。

↑目次へ戻る

\ おすすめの野菜宅配サービス /
坂ノ途中は京都が本社。西日本を中心に新鮮な野菜が届く。初回から3回分の送料無料が魅力。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る

食べチョクは農家とやり取りができる珍しいサービス。お試しは、どのサイズも初回1,000円引きでお得。回数縛りなし。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る

ビオ・マルシェは全てJAS有機野菜が売り。お試しは送料込みで1,500円と試さない理由がない。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る