貸し農園の基礎知識

【どうやって選ぶ?】自分に合った貸し農園の選び方とは

貸し農園

自分に合った貸し農園の選び方を知りたい人向けです。

貸し農園を選ぶときに、どのような基準で選べばいいのかな。農園レンタルにも色々あるからどれを選んでいいか分からないな。

当サイトでは、はじめて野菜や果物を栽培したい人に貸し農園の選び方や利用するコツをお伝えしています。

みなさんは貸し農園を利用したいと思ったら、どうやって農園を選ぶのでしょうか?

まずは自宅から近い農園や料金で探すのが基本ですが、近くて安いからといって使いやすい農園とは限りません。では、どうやって自分にあった農園を選べばいいのでしょうか?

このコラムでは、「自分に合った貸し農園の選び方」が分かります。

そこで、今回は「【どうやって選ぶ?】自分に合った貸し農園の選び方とは」をご紹介します。

【どうやって選ぶ?】自分に合った貸し農園の選び方とは

貸し農園を選ぶときのポイントは以下のとおりです。

貸し農園を選ぶときのポイント

一般的な貸し農園の契約条件

貸し農園を借りるにあたって、大きく2つのサービスに分かれます。

一つが、貸し農園を企業で運営している「シェア畑」や「マイファーム」など、そして「市民農園」です。

企業で運営している貸し農園レンタルは、サービスが均一で充実していて、はじめての人でも簡単に借りやすいメリットがあります。

畑が空いていれば、いつからでも借りることができるのも大きなポイント。

逆に、農園を借りる際に入会金や運営費などに加えて、月額料金が高い傾向があるので注意が必要です。

  • 空いていれば基本いつでもレンタルが可能
  • 栽培サポートや相談できる管理人が在中している
  • 初期費用や月額料金が高いのが一般的

一方、市民農園は市や区などが提供している農園で、入会金や運営費などの初期費用がかからず、料金も安く借りるメリットがあります。

逆に農園のなかにはトイレや駐車場が設備が整っていない場合やサポートが受けられない、利用の開始時期が決まっていて抽選という農園も。

  • 初期費用がかからず、月額料金が安い
  • 市民農園によって設備やサービスにバラツキが多い
  • 利用の開始時期が年1回や抽選の場合もある

どちらにもメリットとデメリットがあるので、はじめて農園を選ぶ際は貸し農園サービスと市民農園を比較しましょう

まずは、料金が安い自宅近くの通いやすい市民農園を調べてみて、料金や設備、サービス内容を確認するのがおすすめです。その後、企業で運営している貸し農園レンタルを調べて内容を比較しましょう。

↑目次に戻る

貸し農園の近さや料金

貸し農園をレンタル際に重要なのが、通いやすいかどうかと料金でしょう。

一般的な来園のペースは週1回土日などなので、車が使えるのであれば多少遠くても問題がありません。ただ、車がなかったり、週にもっと通いたい場合は駅前や家から近い農園を探してみましょう。

次に、気になるのが料金です。基本的に月額で記載され、支払う際には年額であることが一般的です。入会金や運営費など初期費用がかかる場合があるので、しっかり確認する必要がありますね。

料金は畑の広さによって分かっているのが一般的です。個人が家族分の野菜を収穫する場合は、約10㎡前後がおすすめです。畳で約6畳分になります。

畑が広くなれば料金も高くなり、管理が大変になるので、どのような目的で栽培するかを考えてから決めましょう。

下記のコラムでは、畑をレンタルする広さの目安が書かれているので参考にしてみてくださいね!

貸し農園 広さ
【畑の広さ】農園を借りるならどのくらいがいい?間違えないレンタル畑の選び方【畑をレンタルするのにどのくらいの土地を借りればいいかを知りたい人向け】貸し農園で野菜を栽培したいけど、広さはどのくらいを借りればいいんだろう。1区画はどのくらいかな。広さで料金も違うので悩んでいます。こういった疑問に野菜大好きのベジタンが回答します。...

↑目次に戻る

貸し農園の設備やサービス内容

貸し農園を選ぶ上で意外と重要なのが、設備やサービス内容。

駐車場があるのかどうか、トイレがあるのかどうか、なかにはシャワーがついている農園があることも。駐車場は車を使うかどうかにもよるので、やはりトイレがあることは重要ですね。

さらに、管理人が常駐しているのかどうか、栽培のアドバイザースタッフがいるのか、栽培代行サービスがあるのかなど農園によってサービスが様々です。

最低限、必要だと思う設備やサービスをリストアップして、農園選びの参考にしましょう。

↑目次に戻る

まとめ:貸し農園を選ぶ際には優先事項をリストアップしましょう

貸し農園を選ぶには、近さや料金だけではなく、設備やサービス内容にも気を配る必要があります。

そのためには、譲れない優先順位を決めて、その上で近さや料金とを比較して、自分に合った農園を選ぶのがおすすめです。