野菜の基礎知識

トマトの葉っぱ枯れる原因は?しおれるのを防ぐ失敗しない野菜作りとは

トマトの葉

トマトの葉っぱが枯れたり、しおれる原因と予防策を知りたい人向けです。

トマトの葉っぱがしおれて枯れてしまった。原因は何かな?次に育てるために理由と予防策を知っておきたい。失敗しない野菜づくりをするにはどうすればいいんだろう。
ベジタン
ベジタン
トマトの葉が枯れる特徴的な原因と対処法をご紹介します。

せっかく育てた野菜が枯れてしまうとガッカリしてしまいますよね。

SNS上では、下記のような意見が見つかりました。

野菜を育てることは自然を相手にしているので、色々な環境が影響しています。

ただ、よくある原因を知っておくだけで事前に対策ができるので、そこは知っておくべきでしょう。

そこで、今回は「トマトの葉っぱ枯れる原因は?しおれるのを防ぐ失敗しない野菜作りとは」をご紹介します。

トマトの葉が枯れる・しおれる原因

トマトの葉が枯れやすい条件として、高温・多湿の条件下で発生しやすいことが言われています。

原因は色々と考えられますが、水不足や肥料が多すぎて生育が強すぎると葉が全体に巻く現象が現れます。

トマトの葉が枯れる代表的な原因は、以下のとおりです。

トマトの下の葉が枯れる場合

トマトの葉は、花房より下の葉は役目を終えて随時枯れてきます。

そのため、特に上葉が育っていれば下葉が枯れても問題はありません。

枯れた葉は取り除くようにしましょう。

トマトの上の葉が枯れる場合

上の葉が枯れる場合は、日光が当たりが悪い場合や肥料不足、根が傷んで肥料が吸収できない状態になっていることがあります。

水のやりすぎに注意して、追肥をすることで元にもどることがあります。

それ以外にも害虫の影響も否定できないので、上の葉が枯れる場合には原因を探ってみましょう。

↑目次へ戻る

トマト以外にも共通する葉が枯れる原因

基本的な葉が枯れる主な原因は、以下のとおりです。

  • 与える水の量が少ないか多すぎる
  • 害虫による葉への直接なダメージ
  • 肥料が少なすぎるか与えすぎ
  • 日光があたりすぎていた

与える水の量が少ないか多すぎる

水やりは欠かせませんが、やりすぎは逆効果。植物の状態に合わせて回数を見極めましょう。

特に、畑はプランターと違って保水力があるので、それほど水やりは必要ありません。

害虫による葉への直接なダメージ

害虫は、自然な成分を使って発生を予防することよりも駆除することが大切です。早期発見・早期対処に努めましょう。

肥料が少なすぎるか与えすぎ

肥料は少なすぎると成長しにくくなり、逆に多すぎると根が害を来たす「肥料やけ」になることも。植物の生育に応じて適切な「追肥」を行いましょう。

日光が当たりすぎていた

野菜作りの環境条件のなかでも、とくに重要なのが成長に即した適温です。例えば、日光が当たればいいというわけではなく、葉焼けの原因にもなります。

↑目次へ戻る

トマト以外にも共通する葉を守る方法

葉を枯らさないために出来ることは、以下のとおりです。

  • 畝やプランターの水はけをよくする
  • 害虫の早期発見と駆除と予防
  • 肥料の内容と与え過ぎに注意する
  • 野菜の生育に合わせた適温を知る
  • 基本的な育て方や知識を学ぶ

畝やプランターの水はけをよくする

畝やプランターに水がたまりすぎると根が腐る原因に。知らずに育てていると葉が枯れてしまうことになるので、水の通り道を作りましょう。

水やりの頻度は季節や野菜の種類などによって変わるので、一概には言えません。土の色を見て判断することが大切です。

タイミングは午前中が良いでしょう。夏の昼間などの日差しが強い時に葉に水をかけると、葉焼けを起こす可能性があります。

害虫の早期発見と駆除と予防

有機栽培や無農薬栽培をしている人にとって害虫はやっかいなもの。害虫の早期発見と駆除が重要です。

予防しては、アブラムシには牛乳を薄めてスプレーで葉にかけるのも方法ひとつです。木炭を作る時に出る煙や水蒸気を冷やした木酢(もくさく)も安全ですね。

肥料の内容と与え過ぎに注意する

野菜の栽培は化学ともいわれるほど、土の成分が重要です。育てる野菜に適して成分配合の肥料と与える量を確認しておきましょう。

特に「追肥」はプランター栽培では菜園と比べ土の量が少ないため、枯渇しやすくなります。

ただ、与えすぎると根を傷めるので与える量は追肥の種類によって違うので、商品なら説明書をよく確認しましょう。

野菜の生育に合わせた適温を知る

野菜は自然のものなので、成長にあわせた気温を知っておくべきしょう。栽培カレンダーなどを活用するのがおすすめです。

例えば、栽培カレンダー|サントリーが参考になります。

但し、栽培カレンダーは地域によって時期がずれることがあるので注意が必要です。

基本的な育て方や知識を学ぶ

野菜の栽培は何となくでは上手に育ちません。そこは栽培の方法を正しく勉強するのも楽しみの一つになります。

手元に野菜の栽培に役立つ書籍が1つあると便利です。

ただ、買って損をしたくないなら、Amazon読み放題サービスのKindle Unlimitedなら月額料金がかかりますが、無料で読める書籍や雑誌も多いので便利です。

野菜の栽培に役立つ書籍は、下記のコラムで紹介しています。

↑目次へ戻る

野菜栽培の原因を相談するには?

野菜の育て方を勉強するには大変。早く原因と対策をしたりたいなら、野菜の経験者やプロに聞いてみるのも方法のひとつです。

ただ、お金をそんなにかけられないよ、と言う人には「ココナラ」がおすすめ。

ココナラなら500円~1000円(税込)からでも栽培の相談に乗ってくれたり、そもそも初回登録でクーポンがもらえたりするので格安で利用できます。

原因が分からず悩んで時間を使うなら、サクッと相談してみましょう!「野菜 育て方」で経験者やプロが見つかりますよ。

\会員登録で300円OFFクーポンGET/

ココナラで相談する

登録は無料です。

↑目次へ戻る

野菜の基礎知識を体系的に学ぶなら?

野菜に興味を持ったら、基礎知識や選び方、使い方まで学びたい!と思う人もいると思います。

そのような場合は、野菜の資格を取得するのがおすすめです。色々な野菜に関する資格があるので、資料を取り寄せて検討しましょう。

野菜の資格 難易度 費用(税込) 学習期間 試験(合格率) 学習スタイル
野菜ソムリエ養成講座 148,000円 2~3ヶ月 修了試験・会場(約85%) 通信・通学・半通学
野菜スペシャリスト講座 39,000円 5ヶ月 修了試験・自宅(ほぼ100%) 通信
野菜コーディネーター養成講座 38,700円 4ヶ月 なし(講座の修了のみ) 通信

だた、どの「野菜の資格」を取得すればいいの?と悩んでしまいますよね。

詳しい内容は、下記のコラムでも紹介しているので参考にしてみてくださいね。

↑目次へ戻る

トマトの葉が枯れる原因と対処法まとめ

今回のコラムでは、「トマトの葉が枯れる原因は?しおれるのを防ぐ失敗しない野菜作りとは」をご紹介しました。

トマトの葉が枯れたり、しおれる原因には色々とあるので、葉の状態と見極めて正しい対応をしましょう。

そのためには基本的な栽培方法を知っておくだけ役立ちます。

↑目次へ戻る

\ おすすめの野菜宅配サービス /
坂ノ途中は京都が本社。西日本を中心に新鮮な野菜が届く。初回から3回分の送料無料が魅力。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る

食べチョクは農家とやり取りができる珍しいサービス。お試しは、どのサイズも初回1,000円引きでお得。回数縛りなし。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る

ビオ・マルシェは全てJAS有機野菜が売り。お試しは送料込みで1,500円と試さない理由がない。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る