京都の貸し農園

【右京区の貸し農園一覧】嵐山、嵯峨嵐山、鹿王院などの市民農園・レンタル畑まとめ

右京区の嵐山、嵯峨嵐山、鹿王院などの貸し農園や市民農園を探している人向け。

貸し農園は右京区のどこにあるのかな。市内にあるといいけど、畑がレンタルできて野菜が栽培できる農園を教えて欲しいな。どこにあるんだろう。

最近、畑をレンタルできる「レンタル農園」が1人でも家族でも野菜の栽培を楽しめることで人気です。

そのレンタル農園を利用できる主なサービスは「シェア畑」「マイファーム」「市民農園」の3つのタイプがあるのをご存知でしょうか。

それぞれのサービス内容によっても選ぶことも大切ですが、まずは家や職場の近くに通いやすくレンタルできる畑があるかどうかを知っておきましょう。

今回のコラムでは「【右京区の貸し農園一覧】嵐山、嵯峨嵐山、鹿王院などの市民農園・レンタル畑まとめ」をご紹介します。

右京区の貸し農園シェア畑(1ヶ所)

シェア畑は遊休農地や未農耕土地などを農園として貸し出す、畑のレンタルサービスの大手。「手ぶらで行けるサポート付き貸し農園・体験農園」がポイントです。

  • 菜園アドバイザーが栽培の相談やお手伝いをしてくれる
  • 育てる野菜の種類が決まっているので初心者には安心
  • 農具や道具、肥料、種、苗が揃っているので手ぶらでOK
  • 野菜作りの講習会や季節イベントも随時開催

2020年12月現在、右京区のシェア畑は1か所あります。

  • シェア畑 嵯峨嵐山

農園の施設設備や空き状況は、下記からご確認ください。

\まずは無料の説明会から/シェア畑をみてみる

↑目次へ戻る

右京区の貸し農園マイファーム(0ヶ所)

マイファームは全国に100カ所以上ある体験農園で野菜や果物づくりができる貸し農園サービス。農業を真剣に考えている人や野菜作りを本格的に始めたい人向けのサポートが充実しているのが特徴です。

2020年12月現在、右京区のマイファームは0ヶ所でした。

↑目次へ戻る

右京区の市民農園(2ヶ所)

市民農園は市区町村やJAなどがサービスを提供しているのが一般的。月額料金が安い農園が多いのが魅力的な反面、栽培のサポートや道具などの整備がない農園も。市民農園によってサービスのバラツキがあるのがポイントです。

「栽培する野菜の種類が決まっていないので自由」・「月額料金が安く、入会金や運営費がかからない」・「レンタルできる畑の広さが広い」といったメリットがあります。

2020年12月現在、右京区の市民農園は1か所あります。

京北ふるさと農園さんりょうは、京都市右京区北井戸町にある貸し農園です。1区画あたり約40㎡で52区画があり、かなり広い農園です。

もし、他にも市民農園をご存知の方がいらっしゃったら、こちらまでご連絡いただければと思います。

↑目次へ戻る

初心者におすすめの貸し農園ランキング

野菜栽培の初心者におすすめの貸し農園(レンタル畑)は以下のとおりです。

1位:シェア畑

シェア畑ロゴ
出典:https://www.sharebatake.com/

特徴 シェア畑は遊休農地や未農耕土地などを農園として貸し出す、畑のレンタルサービスの大手。「手ぶらで行けるサポート付き貸し農園・体験農園」がポイント
メリット
  • 菜園アドバイザーが栽培の相談やお手伝いをしてくれる
  • 育てる野菜の種類が決まっているので初心者には安心
  • 農具や道具、肥料、種、苗が揃っているので手ぶらでOK!
  • 野菜作りの講習会や季節イベントも随時開催
デメリット
  • 育てる野菜の種類に制限がある
  • 月額料金は市民農園と比べると高い
  • 別途入会金が必要
  • 更新の3ヶ月前の意思表示が必要
対象地域 東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪府・兵庫・京都
料金 入会金11,000円+月額料金(月額料金は各農園で異なる)
農具や肥料 あり(種・苗も持ち込みが不要)
サポート アドバイザーのサポート付き

詳細ページ公式ページ
↑ランキングに戻る

 

2位:マイファーム

マイファームロゴ
出典:https://www.sharebatake.com/

特徴 マイファームは全国に100カ所以上ある体験農園で野菜や果物づくりができる貸し農園サービス。農業を真剣に考えている人や野菜作りを本格的に始めたい人向けのサポートが充実
メリット
  • 自産自消アドバイザーが栽培の相談やお手伝いをしてくれる
  • 栽培する野菜の種類が決まっていない
  • 農具や道具、肥料が揃っている
  • 野菜作りの季節イベントも随時開催
デメリット
  • 育てる野菜の種類に制限がある
  • 種や苗は自前での準備が必要
  • 畑の広さの選択肢が少ない
  • 月額料金は市民農園と比べると高い
  • 初年度以降も運営費が必要
  • 畑の広さの選択肢が少ない
対象地域 関東・関西・東海がメイン
料金 運営費(初年度11,000円)+月額料金×12ヶ月(2年目以降は3,780円が必要)
農具や肥料 あり(種・苗は持ち込みが必要)
サポート 自産自消アドバイザーのサポート付き

詳細ページ公式ページ
↑ランキングに戻る

 

3位:市民農園
特徴 市民農園は地町村やJAなどがサービスを提供しているのが一般的。月額料金が安い農園が多いのが魅力的な反面、栽培のサポートや道具などの整備がない農園も。市民農園によってサービスのバラツキがあるのがポイント
メリット(例外あり)
  • 栽培する野菜の種類が決まっていないので自由
  • 月額料金が安く、入会金や運営費がかからない
  • レンタルできる畑の広さが広い
デメリット(例外あり)
  • アドバイザーがいないので失敗しやすい
  • 農具や道具、肥料、種や苗は自前での準備が必要
  • レンタルできる畑が広すぎて管理に手間がかかる
  • 募集時期や利用期間が決まっていることも
対象地域 市町村などの運営主体による
料金 月額料金は各農園で異なるが、年間契約の場合もあり(ほとんどの場合で入会金や運営費は不要)
農具や肥料 農園による(要確認)
サポート 農園による(要確認)

詳細ページ

↑目次へ戻る

右京区の貸し農園一覧まとめ

今回のコラムでは、「【右京区の貸し農園一覧】嵐山、嵯峨嵐山、鹿王院などの市民農園・レンタル畑まとめ」をご紹介しました。

市内にも利用しやすい貸し農園があるので、自分にあった農園を探してみましょう。

↑目次へ

\ おすすめの野菜宅配サービス /
坂ノ途中は京都が本社。西日本を中心に新鮮な野菜が届く。初回から3回分の送料無料が魅力。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る

食べチョクは農家とやり取りができる珍しいサービス。お試しは、どのサイズも初回1,000円引きでお得。回数縛りなし。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る

ビオ・マルシェは全てJAS有機野菜が売り。お試しは送料込みで1,500円と試さない理由がない。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る