▶野菜の知識を仕事に活かせる資格はこちら⇒ click!

【全国の体験農園一覧】何が違う?市民農園や貸し農園との違い

体験農園

農業体験ができる体験農園について知りたい人向け。

畑を利用して野菜を栽培するのは初めてなので、貸し農園や市民農園を借りても続けられるか心配だな。農業が体験できるところがないかな。
みつき
畑を借りる時には体験農園かどうかを確認したほうがいいよ。

はじめて野菜の栽培をする人には農業のイメージがあるので、実際に続けられるのかが心配になってきます。

契約も1年間と長く、放置しておくわけにもいかないので二の足を踏んでいる人も多いはず。

そこで、農業を試して実際に体験できる「農業体験農園」が人気です。

ただ、農業の体験農園は普通の市民農園と貸し農園と何が違うのかな?と疑問に思う人もいるでしょう。

今回のコラムでは、「【全国の体験農園一覧】何が違う?市民農園や貸し農園との違い」をご紹介します。

目次

農作業を試したい人のための体験農園とは

農作業をはじめてやろうと思っている人のための体験農園が農業体験農園。

貸し農園や市民農園との違いなどを理解して、利用するメリットや注意点を知っておきましょう。

農業体験農園とは、実際に農園を経営していえる農家などから野菜づくりのノウハウを学びながら野菜を育てることができる農園です

農業体験農園の大きな特徴としては、農園を借りて管理者と共に農作業をする以外にも「収穫祭」「種や苗植え会」「野菜の販売会」「講習会」などのイベントがあることです。

農園によってはバーベキュー台が用意されていて、その農園で採れた野菜をBBQで楽しむこともできます。

なかには温泉付きの農園もあるので、農作業をした後にゆっくりお湯につかるというのも疲れが癒されるのでいいですよね。

そのような農業体験ができる体験農園を探すと、色々な場所で見つかります。レジャーを兼ねて、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

では、一般的な市民農園と貸し農園とは何が違うのでしょうか?

貸し農園・市民農園・体験農園の違い

貸し農園・市民農園・体験農園の違いは以下のとおりです。

  • 貸し農園:アドバイザーなどに相談しながら農作業を行う
  • 市民農園:農園によるが、全て自己責任で農作業を行う
  • 体験農園:管理者の指示に従って農作業を行う

つまり、体験農園は野菜の栽培をする主は農家などの管理者で、利用者は利用料を支払って管理者の指示に従って農作業を体験します

一方、企業が運営する貸し農園などでは指導員やアドバイザーが常駐しますが、野菜の栽培方法について相談にのるのが主体なので、農作業は自分で行うのが基本です。

さらに、市民農園には相談員やアドバイザーがいない場合もあるので、ある程度、自分で好きなように出来ますが、何かトラブルや栽培方法については自己責任になります。

たとえば、人気の貸し農園としては「シェア畑」が有名です。

\ まずは無料の説明会から /

オンラインで自宅から参加!

評判を知りたい人は、下記のコラムで参考にしてみてくださいね!

料金については、下記からどうぞ。

【2022年版】体験農園一覧(北海道~中国四国地方)

農作業を試したい人のための体験農園まとめ

今回のコラムでは「【全国の体験農園一覧】何が違う?市民農園や貸し農園との違い」をご紹介しました。

体験農園は、はじめて野菜の栽培を始めようと思っている人がお試しでやってみるのにおすすめです。

本格的に農園で作業するだけではなく、収穫祭や苗植えなどのイベントも多く、なかには温泉付きやBBQが楽しめる農園もあります。

目次