野菜の資格

野菜スペシャリストは履歴書に書ける?仕事で必要ないと言われる理由とは

野菜スペシャリストが就職には意味ないと言われる理由を知りたい人向けです。

ユーキャンの野菜スペシャリストを取っても就職の履歴書に書けるぐらいの資格なのかな。
ベジタン
ベジタン
どの資格でも言われがちですが、野菜スペシャリストはどうなのかを紹介します。

野菜スペシャリストは、野菜の全般的な知識を体系的に学んだ証です。

ただ、ネット上で調べてみると、「野菜スペシャリストは履歴書に書けない」という意見を目にすることがあります。

なぜ、上記の意見のように言われてしまうのでしょうか?

そこで、今回は「野菜スペシャリストは履歴書に書ける?仕事で必要ないと言われる理由とは」をご紹介します。

野菜スペシャリストを履歴書に書ける?

資格を取得しても「意味がない」「使えない」と言われる理由は、資格だけで仕事をするのは難しいからです。

特に、民間資格で取得しやすいので、この資格だけで就職ができるわけではありません。

ただ、資格を取ったという実績は履歴書に書くべきですし、面接などでは話題の一つの提供となることも。

なので、野菜スペシャリストの資格は履歴書に書けるなら書いておきましょう!

\まずは、資料請求から/


資料請求は無料です。

↑目次へ戻る

野菜スペシャリストになるための費用


野菜スペシャリストとは、ユーキャン提供している「野菜スペシャリスト講座」で取得できる資格です。

この資格は、食生活アドバイザー® 検定などの事業も取り扱っている一般社団法人FLAネットワーク協会が認定しています。

そのため、食品メーカーのメニュー開発・小売店や飲食店でのアピール・料理学校など、食に関わる仕事に就いている方に役立つ資格となっています。

それでは、講座の費用や合格率などを詳しくみていきましょう。

講座の費用

講座を受講するための費用は、39,000円(税込・送料込)

正直、高い?こういう風に思われた人もいるかもしれません。

では、他の野菜にかかわる資格には10万円を超える講座もあり、極端に価格が高いわけでありません。

しかも、資格の修了試験は自宅で出来るマークシート受験なので手間も時間も効率的です。

そのため、カフェなどの飲食店で認定証を掲示すればアピールにもなり、家庭で活用できる知識を身につけたい、こういった目的でも十分役立ちます。

では、気になる修了試験の合格率はどのくらいなのでしょうか?

↑目次へ戻る

野菜スペシャリストになるための試験

資格を取得するための修了試験の合格率はほぼ100%で、取得しやすいといえます。

試験はマークシート方式で自宅で期間内なら何度も受験できます。

逆に、試験が簡単なら資格を取得する意味がないんじゃないの?と思われる人もいるでしょう。

実は、検定試験がもし簡単だとしても、通信講座のすべての修了が必要になっているので意外と続けるのが大変です。

それでは、標準の学習期間はどのくらいなのでしょうか?

↑目次へ戻る

野菜スペシャリストになるための学習期間

資格を取得するための標準学習期間は5ヶ月

もちろん、短縮して学習することもできますが、半年ぐらいは通信教育でしっかり学ぶことが必要です。そのため、途中で挫折する人もいるでしょう。

ただ、将来的に資格を役立てるために継続できる人には取得しやすい資格とも言えます。

以上の特徴を下記にまとめてみました。

野菜スペシャリスト講座
認定団体 一般社団法人FLAネットワーク協会
受験資格 特になし
価格 39,000円(税込・送料込み)
学習スタイル 通信(独学は不可。通信講座の修了が必要)
標準学習期間 5ヶ月
試験日 通年(自宅受験)
試験形式 マークシート方式(何度でも受験可)
合格基準 70点以上
\まずは、資料請求から/


資料請求は無料です。

↑目次へ戻る

履歴書に書ける野菜スペシャリスト資格まとめ

今回のコラムでは「野菜スペシャリストは履歴書に書ける?仕事で必要ないと言われる理由とは」をご紹介しました。

結局、野菜スペシャリストの資格に限らず、どの資格でも取得しただけでは「意味がない」と言われているのが実情です。

そのまま価値がない!と判断するのは間違いです。

まずは、取得後にどのように活用できるのかを考えるべきでしょう。

\まずは、資料請求から/


資料請求は無料です。

↑目次へ戻る