▶人気のおすすめ発酵資格はコチラ>>>

【体にいいマヨネーズはコレ!】どれがいい?おすすめ5選

体にいいマヨネーズ

体にいいマヨネーズがどれか知りたい人向けです。

マヨネーズは塩分が多く含まれていると思われがちですが、意外と塩分量が少ないので、減塩では積極的に使いたい調味料のひとつです。

そうなると「どのような減塩マヨネーズがあるのかな?と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

このコラムでは「普通のマヨネーズと減塩マヨネーズの塩分量の違い」や「おすすめの減塩マヨネーズ」をご紹介していきます。

目次

そもそも「体にいいマヨネーズ」はあるの?

体にいいマヨネーズとされているのは、「塩分が少ないもの」「付加価値がつけられたもの」などがあります。

では、例えば、実際に普通のマヨネーズと減塩マヨネーズでは塩分がどのくらい違うのでしょうか。

普通のマヨネーズの塩分量

一般的なマヨネーズの塩分量は、大さじ1杯(約15g)あたり約0.3~0.4gです。

実は、マヨネーズはもともと他の調味料と比較しても塩分が少なくなっています。

参照:日本食品標準成分表

減塩マヨネーズの塩分量

一般的な減塩マヨネーズの塩分量は、大さじ1杯(約15g)あたり約0.2~0.3gです。

なかには食塩を使用せずに作られる無塩マヨネーズもありますが、厳密と言うとミネラルにも塩分が含まれているため、約0.1gとなっています。

参照:日本食品標準成分表

おすすめの減塩マヨネーズ|2022年版

おすすめの減塩マヨネーズの特徴や塩分量を調査してみました。

  • アマニ油 マヨネーズ
  • 無塩 MMマヨネーズ
  • 燻製マヨネーズ
  • オーマイ アマニ油入り マヨネーズ
  • オーサワの豆乳マヨ

アマニ油 マヨネーズ

キューピーの「アマニ油マヨネーズ」の特徴は下記のとおりです。

  • 塩分量は大さじ1杯(15g)あたり約0.3g
  • 普通のマヨネーズと比べて30%減塩
  • アマニ油30%配合

アマニ油とは、亜麻の種子から得られる油です。オメガ3系脂肪酸を含む代表として知られています。

無塩 MMマヨネーズ

ユニオンソース株式会社の「無塩 MMマヨネーズ」の特徴は下記のとおりです。

  • 塩分量は大さじ1杯(15g)あたり約0.1g
  • 着色料、合成保存料も不使用
  • 食塩不使用なので賞味期限が短い
減塩セット
¥1,150 (2021/11/22 12:08時点 | Amazon調べ)

燻製マヨネーズ

キューピーが販売する「燻製マヨネーズ」の特徴は下記のとおりです。

  • 塩分量は大さじ1杯(15g)あたり約0.3g
  • 燻製の深い香りが塩分の少なさを解消
  • 食材につけるだけで おつまみに
キユーピー
¥1,051 (2021/11/28 16:11時点 | Amazon調べ)

オーマイ アマニ油入り マヨネーズ

日本製粉オーマイが販売する「アマニ油入り マヨネーズ」の特徴は下記のとおりです。

  • 塩分量は大さじ1杯(15g)あたり約0.2g
  • 大さじ1杯半で1日に必要なα-リノレン酸が摂取可能
  • 食物繊維も豊富
オーマイ
¥568 (2022/03/20 12:50時点 | Amazon調べ)

オーサワの豆乳マヨ

オーサワが販売する「豆乳マヨ」の特徴は下記のとおりです。

  • 塩分量は大さじ1杯(15g)あたり約0.2g
  • 卵・砂糖・添加物不使用
  • 国内産大豆を使用
オーサワジャパン
¥653 (2022/03/20 13:04時点 | Amazon調べ)

おすすめの体にいいマヨネーズはどれ?

減塩マヨネーズ

なかには、どの減塩マヨネーズがいいんだろう。。。と悩んでしまう人もいるでしょう。

食塩不使用のマヨネーズを使うなら 無塩 MMマヨネーズ です。塩分量も大さじ1杯(15g)で約0.1gと低塩です。

ただ、食塩不使用になると賞味期限が約1ヶ月と保存できる期間が短いので、そのような場合には キューピーの「アマニ油マヨネーズ」でしょうか。話題のアマニ油を使用しています。

さらに、サラダなどにかけるなら減塩ドレッシングも方法のひとつです。色々な風味を味わうことができるセットもあるので便利ですよ。

まとめ

今回のコラムでは「【減塩ならコレ!】おすすめマヨネーズの塩分量を徹底調査」をご紹介しました。

おすすめの減塩マヨネーズと大さじ1杯(約15g)あたりの塩分量をまとめてみました。

目次
閉じる