貸し農園の基礎知識

【続けられる?】貸し農園で野菜の栽培を継続するコツとは

習慣

畑を借りても続けられるか心配な人向け。

「農園をレンタルしても栽培や農作業を続けられるかな。野菜ができるまでに挫折してしまいそう。どうしたらいいんだろう。」

こういった疑問に回答します。

こんにちは、かぴばらです。

当サイトでは、はじめて野菜や果物を栽培したい人に貸し農園の選び方や利用するコツをお伝えしています。

無農薬や有機野菜を食べたい!食育にもなるし、家族の触れ合いができる機会になる!といった考えで野菜の栽培をしたいと考えている人も多いはず。

でも、野菜を栽培するには時間や手間がかかるので続けられるか心配になりますよね。

このコラムでは、「貸し農園で野菜の栽培を継続するコツ」が分かります。

そこで、今回は「【続けられる?】貸し農園で野菜の栽培を継続するコツとは」をご紹介します。

【続けられる?】貸し農園で野菜の栽培を継続するコツとは

無理に張り切りすぎない

農園をレンタルしたときはモチベーションが高くて、毎日でも通いたくなるので、いつの間にか面倒になってしまうこともありますよね。

特に野菜の栽培は結果で出るのに時間がかかるので、慌てずゆっくりとしたペースで始めるのがおすすめです。

農園によっては、週一以上の来園を推奨しているところもあります。

あまり来園しないと雑草が増えたり、場合によっては解除や退会をされることもあるので注意が必要です。

無理に張り切らずに、まずは週に1回ペースと決めて、育っているか気になったとしても続けられることを優先させましょう

↑目次に戻る

小さな成功や改善を積み重ねる

毎回、来園したら野菜が育っているかどうか気になりますよね。来園したときには何をするべきか決めておくのも方法のひとつ。

水やりや土などの改善を積み重ねていくことで、より栽培が楽しくなっていきますよ。

さらに、育成の状況を写真に撮ることで変化を楽しむことや記録に残るのでおすすめです。

↑目次に戻る

週末の前に服装や道具を準備する

週1回ともなると、出かけるのが面倒になるもの。

その場合は、前日に服装や道具を準備しておき、あとは着替えて履くだけですぐに行ける状態にするのがおすすめです。

習慣づけの方法は1日も休まないこと

本来、物事を継続するコツは「1日も休まないこと」だと思います。

でも、仕事や家事で毎日農園に通うこともできないし、週に1回ぐらいしか来園できない人も多いですよね。

どうしても週1回の来園が面倒になるなと思ったら、逆に最初の1~2週間は毎日来園してみてはどうでしょうか

1~2週間で大きく変わることはありませんが、農園で知り合いができたりすると楽しみが増えるかもしれません。

どうしても続かない場合

どうしても継続するのが難しい場合は、一度、農園を解約や退会をして引き下がることを検討してみましょう

よくスポーツジムなどでも同じですが、入会しているだけの幽霊会員となっていることが多いですよね。

畑の場合は雑草がどうしても生えたりするので、そのままにしておくのは難しいので勇気をもって解約・退会をしましょう。

但し、農園は1年契約が多いので入会金や運営費、年額の費用は戻ってこないのが一般的なので注意が必要です。

また、解約・退会する場合は、3ヵ月以上前に連絡することなどの規則がある場合があるのでよく確認することが大切ですね。

まとめ:継続することは自分なりの楽しみを見つけることです

何かをやり続けることは結構、難しいものです。継続することは自分なりの楽しみを見つけて成功体験や喜びを知ることがとても重要。

農作業が単なる作業になってしまっては、せっかくの野菜作りが辛くなってしまいます!

\ おすすめの野菜宅配サービス /
坂ノ途中は京都が本社。西日本を中心に新鮮な野菜が届く。初回から3回分の送料無料が魅力。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る

食べチョクは農家とやり取りができる珍しいサービス。お試しは、どのサイズも初回1,000円引きでお得。回数縛りなし。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る

ビオ・マルシェは全てJAS有機野菜が売り。お試しは送料込みで1,500円と試さない理由がない。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る