野菜の資格

【野菜ソムリエのメリット】デメリットは?講座費用が高くても取得する意味とは

メリット・デメリット

野菜ソムリエのメリットとデメリットを知りたい人向け。

野菜ソムリエになりたいけど、メリットは何かな。デメリットも知っておきたいな。
ベジタン
ベジタン
このコラムでは、メリットとデメリットをまとめてみました。

野菜ソムリエ資格には興味があるけど、実際に意味があるのかな?と疑問に思う人も多いでしょう。

なぜなら、資格の取得には費用がかかるので、本当に役立つのかどうか心配になりますよね。

ただ、費用が高いデメリットがあるのに、それでも人気があるのはなぜでしょうか?

そこで、今回は「【野菜ソムリエのメリット】デメリットは?講座費用が高くても取得する意味とは」をご紹介します。

これは嬉しい!野菜ソムリエのメリット

メリット・デメリット
高い費用を払って損をしたくないと思うなら、メリットをよく確認しておくことが大切です。

ここでは、野菜ソムリエはいいな、と感じたメリットを紹介します。

野菜に興味がある人と交流が増える

費用が高いので、逆に野菜に興味がある人が取得している多く、交流が生まれやすいといえます。

家庭ですぐに活用することができる

家庭で子どもへの食育や日々の食卓に野菜の知識をすぐに取り入れられるのが特徴です。

資格が仕事と結び付けやすい

専門家としての知識がみにつくため、食に関わる職種でアピールしやすいでしょう。

野菜ソムリエ資格試験の難易度が低い

資格試験の難易度は合格率が野菜ソムリエで約85%と言われているので、難易度はそれほど難しくはありません。

SNS上で資格としてアピールできる

知名度が高く、多くの有名人や芸能人が取得しています。そのため、TwitterなどのSNSでも資格をプロフィールに書けるのが魅力です。

では、一方でデメリットには何があるのでしょうか?

これはちょっと!野菜ソムリエのデメリット

メリット・デメリット
次に、ここはイマイチだな、と感じたデメリットを紹介します。

資格取得の講座料が約15万円と高い

費用が約15万円かかります。逆に、それだけ必要性を感じる人が受講していることになりますね。

ベジフルカルテの作成が必要

ベジフルカルテとは、自分で野菜の写真を撮り、説明や調理法などを記載するもの。修了試験までに作成する必要があり、手間と時間がかかるので大変という話も。

専業で必ず働けるわけではない

専業で働くことは難しいでしょう。もし、専業になるなら、さらに上位資格を取得するべきです。

調査したところ、費用が高い理由の一つに資格取得後のフォローアップが充実している点がありました。

地域のコミュニティや品評会(野菜ソムリエサミット)があるので、野菜ソムリエ同士のつながりもあります。

\費用が高くても人気がある/

野菜ソムリエを詳しく知る

資料請求は無料です。

↑目次へ戻る

野菜ソムリエのメリットやデメリットまとめ

今回のコラムでは、「【野菜ソムリエのメリット】デメリットは?講座費用が高くても取得する意味とは」をご紹介します。

野菜ソムリエの良い点・悪い点を下記にまとめてみました。

野菜ソムリエ資格まとめ
  • ○野菜に興味がある人と交流が増える
  • ○家庭ですぐに活用することができる
  • ○野菜ソムリエ資格試験の難易度が低い
  • ○SNS上で資格としてアピールできる
  • ×受講の費用が約15万円と高い
  • ×試験以外にもベジカルテが必要
  • ×専業で必ず働けるわけではない

家庭で野菜の知識を知っておけば、野菜の旬や調理法に役立てることができるので、日常的にメリットを受けることができます。

もちろん、食品関係の記事を書くライターや食べ物を扱う料理YouTuberなど、資格を活用できる幅が広いので、まずは資料請求から始めてみましょう。

\仕事でも家庭でも活用できる/

野菜ソムリエを詳しく知る

資料請求は無料です。

↑目次へ戻る