食育の資格

食育アドバイザー資格は仕事で意味ない?履歴書に書けないと言われる理由とは

食育アドバイザーが仕事で意味ないと言われる理由を知りたい人向けです。

食育の資格を取ろうと思っているけど、食育アドバイザーを取っても就職の履歴書に書けないから意味ない、とネットで見つけたけどどうなのだろう。
ベジタン
ベジタン
どの資格でも言われがちですが、食育ならではの問題もあります。

食育食育アドバイザーは、食育の資格の中でも人気が高く芸能人でも取得されていることが多い資格です。

例えば、はんにゃの川島さんらが取得されていますね。

ただ、ネット上で調べてみると、「食育アドバイザーを取っても意味ない」という意見を目にすることがあります。

なぜ、そのように言われてしまうのでしょうか?

そこで、今回は「食育アドバイザー資格は仕事で意味ない?履歴書に書けないと言われる理由とは」をご紹介します。

食育アドバイザーは仕事で意味ない?

資格を取得しても「意味がない」「使えない」と言われる理由は、食育だけで仕事をするのは難しいからです。

食育の仕事といえば、どのような仕事を思い浮かべられるでしょうか?

保育所や学校の食事作りなどをイメージされる方もいるでしょう。ただ、実際に食育アドバイザーとして、レシピの開発や調理本の発行ができる人は限られています。

↑目次へ戻る

食育アドバイザーが活躍できる仕事

資格が一番活きるのは、学校や保育所、介護施設での食に関わる仕事です。

特に、食育というイメージは小さな子どもだけと思われがちですが、介護施設での食生活を見直し、食育指導などを行うことが注目されています。

高齢化が進むことによって、将来も介護施設の重要性が増していきます。その中で食事の提供は楽しみでもあり、食生活を見直す良い機会です。

保育士や介護職員の方が食育の資格を取得することで、子どもの親御さんや介護をお願いした方に安心感を与えることが期待されています。

\まずは、資料請求から/

食育アドバイザー講座

↑目次へ戻る

食育アドバイザーの仕事以外のメリット

食育アドバイザーは仕事以外にも、子供のいる家庭で活用できる一生の資格です。

厚生労働省においても食育推進施策の具体的取組として「家庭における食育の推進」が挙げられています。

ただ、食育と言っても、実際にどのように取り組めばいいのか?ということが分かりにくい側面もあります。

その点、食育の知識を学ぶことで、家庭内で活かせる資格としても注目されています。

\まずは、資料請求から/

食育アドバイザー講座

↑目次へ戻る

食育アドバイザーを取得するには?

まずは、食育アドバイザーの特徴を下記にまとめてみました。

食育アドバイザー資格取得講座
認定団体 一般財団法人日本能力開発推進協会
受験資格 特になし
価格 38,600円(税込)WEB申込みで28,600円
送料 450円
受験料 5,600円
学習スタイル 通信(独学は不可。通信講座の修了が必要)
標準学習期間 3ヶ月
試験日 通年(自宅受験)
合格点 70点以上で合格
試験内容 テキスト内
合格率 ほぼ100%(未公表)
キャリカレの公式サイト https://www.c-c-j.com/course/food/syokuiku/

それでは、資格を取得するための費用や難易度・合格率などを詳しくみていきましょう。

講座の費用

講座を受講するための費用は、38,600円(税込・送料込)

※通常価格は38,600円(税込)ですが、Webから申し込みをすると受講料が1万円割引の28,600円(税込)となります。

ただし、講座の受講料に加えて修了試験の受験料(5,600円)と送料(450円)が別途必要になり、通常価格で合計44,650円、割引価格で合計34,650円となります。

正直、高い?こういう風に思われた人もいるかもしれません。

確かに受験料を加えると、割引価格でも約3万円を超える費用が必要になり、WEB申し込みで期限なしで1万円引という表現は少し疑問が残る印象です。

では、次に気になる修了試験の合格率はどのくらいなのでしょうか?

修了試験の難易度と合格率

資格を取得するための修了試験の合格率はほぼ100%といえるでしょう。理由は、自宅で何度でも受験できるためで難易度が低いでしょう。

試験は最後に実施される修了試験で70点以上が合格となり、自宅で受験できます。

逆に、試験が簡単なら資格を取得する意味がないんじゃないの?と思われる人もいるでしょう。

↑目次へ戻る

食育アドバイザーを活用する方法まとめ

今回のコラムでは、「食育アドバイザー資格は仕事で意味ない?履歴書に書けないと言われる理由とは」をご紹介しました。

結局、食育アドバイザーの資格に限らず、どの資格でも取得しただけでは「意味がない」と言われているのが実情です。

そのまま価値がない!と判断するのは間違いです。

まずは食育アドバイザーの特徴を調べて、取得後にどのように活用できるのかを考えるべきですね。

\まずは、資料請求から/

食育アドバイザー講座

↑目次へ戻る